新規事業コンサルとは?おすすめの主要企業一覧やランキング、リアルな実態を徹底解説

近年、大企業における新規事業立ち上げ需要の急拡大を受けて、大手コンサルファームからブティックファームまで「新規事業コンサル」というサービスを提供するファームも増えてきている。

本記事ではそんな新規事業コンサルのリアルな実態から主要企業一覧、各種ランキングまで徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

本記事でわかること
  • 新規事業コンサルのリアルな実態
  • 新規事業コンサルになるためにやるべきこと
  • 新規事業コンサルに強みを持つ主要企業一覧
  • 新規事業コンサルの各種ランキング

コンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

新規事業コンサルとは

まず初めに「新規事業コンサル」について解説する。

「新規事業コンサル」においては、一般的に大きく3つのステップに分けられ、それぞれのステップでプロジェクトフェーズを切る場合が多い。

  • 新規事業のアイデア出し
  • 新規事業のビジネスモデル検討
  • 新規事業立ち上げ支援

1. 新規事業のアイデア出し

まず新規事業コンサルの仕事の最初のステップが「新規事業のアイデア出し」である。

市場の魅力度(規模、成長性)、自社の強み/弱み、競合の強さだけでなく、マクロトレンドや消費者(ミクロ)動向などを踏まて、アイデア出しを行うことになる。

最近では、SDGsを起点としてアイデア出しを行うケースも多い。

いずれの場合でも、思い付きでアイデアを行うのではなく、何等かのロジックを持ってアイデア出しを行い、その事業の魅力を評価していくことが新規事業コンサルに求められる。

各事業を評価して、有望なアイデアを幾つかに絞ったら「新規事業のアイデア出し」のステップは完了である。

2. 新規事業のビジネスモデル検討

次に、新規事業コンサルに求められるのが「新規事業のアイデア出し」で絞ったアイデアのビジネスモデルを検討していくことである。

「新規事業のアイデア出し」ステップでは少し抽象度の高い話であったが、この「新規事業のビジネスモデル検討」ステップではより具体的な話になってくる。

優良な類似事例や、顧客ニーズを踏まえながらビジネスモデルを構築していくが、このステップには顧客ヒアリングがより重要になってくる。

顧客ヒアリングでは、ニーズの有無やニーズの解像度を上げ、本当に事業として成り立つのか、成り立つ場合はどんな要素が必要かを明確にしていく。

最終的には、顧客ヒアリングなどを基に適正な価格や想定顧客数を設定し、"絵に描いた餅"ではないリアリティのある事業計画/収支シミュレーションを作成する。

3. 新規事業の立ち上げ支援

ビジネスモデルが構築できたら、新規事業コンサルは次に「新規事業の立ち上げ支援」に入る。

アクションプランの策定や、有望なパートナー候補の選定に留まらず、場合によってはベンダー選定や調整など、立ち上げをリードすることも求められる。

このフェーズではどうしても提言ではなく、事業が計画通り立ち上がることが求められる。

そのため、アクションプランの策定や、有望なパートナー候補の選定といったアドバイザーロールではなく、協業者や並走者と言った役割が求められる。

新規事業コンサルのリアルな難しさ

新規事業コンサルでの経験は、コンサルとしてのスキルアップだけでなく、起業にも活用できることから非常に人気の高い領域でもある。

しかしながら、新規事業コンサルは非常にハードであり、タフネスが求められる領域でもある。

以下では、そんな新規事業コンサルにおける難しさの一例をご紹介する。

途方もない案出しの量

「新規事業のアイデア出し」において、最終的なアウトプットが2-3案だとしても、新規事業コンサルはその過程ではより多くのアイデアを出す必要がある。

最終的に有望なアイデアが出るかが分からない中で、クライアントに対して事前に「50アイデア出します」などと数をコミットしてしまう場合がある。

お気づきの通り、ある程度領域が限定されている中で「50アイデア」も出すことは非常に難易度が高く、そして多くの場合、有望なアイデアを「50アイデア」も出すことはできない。

