リグリット・パートナーズ転職大全 | 選考フロー、面接、難易度を徹底解説

DX領域のコンサルティングに強みを持つリグリット・パートナーズ(Regrit Partners)は2017年に創業後、急速スピードで成長している注目のコンサルティングファームである。

本記事ではそんなリグリット・パートナーズの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元リグリット・パートナーズ社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • リグリット・パートナーズの中途難易度
  • リグリット・パートナーズの選考フロー~面接内容
  • リグリット・パートナーズの強み・特徴
  • リグリット・パートナーズへの転職を成功させるためにやるべきこと

リグリット・パートナーズを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

リグリット・パートナーズとは

株式会社Regrit Partners(リグリットパートナーズ)は、DXを軸とした経営戦略・事業構想策定、オペレーション改革、テクノロジーを活用した変革を支援する事業を専門とするコンサル企業である。

2017年8月に設立したベンチャーコンサルではあるが、2023時点まで売上の年平均71%で成長、プロジェクト実績数300件以上、社員数が10倍以上に拡大と、成長著しい注目の企業である。

会社名 株式会社Regrit Partners(リグリットパートナーズ)
英語表記 Regrit Partners, Inc.
従業員数 200人(2023年4月時点)
本社所在地(国内) 東京都千代田区紀尾井町

リグリット・パートナーズの強み・特徴

成長著しいリグリット・パートナーズだが、他のコンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、現役リグリット・パートナーズ社員に話を伺い、そこから見えてきたリグリット・パートナーズの強み・特徴について解説しよう。

DXを軸としたコンサルサービス

特徴の1つ目として、DXを軸としたコンサルサービスを事業の中核においていることが挙げられる。

近年、注目を浴びている「DX」であるが、単純にIT化・デジタル化を支援するだけでなく、「その先にどのような変革をもたらすのか、新しいビジネスを創り出すのか 等」、までをハンズオン(伴走型)で支援するサービスを実践しており、その点が、他の競合他社との差別化になっているようである。

例えば、「システム導入して終わり。」ではなく、そのシステムが定着し、クライアントの業績に貢献する時点まで伴走するようなスタイルをリグリット・パートナーズは取っています。しっかりと、クライアントが成功するまで責任を持って支援するということです。そういった点が、クライアントにとっても好評なようです。

現役リグリット・パートナーズ社員A氏

強い営業力

リグリット・パートナーズは経営陣を中心として、営業力が強いことが強みとして挙げられる。

実際に2017年に設立してから、売上の年平均71%、プロジェクト実績数300件以上の実績を誇っている。

理由としては、コンサルタントにありがちな「絵に描いた餅」のような提案ではなく、クライアントの実態に合わせた「現実的、しかし、実現可能」な提案をすることが多いようだ。

クライアントの課題やニーズを細かくヒアリングする点等も、クライアントからは好意的に捉えられており、課題解決に対する真摯な姿勢も案件を獲得できている主な要因になっているとのことである。

リグリット・パートナーズは、提案活動に時間と人材をかけます。もちろん、時間をかけるといっても、ベンチャーコンサルなので、他の大手のコンサルティングファームと比べると、動きは速いですが、リグリット・パートナーズの中では時間をかける方だという意味ですね。また、提案の材料になる、「クライアントの課題に関するヒアリング」についても、シニアコンサルタントからマネージャーレベルまでを同席させて、様々な角度から課題を聞くようにしています。そうすることで、現実的、かつ、実現可能な提案をプレゼンすることができるようになります。

現役リグリット・パートナーズ社員B氏

様々な専門家を有するチーム

リグリット・パートナーズでは、コンサル出身者だけでなく、IT・エンジニア、営業、等の多様な職種経験者が在籍していることが特徴である。

そのように多様な人材から成るチームでデリバリーすることによって、経営に関する様々な課題を、様々な視点から解決することができるようになる。

一見、コンサルタント出身者ばかりの精鋭チームと思われがちであるが、多様性を重視した新しい形のコンサル企業であることが、リグリット・パートナーズが急成長している要因になっているようである。

