監査法人トーマツ転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

日本で最大級の会計事務所で、「4大監査法人」の一角として君臨するのが監査法人トーマツである。

本記事ではそんな監査法人トーマツの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元監査法人トーマツ社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • 監査法人トーマツの中途難易度
  • 監査法人トーマツの選考フロー~面接内容
  • 監査法人トーマツへの転職を成功させるためにやるべきこと

監査法人トーマツを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

監査法人トーマツとは

有限責任監査法人トーマツは、デロイトグループのグループ会社であり、日本企業向けに監査・非監査業務(アドバイザリー)を展開するプロフェッショナルファームである。

主なサービス領域としては、監査業務が会計監査、IPO支援、IFRS対応等、非監査業務がサイバーリスク、内部統制リスクの対策検討等といったコンサルサービスがメインとなる。

日本初の全国規模の監査法人として1968年に創立され、現在では、従業員数が7,845人(2023年5月末時点)にのぼり、拠点は東京本社に加えて、札幌、仙台、新潟、さいたま、横浜、長野、北陸、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡、那覇等、日本最大規模のファームとして、日々、クライアントにサービスを提供している。

会社名 有限責任監査法人トーマツ
英語表記 Deloitte Touche Tohmatsu LLC
従業員数 7,845人(2023年5月末時点)
本社所在地(国内) 東京都千代田区丸の内
公式HP https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/audit/audit.html

監査法人トーマツの強み・特徴

デロイトグループのグループ会社として、存在感を出す監査法人トーマツだが、他のコンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、現役監査法人トーマツ社員に話を伺い、そこから見えてきた強み・特徴について解説しよう。

国内最大規模のビジネスを展開

監査法人トーマツは従業員数、拠点数ともに日本最大の規模感を誇り、各拠点・社員のネットワークを活用して、多くのクライアントに対して高品質の監査・非監査業務を提供している。

全従業員7,845人の約4割にあたる3,029人が公認会計士となっており、様々なプロジェクトにおいて会計・財務等の専門家が参画できる組織体制になっている。

その結果として、日本中の大企業から中小企業に対して、アドバイザリーサービスの提供を実現しているのだ。

全国のどこに行っても、トーマツの社員がいる印象がありますね。クライアントからすると、至るところにトーマツ社員がいて、「何かあったら相談できる、助けてくれる」という安心感が、弊社に対する高評価につながっているかもしれません。

現役監査法人トーマツ社員A氏

多様な社員から構成されるプロジェクトチーム

監査法人トーマツには様々な経歴を持つ社員が在籍されており、それらの社員から構成されるプロジェクトチームによって、様々な視点からのコンサルサービスを提供できることも強みとなっている。

具体的には、資格取得者だけでも日本公認会計士、米国公認会計士(USCPA)、公認内部監査人(CIA)、公認不正検査士(CFE)等の様々な資格を有している社員がいる。

また、資格を取得していなくても、事業会社で内部統制やセキュリティリスク等のプロジェクトを推進していた社員も在籍している。

そのように多様な経験・経歴を有する専門家達が、各プロジェクトの課題・目的に応じて、最適なプロジェクトチームを編成することによって、クライアントに対して高品質のサービスを提供できるのだ。

会社には本当に色々な人が在籍していますね。同じ公認会計士といっても、事業会社の会計チームで活躍していた人もいますし、一方で、他の監査法人で監査業務を担当していた人もいます。なので、同じ公認会計士どうしでも経験していたこと、見える視点が異なるので、プロジェクトの中では、様々な選択肢から最適な提案を実現することができますね。

現役監査法人トーマツ社員B氏

経験豊かなノウハウを有する

監査法人トーマツは設立が1968年と歴史が長く、現在まで培われてきた監査・非監査業務に関するノウハウが豊富にあることも特徴と言えるだろう。

クライアントの業界・業種、会社の規模感、課題等、どれ1つとして同じプロジェクトが存在しない中で、監査法人トーマツのように豊富な経験値を有する企業が支援することは、クライアントにとっては安心感につながる。