その結果、自分でも恥ずかしいと思えるようなアイデアを出し、絶対に選定されることはないと分かりながらパワーポイントを作り続けることになる。

これは「考える過程が大切」という新規事業コンサルの特性が生む難しさである。

求められるスキルセットの違い

「新規事業の立ち上げ支援」では、従来の戦略コンサルティングとは異なるスキルセットが求められる。

行動力や推進力、周囲の関係者を巻き込む求心力など、コンサルファームでは身に付きにくいスキルセットである。

筆者がこれまで出会った最も優れた新規事業コンサルタントは、ベンチャー企業にて多数の新規事業の立ち上げに関わってきた人である。

そのため、特に新卒でコンサルティングファームに入社した人で、「じっくり考える」「何事もロジカルに合理的に判断する」といったお作法が身に付いている人には、大きな思考転換が必要となる。

フェーズの合間時間の長さ

新しいことをする場合、大企業の場合はステークホルダーも多いことからどうしても時間が掛かってしまう。

特に、「新規事業のアイデア出し」→「新規事業の立ち上げ支援」のフェーズの合間には、クライアント内でかなり慎重な議論が必要となる。

関連部署の反応や、取引先への影響、顧客への印象などを考慮して、各種ステークホルダーとの対話も必要になってくる。

そうなると、すぐさま次のフェーズは始められず1-2か月の期間が空いてしまうことも多い。

その場合、新規事業コンサルタントはお休みするわけもいかず、全く異なるプロジェクトへアサインされていく。

もちろん再開する時に、元プロジェクトメンバーの誰かしらがアサインされるような組み方はされるが、全員が都合よくアサインできる可能性は低い。

せっかくアイデア出しから頑張っていても、コンサルティングという事業特性上、最後まで関われない可能性が一定あることは考慮しておく必要がある。

上記を踏まえても新規事業コンサルを目指したいという人は、ぜひコンサル転職に強みを持つエージェントに登録してどのような求人があるかを確認することをおすすめしたい。

▼おすすめの転職エージェント

新規事業コンサルになるためにやるべきこと

前述の「新規事業コンサル」のリアルな難しさを踏まえても、なお新規事業コンサルを目指したいという人に向けて、複数の新規事業コンサルを経験してきた筆者としてやるべきだと思うことをご紹介する。

  • 常に最新のニュースをキャッチアップ
  • 気になったテーマを書籍などを通じて深堀りする
  • 事業立ち上げ経験を蓄積する
  • 転職エージェントに求人を紹介してもらう

常に最新のニュースをキャッチアップ

新規事業コンサルになるために日常的に最新のニュースをキャッチアップしておく必要がある。

このニュースは新規事業に関するものだけでなく、マクロトレンドや消費者動向も含まれる。

こうした日々の蓄積がプロジェクトにアサインされた際に大きなショートカットを可能にしてくれる。

最新のニュースをキャッチアップするなら、NewsPicksなどの自分にあったメディアから常にインプットをし続ける必要がある。

気になったテーマを書籍などを通じて深堀りする

また、新規事業コンサルとして活躍していく上では気になったテーマや話題のテーマは書籍を通じて深堀することも有用である。

ニュースは速報性に長けているものの、どうしても内容が薄くなってしまう。

そのため、定期的に書籍を通じて特定のテーマを深堀して、自分の中で体系的に落とし込んでおく必要がある。

新規事業は「知っている」かどうかでアウトプットが大きく変わってくる領域である。

事業立ち上げ経験を蓄積する

前述の通り、筆者がこれまで出会った最も優れた新規事業コンサルタントは、ベンチャー企業にて多数の新規事業の立ち上げに関わってきた人であり、やはりこの分野において経験が大きくものを言う。

