山田コンサルティンググループ転職大全 | 選考フロー、面接、難易度を徹底解説

山田コンサルティンググループは中小企業に対して事業継承やM&A、経営コンサルティングを行うコンサルティング会社である。

本記事ではそんな山田コンサルティンググループの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元山田コンサルティンググループ社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • 山田コンサルティンググループの中途難易度
  • 山田コンサルティンググループの選考フロー~面接内容
  • 山田コンサルティンググループの強み・特徴
  • 山田コンサルティンググループへの転職を成功させるためにやるべきこと

山田コンサルティンググループを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

山田コンサルティンググループとは

山田コンサルティンググループ株式会社は、会計、税務、法律、事業継承、M&A等を専門としている総合系コンサルティングファームである。

設立は1989年であり、現在では投資事業のグループ会社を持つだけでなく、多くの海外拠点も有するグローバルファームである。

会社名 山田コンサルティンググループ株式会社
英語表記 YAMADA Consulting Group Co.,Ltd.
従業員数(グループ会社含む) 1,004人(2023年4月時点)
本社所在地(国内) 東京都千代田区丸の内

山田コンサルティンググループの強み・特徴

海外にも積極的に進出している山田コンサルティンググループだが、他のコンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、現役山田コンサルティンググループ社員に話を伺い、そこから見えてきた山田コンサルティンググループの強み・特徴について解説しよう。

多くの専門家を有する

山田コンサルティンググループは、会計、税務、法律関連の領域に強みを持っているが、その要因として、多くの専門家を有することが挙げられる。

実際、公認会計士(20名)、税理士(31名)、弁護士(1名)、司法書士(20名)、社会保険労務士(7名)、中小企業診断士(31名)の資格を有する社員が在籍しており、日々、クライアントワーク等で活躍している。

このように専門の資格を有する社員が専門知識を活用したコンサルサービスを提供することで、競合他社との差別化を図っているのである。

山田コンサルティンググループでは、会計や法律に関する有資格者が多く在籍しているので、そういった社員がプロジェクトに参画してもらうとクライアントだけでなく、山田コンサルティンググループのメンバーとしても非常に助かっています。さすが、難しい資格を取っている社員だけあって、知識が深いですよ。

現役山田コンサルティンググループ社員A氏

他の事業や海外拠点とのシナジー

山田コンサルティンググループは、コンサルティング事業だけでなく投資事業も行っている。

また、海外拠点としてアジア、北米、オーストラリア等のグループ会社と連携することで、日本企業の海外進出や海外の企業のM&A等を支援している。

このように、投資事業から得た知見や海外拠点とのネットワークを通じて、山田コンサルティンググループとして独自の知識や経験をコンサルサービスに活用していることが強みとなっている。

山田コンサルティンググループって聞くと、どこか日本風な会社だと思われがちですが、そんなことはありません。むしろ、海外案件は多いので、海外出張に行ったり、外国語で会話することも多いです。また、クライアントが海外進出や海外企業のM&Aを考える際には、山田コンサルティンググループが海外拠点を有していることは、クライアントにとって安心材料となっているようです。

現役山田コンサルティンググループ社員B氏

中小企業向けコンサルに強み

山田コンサルティンググループの強みとして、挙げられるのがやはり中小企業向けのコンサルサービスである。

中小企業診断士が在籍しているだけでなく、長年にわたって培った中小企業独自の課題や解決策に関する知識や経験は、クライアントにとって価値あるものとなっているようだ。

日本では多くの中小企業が活動しているが、日本経済の発展のためには、中小企業の成長が必要であるという背景もあり、山田コンサルティンググループはポテンシャルを秘めている市場で有利な立場を確立しつつある。

大手のコンサルティングファームは、大企業に注力していますが、山田コンサルティンググループは大企業だけでなく、中小企業にも注力しています。山田コンサルティンググループとしては、中小企業こそ日本経済の発展にとって重要な役割を担うだろうと考えていますし、その熱意がクライアントに響いているのかなと思います。

現役山田コンサルティンググループ社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

山田コンサルティンググループの中途選考フロー

山田コンサルティンググループの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. Webテスト
  3. 一次面接(二次面接も実施の可能性あり)
  4. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても2-3ヶ月を要する。

以下では山田コンサルティンググループの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

山田コンサルティンググループの書類選考・志望動機

山田コンサルティンググループへの転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書、職務経歴書、志望動機書が必要となり、日本語か英語の指定は特に無い。

特に書類選考では、必要書類に志望動機書があるように、「なぜ、山田コンサルティンググループで働きたいのか」という点が特に注意して見られる。

例として、実際に山田コンサルティンググループへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現在、公認会計士として監査法人で働いているが、キャリアの幅を広げるためにクライアントの経営課題にも携わりたいと考えており、それが実現できる山田コンサルティンググループで働きたいと感じている。山田コンサルティンググループでは、公認会計士の知識を活かして、会計・財務等の側面からクライアントの経営課題の支援に取り組みたいと考えている。

