大和総研の激務の実態から難易度、リアルな評判まで転職情報を徹底解説

大和証券グループのシンクタンクとして高い人気を誇る大和総研について、激務の実態や転職難易度、現役社員からのリアルな評判など転職情報を徹底解説していく。

大和総研への転職を検討されている方は、シンクタンクも含むコンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに必ず登録すべきである。詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

大和総研の激務の実態

結論から言うと大和総研は、激務ではなくオンオフがしっかりと切り替えらえるため、労働環境は非常に良い

  • 月間の平均残業が40時間以下であり、有給休暇取得率が70%以上である
  • 在宅勤が務浸透しているため、時間の管理が行いやすい
  • 子育て休暇や出産休暇などがあり、社員の家庭も大事にしている

    月間平均残業時間が40時間程度というのは、激務と言われるコンサル・シンクタンク業界においてかなりホワイトであると言える。以下は大和総研は含まれていないが、主要コンサルファームの月間残業時間をまとめたものである。

    コンサルファーム残業時間ランキング

    上記ランキングは主要コンサルファームの月間残業時間に基づいて作成している。(出典:openwork)

    各ファームの略称:
    RB:ローランド・ベルガー、ADL:アーサー・D・リトル、Mck:マッキンゼー、DI:ドリームインキュベータ、CDI:コーポレイトディレクション、BCG:ボストンコンサルティング、ATK:A.T. カーニー、DTC:デロイト、Bain:ベイン、AC:アクセンチュア、AB:アビーム

    業界内でトップクラスに激務なファームは100時間を超えており、逆にトップクラスにホワイトと言われるファームでさえ40時間を超えている。一方の大和総研は40時間を切る水準である。

    また、大和総研では勤務時間や休暇制度などにワークライフバランスが整っており、激務とは対極にあると言える。特筆すべきは、月に一回有給休暇を取得する義務があり、どんなに忙しくても、月に1回は有給休暇を使用することができる。

    また子育て休暇なども申請が通りやすく、社員やその家族全体を大切にする風潮が強いため、働きやすさは抜群の環境と言える。一方で、大和総研では常に新しいビジネスへの挑戦や、革新的なアイディアの創造には注力しているため、新規事業など手掛ける部署においては、やや残業が多くなることもあるので注意が必要である。

    ▼おすすめの転職エージェント

    大和総研の転職難易度

    大和総研への転職難易度は比較的高いと言える。

    • 大手証券グループ企業のため人気が高く、毎年応募者が多い
    • 必須条件が多いため、最初の書類選考を突破するのが難しい
    • 応募者のレベルが高いため、優れた実績などがないと面接で印象に残らない

      大和総研は大和証券グループのシンクタンクとして高い人気を誇り、毎年多くの人が応募をしている。それに加えて応募者のレベルも高く、転職難易度が高くなっているのが現状のようだ。

      また条件として法人営業かコンサルティングが必須とされているため、未経験からの転職は難しい状況である。親会社が日本を代表とする金融機関であり、各ポジションで金融に関連する業務経験が優遇される傾向がある点も難易度が高い理由である。

      大和総研に限らず、コンサル・シンクタンク業界は難易度は高いものの、それに合わせた対策を行えば通過率をグッと上げることができるという側面もある。この際の注意点としてはコンサル・シンクタンク業界への転職支援実績が豊富なエージェントを選ぶということである。(総合型エージェントではなく)

      以下の参考記事ではコンサルキャリアとしておすすめできるエージェントを紹介しているのでぜひ参考にして頂きたい。

      ▼おすすめの転職エージェント

      大和総研の評判

      大和総研の現役・元社員から集めたリアルな評判をご紹介する。ポジティブ・ネガティブの両方の評判があるのでぜひ参考にして頂きたい。

      ▼大和総研のポジティブな評判まとめ

      • セキュリティに関して徹底しており、企業の法令順守意識が高いため信頼がおける
      • 月に1回の有給休暇の取得義務があるため、プライベートを充実させられる
      • 企業として安定しており、目先の利益を求めず、長期的な案件にもしっかり取り組める