コンサルではアイデア出しから立ち上げ、そして実際の事業運営まで関わることはできない。

もし長期的に新規事業コンサルとして、よりリアリティのある支援をしていきたいのであれば、是非とも事業会社にて立ち上げ経験を蓄積して頂きたい。

転職エージェントに求人を紹介してもらう

新規事業コンサルとして経験を積む、あるいは一度事業会社で立ち上げ経験を積む場合でも、まずは転職エージェントにどのような求人があるかを確認してみて頂きたい。

求人は水物であるため、未経験でも新規事業コンサルになれるタイミングもあれば、事業会社で新規事業の立ち上げ経験がないと新規事業コンサルになれない可能性もある。

そのため少しでも新規事業コンサル人に興味がある人は、コンサル業界の最新情報を常に収集できているエージェントに登録する必要がある。

▼おすすめの転職エージェント

新規事業コンサルおすすめ主要企業一覧

1.ドリームインキュベータ

ドリームインキュベータは、戦略コンサルティングおよびベンチャー投資事業を軸に、企業の事業創造を支援するコンサルティングファームである。

既存の枠を超えて、様々な産業・社会課題に対するソリューションを構想し、クライアントの事業創造やイノベーションを支援する独自のプロフェッショナルサービスを提供している。

会社名 株式会社 ドリームインキュベータ
本社所在地 東京都千代田区霞が関3-2-6 東京倶楽部ビルディング4F
会社HP https://www.dreamincubator.co.jp/

2.トーマツベンチャーサポート

トーマツベンチャーサポートは、デロイトトーマツグループの一員であり、新興企業やスタートアップ企業の支援を行うコンサルティングファームである。

具体的には、ベンチャー企業の事業拡大に向けた販路拡大支援およびPR支援に加えて、金融機関などからの資金調達支援、人材採用支援、海外進出支援などを行う。

同社は、グローバルネットワークを持つデロイトトーマツグループのリソースを活用しながら、コンサルティングをベースとしたインキュベーションスキルの両利きの提案に強みを持つ。

会社名 デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビルディング
会社HP https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/dtvs/dtvs.html

3.アビームコンサルティング

ITソリューションの導入実績に強みを持つアビームコンサルティングだが、新規事業開発にもケイパビリティを持っている。

他、新規事業を強みに持つファームとは一線を画し、総合コンサルティングファームならではの豊富な支援実績と多角的な知見をもったトータルサポートが同社の強みである。

会社名 アビームコンサルティング株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビルディング
会社HP https://www.abeam.com/jp/ja

4.Relic

Relicは、新規サービスにおけるシステム開発やデザインに加え、新規事業開発を専門とする経営コンサルティングや事業プロデュースを一気通貫で行うコンサルティングファームである。

大手企業から新進気鋭のベンチャー・スタートアップなど、2,000社を超える新規事業開発やイノベーション創出を支援し、業界トップクラスのポジションを確立している。

会社名 株式会社Relic
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー8F
会社HP https://relic.co.jp/

5.リブ・コンサルティング

リブ・コンサルティングは、中堅・ベンチャー企業向けに総合経営コンサルティング業務、DXコンサルティングなどを実施しているコンサルティングファームである。

大企業からベンチャー企業まで多様な業界、業態の新規事業開発を通じて蓄積された知見をもとに、計画から実行フェーズのアクションまで伴走型のコンサルティングスタイルに定評を持つ。

また、クライアントに対するコミットメント意識が高く、成果報酬型のフィー体系を導入している点も同社の特徴と言える。

会社名 株式会社リブ・コンサルティング
本社所在地 東京都千代田区大手町1丁目5-1
大手町ファーストスクエア ウエストタワー 19階/20階
会社HP https://www.libcon.co.jp/

6.アクリオ

アクリオは、「テクノロジーと知識で、挑戦者に寄り添う社会を実現する」をミッションに2021年7月に創業した事業支援会社である。

メンバーは事業開発経験のあるフリーランスを中心に構成されており、事業構想/市場調査/事業検証/事業構築・運営といった新規事業のどのフェーズでも支援できるという特徴がある。