山田コンサルティンググループ転職成功者Dさんの志望動機

現在は、総合系コンサルティングファームで働いているが、クライアントには大手が多いため、コンサルタントとしての経験を更に積んでいくためには、中小企業のクライアントへのコンサルサービスも経験したいと考えている。その中で、中小企業向けのコンサルに強みを持つ山田コンサルティンググループで働くことにより、中小企業向けコンサルに参画できるチャンスが高くなると考えているため、応募に至った。

山田コンサルティンググループ転職成功者Eさんの志望動機

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

山田コンサルティンググループのwebテスト

書類選考を通過すると、次の選考フローは適正試験としてWebテストを受験する必要がある。

山田コンサルティンググループでは、玉手箱を使ったテストが実施される。

玉手箱は、新卒での就職活動の際にも出てきた形式であるが、Webテストで落ちてしまうことは非常に勿体ないので、しっかりと予習・準備しておくことをオススメする。

山田コンサルティンググループの中途面接

ここでは山田コンサルティンググループにおける面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:シニアコンサルタント、もしくは、マネージャー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

山田コンサルティンググループの一次面接では、シニアコンサルタント、もしくは、マネージャーが面接担当者になり、質問内容としては、現職での業務内容、志望動機がメインとなる。

面接担当者が現場の社員ということのもあり、現職の業務内容で苦労した点や、工夫した点等の深堀り質問が多くなる。

また、そういった質問に対して、論理的、かつ、簡潔に説明できるか、といったコンサルタントとしての素養も見ている点にも注意をしておこう。

なお、第二新卒やコンサルタント未経験者の場合だと、一次面接だけでなく、(質問内容は一次面接と同様であり、面接担当者がマネージャーレベルになる)二次面接も用意されることがある。

現職で頑張ったこと等を分かりやすく説明することが重要になると思います。他の候補者にも面接していたりするので、印象を残すためにも分かりやすく説明できるように、事前に準備しておきましょう。

山田コンサルティンググループ転職成功者Fさん

最終面接

  • 面接担当者:シニアマネージャー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

山田コンサルティンググループの最終面接では、シニアマネージャーが面接担当者となり、質問内容としては、基本的には一次面接と同様となる。

ただし、最終面接では、志望動機の点で「なぜ、山田コンサルティンググループで働きたいのか。競合他社ではダメなのか。」といった経営陣としての視点での質問が多い傾向にあるので、事前に競合分析も含めて山田コンサルティンググループを選ぶ理由を整理しておくことをオススメする。

質問内容は一次面接と同様ですが、最終面接では一次面接と比べて質疑応答の視点が高くなるイメージですね。なので、現場目線だけでなく、経営目線で山田コンサルティンググループを選んだ理由も整理しておくことが、大事になるかと思います。

山田コンサルティンググループ転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

山田コンサルティンググループの転職難易度

ここでは山田コンサルティンググループへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

山田コンサルティンググループでは、会計、税務、法律、事業継承、M&A等の専門領域だけでなく、中小企業の経験を有する人材を求めており、転職応募者の対象が他のコンサルティングファームと比べると、狭くなっている。

また、公認会計士や中小企業診断士等の有資格者を優遇する傾向にあることも踏まえると、積極的に採用を進めている競合のコンサルティングファームに比べると、転職難易度は高めと言っていいだろう。

山田コンサルティンググループでは、採用されやすい転職応募者の対象が特定の専門知識や領域に限られているので、他のコンサルティングファームと比べると難易度が高めです。まあ、逆に言えば、専門知識を有している人は、採用されるチャンスが高くなるということですね。

山田コンサルティンググループ転職成功者Hさん

さらに、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。大手コンサルファーム自体が他業界の企業と比較して難易度が非常に高くなっている。

そんな大手コンサルファームと比較して転職難易度が"決して低くない"ということは、綿密な選考対策が必須と言える。

他業界の企業と比較して転職難易度が高い山田コンサルティンググループへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

求める人物像・選考基準

転職難易度の高い山田コンサルティンググループの内定を獲得する上では、面接の限られた時間の中で、山田コンサルティンググループが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、山田コンサルティンググループが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • 公認会計士、税理士、司法書士、中小企業診断士等の資格を有する人材
  • 中小企業向けのコンサルサービス、もしくは、中小企業で働いた経験を有する人材
  • 高い目標を掲げ、達成のために努力し続けられる人材
  • 論理的思考力を有する人材
  • 困難に打ち勝つストレス耐性がある人材
  • 周囲への感謝の気持ちを忘れず、円滑にコミュニケーションを取れる人材

