年収1000万円の手取り・割合は?20代・30代で稼ぐ人の仕事

働く上で年収1000万円というのを一つの目標にしている人も多いのでないだろうか。

本記事では、20代・30代で実際に年収1000万円を稼ぐ人の割合やその仕事、手取りや生活水準についてご紹介する。

20代・30代で年収1000万円の仕事から手取り・生活水準まで解説

年収1000万円を目指す上では転職が有効な手段になるので、転職を検討している人は、ぜひ本当におすすめできるエージェントについて以下の記事を参考にしていただきたい。

転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

20代・30代で年収1000万円の割合

厚労省が公表している「平成30年賃金構造基本統計調査の概況」によると、20代・30代で年収1000万円に到達する人はほとんどいない状況である。

以下が20代、30代における男女別の年収1000万円以上の割合である。

  • 25~29歳:(男性)0.0%、(女性)0.0%
  • 30~34歳:(男性)0.1%、(女性)0.0%
  • 35~39歳:(男性)0.3%、(女性)0.1%

0.0%というのは「ゼロ」ということではなく、全体数から見た割合としてあまりにも少ないため、小数点第一位で見ると0.0%となってしまうのだ。


1000万円は夢?20代・30代の平均年収

国税庁が公表している「平成30年分民間給与実態統計調査」によると、20代・30代の平均年収は以下の通りである。

下記は資本金が10億円以上の企業に絞っている。

  • 25~29歳:454.1万円
  • 30~34歳:540.8万円
  • 35~39歳:600.1万円

こうした統計情報だけみてしまうと、20代・30代で年収1000万円を稼ぐというのは夢のような話に聞こえてしまう。

しかし、20代・30代で年収1000万円を稼ぐにはたった一つのポイントさえ守れば決して夢物語ではないのだ。

そのポイントとは、努力などではなく「仕事選び」である。


年収1000万円の月収・手取り

下記が年収1000万円の月収と手取り額である。

  • 額面上での月収(賞与あり):約68万円(年2回6ヶ月分)
  • 額面上での月収(賞与なし):約83万円
  • 手取り:約720万円

    年収1000万円というとハイクラス層を目指すビジネスマンの一つの目標として掲げられることが多い。

    しかし、実際は税金などが控除され手元に残るのは700万円強であるため、税金などの控除を考慮して手元に1000万円残したいのであれば、額面で1500万円ほどの年収が必要となる。

    以下に年収1000万円の場合の税金や保険金の控除額のシュミレーションをまとめたので、年間を通してどこでいくら引かれているか参考にしてほしい。

    項目 金額
    厚生年金保険料 68.0万円
    健康保険料 57.9万円
    雇用保険料 3.0万円
    所得税(源泉徴収税額) 84.5万円
    住民税 63.5万円
    合計控除額 276.9万円


    年収1000万円の生活水準

    年収1000万円の生活水準については、以下に詳細を記載する。

    一人暮らしか家族持ちかで大きく生活水準が変わるが、「一人暮らし」と「配偶者+子供1人と家族暮らし」の2つのパータンでご紹介する。

    一人暮らし

    以下が年収1000万円で一人暮らしの場合の生活水準イメージである。

    項目 収入 支出
    手取り 35.0万円
    家賃 15.0万円
    食費 8.5万円
    光熱費 1.5万円
    通信費 1.5万円
    交際費・趣味娯楽費 6.0万円
    医療・保険費 1.2万円
    衣服・美容費 3.0万円
    交通費 1.0万円
    雑費 2.0万円
    貯金 20.3万円

    上記の通り、一人暮らしで年収1000万円の場合は裕福な暮らしができるといえる。

    どこにお金をかけるか、どれくらい使うかなどの選択肢も非常に自由なため、基本的には不自由のない生活ができる。

    東京都内主要区のタワーマンションの1LDKの平均家賃相場が17.1万円であることを考慮すると、部屋を選ぶ際には不自由なく自分の好きな部屋を選ぶこともできるだろう。

    逆に住まいにこだわりが無ければ、家賃を大きく抑えることができるため、自分の趣味や娯楽に使うお金を増やすことや、高級車の購入に回すこともできる。


    食事に関しても、頻繁に外食へ出かけることや、国産食材にこだわるなどしても余裕があるため、特に気にかける必要もない。

    貯金に関しては上記のシミュレーションであれば20万円ほど確保できるが、人によって使い方は異なるため、貯金額に関しては少なからず上下するだろう。

    しかし、1人で月に60万円使えるのであれば、生活に困ることはまずないため、いくら好きにお金を使っていたとしても、12~15万円程度の貯金は残しておきたいところだ。

    配偶者・子ども(一人)と家族暮らし

    以下が年収1000万円で配偶者・子ども(一人)と家族暮らしの場合の生活水準イメージである。

    項目 収入 支出
    手取り 60.0万円
    家賃 20.0万円
    食費 10.0万円
    光熱費 2.5万円
    通信費 2.5万円
    養育費 2.0万円
    交際費・趣味娯楽費 4.0万円
    医療・保険費 2.5万円
    衣服・美容費 3.0万円
    交通費 1.0万円
    雑費 2.0万円
    貯金 10.5万円