また、同社にはベテラン社員も在籍しているため、経験やノウハウの社内共有等を通じて、会社全体のノウハウとして還元していることも、監査法人トーマツのDNAを残していくための重要な取り組みとなっているようだ。

会社全体として、経験値が高いのはもちろんですが、社内には会計・財務関連のコンサルサービスを長年にわたり、担当してきたベテラン社員の方々もたくさん在籍しています。そういった社員の方々から、話を聞くだけでも、社内メンバーの底上げになるので、結果として、会社全体のレベルアップしていると思います。

現役監査法人トーマツ社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

監査法人トーマツの中途選考フロー

監査法人トーマツの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. 一次面接(二次面接も実施の可能性あり)
  3. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても1.5-2ヶ月を要する。

以下では監査法人トーマツの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

監査法人トーマツの書類選考・志望動機

監査法人トーマツへの転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書が必要となり、日本語か英語の指定は特に無い。

また、書類以外に、監査法人トーマツを志望する理由、自己PRを記載する項目があり、「なぜ、監査法人トーマツで働きたいのか」、「どのような専門知識・経験を有しているのか」という2点が特に注視される。

例として、実際に監査法人トーマツへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現在、従業員数50名以下の監査事務所で主に中小企業向けの監査、および、会計・財務関連のコンサルサービスを担当している。そんな中、様々な業界・業種、従業員規模の企業に対して仕事をしたいと思い、ビジネスの規模感が国内最大級の監査法人トーマツで働きたいと考えている。入社後は、中小企業向けの監査・コンサルの経験を活かして、中小企業向けのプロジェクトで貢献できると考えており、更には、希望として大企業向けのプロジェクトにも参画していきたい。

監査法人トーマツ転職成功者Dさんの志望動機

現職は、事業会社で内部統制や経営管理等を担当しているが、自分自身には「客観的な分析、および、論理的な解決策の検討に関する能力」が足りないと感じている。そこで、プロジェクトを通じて、それらのスキルを養うことができる監査法人トーマツへの応募を決意した。監査法人トーマツでは、事業会社で働いた身として、事業会社特有の課題や問題点等を踏まえて、現場の社員でも実現可能な提案等を実施していきたいと考えている。

監査法人トーマツ転職成功者Eさんの志望動機

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

監査法人トーマツの中途面接

ここでは監査法人トーマツにおける面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:人事担当者、マネージャー(もしくは、シニアマネージャー)
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、自己PR

監査法人トーマツの一次面接では、人事担当者、マネージャーが面接担当者となり、質問内容としては応募書類の確認がメインになる。

具体的には、「なぜ、監査法人トーマツを志望したのか。他の監査法人ではダメなのか、他のデロイトグループの会社ではダメなのか」、「どのようなスキル・経験を持っているのか。それらのスキル・経験を活かして、どのような貢献ができるのか」といった質問が多い傾向にある。

また、質問を通じて、「いかに自己PRができるか」といった観点も見られているため、質疑応答の際にはしっかりと自分自身の価値をアピールするようにもしよう。

更に、第二新卒や監査・コンサルタント未経験者の場合だと、一次面接だけでなく、(質問内容は一次面接と同様であり、面接担当者がシニアマネージャーになる)二次面接も用意されることがある。

面接担当者が複数と言うこともあり、最初は緊張しますが、その分、人材を慎重に選定しているということです。また、質問に答えるだけではあっという間に面接が終わってしまうので、後悔しないように絶えず自分自身をアピールしていきましょう。

監査法人トーマツ転職成功者Fさん

最終面接

  • 面接担当者:人事担当者(部長レベル)、パートナー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、入社後のキャリアイメージ