会社には様々な人材がいますが、困ったことがあっても、誰かが、課題を解決してくれます。多様なバッググラウンドを持つ人材で構成されているチームでないと、複雑化している経営課題にはチ対応できない時代になっているのだと思いますね。

現役リグリット・パートナーズ社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

リグリット・パートナーズの中途選考フロー

リグリット・パートナーズの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. 一次面接
  3. Webテスト
  4. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても1.5-2ヶ月を要する。

以下ではリグリット・パートナーズの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

リグリット・パートナーズの書類選考・志望動機

リグリット・パートナーズへの転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書が必要となり、日本語か英語の指定は特に無い。

書類選考で特に注意して見られる書類は、履歴書と職務経歴書であり、記述すべきポイントとしては、「どのような経験・スキルを持っているのか」、「リグリット・パートナーズで実現したいことは、何か」の2点が挙げられる。

例として、実際にリグリット・パートナーズへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現職は大手のコンサルティングファームでDX領域における戦略を中心とした案件に従事している。DX戦略の知識・経験が蓄積されていく中で、更にコンサルタントとしての専門領域を広げたく、DXのStrategyだけでなく、Operation・Technologyも専門事業にしているリグリット・パートナーズで働くことによって、DX領域の専門家になりたいと感じている。

リグリット・パートナーズ転職成功者Dさんの志望動機

現在はSierにてシステム導入・運営を担当しているが、今後、ただのシステム屋ではなく、経営課題を俯瞰的に分析し、課題を解決できるような人材が必要になるのではないか、と考えている。そんな中で、DXを軸としたコンサルサービスを展開しているリグリット・パートナーズで働くことによって、俯瞰的な分析スキル・ノウハウを養うだけでなく、それらを活かして、近年、トレンドとなっている企業のDXを最前線のコンサル企業の一員として、支援していきたいと考えている。

リグリット・パートナーズ転職成功者Eさんの志望動機

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

リグリット・パートナーズの中途面接/Webテスト

ここではリグリット・パートナーズにおける中途面接、および、Webテストについて解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:エンゲージメントマネージャー、もしくは、アソシエイトディレクター
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、ケース面接

リグリット・パートナーズの一次面接では、エンゲージメントマネージャー、もしくは、アソシエイトディレクターが面接担当者になり、質問内容としては、現職での業務内容、志望動機、等の応募書類の深堀り質問、および、ケース面接が用意されている。

特に、重点的に評価されるのではケース面接であり、課題を細分化し、ロジカルに解決できるか、相手に分かりやすく、かつ、納得させるようなプレゼン力があるか等、コンサルタントにとって基礎的な要素を持ち合わせているのかが、注視される。

コンサルタント出身者であっても、ケース面接は、普段とは違う雰囲気を感じることもあるため、必要に応じて、事前に参考書などで予習しておくことが重要になる。

ケース面接がメインになりますが、導き出した答えに対して圧迫な質問等は来ないので、変に緊張する必要はありません。ただし、「なぜ、その答えを導いたのか」の根拠、つまり、理由はしっかりと聞かれますので、自分なりの根拠を持って説明できるようにしておくことをオススメします。

リグリット・パートナーズ転職成功者Fさん

Webテスト

リグリット・パートナーズの一次面接の次は、適性検査としてWebテストを受験する必要がある。

リグリット・パートナーズでは独自のWebテストを用意しており、数学・言語・英語・性格が出題される。

参考となる書籍は無いため、心身ともにリフレッシュした状態の時に受講することをオススメする。

最終面接

  • 面接担当者:マネージングディレクター
  • 質問内容:リグリット・パートナーズで実現したいこと

リグリット・パートナーズの最終面接では、マネージングディレクターが面接担当者となり、主な質問内容はリグリット・パートナーズで実現したいこと、についてである。

ここでは、リグリット・パートナーズでやりたいことの説明を通じて、ベンチャーコンサルで働くことの本気度や、どれくらい主体的に行動できるのか等の人物像も確認するようになっているため、リグリット・パートナーズで働くことへの熱意を出しながら、面接に臨むようにしよう。

