三菱UFJリサーチ&コンサルティングへ転職!年収・難易度・評判

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、三菱UFJフィナンシャルグループの総合シンクタンクであり、転職市場でも人気が非常に高い企業の一つである。本記事ではそんな三菱UFJリサーチ&コンサルティングの年収や転職難易度、現役社員からのリアルな評判などを解説していく。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングへの転職を検討されている方は、シンクタンクも含むコンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに必ず登録すべきである。詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの年収

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの役職 年次(目安) 年収(目安)
アソシエイト 1~2年目 450~600万円
コンサルタント 3~8年目 650~750万円
シニアコンサルタント 9~15年目 800~1000万円
チーフコンサルタント 実力による 1100~1500万円
プリンシパル 実力による 1600万円~

上記は三菱UFJリサーチ&コンサルティングの役職別の目安年齢・年収である。三菱UFJリサーチ&コンサルティングでは、実力によって多少昇進スピードの違いは出るものの、基本的には年功序列の色が強いといえる。

そのため、グローバルコンサルファームのように昇進スピードが大きく変わることがなく、年収1000万円の到達年齢も30代前半となっている。別の言い方をすると、ほぼ全員が30代前半で年収1000万円を手に入れることができる。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングではスタートのアソシエイトが450~600万円、コンサルタントで650~750万円、シニアコンサルタントで800~1000万円という形で年収が上がっていく。その後チーフコンサルタントで1100~1500万円、プリンシパルで1600万円~という年収水準になっている。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングでは多くの人がシニアコンサルタントで年収1000万円に到達することになる(30代前半)ため、高年収を狙うのであれば三菱UFJリサーチ&コンサルティングは非常に魅力的な転職先と言える。

たしかにグローバルコンサルファームの年収水準と比較すると少し物足りない部分はあるものの、三菱UFJリサーチ&コンサルティングは比較的ホワイトな職場環境であり、"コスパ"は高いと言えそうである。

▼おすすめの転職エージェント

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度

結論から言うと、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの難易度はシンクタンク・コンサル業界の中で見ると中程度となっている。ただし、一般企業と比べると転職難易度は高いという点は注意が必要である。

上記のようになっている理由は以下である。

  • ポジションによっては数年のコンサル実務経験や高い専門性が求められる
  • 一方でコンサル業界の中でプレゼンスが高くない分、相対的に競争率が低い

    三菱UFJリサーチ&コンサルティングでは募集職種が多岐に分かれており、職種によってはコンサル実務経験や高い専門性が求められる。その分転職者に求められるスペックが高く転職難易度が高くなっている。

    一方でコンサル業界の中で決して高いプレゼンスを確立しているわけではないため、他ファームと比較するとどうしても競争率が落ちるため、結果として転職難易度は中程度とはなっているのだ。

    ただし、これはあくまでコンサル・シンクタンク業界内で比較した場合の話であり、一般企業と比較すると三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は高いと言え、徹底的な対策を行って選考に臨む必要がある。

    三菱UFJリサーチ&コンサルティングから内定を獲得するためには、コンサル・シンクタンク業界への転職支援実績が豊富なエージェントの利用をおすすめしたい。

    ▼おすすめの転職エージェント

    三菱UFJリサーチ&コンサルティングのリアルな評判

    実際に三菱UFJリサーチ&コンサルティングに勤める方々からの評判をご紹介する。ポジティブ/ネガティブの両面の評判が挙がったが、まとめると三菱UFJリサーチ&コンサルティングの評判は比較的高いものが多いと言える。

    ▼三菱UFJリサーチ&コンサルティングのポジティブな評判まとめ

    • ワークライフバランスが良く、オンオフが切り替えられる
    • 中途社員が多いため自由な風潮が強く、会社の雰囲気が良い
    • 銀行グループであるため、クライアントからの信頼が高い

      三菱UFJリサーチ&コンサルティングは働く環境やワークライフバランスについて、ポジティブな評判が多い。成果を出すことを前提だが、フレックスタイムやリモートワークの制度なども浸透しており、働く場所や時間は自分で好きに決められる。

      また銀行が親会社であり市場からの信頼が厚いため、新規案件を獲得する際の営業活動も他と比べてあまり大変ではなく、多くのプロジェクトを手掛けることが可能と言う点にもポジティブな評判が見られた。

      ▼三菱UFJリサーチ&コンサルティングのネガティブな評判まとめ

      • 幹部層が銀行員出身が多く、経営方針に偏りが見られる
      • 得意分野以外へのアサインが少なく、総合的な成長が見込めない
      • 親会社の銀行から案件を受けており、そこに甘え自力での新規開拓があまりない

        一方で、三菱UFJリサーチ&コンサルティングのネガティブな評判として、上層部は銀行員出身の人も多く、フレキシビリティに欠ける経営などが目立つ点や、親会社から案件が来るのを待つだけといった点が挙がった。これは親会社の銀行に起因するものであり、ポジティブな評判の裏返しとも言える。

