ジャフコに転職!年収・激務・評判を徹底解説

1973年に設立されたジャフコは、日本に現存する最も古いベンチャーキャピタルあり、その実績の多さや年収の高さから、圧倒的な知名度と人気を誇っている。

本記事では、そんなジャフコの年収や激務の実態、実際の社員からの評判を徹底解説していく。

ジャフコへの転職徹底解説

ジャフコへの転職を目指すのであれば、ベンチャーキャピタルの求人も多数保有しており、スカウトメールも届くビズリーチに必ず登録すべきである。

転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ジャフコの年収

ジャフコ年収

上記はジャフコの年次別の推定年収である。

ジャフコは成果主義の評価制度となっているため、評価によっては20代でも年収1000万円を超える人も存在する。

平均的なペースだと年収1000万円を突破する目安としては30代後半あたりで、30代を過ぎてから年収が大きく上がる傾向がある。

そのためジャフコで高年収を実現するのであれば、20代のうちに多くの実績を積み、30代に差し掛かった頃に認められるかが一つのカギとなる。

40代以降は多くの社員が年収1000万円を超えており、知人曰く成果を出している社員であれば賞与だけで300~400万円ほどの収入がある人もいるとのことである。

このように、ジャフコの年収は賞与に大きく依存しているため、ベースサラリーは他の一般企業と比べるとそこまで高くはない傾向がある。


ジャフコの激務の実態

結論から言うと、ジャフコは業界の中ではそこまで激務ではないと言える。

  • 月間平均残業時間が50時間弱と、業界の平均値に近い
  • フレックス制度を採り入れているため、時間のコントロールが自由
  • 一方でベンチャー企業を相手に仕事をするため、突発的な業務が発生しやすい

    ジャフコは一般企業と比べると残業が多い印象があるが、業界的に見るとおおよそ平均的な時間であるため、他のベンチャーキャピタルと比べると激務とは言えない。

    またジャフコでは時差出社や裁量労働など時間のコントロールが比較的取りやすいため、評価を得ていればある程度自由の利く働き方を実現できる。

    ただ一方で、ベンチャー企業を相手にする以上、どうしても無理なスケジュールを求められたり突発的なトラブルなどが起こりうるため、場合によっては激務になる時期もあるとのことである。

    ▼おすすめの転職先サービス


    ジャフコのリアルな評判

    実際にジャフコに勤める方々からのリアルな評判をご紹介する。

    ポジティブ/ネガティブ両方の評判が上がったが、全体的に見るとポジティブな意見が非常に多く、ジャフコの評判は極めて高いと言える。

    ▼ジャフコのポジティブな評判

    • 成果主義の評価制度が徹底されており、20代でも賞与300万円、年収1,000万円越えを実現できる
    • 多くのベンチャー企業と取引できるため、知識が溜まっていき自身の成長を感じられる
    • 成果を出すこと前提だが、フレックス制度の導入など自由度が高い

      ジャフコは評価基準が実力主義であるため、高い評価を得ていれば20代で年収1000万円を実現することも可能である。

      そのため高いモチベーションを保ちながら働くことができるという点で高い評判が多い。

      また仕事柄、多くのベンチャー企業と接する機会が多いため、その都度新たな知見やスキルが身につく点も、自身の成長につながるとして社員から高い評判が挙がっている。

      ▼ジャフコのネガティブな評判

      • 成果主義に基づく評価なので、自分の成績が悪いと必然的に残業が増える
      • 基本的に投資額と新規外交件数しか評価されず、プロセスで良いことをしても評価されない
      • 部署によってノルマ未達の場合上司に詰められる

        ジャフコは典型的な営業会社のような側面もあり「プロセスよりもとにかく結果」という面はに関しては、ネガティブな評判が目立つ結果となった。

        またジャフコでは高い評価を得れば成果を出せば高額な年収が手に入る一方で、ノルマをクリアできない場合、上司に詰められ精神的な負担を感じるケースも珍しくないようだ。


        ジャフコの転職難易度

        結論から言うと、以下の理由よりジャフコの転職難易度は高いと言える。

        • 業界でトップクラスの実績と認知度があり人気が高い
        • 中途の場合は高い職歴ハードルがある
        • ベンチャー企業の起業経験、もしくは役員などのコアメンバーとしての経験3年以上が必須
        • 起業家や経営層と対等に議論ができる知見、論理的思考力が求められる

          ジャフコに中途入社する場合は、ベンチャーの起業やコアメンバーとしての実務経験、またはPEファンド、投資銀行、コンサルファームでの経験が必須となる。

          上記のような高い職歴ハードルがあるため、必然的に転職難易度は高くなる。

          また、ジャフコは業界の中でトップクラスの知名度であり、応募者も多く競争率も高い。

          一方で、人の出入りが激しく常時中途採用を行っているため、しっかりと対策を行えば転職可能性は十分にあると言える。

          難易度が高いジャフコへの転職を成功させるためには、ベンチャーキャピタルへの転職に強いエージェントを利用して対策を行うことをおすすめしたい。

          ▼おすすめの転職先サービス


          ジャフコへの転職でおすすめのエージェント

          ベンチャーキャピタルと言っても、独立系から金融系、政府系まで様々である。

          自分自身のやりたいことや、それぞれで求められていることを踏まえて転職候補先のベンチャーキャピタルを厳選していく必要がある。

          その際に重要なのが、ベンチャーキャピタルへの転職に強いエージェント選びである。

          実際にエージェントに会って話してみると分かるが、ベンチャーキャピタル間の違いを理解できていない人が非常に多い。

          そのため、まずはベンチャーキャピタルの求人も多数保有しており、スカウトメールも届くビズリーチに必ず登録すべきである。

          ビズリーチに無料登録すると、ベンチャーキャピタルに強いエージェントから直接連絡をもらうことができる。

          ビズリーチ上でエージェントの詳細プロフィールも見ることができるので、どういった業界に強いエージェントなのか必ずチェックしておきたい。

          また、ビズリーチではベンチャーキャピタルから直接オファーが届くこともあるので、積極的に活用したい。

          bizreach

          おすすめ度:★★★★★

          ビズリーチヘッドハンティング型の転職サービスは国内最大級であり、求職者が登録するだけで様々な企業やヘッドハンターからオファーが届くというサービスである。

          無料サービスであり、ハイクラスの転職を目指すのであれば必ず登録すべきと言っても過言ではない。

          Aさん
          (メガベンチャー⇒ベンチャーキャピタル)
          ビズリーチに登録するだけで、実績が多いエージェントの方からスカウトが来るので本業が忙しくてもスムーズに転職活動ができます。
          専門性が高いエージェントが多いので、周囲にもおすすめしているサービスです。

          Bさん
          (金融機関⇒ベンチャーキャピタル)
          登録しているだけで送られてくるスカウトから市場価値を確認できるのは大きな魅力です。
          また質の高いエージェントが多く、他では教えてもらえない情報を提供してくれたので、よりイメージをもって転職活動を進めることができました。

          その他にハイキャリア.com運営メンバーの実体験から本当におすすめできる転職エージェントを以下にまとめているため参考にしていただきたい。

          転職でキャリアを築くことに本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

          様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

          上記の記事は転職でキャリアを築くことに本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

          ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

          おすすめの記事