20代で年収1,000万円稼ぐために重要なたった一つのこと

働く上で年収1,000万円というのを一つの目標にしている人も多いのでないだろうか。

日本国内で企業に勤める人でその年収1,000万円を実現している20代わずか0.2%と言われている。

20代で年収1,000万円を稼ぐための方法

本記事では20代で年収1,000万円を稼ぐために重要であるたった一つのこと、および取るべき行動について紹介する。

20代で年収1,000万円を実現するためには職業選びが最重要

もちろん日々努力を積み重ね、知識を増やし、スキルを磨くことも重要だが、そうした努力よりも遥かに重要なのが「職業選び」である。

年収については「職業選び」でほとんど決まってしまうと言っても過言ではない。

企業に勤める上では、どれだけ努力をしようが、どれだけ価値のあるアウトプットを出し続けようが、職業を選択した時点である程度の年収レンジは決まってしまっている。

筆者は経営コンサルタントとして多数のクライアント企業と協業しているが、以下のような例は良く見る光景である。

Aさん
Xという職業に就き、人一倍努力をして価値のあるアウトプットを出し続けている

Bさん
Yという職業に就き、プライベートを充実させながら仕事はそれなりにこなしている
  • 年収はAさん<Bさん(Bさんの方が高い)

年収1,000万円を実現できる職業とは

以下では20代で年収1,000万円を実現できる職業の例をご紹介する。

1. 高年収の大手日系企業

大手総合商社、生損保、証券、マスコミなどがあてはまる。

また高年収で知られているキーエンスや日本M&Aセンターでも20代で年収1,000万円を実現可能なようだ。

もちろん決して楽な道ではないが、年功序列で着実に毎年年収を上げていくことができ、30歳を迎えるまでにはほぼ確実に年収1,000万円を実現することができる。

また、可処分所得を考える上では手厚い福利厚生も魅力的である。

2. 外資系金融・コンサル

投資銀行やPEファンドと言った外資系金融、あるいはコンサルなども20代で年収1,000万円を実現することができる。

どちらも実力次第で昇進・昇給を実現できるため、若くして年収1,000万円以上を稼いでいる人が多数存在する。

ただし、外資系金融とコンサルは並列で語れないほど年収の差が存在し、例えば投資銀行のIBDでは新卒1年目から年収1,000万円程度の年収となっている。(コンサルの新卒1年目は年収550万円程度)

3. 外資系IT・スタートアップ

GAFAを始めとする外資系ITや、最近では順調に資金調達を行いユニコーンと呼ばれるようになったスタートアップでも20代で年収1,000万円を実現することができる。

もちろんビジネスサイドでも高年収を実現している人は多数存在するが、特にエンジニアにとっては非常に魅力的な選択肢である。

外資系金融やコンサルと同様に実力次第で昇進・昇給を実現できる環境であり、20代で1,000万円以上を稼ぐことも可能である。

選ばれし職業に転職するには

多くの人が目標の一つにする「年収1,000万円」を20代で実現できる職業となれば、必然的に競争率は高くなる。

また、自身の年齢や市場価値によって取るべき行動も大きく変わってくる。

ハイクラス転職サイト・エージェント

そのため、まずは日本最大級のヘッドハンティング型の転職サイトビズリーチに登録することをおすすめしたい。

ハイクラス転職に強いエージェントや、ハイクラス企業の人事部から直接スカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

その上でハイクラス転職に強みを持つエージェントに登録して、求人情報の収集や選考対策を行って頂きたい。

ハイクラス求人の場合は非公開求人や独人求人も多く、エージェントによって持っている求人が大きく異なるため必ずハイクラス転職に強みを持つエージェントに登録する必要がある。

必ず登録しておきたいおすすめエージェントは以下である。

  • 薦めたいエージェントNo.1にも輝いたハイクラス特化のエージェントのSamurai Job
  • 世界最大級の転職エージェントでありハイクラスに強みを持つランスタッド

エージェントに登録後はどのようなコンサル求人があるかや、今後のキャリア戦略について話し合ってみて頂きたい。

なお、最初の段階では複数のエージェントに登録することをおすすめしたい。

エージェントは転職活動を並走していくれる貴重なパートナーであり相性が非常に重要である。

また、残念ながらエージェントによって人の質も大きく異なるため、自分の目でしっかり見定めた上で1つのエージェントに絞ることをおすすめしたい。

年収を上げたいなら今すぐ行動!

前述の通り、年収の大半は努力量ではなく職業選びで決まってしまう。

今の年収から大きく上げたいと考えるのであれば、今の環境で頑張り続けるのではなく、職業を変えることが重要になってくる。

転職をするにあたっては「年齢の壁」が存在し、年齢を重ねれば重ねるほど選択肢は狭まり、ハードルが高くなってしまう。

そのため、年収を上げたいと少しでも考えているのであれば、今すぐ行動する必要がある。

エージェントであれば無料でキャリア相談から求人紹介までしてくれるので、まずは気軽に登録して話を聞いてみて欲しい。

おすすめの記事