ZSアソシエイツに転職!年収・難易度・評判を解説

現在21の国と地域に拠点を構えるZSアソシエイツは、セールス・マーケティング領域に特化したコンサルファームである。

本記事では、そんなZSアソシエイツの年収や転職難易度、社員からのリアルな評判などの転職情報を徹底解説していく。

ZSアソシエイツへの転職徹底解説

コンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ZSアソシエイツの年収

ZSアソシエイツ_役職別年収

上記はZSアソシエイツの役職別・年次別の目安年収である。

ZSアソシエイツの役職は上記の6個に分かれており、プロジェクトのマネジメントを担うマネジャーまで昇進すると、年収は1000万円を超える。

製薬業界やセールス・マーケティング領域に高い専門性を求められるため、他のコンサルファームと比較するとZSアソシエイツの昇進スピードは決して高くなく、「コンサルタント」までは少し年収面で見劣りするかもしれない。

しかし、ZSアソシエイツの「マネジャー」はプロジェクトのセールスノルマのなく、それで年収が1000~1600万円のレンジとなっているため、非常に魅力的な年収水準と言える。

実際に転職した際にどの程度の年収水準になるかは、コンサル転職に強いエージェントに聞いてみることをおすすめしたい。

▼おすすめの転職エージェント

ZSアソシエイツの転職難易度

結論から言うと、以下の理由よりZSアソシエイツの転職難易度は非常に高いと言える。

  • 少数精鋭で、採用の枠が少ないため競争率が高い
  • ビジネスレベルの英語力が必須である

    ZSアソシエイツは少数精鋭のコンサルファームであり、その分採用枠が少ないという特徴がある。

    さらにZSアソシエイツはグローバルファームであり、日本法人でも世界各国から人材を募集している。

    そのため募集枠に対してのハイレベルな応募者が多く、競争率が高いと言える。

    また、必須項目としてコンサルの実務経験やビジネスレベルの英語力、業界への深い知識などがあげられるため、求められるハードルも相当高いと言える。

    難易度が高いZSアソシエイツへの転職を成功させるためには、コンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを利用することをおすすめしたい。

    ▼おすすめの転職エージェント

    ZSアソシエイツのリアルな評判

    実際にZSアソシエイツに勤める方々からのリアルな評判をご紹介する。

    ポジティブ/ネガティブの両面の評判が挙がったが、まとめるとZSアソシエイツの評判は高いと言える。

    ▼ZSアソシエイツのポジティブな評判

    • 有給消化率が80%近くあり、休暇が取りやすい
    • 自由度の高い働き方が実現でき、外資系の社風が強い
    • 製薬業界での知名度が高く、業界の中でも面白い仕事を多数経験することができる

      ZSアソシエイツは良い意味で外資系企業の色が強く、成果を出していれば時間や場所に縛られることなく自由には働くことができるという点でポジティブな評判が多かった。

      また休暇に対する意識も高く、80%を超える有給取得実績やプロジェクト後の休暇などを利用しプライベートと仕事の切り分けも可能だという。

      また製薬業界に対しての知名度やシェアが高いため、業界の中でも面白い仕事を多数経験することができる点も高い評判の要因と言える。

      ▼ZSアソシエイツのネガティブな評判

      • 多くのことをインプットしなければならないため、自己学習が必須となる
      • 規模が小さいため認知度が低く、採用拡大に難がある
      • 製薬業界に特化しているため、前職で培った他業界のスキルが活かしづらい

        全体的に見ていくとZSアソシエイツではネガティブな評判は少ないが、やはりコンサルファームである以上、インプットする情報が非常に多い点には一部低い評判が挙がっていた。

        また、ZSアソシエイツの日本法人は製薬業界に特化しているが、裏を返すと他の業界の知見がつきにくいと言った点も不安要素として挙がっていた。

        ZSアソシエイツは高い評判が多い一方で、少数精鋭であるがゆえに情報が少ないため、転職にあたってはコンサル業界に強みを持つエージェントを利用することをおすすめしたい。

        ▼おすすめの転職エージェント

        ZSアソシエイツの中途選考・面接

        ZSアソシエイツの中途選考は、以下のようなフローで進んでいく。

        1. 筆記試験
        2. 一次面接:ケース面接・一般面接
        3. 最終面接:ケース面接・一般面接

          ZSアソシエイツの中途選考における筆記試験はボーダーラインが高く、合格者の平均正答率が8割を超えるため最初の難関となる。

          さらにその後の一般面接では、志望理由や自己紹介などオーソドックスな質問が英語で行われる場合もあるため、流暢に英語で面接を行う力も必要と言える。

          その後のケース面接では高い計算力を求められる傾向にあるため、パッと計算できる訓練を積んでおく必要がある。
          (例えば、1万×1万=1億、などのtipsを覚えておくのも必須である)

          またZSアソシエイツの大阪オフィス代表の玉谷氏曰く、中途採用の際は以下のような人物を求めているので参考にしてほしい。

          • 多文化の中でコミュニケーション、チームワークを発揮できる人物
          • ロジカルシンキングができる人物
          • 高い英語力は必須ではないが、今後英語力を伸ばす意欲のある人物

          ▼ZSアソシエイツの中途面接における実際の質問例

          • 英語での自己紹介・自己PRしてください
          • 仕事上でミスをした後にどのようにリカバリーするか
          • 数字やデータへ強いか

            ZSアソシエイツの中途面接対策を行う上では、コンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを利用することをおすすめしたい。

            ▼おすすめの転職エージェント

            ZSアソシエイツの激務の実態

            結論から言うと、ZSアソシエイツの激務度は低く快適な労働環境であると言える。

            • 80%近い有給消化率をはじめ、プロジェクト後の休暇など休みが多い
            • 良い意味で外資系の社風であり、働き方に自由度がある
            • 社内競争よりもチームワークが重視されているので、全員で協力して業務に取り掛かる

              上記の通り、ZSアソシエイツの働く環境は外資系の文化が強い。

              働く時は徹底して働き、休むときはきっちり休むとオンオフの切り替えは高水準で実現できている。

              そのため成果を出すことが大前提だが、逆に言うと成果を出していれば、働き方は非常に自由である。

              またZSアソシエイツは外資系企業のため、出世争いが激しいと思われがちだが、出世争いよりもチームワークを重視する傾向にある。

              これはZSアソシエイツがグローバルファームであり、多くのバックグラウンドを持つ社員が多いことに由来すると言える。

              そのため知人曰く、誰かが躓いたらチームでフォローする、1つの課題解決に全員で取り掛かるなど、社員同士の関係も非常に良好とのことである。

              ▼おすすめの転職エージェント

              ZSアソシエイツへの転職でおすすめのエージェント

              日本ではそこまで知名度の高くないZSアソシエイツについてはあまり情報が出回っていない。

              実際問題ZSアソシエイツの実態ついて正確に把握していないエージェントも存在する。

              そのため、"絶対に"コンサル転職に知見と実績を兼ね備えたエージェントを選ぶ必要がある。

              具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

              おすすめ度:★★★★★

              アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。

              ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。

              コンサル転職を成功したい人には、筆者の実体験からもアクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

              Aさん
              (戦略コンサル転職者)
              とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
              また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

              Bさん
              (総合コンサル転職者)
              業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
              他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

              コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

              様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

              上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

              ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

              おすすめの記事