一次面接やWebテストを通じて、コンサルタントとしての基礎要素の確認は終えています。なので、最終面接では、応募者の人となりを確認する作業になります。応募者の方々は、リグリット・パートナーズへの熱意を思いっきりぶつけることが突破への鍵となるので、マネージングディレクターが押されるくらいの情熱で説明しましょう。(笑)

リグリット・パートナーズ転職成功者Gさん

リグリット・パートナーズの転職難易度

ここではリグリット・パートナーズへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

リグリット・パートナーズは創業5年で人員規模が10倍に拡大しているものの、採用面接の合格率は3%と、大変狭い門となっている。

そのため、他のコンサル企業と比べても、転職難易度は高いと言えるだろう。

「人員は積極的に拡大したい。しかし、誰でも良いわけではない。」というスタンスで採用活動を行っているため、人材は厳選していると思います。2017年に設立してから、ここまで成長してきたのは、優秀な人材のおかげでなので、人材獲得は積極的だが、選考は慎重に実施している印象ですね。なので、入社した社員は優秀な人材ばかりです。

リグリット・パートナーズ転職成功者Dさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

転職難易度の高いリグリット・パートナーズの内定を獲得する上では、面接の限られた時間の中で、リグリット・パートナーズが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • 個の能力を徹底的に磨くことができる人材
  • 枠を越えて共創することができる人材
  • 情熱を持ってやり遂げることができる人材
  • 仮説思考で論理的に物事を捉え、他人に伝えることができる人材
  • メンバーと協調性をもってプロジェクトや事業を推進できる人材
  • プロフェッショナルとしての責任感を持ち、成果を出すことに強いこだわりを持ち続けられる人材

リグリット・パートナーズへの転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、リグリット・パートナーズに転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

リグリット・パートナーズへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

ケース面接

リグリット・パートナーズへの転職成功のポイント1つ目は、ケース面接の対策である。

ケース面接は、多くのコンサルティングファームの選考で出てくる内容であるが、独特の雰囲気、緊張感を持っている。

その影響なのか、普段の実力を出せずに面接を終えてしまう応募者も多い。

そのことを踏まえて、ケース面接を突破するためには、充分な予習・準備が必要になるため、コンサルタント未経験者はもちろん、コンサルタント経験者も、事前に参考書にて予習する等の対策をしておくことをオススメする。

「自分はコンサルタント出身者だから、大丈夫」と思っている方ほど、予習しておくことをオススメします。ケース面接と普段のクライアントワークでは、使う脳みそが違うこともありますので、変に油断して、落ちてしまい、後悔しないようにするためにも、コンサルタント出身者も準備しておきましょう。。逆に参考書等を通じてシミュレーションしておけば、当日はそれほど緊張することも無く、進めることができます。

リグリット・パートナーズ転職成功者Eさん

DX・デジタル等の最新トレンドの調査

リグリット・パートナーズはDXを軸としたコンサルサービスを提供している企業であるため、DXやデジタル等に関する最新トレンドは、企業として常にキャッチアップしている。

そういった企業で働く以上、それらのトレンドに敏感なことを面接の際に示すことは、面接突破への大きなアピールになるため、最新トレンドのチェックは事前にしておこう。

DX・デジタル化のチャンスがある業界・業種、リグリット・パートナーズの動きだけでなく、競合他社となるコンサル企業の動き等、網羅的に把握できているれば、ポイントは高いだろう。

DX・デジタル化に関する最新トレンドには、敏感な企業なので、面接の際に、トレンドや技術の話をすると盛り上がりますので、把握している場合は、ぜひ、話すようにしましょう。最終面接では、実現したいことの話に盛り込んだりできると良い評価を得られると思います。