会社名 株式会社アクリオ
本社所在地 東京都品川区小山5丁目18−17
会社HP https://acrio-inc.jp/

7.クロト

クロトは、ビジネスモデルの最初の段階から、webに関する課題解決のできるソリューションをワンストップで提供しているという特徴を持つ。

新規事業アイデア創出に留まらず、サイト制作からシステム開発、インフラ、セキュリティ、広告、SNS、分析、デザイン、SEO、CRMなどの専門家が、ニーズに合わせて最適な支援を行ってくれるため、アイデアが"絵に描いた餅"にならないという強みがある。

会社名 株式会社クロト
本社所在地 東京都港区南麻布2-8-21 SNUG MINAMI-AZABU 401
会社HP https://www.clo-tho.com/

8.tryX

tryXは、ToC専門で新規事業のアイデア創出〜新規事業企画〜実行支援までワンストップで伴走型のコンサル支援を行っている。

実体験に基づく、新規事業を円滑に推進支援するための独自の仕組みやフレームワークを活用し、再現性の高い新規事業立ち上げを支援できるという強みがある。

会社名 株式会社tryX
本社所在地 東京都中央区銀座1-22-11 銀座大竹ビジデンス 2F
会社HP https://tryx-co.ltd/strategy-consulting/new_business_consulting/

9.Zoku Zoku Consulting

Zoku Zoku Consultingは、新規事業開発の企画~事業化~グロースをワンストップでコンサルティングを行っている。

代表自身が手掛けた新規事業は累計20億以上という実績を持ち、チームの一員として新規事業開発を推進しながら、チームの組織開発をも同時に実現する伴走型・OJT型のコンサルティングを行うというが特徴がある。

会社名 Zoku Zoku Consulting
本社所在地 東京都港区芝2-17-11
会社HP https://zokuzoku-design.co.jp/

10.エスエスコンサルティング

エスエスコンサルティングは、企画からローンチまで伴走しながら一緒に取り組んでいく"戦略×実行の伴走型コンサルティング"を提供している。

事業開発段階を体系化した独自のメソッドを有し、高速でトライ&エラーを繰り返しながら事業構築の支援を行うという強みを持つ。

会社名 エスエスコンサルティング株式会社
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー18階
会社HP https://ss-consul.co.jp/

11.Leonessa

Leonessaは、ITエンジニア出身でボストン・コンサルティング・グループで戦略コンサルタントとして勤務した後、GEやIBMなどのグローバル企業で事業開発の責任者を担当した代表が培ったノウハウ・ナレッジ・人脈を活用し、中堅~大企業の新規事業・商品開発の支援を手掛けている。

アドバイザリーにとどまらず、20年以上グローバルに大手企業での事業開発経験を活用した伴走型支援に特徴を持っている。

会社名 株式会社Leonessa
本社所在地 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア
会社HP https://www.leonessa-corp.com/index.html

12.アドライト

アドライトはイノベーション創造に関する様々なプログラムを企画しプロジェクトをリードすることにより、事業化まで導くビジネスインキュベーターである。

15年以上のイノベーション創造活動を通じて蓄積したノウハウを活用し、戦略立案から最終的な事業化まで一気通貫で並走することで、量と質が担保された事業シーズを自律的に生み出し続け事業化に至るイノベーション創出プロセスを導入している。

会社名 株式会社アドライト
本社所在地 東京都千代田区大手町1丁目6番1号 大手町ビル6階
会社HP https://www.addlight.co.jp/

13.glorious future

glorious futureは、データ利活用における専門家不在でも、誰でもデータを有効活用できる社会の実現を目指すシステム開発会社である。

新規事業におけるサービス設計からコスト計画策定、運用計画設計までを一気通貫で支援しており、SaaS型のプロダクトやマッチングサービス、ECサイトなどの立ち上げが可能となっている。

会社名 株式会社glorious future
本社所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿 16階
会社HP https://glorious-future.co.jp/