        大和総研では目先のノルマや利益に追われることなく、中長期的なビジョンで仕事に取り組むことができるため、仕事を通してスキルが身につきやすいという評判が多かった。親会社が日本を代表とする金融機関であり、経営状況が安定しているため、利益に関してのノルマや個の争いがなく、ひとつひとつの仕事に丁寧に向き合うことができる。

        また徹底したワークライフバランスや、働きやすさに関しても現役社員から高い評判であった。

        ▼大和総研のネガティブな評判まとめ

        • 前例主義のため、新しいことに挑戦するのが難しい
        • 良くも悪くも日本企業の性質が強く、裁量のある仕事があまりできない
        • 大和証券グループのルールが厳しく、思うような案件にチャレンジができない

          大和総研のネガティブな評判としては、良くも悪くも日本の大企業に起因するものが多い。親会社の大和証券グループのルールには基本的に従う必要があり、たとえ革新的なアイディアがあったとしても採用されにくい環境にある。

          そのため、若いうちから積極的に意見を通すのは難しいと感じている現役社員も多いようだ。

          ▼おすすめの転職エージェント

          大和総研の強み

          大和総研_強み

          大和総研人事部の六本木氏曰く、大和総研の強みは「リーチ、コンサルティング、システムを一気通貫で提供できること」とのことである。また、大和総研は大和証券を出自としてることから、IRやM&A、コーポレートガバナンス、持株会社化、ポスト再編コンサルといった領域に特に強みを持つ。

          同じ証券会社を出自とする野村総研はここまでM&Aや組織再編領域に特色はなく、大和総研の特徴とも言える。業界軸で見ると、証券や銀行、資産運用、保険といった金融業界で特に強みを持つ。

          ▼おすすめの転職エージェント

          大和総研の中途求人

          大和総研_中途求人

          大和総研では通年中途採用を行っている。システム、コンサルティング、リサーチ部門についてそれぞれ求人が出ており、現在は18件の求人が存在する。

          大和総研の各部門の求人を見るとかなり細分化されて募集されているため、自分に最適な求人か否かを見定めることは難しい。そのため、応募求人を決める上では大和総研などへの転職支援実績が豊富なエージェントを利用して、アドバイスを受けることをおすすめしたい。

          ▼おすすめの転職エージェント

          大和総研の中途面接

          大和総研の中途面接フローは以下のように行われる。

          1. 書類選考
          2. 1次面接:現場マネージャークラス
          3. 2次面接:現場マネージャークラス
          4. 3次面接:役員クラス
          5. 最終意思確認面談:役員クラス

            大和総研の中途面接では、基本的には前職で成し遂げたプロジェクトや、リーダースキルの発揮についてなどの実績を元に、現在の実力を図る質問が多い。また大和総研人事部の六本木氏曰く、上記の実績に加えチャレンジ精神や成長意欲は特に重要視しているとのことである。

            さらに六本木氏は大和総研の強みを、「リーチ、コンサルティング、システムを総合的に展開していること」だと語っている。そこでスキル面では、基本的なコンサル能力や伝達能力はもちろんの事ながら、ITシステムに関する知識も面接の際に試される傾向が強い。

            ▼実際の中途面接における質問内容

            • 業界トップになるための戦略は何があるか
            • 大和証券の改善点とは何か
            • 多くの情報をインプットできるキャパシティがあるか
            • 前職で最も困難な案件はどのようなものだったか

            面接対策にはコンサル・シンクタンク業界への転職支援実績が豊富なエージェントの利用して対策することをおすすめしたい。

            ▼おすすめの転職エージェント

            大和総研への転職でおすすめのエージェント

            前述の通り大和総研の中途採用の難易度は、一般企業と比較して高いと言える。特に面接においては高い論理的思考力を求めらるため、徹底した対策が必須となっている。

            そのため、コンサル・シンクタンク業界への転職支援実績が豊富なエージェントを選ぶことが最重要である。嘘のような話だが、大和総研への転職支援を行っているエージェントでも各職種の具体的な仕事内容を理解していないエージェントは多数存在する。

            具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

            おすすめ度:★★★★★

            アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。コンサル転職を成功したい人には、アクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

            Aさん
            (戦略コンサル転職者)
            とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
            また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

            Bさん
            (総合コンサル転職者)
            業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
            他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

            コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

            上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

            おすすめの記事