リグリット・パートナーズ転職成功者Fさん

主体的に行動できることのアピール

リグリット・パートナーズは、ベンチャーコンサルで働くであるため、社員には主体的に行動できることが求められる。

そのため、面接の際にも、応募者が主体的、自主的に行動し、変化を促せる人材なのか、を見極めていることがある。

応募者は、ベンチャーコンサルで働くのだということを自覚し、主体的に行動し、周りを巻き込んでいける人材であることを、アピールできるかが、選考突破の大きな分岐点となる。

決して、指示待ち人間であることは説明してはいけません。マイナスのポイントにしかならないので。日系の大手の企業出身者の方々は、自分が主体的に行動・工夫したエピソード等を語ることが重要になります。指示待ち人間だと、リグリット・パートナーズには適さない人物だと評価されてしまいまうので、注意するようにしましょう。

リグリット・パートナーズ転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

リグリット・パートナーズへの転職の魅力

ここでは、リグリット・パートナーズの現役社員の声を参考にしながら、リグリット・パートナーズに転職する魅力について改めて整理する。

人材育成に注力

リグリット・パートナーズでは、各社員のバッググラウンドを活かして育てることを大事にしている文化がある。

例えば、営業出身であれば、営業の特性を活かせる案件に参画させたり、提案活動に参画させたりと、コンサルタントスキルを養いながらも、営業のスキル・ノウハウを消さないようにする等の工夫をするのだ。

つまり、今までのキャリアを無駄にしない、むしろ、活かせるようなキャリアプランを周りの人間で考えていくという文化があり、社員の個性・スキルを最大限に活かすような人材育成に注力していることが転職の魅力の1つと言えるだろう。

人材育成には力を入れていると思います。特に、「同じようなコンサルタントをたくさん輩出する」のではなく、「少数で良いから多様なコンサルタントを輩出する」という方針があるため、一人一人の個性に合わせた育成方針を取っていますね。なので、簡単な研修や資料等はありますが、それ以外は個人に合わせた育成を心掛けるように現場の社員は取り組んでいます。

リグリット・パートナーズ転職成功者Dさん

自分の頑張りが会社の成長につながる

リグリット・パートナーズは、ベンチャーコンサルであるため、社員の成果が会社の業績に貢献する割合が高い。

それは、ベテラン社員であっても、若手社員であっても、同様であるため、多くの社員が「自分の頑張りによって、会社が成長する」という自覚を持っており、その分、やりがいも高い職場環境となっている。

大手のコンサルティングファームだと、自分の成果がクライアント、もしくは、会社の業績にどのように貢献したか、分かりにくいと思うが、リグリット・パートナーズは「自分の成果次第で会社が変わる」ということが自覚できるため、経営方針や業績を自分事として考えることができる魅力的な職場だと言える。

他のベンチャー企業もそうかもしれませんが、自分の成果が会社全体で喜ばれることはベンチャー企業で働くことの醍醐味だと思います。また、クライアントワークにおいても、大手のコンサルティングファームだと「自分は会社の中の1人の従業員」でしかないですが、リグリット・パートナーズだと「会社の代表」に近い印象でクライアントと接することにもなりますので、その分、やりがいを感じますね。

リグリット・パートナーズ転職成功者Eさん

誰にでもフェアな職場環境

3つ目は、誰にでもフェアな職場環境という点である。

リグリット・パートナーズは、年齢・性別関係無く、成果を出した人材が昇給・昇格、もしくは、活躍できるチャンスを与えられることが特徴であり、その制度・文化を活かして、多くの社員が活躍できているようだ。

特に、女性、もしくは、若手社員で活躍している社員も存在しており、偏見やしがらみ無く、誰にも公平にチャンスを与える職場環境となっているようである。

「Aさんにチャンスを与えるんだったら、Bさんにもチャンスを与えよう」というイメージで、誰にでも公平にチャンスが与えられる職場環境だと思います。また、評価も公平に、透明性を持って実施してくれるので、納得感のある評価をいつもいただきます。みんなが気持ちよく働けている環境だと感じていますね。

リグリット・パートナーズ転職成功者Fさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 2,646 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事