    年収1000万円で家族3人で暮らす場合は、大きな不自由をすることなく暮らすことはできる。

    ただ人数が増えるため、住まいに関しては最低でも2~3DLKは確保したいところであり、東京都内の主要区に暮らす場合は家賃18~20万円ほどになる。

    また子供の年齢にもよるが、習い事や塾、私立への進学もある程度は無理なく対応できるため、教育面での心配も大きくはない。


    ただし、年収1000万円では決して贅沢な暮らしはできないという点を肝に命じて置く必要がある。

    年収1000万円というとどうしても「高年収」という意識を持ってしまう人もいるが、家族3人暮らしの場合は都心に住むことは難しく(築年数やマンショングレードなど何かしらの妥協は必要)、外食などを頻繁に行くことも難しい。

    そのため、例えば総合商社に勤務する人でも、東京でも練馬区や江東区、江戸川区に住んだり、あるいは千葉や埼玉で比較的アクセスの良いエリアに住む人が多い。

    20代・30代で年収1000万円を実現するためには仕事選びが最重要

    もちろん日々努力を積み重ね、知識を増やし、スキルを磨くことも重要だが、そうした努力よりも遥かに重要なのが「仕事選び」である。

    年収については「職業選び」でほとんど決まってしまうと言っても過言ではない。

    会社規模別の30代平均年収

    上記は会社規模(資本金)別の30~34歳の平均年収である。

    上記を見ると明らかなように会社規模が大きければ大きいほど平均年収が高い。

    業種別の30代平均年収

    また、上記が業種別の30~34歳の平均年収である。

    上記グラフで平均年収がもっとも高い「金融・保険業」と最も低い「宿泊・飲食業」を比較すると2倍程度の差が存在している。

    上記から分かることは、どれだけ努力をしようが、どれだけ価値のあるアウトプットを出し続けようが、仕事(企業規模・職種)を選択した時点である程度の年収レンジは決まってしまうということである。

    筆者は経営コンサルタントとして多数のクライアント企業と協業しているが、以下のような例は良く見る光景である。

    Aさん
    Xという職業に就き、人一倍努力をして価値のあるアウトプットを出し続けている

    Bさん
    Yという職業に就き、プライベートを充実させながら仕事はそれなりにこなしている
    • 年収はAさん<Bさん(Bさんの方が高い)


    20代・30代で年収1000万円を実現できる仕事とは

    以下では20代・30代で年収1000万円を実現できる仕事の例をご紹介する。

    1. 高年収の大手日系企業

    大手総合商社、生損保、証券、マスコミなどがあてはまる。

    また高年収で知られているキーエンスや日本M&Aセンターでも20代・30代で年収1000万円を実現可能なようだ。

    もちろん決して楽な道ではないが、年功序列で着実に毎年年収を上げていくことができ、30歳を迎えるまでにはほぼ確実に年収1,000万円を実現することができる。

    また、可処分所得を考える上では手厚い福利厚生も魅力的である。

    ▼おすすめの転職エージェント

    2. 外資系金融・コンサル

    投資銀行やPEファンドと言った外資系金融、あるいはコンサルなども20代・30代で年収1,000万円を実現することができる。

    どちらも実力次第で昇進・昇給を実現できるため、若くして年収1000万円以上を稼いでいる人が多数存在する。

    ただし、外資系金融とコンサルは並列で語れないほど年収の差が存在し、例えば投資銀行のIBDでは新卒1年目から年収1,000万円程度の年収となっている。(コンサルの新卒1年目は年収550万円程度)

    ▼おすすめの転職エージェント


    3. 外資系IT・スタートアップ

    GAFAを始めとする外資系ITや、最近では順調に資金調達を行いユニコーンと呼ばれるようになったスタートアップでも20代・30代で年収1,000万円を実現することができる。

    もちろんビジネスサイドでも高年収を実現している人は多数存在するが、特にエンジニアにとっては非常に魅力的な選択肢である。

    外資系金融やコンサルと同様に実力次第で昇進・昇給を実現できる環境であり、20代・30代で1,000万円以上を稼ぐことも可能である。

    ▼おすすめの転職エージェント

    20代・30代で年収1000万円に向けた転職でおすすめのエージェント

    多くの人が目標の一つにする「年収1000万円」を20代・30代で実現できる職業となれば、必然的に競争率は高くなる。

    また、自身の年齢や市場価値によって取るべき行動も大きく変わってくる。

    さらに、すべて業界/業種において強みをもつ転職エージェントというのは存在しておらず、自身の志向に応じたエージェントを選ぶ必要がある。

    ▼コンサルへの転職を考えている人向け

    特にコンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

    ▼金融やIT、外資系事業会社への転職を考えている人向け

    特に金融やIT企業への転職に強みを持つコトラと、外資系・グローバル企業への転職に強みを持つSamurai jobには必ず登録すべきである。

    ▼大手日系企業やスタートアップへの転職を考えている人向け

    高収入大手日系企業やスタートアップへの転職を目指すのであれば、ぜひビズリーチをおすすめしたい。

    転職でキャリアを築くことに本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

    様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

    上記の記事は転職でキャリアを築くことに本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

    ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。


    20代・30代で年収1000万円を得たいなら今すぐ行動!

    前述の通り、年収の大半は努力量ではなく職業選びで決まってしまう。

    今の年収から大きく上げたいと考えるのであれば、今の環境で頑張り続けるのではなく、職業を変えることが重要になってくる。

    転職をするにあたっては「年齢の壁」が存在し、年齢を重ねれば重ねるほど選択肢は狭まり、ハードルが高くなってしまう。

    そのため、年収を上げたいと少しでも考えているのであれば、今すぐ行動する必要がある。

    エージェントであれば無料でキャリア相談から求人紹介までしてくれるので、まずは気軽に登録して話を聞いてみて欲しい。

    おすすめの記事