山田コンサルティンググループへの転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、山田コンサルティンググループに転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

山田コンサルティンググループへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

山田コンサルティンググループと競合他社の分析

1つ目は、山田コンサルティンググループ、および競合他社の分析である。

山田コンサルティンググループを分析することは、志望動機の理由を形成するために、重要となるため、必ず実施しておこう。

強みや特徴、自分自身の転職希望にどのようにマッチしているのか、等を考えながら、調査・分析することが望ましい。

また、可能であれば、競合他社の調査・分析も実施しておくと、面接等の際に大きなアピールとなるので、オススメする。

面接担当者は、案外、山田コンサルティンググループに対する熱意を見ていたりします。その熱意をアピールするためにも、山田コンサルティンググループの分析は事前にしておきましょう。また、競合他社の分析もしておき、競合他社には無い山田コンサルティンググループの魅力なども説明できると好印象を与えることができます。

山田コンサルティンググループ転職成功者Dさん

自分のスキル・経験の整理

2つ目は、自分のスキル・経験の整理である。

山田コンサルティンググループの中途採用では、応募者を「即戦力」とみなすため、応募者にどのようなスキル・経験があるのか、を注視する。

そのため、自分自身がどのような武器を持っているのか、をアピールするためにも、事前にこれまで培ってきたスキル・経験の棚卸しをしておこう。

選考では、山田コンサルティンググループにとって欲しい人材であることをアピールしないと受かりません。なので、持っている資格や、これまでの経験等を惜しみなくアピールしましょう。例えば、応募書類には、溢れんばかりの経験やスキルを記載することをオススメします。

山田コンサルティンググループ転職成功者Eさん

考えを論理的、かつ簡単に説明できる準備

山田コンサルティンググループでは、コンサルサービスを提供しているため、転職応募者のコンサルタントとしての素養を見ている。

そのため、面接での質問に対して、論理的に考え、簡単に説明できる準備・練習を事前にしておくことをオススメする。

面接では、決して、早口になる必要は無く、論理的、かつ、簡潔に説明できれば良いです。なので、例え、想定外の質問が来たとしても、面接担当者は回答を待ってくれますので、落ち着いて対応するようにしましょう。

山田コンサルティンググループ転職成功者Fさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

山田コンサルティンググループへの転職の魅力

ここでは、山田コンサルティンググループの現役社員の声を参考にしながら、山田コンサルティンググループに転職する魅力について改めて整理する。

専門知識を活かせる

山田コンサルティンググループへの転職の魅力の1つは、専門知識を活かせる点である。

例えば、公認会計士、税理士、中小企業診断士等の資格を有する人材は、その知識を持て余すことなく、発揮できるプロジェクトが多くある。

専門知識を活かせるプロジェクトに参画・活躍することで、成果を出しやすくなり、良い評価を受けることで、昇給・昇格のチャンスが高くなることも大きな魅力と言えるだろう。

正直、他者ではくすぶっていたであろう社員も方々が、山田コンサルティンググループで生き生きと仕事していると思いますね。クライアント、および、我々もそういった専門知識を有する人材を求めていますし、活躍の場はたくさんあります。

山田コンサルティンググループ転職成功者Gさん

海外案件を経験できる

山田コンサルティンググループはクライアントの海外進出を支援する案件も多く有していることから、海外案件を経験できるチャンスが多いことも転職する魅力である。

もちろん、その際には、英語や外国語である程度のコミュニケーションを取れるスキルが必要であるが、そういったスキルがあれば、海外案件に参画できることが多い。

海外案件を経験することで、今まで見えてこなかった世界や視点を広げることができ、自分自身のキャリアにとって大きな糧になるだろう。

海外案件は時差や長距離の出張等、大変なこともありますが、その分、非常に楽しいですよ。今後、グローバル化が更に進んでいくことを考えると、一度は経験してみて良いんじゃないかと思いますね。

山田コンサルティンググループ転職成功者Hさん

意欲次第で大きく成長できる

山田コンサルティンググループは、社員の成長に向けての支援を積極的に行っている。

例えば、管理職向け研修、非管理職向け研修、全社員共通の研修、自分自身のキャリアを振り返るためのフォローアップ研修等、多様な研修コースを用意し、社員の成長を促している。

また、社員一人一人がベストパフォーマンスを発揮できるように出社、リモートワークの働き方の多様化、深夜残業の原則禁止の方針を導入している。

こうした制度、取り組みにより、社員は本人の意欲次第では大きく成長できるのである。

研修プログラム等は非常に充実していますね。また、そういった社内研修だけじゃなく、現場でも上司からフィードバックやアドバイスをもらえることも多いので、成長できる環境は競合他社と比べても、整っている方だと思います。

山田コンサルティンググループ転職成功者Dさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 573 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事