        また得意分野を伸ばせるのは良いが、そこで結果を出し適性とみなされると、なかなか他のプロジェクトへアサインされにくいなどの悩みの声も出ている。

        ▼おすすめの転職エージェント

        三菱UFJリサーチ&コンサルティングの激務の実態

        三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、業界的に見ても激務とは程遠く比較的ホワイトと言える。

        • 働き方改革に伴い、残業がかなり減った
        • 自由と自己責任がモットーなので、結果を出せばワークライフバランスも良好に保てる
        • テレワーク、裁量労働制が浸透しており、若手でも自分で仕事の調整ができる

          激務な企業が多いシンクタンク・コンサル業界で、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの月間平均残業時間は50時間程度となっている。下記はランキングは主要コンサルファームの月間残業時間に基づいて作成している。(出典:openwork)

          コンサルファーム残業時間ランキング

          各ファームの略称:
          RB:ローランド・ベルガー、ADL:アーサー・D・リトル、Mck:マッキンゼー、DI:ドリームインキュベータ、CDI:コーポレイトディレクション、BCG:ボストンコンサルティング、ATK:A.T. カーニー、DTC:デロイト、Bain:ベイン、AC:アクセンチュア、AB:アビーム

          上記ランキングには三菱UFJリサーチ&コンサルティングを載せていないが、仮に載せる場合は下から5番目のランキングとなり、他社比較の観点からも激務度は低いといえる。

          また、「休暇申請が通りやすい」「働く場所も比較的自由」という特徴があり、オンオフの切り替えがやりやすという評判である。もちろん、然るべきアウトプットを出していることが大前提となるため、業務におけるプレッシャーやストレスはある程度覚悟しておく必要がある。

          ▼おすすめの転職エージェント

          三菱UFJリサーチ&コンサルティングの中途選考フロー・面接

          三菱UFJリサーチ&コンサルティングの中途面接は以下の流れで行われる。

          1. 書類選考
          2. 一次面接(人事):一般面接
          3. 二次面接(人事):一般面接
          4. 最終面接(役員):一般面接

            三菱UFJリサーチ&コンサルティングの中途面接では、ケース面接が行われず3回すべての面接が一般面接となっている。そのため、一次・二次面接でオーソドックスな質問をされ、ある程度ふるいにかけられる。

            その後通過者に対しては、一次・二次で聞いた質問をさらに深堀する傾向にあるため、自身の経験や実績は、深く追及されても答えられるようにしておく必要がある。また三菱UFJリサーチ&コンサルティングのマネージャーである松田氏と渡邉氏の対談によると、三菱UFJリサーチ&コンサルティングが求める人物像は以下の通りである。

            • 自分自身で新しいコンサルタント像を作ろうと思っている人
            • 外部との連携が取れる人
            • 自主的に考えて行動に移せる人
            • 視座の高い人

              そのため、三菱UFJリサーチ&コンサルティングが求めている人物像を逆算し、これらに当てはまるエピソードを用意することで、面接の突破率が高くなると言える。

              ▼実際の質問例

              • 前職を離れコンサルタントをやりたい理由
              • 海外経験の有無、これまでの経歴
              • 前職で営業力を発揮した場面

              面接対策にはコンサル・シンクタンク業界への転職支援実績が豊富なエージェントの利用して対策することをおすすめしたい。

              ▼おすすめの転職エージェント

              三菱UFJリサーチ&コンサルティングの特徴・強み

              三菱UFJリサーチコンサルティング_特徴:顧客セグメント

              上記は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの顧客セグメントである。三菱UFJリサーチ&コンサルティングの特徴としてこの顧客セグメントが挙げられるが、中堅・中小企業が全体の6割も占めている。

              グローバルコンサルファームの場合、大企業が99%を占めているため大きな違いである。これは、三菱UFJグループとして様々な企業とネットワークがあるという強みが起因している。また、以下が三菱UFJリサーチ&コンサルティングの案件割合になるが、戦略系の案件が4割程度と多いのも特徴として挙げられる。

              三菱UFJリサーチコンサルティング_特徴:案件割合

              ▼おすすめの転職エージェント

              三菱UFJリサーチ&コンサルティングへの転職でおすすめのエージェント

              前述の通り三菱UFJリサーチ&コンサルティングの中途採用の難易度は、一般企業と比較して高いと言える。特に面接においては高い論理的思考力を求めらるため、徹底した対策が必須となっている。

              そのため、コンサル・シンクタンク業界への転職支援実績が豊富なエージェントを選ぶことが最重要である。嘘のような話だが、三菱UFJリサーチ&コンサルティングへの転職支援を行っているエージェントでも各職種の具体的な仕事内容を理解していないエージェントは多数存在する。

              具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

              おすすめ度:★★★★★

              アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。コンサル転職を成功したい人には、アクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

              Aさん
              (戦略コンサル転職者)
              とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
              また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

              Bさん
              (総合コンサル転職者)
              業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
              他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

              コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

              上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

              おすすめの記事