監査法人トーマツの最終面接では、人事担当者(部長レベル)と、パートナーが面接担当者となり、質問内容としては一次面接の内容に加えて、入社後のキャリアイメージに関する質問が多くなる傾向にある。

ここでいう入社後のキャリアイメージとは、「将来的にはどのような職位になりたいか」、「どの領域の専門家になりたいか」、「入社後はどのようなスキル・経験を活かせそうか」等、キャリアビジョンに加えて、会社、および、クライアントへの貢献度合いも含まれる。

これらの類の質問に正解は無いため、自分自身が考えを基に、自分の言葉で面接担当者に伝えることが求められる。

入社後は指示待ち人間ではなく、主体性を持って考え、行動し、会社・クライアントを引っ張っていくといった気持ちを見せることが重要になると思います。トーマツとしても、そういった人材を求めていますので、パートナー等に臆することなく、自己アピールしていきましょう。

監査法人トーマツ転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

監査法人トーマツの転職難易度

ここでは監査法人トーマツへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

監査法人トーマツは、監査・非監査業務を中心としたビジネスモデルを採用しているため、その性質上、企業の成長に伴い、人員を拡大する傾向が強い。

クライアント企業にとって会計・財務は必須の経営要素であり、ビジネスが複雑化している近年において、今後も人員を拡大させ、企業を成長させると見込まれる。

一方で、監査法人トーマツは、国内でトップクラスのビジネス規模、就職・転職の人気を誇るため、応募者が絶えず多いため、転職難易度は高めと言える。

やはり、デロイトグループのブランド力が高いので、就職・転職で人気がある企業だと思います。マネージャー以上の方々の予定を見ると、よく、「面接対応」という項目がありますので、応募者が多いんだなと感じますね。

監査法人トーマツ転職成功者Hさん

さらに、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。大手コンサルファーム自体が他業界の企業と比較して難易度が非常に高くなっている。

そんな大手コンサルファームと比較して転職難易度が高いということは、綿密な選考対策が必須と言える。

他業界の企業と比較して転職難易度が高い監査法人トーマツへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

転職難易度の高い監査法人トーマツの内定を獲得する上では、面接の限られた時間の中で、監査法人トーマツが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、監査法人トーマツが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • 公認会計士、公認内部監査人等の資格、もしくは、会計・財務関連の経験を有する人材
  • 物事を論理的に考えるだけでなく、様々な角度から多面的に考えることができる人材
  • クライアントに寄り添い、自分事として最後までやりきることができる人材
  • チームプレーが出き、コミュニケーション力の高い人材
  • 継続的な自己研鑽に基づき自らの能力を高めることができる人材

監査法人トーマツへの転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、監査法人トーマツに転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

監査法人トーマツへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

監査法人トーマツの調査・分析

数多くある監査法人の中で、なぜ、監査法人トーマツを志望したのかを説明するためにも、同社の調査・分析は不可欠な取り組みとなる。

会計・財務関連の仕事だと、他のBig4や監査法人、更には事業会社でも経験できるため、選考の際には「調査・分析を実施した上で、監査法人トーマツを選んだ」ことを根拠を基に説明することが重要となる。

「とりあえず、監査法人に入りたい」という姿勢では、選考が通らないため、しっかりと応募する前に調査・分析しておこう。

特に他のBIG4の監査法人との違いや、トーマツの独自性等も自分なりに分析しておくことをオススメします。必要、かつ、重要なアピールになりますので。

監査法人トーマツ転職成功者Dさん

自分自身のスキル・経験の整理

監査法人トーマツの選考では、書類選考における自己PR、更には、面接の際の自己アピールが選考を突破する際のポイントとなる。

多数の応募者の中から、選考担当者の印象に残るためには「自分自身のスキル・経験が、監査法人トーマツにとってどのような貢献をできるのか」を明確に伝える必要がある。

したがって、事前に自分自身のスキル・経験を整理し、アピールできる準備をしておくことをオススメする。

書類選考や面接は、いわゆる一般的な形式なので、知らない間に終わってしまっていたということが多いようです。なので、その中で、いかに自分自身の価値をアピールするか、が重要になりますので、後悔しないようにご自身のスキル・経験を出しきるようにしましょう。

