三菱UFJリサーチ&コンサルティング転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、三菱UFJフィナンシャルグループの総合シンクタンクであり、転職市場でも人気が非常に高い企業の一つである。

本記事ではそんな三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

Flow Groupは、コンサル転職に特化した転職エージェントで、戦略・総合コンサル出身者が徹底的に選考支援をすることに強みを持つ。

また、現役で自社でもコンサルティング事業を行っているため、コンサル業界に対して最新の動向や豊富な知見を有する。

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元三菱UFJリサーチ&コンサルティング社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの中途難易度
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの選考フロー~面接内容
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティングへの転職を成功させるためにやるべきこと

三菱UFJリサーチ&コンサルティングを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングとは

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(MURC)は、全社戦略、グループ経営戦略、事業戦略、組織・人事戦略、人材育成支援、DX推進、ITシステム改革、グローバル戦略等の様々な領域でサービスを展開するコンサルティングファームである。

また、コンサルティング事業に加えて、政策研究・提言のための調査研究等のシンクタンク事業も行っており、対象の分野としては、経済・産業、医療・福祉・教育・社会、自治体、都市・地域・まちづくり、環境・エネルギー等と多岐にわたる。

2006年に株式会社UFJ総合研究所、ダイヤモンドビジネスコンサルティング株式会社、株式会社東京リサーチインターナショナルの3社が合併して設立されて以来、成長を続け、国内では東京本社に加えて、大阪、名古屋、そして、海外でもインドネシアとタイに子会社を有しており、国内外ともに存在感を高めている企業である。

会社名 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
英語表記 Mitsubishi UFJ Research and Consulting Co., Ltd.
従業員数 1,300人(2023年4月時点)
本社所在地(国内) 東京都港区虎ノ門

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの強み・特徴

三菱UFJグループの会社である、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)だが、他のコンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、現役MURC社員に話を伺い、そこから見えてきた強み・特徴について解説しよう。

様々な領域で事業展開

MURCは様々な領域でコンサルティング事業を展開しており、年間の案件数としては約2,500件にのぼり、クライアント属性別の割合としては、大企業32%、中堅企業23%、中小企業33%、公的機関他12%と幅広いクライアントに対してコンサルサービスを展開している。

約1,300人の従業員がそれぞれの専門性を活かし、様々な領域・分野でコンサルサービスを展開していることは、安定的に成長する上で欠かせない強みとなっている。

様々な領域や分野でコンサルサービスを展開していることによって、MURCの中でノウハウが蓄積されています。そして、蓄積されたノウハウを活かして新たなクライアントを開拓する場合もあり、更にノウハウが蓄積されていくという好循環が起きていることも、MURCの特徴を言えます。

現役MURC社員A氏

人材育成支援に強み

様々な領域のコンサルサービスを展開しているMURCであるが、その中でも人材育成支援に強みを持っている。

具体的には、人材育成戦略に加えて、クライアントの従業員の階層・職能別に研修やセミナーを実施するMUFGビジネスセミナー、経営幹部・後継者を育成する特別講座、更にはオンライン教育の提供等を行っている。

MURCは自社の人材育成にも力を入れているが、そこで得られたノウハウ等をクライアントに提供して、ビジネスとして成長させている。

MURCは社内の人材育成の取り組みが充実していますが、自社だけでなく、クライアントにもサービスを展開しています。評判が良いのか、おかげさまで多くのクライアントからセミナーや研修の依頼をいただいていますね。

現役MURC社員B氏

質の高い調査分析

MURCはコンサル事業に加えて、政策研究・提言のための調査研究等のシンクタンク事業も展開しているが、そこでの質の高い調査分析の結果をコンサル事業に活かしていることも、競合他社との差別化要素の1つとなっている。

他社のコンサルティングファームでは、主に若手コンサルタントが市場の調査分析を実施するケースが多いが、MURCでは専門部隊による調査分析になるため、調査のスピード、そして、調査分析の結果の質が他社よりも高いことが多い。

そのため、コンサル事業としても、品質の高い調査分析結果を基に適切な提案を実施できるため、サービスの品質を上げることができるのである。

市場や業界等の調査分析はシンクタンク部隊のレポートを活用することができるので、大変助かっています。コンサル事業のメンバーは解決策の提案等に時間・リソースともに集中できるわけですから、良い役割分担ができていると感じています。

現役MURC社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの中途選考フロー

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)の中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. Webテスト
  3. 一次面接(二次面接も実施の可能性あり)
  4. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても2-3ヶ月を要する。