14.CINCA

CINCAは、大手企業の新規事業室をクライアントに新規事業の立ち上げ代行「レンタル新規事業室」を行う企業である。

新規事業の0から1の段階に特化し、これまでの新規事業立ち上げにおける実践経験を踏まえた組織を作り、および立ち上げフローのテンプレ化により、再現性の高い新規事業立ち上げ支援を行っている。

会社名 株式会社CINCA
本社所在地 東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE11F WeWork内
会社HP https://cinca.tokyo/

15.グローバルステージ

グローバルステージは営業と人財により新規事業をバックアップするコンサルティング会社である。

新規事業開発支援において、戦略立案に留まらず、収支計画の策定からマーケティング調査、企画提案資料の作成、テストセールまで一気通貫で支援できる強みを持つ。

会社名 株式会社グローバルステージ
本社所在地 東京都品川区東五反田2-10-1
会社HP https://www.global-stage.net/

16.Hamaru Strategy

Hamaru Strategyは、エンターテインメント、オタク業界に向けた新規事業に強みを持ち、そのノウハウを多業種に展開する新規事業企画コンサルティング会社である。

圧倒的な企画力、エンタメ業界で培ったノウハウ、オタク業界の「熱量のある消費」を味方につけて、事業を躍進させる唯一無二の企画の提案から企画の推進を行っている。

会社名 株式会社Hamaru Strategy
本社所在地 東京都台東区谷中6-4-5
会社HP https://www.hamaru.co.jp/

17.ディー・フォー・ディー・アール

ディー・フォー・ディー・アールは、知識集約型コンサルティング・プロデュース企業として、これまでのコンサルティング経験から独自に蓄積してきた様々な知見を体系的なナレッジとして活用し、超長期的な未来の洞察からのバックキャスティングアプローチで課題を解決している。

独自の未来ナレッジを活用したサービス例としては、超長期的な視座の共有からアクションプラン策定まで支援する伴走型プログラムや、ナレッジベースを活用した未来創発ワークショップなどがある

会社名 ディー・フォー・ディー・アール株式会社
本社所在地 東京都港区三田 1-6-7 WATANABEビル 2階
会社HP https://www.d4dr.jp/

新規事業コンサルランキング

ここで新規事業コンサルに強みを持つ企業について、各種ランキングをご紹介する。

総合満足度ランキング

下記は新規事業コンサルファームについて、openworkにおける総合満足度をランキングにして比較したものである。

総合満足度には、「待遇」「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」「20代の成長環境」「人材の長期育成」「法令順守の姿勢」「人事評価の適正感」が含まれている。

# コンサルファーム名 満足度
1 アビームコンサルティング 4.39
2 ドリームインキュベータ 4.19
3 リブ・コンサルティング 3.88
4 Relic 3.64
5 トーマツベンチャーサポート 3.42

年収ランキング

ここでは新規事業コンサルファーム別の平均年収ランキングをご紹介する。(出所:Open Work

ここでご紹介する平均年収はあくまでOpen Workにおける回答者平均である点はご留意いただきたい。

なお、各社とも対象職種を「コンサルタント」に絞った平均年収を記載している。

# コンサルファーム名 平均年収
1 ドリームインキュベータ 1229万円
2 トーマツベンチャーサポート 1016万円
3 アビームコンサルティング 803万円
4 リブ・コンサルティング 746万円
5 Relic 588万円

激務度ランキング

ここでは新規事業コンサルファーム別の平均残業時間ランキング(=激務度ランキング)をご紹介する。(出所:Open Work

ここでご紹介する残業時間はあくまでOpen Workにおける回答者平均である点はご留意いただきたい。

# コンサルファーム名 平均残業時間(h)
1 リブ・コンサルティング 75.9
2 ドリームインキュベータ 72.1
3 トーマツベンチャーサポート 55.5
4 アビームコンサルティング 36.3
5 Relic 33.0

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 773 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事