監査法人トーマツ転職成功者Eさん

面接対策

監査法人トーマツでは、面接を通じて応募者の人となりや、スキルを注視する傾向があるため、面接対策は転職成功に向けた重要な取り組みとなる。

物事を論理的に考えたり、更に、自分自身の考えを主体性を持って、かつ、論理的、簡潔に伝える能力等も必要になるため、可能であれば友人・知人、もしくは、転職エージェントと事前に面接の練習をしておくことをオススメする。

面接では様々な観点からの質問が来るため、様々な質問を想定した回答を準備しておこう。

面接対策は、他の企業への転職活動においても活用できますので、この機会をきっかけにしっかりと準備しておきましょう。面接担当者自体は、高圧的ではないですし、丁寧、かつ、誠実に振舞ってくれますので、落ち着いて臨むことが良いでしょう。

監査法人トーマツ転職成功者Fさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

監査法人トーマツへの転職の魅力

ここでは、監査法人トーマツの現役社員の声を参考にしながら、監査法人トーマツに転職する魅力について改めて整理する。

会計・財務関連の経験者が活躍できる

会計・財務関連の業務が多いビジネスモデル上、やはり、公認会計士等の会計・財務関連の資格や経験を有する社員は活躍できる場が多いようだ。

もちろん、未経験者でも経験を積めば、活躍できる職場環境であるが、プロジェクトの内容等を把握し、プロジェクトの中での課題等を仮説分析する際には、経験者の方が有利となる。

そのため、資格を有する人材、もしくは、関連経験を有する人材にとっては、今まで以上に活躍できる機会が増えることは間違いないと言える。

未経験者でも努力して、経験を積めば、成長できますが、例えば、公認会計士の資格を持っている人だと、更に成長スピードが速くなると思います。少なくとも、資格を持っていたり、会計・財務関連の経験を有していれば、更にチャンスが多くなると思います。

監査法人トーマツ転職成功者Gさん

キャリアに拍が付く

Big4の1つであるデロイトグループで働くことは、自身のキャリアに拍が付き、今後のキャリアを見据えた時に、大きなメリットとなる可能性が高い。

例えば、監査法人トーマツで勤務し、将来的に転職、もしくは、独立等を検討した時には、「監査法人トーマツで働いたこと」で取引先や転職先から一定の信頼を得ることも可能である。

それほど、デロイトグループには高いブランド力があり、そういったブランドを手に入れることは、キャリアとしても、損することは無いだろう。

トーマツで働くことは、自分が思っている以上にブランド力があると思います。たまに、友人達で飲みに行って、その時に、トーマツで働いていることを言うと、みんな、「え?あの、デロイトの!?」ってなります。私自身もびっくりしています。(笑)

監査法人トーマツ転職成功者Hさん

仕事に困らない

企業にとって会計・財務は、絶対に必要な経営要素であり、今後もそれらが必要であり続ける見方が多い。

そして、それらの領域に対して監査・非監査サービスを提供している監査法人トーマツは、今後も安定的に業績を上げ続けることができる可能性が高い。

「市場が無くなることはない」という領域をビジネスのターゲットにしていることは、転職を考える上で、非常に重要なことであると言えるだろう。

監査業務や、会計・財務関連のコンサルサービスは、今後も無くならないので、しばらく、仕事に困ることは無いと思います。例えば、AIにより会計士の仕事がなくなるのではないか、と言われたりしていますが、企業の会計・財務関連の仕事は複雑化しており、AIでは対応しきれません。なので、これからも食う飯に困ることは無いと考えています。

監査法人トーマツ転職成功者Dさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 632 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事