以下ではMURCの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの書類選考・志望動機

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)への転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書が必要となり、日本語か英語の指定は特に無いが、英語力を問う項目があるので、英語力があれば、アピールすることに越したことはない。

また、書類以外に、志望動機を記載する項目があるため、「なぜ、MURCで働きたいのか」が注視される傾向がある。

例として、実際にMURCへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現在は戦略系コンサルティングファームに従事しているが、コンサルタントとして、より様々な領域を経験したいと考えている中で、MURCで働くことによって、それが実現できると感じている。MURCへの入社後は戦略案件のみならず、人事、組織等の領域でのプロジェクトにも参画したいと考えている。

MURC転職成功者Dさんの志望動機

現在、総合系のコンサルティングファームで働いているが、出産や子育て等のライフイベントを機に退職している。コンサルの仕事自体は好きなので、ずっと続けたいが今の会社では実現できるか不安な面もある。一方で、MURCはライフステージに応じた働き方や福利厚生が充実しているため、MURCだと長期的に働き続けることができるのではないかと感じ、今回の応募に至った。

MURC転職成功者Eさんの志望動機

三菱UFJリサーチ&コンサルティングのWebテスト

書類選考の次は、適性検査としてWebテストを受験する必要がある。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)では、SPIを使ったテストが実施される。

SPIは、新卒での就職活動の際にも出てきた形式であるが、Webテストで落ちてしまうことは非常に勿体ないので、しっかりと予習・準備しておくことをオススメする。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの中途面接

ここでは三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)における面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:マネージャー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの一次面接では、マネージャーが面接担当者になり、質問内容としては、現職での業務内容、志望動機がメインとなる。

特に、コンサルタントとしての素養を注視しているため、論理的な説明や、構造的に物事を考えること、等をアピールするようにしよう。

更に、第二新卒やコンサルタント未経験者の場合だと、一次面接だけでなく、(質問内容は一次面接と同様であり、面接担当者がシニアマネージャーになる)二次面接も用意されることがある。

一次面接の雰囲気は比較的、カジュアルに行われます。その中でも丁寧に自分自身のことを語ることが重要になりますので、落ち着いて質疑応答することが大事になると思います。

MURC転職成功者Fさん

最終面接

  • 面接担当者:プリンシパル
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、MURCでのビジョン

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの最終面接では、プリンシパルが面接担当者になる。

面接の流れとしては、一次面接同様に現職での業務内容、志望動機についての簡単な確認をした後、MURCでのビジョン(やりたいこと、目指すキャリア等)についての質疑応答がメインとなる。

MURCのビジョンでは、自分自身がどのような貢献ができるか、そして、MURCでどのようなキャリアビジョンを描いているか、を説明し、アピールすることが求められるため、短期的なビジョンだけでなく、長期的なビジョンも説明できるように準備しておこう。

MURC側の人間としては、「入社してくる人にはできるだけ長く働いてもらいたい」と考えています。なので、「この人は長期に渡ってMURCで活躍してくれそうだな」と思ってもらえるように、長期的なビジョンを含めてご自身のことをアピールすることをオススメします。

MURC転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度

ここでは三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)への転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

MURCは現在、様々な領域およびクライアントの属性(大企業、中堅企業、中小企業等)に分かれて、幅広く人材を募集している。

そのため、多くのコンサルタント経験者、もしくは募集職種に関連する経験を有する事業会社出身者にとってチャンスがあるため、転職難易度は決して高くないと言える。

コンサル業界全体で人材獲得が激化しているので、多くの転職希望者にとってはチャンスと言える時期だと思います。また、MURCは様々職種を募集しているので、ご自身に適した職種にエントリーすれば、高いチャンスがあると言えます。

MURC転職成功者Hさん

ただし、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。他業界の企業と比較すると転職難易度は遥かに高いという点はご注意頂きたい。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いMURCへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

他のコンサルティングファームと比べて、転職難易度が低い印象があるMURCだが、それでも最低限のコンサルスキルや特定の業界に関する専門性等、求める人物像・選考基準はあるようだ。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、MURCが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • 自らの知らない業界・仕事について興味を持って学べる探求心や好奇心を持つ人材
  • 新しいテーマや経営課題、最新の技術などに興味を持てる人材
  • 自律的なセルフマネジメント、協調的なソーシャルマネジメントができる人材
  • 多くの情報を整理・分析し、論理的思考をできる人材
  • クライアント・ファーストであり、クライアントのニーズ・シーズを敏感に察知することができる人材
  • 周囲を巻き込みながら、協力し合ってゴールに向かう熱意や粘り強さを持つ人材

三菱UFJリサーチ&コンサルティングへの転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)に転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

MURCへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

自分のスキル・経験に適した職種の選定

MURCでは様々な職種を募集しているが、一方で、応募者と職種のマッチング度合いを注視している。

そのため、募集職種に適さない人材であれば、優秀な人材であっても選考に通らない。

したがって、選考にエントリーする際には、自分自身のスキル・経験に最も適した職種を選定することが転職成功への第一歩となる。

募集職種は様々ありますが、併願はできませんので、最もご自身に適した職種を選ぶようにしましょう。せっかく優秀なのに、職種がマッチしないがために、選考が通らないでは勿体ないので。

MURC転職成功者Dさん

志望動機を整理

MURCでは、応募者の志望動機も選考において重視する項目の1つとなっている。

書類選考はもちろん、面接でも志望動機は問われてる。

そのため、志望動機を論理的、かつ、分かりやすく説明できるように事前に整理しておくことをオススメする。

事前に整理しておくことで、書類選考、および、面接を通じて、一貫性を持って志望動機を語ることができるようになる。

転職活動において基本的なことではありますが、志望動機は矛盾が無いようなストーリーで説明できるようにしておきましょう。「競合他社でも良かったのでは?」という質問も来ることがありますので、しっかりと打ち返せるようにMURCでないとダメな理由も考えておきましょう。

MURC転職成功者Eさん

MURC入社後のビジョンの整理

MURCは可能な限り、従業員には長い期間働いて欲しいという狙いがあるため、そのニーズを満たすことが必要になる。

具体的には、MURC入社後のビジョンを短期・長期の2点で語ることができるように準備しておこう。

また、その際には、MURCの社員のインタビューや働き方等を調べて、調べた内容を紹介しながら説明すると、面接担当者としてもイメージが湧きやすいので、好印象を与えることができる可能性が高くなる。

「MURCで○○なことをしたい。△△な働き方をしたい。5年後には□□のキャリアを歩みたい。」等、具体的なイメージを説明しながらビジョンを語ることができれば、良いアピールになると思います。そのためには、MURCのホームページでキャリアパス等を見ておくと参考になるかもしれません。

MURC転職成功者Fさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングへの転職の魅力

ここでは、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)の現役社員の声を参考にしながら、MURCに転職する魅力について改めて整理する。

手厚い人材育成の仕組み

MURCは人材を大切にする文化を体現しており、社員の能力開発等に力を入れている点は、転職における魅力の1つと言える。

具体的には、中途社員向けのオンボーディング支援、また、メンター制度、階層別研修、年間10万円を限度とした自己投資支援制度、年間3万円を限度としたリベラルアーツ投資支援制度等が用意されている。

また、それら以外にも、普段の業務では関わることの少ない社員同士が交流を図ることができる場として、知見交流イベント、社内学会、クラブ活動等の取り組みも存在する。

このような充実した人材育成の仕組みは、転職を考える上で重要な要素になるだろう。

人材育成の手厚さは、コンサル業界だけでなく、他の業界を通じても、トップレベルだと思います。制度だけでなく、上司や先輩も親身にキャリア相談してくれますので、本当に有難いと感じています。

MURC転職成功者Gさん

ワークライフバランスが取れた職場環境

ワークライフバランスが取れていることも、転職を検討する上での重要な要素となる。

MURCでは長期的に働いている社員が多いが、その理由として、多くの社員がワークライフバランスを取りながら、仕事に従事している背景がある。

仕事とプライベートのメリハリをつけ、可能な限り残業しないようにする文化が根付いているため、多くの社員が長く働き続けることができる職場環境となっているのだ。

ワークライフバランスで言うとかなりホワイトな職場だと思います。上司や先輩も社員の心身の健康を考えてくれています。残業していると逆に怒られるくらいのレベルですから。(笑)

MURC転職成功者Hさん

様々な領域を経験できる

MURCでは、クライアントワークを通じて様々な領域を経験できることも、キャリアの幅を広げるという点においては魅力的だろう。

領域では戦略、IT・DX、人事・組織、グローバル等があり、また、クライアントの属性では大企業、中堅企業、中小企業、自治体等、と様々なプロジェクトを経験することが可能である。

長いキャリアを見据えると、様々なプロジェクトを経験しておくことは、必ずプラスとなって自分自身のスキル・経験につながるに違いない。

私は大企業向けの戦略が専門ですが、MURCに入社後は、それ以外にも様々なプロジェクトに参画しました。そうすることで、専門性により磨きがかかるので、専門性を持ちたい、あるいは、磨きたい人にとっても大事な経験だと思いますね。

MURC転職成功者Dさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 990 times, 4 visit(s) today
おすすめの記事