P&Eディレクションズに転職!年収・難易度・評判を解説

少数精鋭のブティックファームとして優秀なコンサルタントが在籍するプロフェッショナル集団がP&Eディレクションズである。

本記事ではそんなP&Eディレクションズの年収や転職難易度、リアルな評判について徹底解説していく。

P&Eディレクションズへの転職徹底解説

コンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

P&Eディレクションズの年収

P&Eディレクションズ_役職別年収

上記はP&Eディレクションズの役職別の目安年収である。

P&Eディレクションズに勤務経験のある知人曰く30歳手前で年収1000万円という水準は決して珍しい話ではないという。

P&Eディレクションズの評価制度は基本的に実力に依存するため、年齢に関係なく高年収が狙える魅力がある。

早い人だと27歳あたりでマネージャーに昇進して年収1000万円を超えている人もいるという。

一方で、30歳を過ぎても成果が出ていない社員は、20代半ばの部下よりも年収が低いこともあり得るようだ。

▼おすすめの転職エージェント

P&Eディレクションズの特徴

P&Eディレクションズ_特徴

P&EディレクションズはBCG出身の代表が設立したコンサルファームであり、外資戦略コンサルが得意とする戦略策定から泥臭い実行支援まで行う特徴を持つ。

社名のP&Eディレクションズの「E」は実行を意味するExecutionであり、実行に対して強い想いを思っていることがわかる。

近年は外資戦略コンサルも実行支援までサービス拡充を行っているため、サービスライン上はP&Eディレクションズとの違いはなくなりつつあるものの、P&Eディレクションズは20年程度前から戦略~実行まで手掛けているという特徴がある。

また、P&Eディレクションズの方がより現場に入り込んだ支援に強みを持っている。

▼おすすめの転職エージェント

P&Eディレクションズの評判

P&Eディレクションズの社員の声を調査すると、総合的にみて評判は高いと言える。

▼P&Eディレクションズのポジティブな評判

  • 利益を求めるよりもクライアントファーストの意識が高く、お客様の課題解決に真摯に向き合える
  • コンサル業界としては珍しく、若手育成の基盤が安定しており人材教育に力を入れている
  • 半年ごとに人事評価があり、非常に透明性が高く成果がしっかりと給与に反映される

    P&Eディレクションズは、良い意味でコンサルらしさがなく、目先の利益を追い求めたり厳しいUP or OUTの文化がない。

    そのため、中長期的に見てクライアントに利益をもたらせるのであれば、直近で利益が出なくても上層部から詰められることがない。

    また若手の育成にも非常に注力しており、成果を出している若手に対し公平な評価制度のもと、昇給という形で還元をしている。

    さらに上司部下関係なく意見が言い合えたり、チームを支え合う精神が根付いているため、労働環境や人間関係の良さにも高い評判が目立った。

    ▼P&Eディレクションズのネガティブな評判

    • 1人で最低2つ以上のプロジェクトを並行するため、プライベートの時間を確保できない
    • 若手が活躍できる一方、ミドル層の力が薄く重要な局面で頼りにならないこともある
    • 仕事第一の社風のため、自分のミッション達成のためなら休日出勤も当たり前の風潮がある

      一方で長時間労働が常習化している点や、1人が最低2つ以上のプロジェクトにアサインされるなど、ワークライフバランスの悪さに対する悪い評判が数多く挙がっている。

      知人曰く、仕事第一主義の雰囲気も漂っているため、ミッション達成のためには土日関係なく出社している社員も多いとのことである。

      また若手の教育環境や成長に関する評価が高い一方、ミドル層に優秀な人材が少なく、管理能力やマネジメント能力に対する疑問の声も少なくはない。

      ▼おすすめの転職エージェント

      P&Eディレクションズの激務の実態

      結論から言うと、P&Eディレクションズは業界内でも非常に激務である。

      • 月の残業時間が80時間近くと、基本的にプライベートが無い
      • 常に2つ以上のプロジェクトにアサインされるため、まとまった休暇を取ることがまずできない
      • 帰宅時のタクシー代が出ないためか、最近は遅くても終電で帰る社員も増えている

        P&Eディレクションズはコンサル業界の中でも、激務として知られており、基本的にプライベートの時間を作るのが困難である。

        常時1人で2つ以上のプロジェクトを行わなければならないため、必然的に早朝出社をし深夜退社となってしまう。

        知人曰く、上記のことはチームによって異なるわけではなく、基本的にどこのチームも同じとのことである。

        ただ現在では帰宅時のタクシー代の支給を停止したためか、遅くとも終電の時間には社員が退社し始めるので、以前よりは残業時間が減少している傾向があるという。

        ▼おすすめの転職エージェント

        P&Eディレクションズに向いている人

        P&Eディレクションズに勤務経験のある知人の情報を踏まえると、P&Eディレクションズに向いている人は以下のような特徴がある人と言える。

        • 自己成長や成果達成のためであれば、プライベートを気にせず仕事に没頭できる人
        • 徹底的に顧客に寄り添い、クライアントファーストを実現できる人
        • 未完成組織の中で自らの道を開拓できる人

          P&Eディレクションズでは基本的に仕事を最優先し、自己成長や自己実現を求める人に対して全力でバックアップをする風習である。

          さらにその中でもクライアントの利益も考え、クライアントの満足度と自社の利益の両立を実現する力が求められる。

          ただ代表取締役社長の島田氏は、インタビューで「スキルよりもやる気と体力のある人を求める」と答えていたため、激務に耐え抜くタフネスと長時間労働を乗り越えるスタミナがあれば、選考は有利に進む可能性が高い。

          ▼おすすめの転職エージェント

          P&Eディレクションズへの転職でおすすめのエージェント

          ブティックファームであるP&Eディレクションズについてはあまり情報が出回っていない。

          実際問題P&Eディレクションズの実態ついて正確に把握していないエージェントも存在する。

          そのため、"絶対に"コンサル転職に知見と実績を兼ね備えたエージェントを選ぶ必要がある。

          具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

          おすすめ度:★★★★★

          アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。

          ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。

          コンサル転職を成功したい人には、筆者の実体験からもアクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

          Aさん
          (戦略コンサル転職者)
          とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
          また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

          Bさん
          (総合コンサル転職者)
          業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
          他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

          コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

          様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

          上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

          ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

          おすすめの記事