PwCあらた有限責任監査法人転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

PwCあらた有限責任監査法人は、海外の大手会計事務所を指す「BIG4」の一角であるPwCのメンバーファームであり、日本では「4大監査法人」の一角として位置づけられている。

本記事ではそんなPwCあらた有限責任監査法人の転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元PwCあらた有限責任監査法人社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • PwCあらた有限責任監査法人の中途難易度
  • PwCあらた有限責任監査法人の選考フロー~面接内容
  • PwCあらた有限責任監査法人への転職を成功させるためにやるべきこと

PwCあらた有限責任監査法人を含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

PwCあらた有限責任監査法人とは

PwCあらた有限責任監査法人は、PwCグループにおける日本の監査法人として、監査・非監査業務をサービスとして提供しており、財務諸表監査、内部統制監査、財務報告アドバイザリー、内部監査、リスク・レギュラトリー・アドバイザリー、サステナビリティアドバイザリー等、様々な領域を手広く手掛けている。

また、全社員3,006人のうち、約7割が専門の知識・資格を有している社員(公認会計士:934人、USCPA・その他専門職員:1,178人)であり、多くの社員が専門的な知識・経験をプロジェクトにおいて発揮している、という専門家集団でもある。

そんな、PwCあらた有限責任監査法人は2023年12月1日付で、グループ会社の1つであり、同じ監査法人であるPwC京都監査法人と合併し、同日付で「PwC Japan有限責任監査法人」に名称を変更することになっている。

この合併によって、IT・デジタルや人材育成への投資効率を高めるとともに、ビジネスを広げ、国内において存在感を出していく狙いがあるようであり、今後、注目すべき監査法人と言えるだろう。

会社名 PwCあらた有限責任監査法人
英語表記 PricewaterhouseCoopers Aarata LLC
従業員数 3,006人(2023年6月時点)
本社所在地(国内) 東京都千代田区大手町
公式HP https://www.pwc.com/jp/ja/about-us/member/assurance.html

PwCあらた有限責任監査法人の強み・特徴

PwCグループとして、日本国内でサービスを展開するPwCあらた有限責任監査法人だが、他の監査法人・コンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、現役PwCあらた有限責任監査法人に話を伺い、そこから見えてきた強み・特徴について解説しよう。

テクノロジーに強み

PwCあらた有限責任監査法人は監査、および、アドバイザリー業務だけでなく、自らデジタルプラットフォームを構築し、運用・提供する等、テクノロジーに強みを持っている。

例えば、企業の資金支出データ管理、サプライチェーンの書類等のエビデンス管理、経営情報・リスク情報を入手・管理する等の機能を実現させるプラットフォームである「デジタル・トラストサービス・プラットフォーム」は、自ら開発し、クライアントに提供している。

また、PwCグループが全世界で使用している監査業務向けのデジタルプラットフォーム「Aura」は、監査リスクの検知・管理、監査調書の電子化・一元管理等を実現し、監査業務の効率化に役立っているとのことである。

このように、PwCあらた有限責任監査法人はPwCグループ全体を含めて、監査関連のテクノロジー強化に努めているのだ。

意外に思われるかもしれませんが、弊社、および、PwCグループではエンジニアが多いです。それら優秀なエンジニアの方々が素晴らしいデジタルプラットフォームを開発してくださっているおかげで、ビジネスの機会が増えたり、社内の業務が効率化されていますね。

現役PwCあらた有限責任監査法人社員A氏

PwCグループで連携したサービス提供

PwCグループでクライアントに最適なサービスを提供できる点は、同社のみならず、PwC全体としての強みとなっている。

経営課題が複雑化している現代において、時にはPwCあらた有限責任監査法人だけでなく、他のグループ会社(経営・ビジネスコンサルティング等を手掛けるPwCコンサルティング合同会社、M&A関連を手掛けるPwCアドバイザリー合同会社、税務サービスを提供するPwC税理士法人、法律サービスを提供するPwC弁護士法人等)と連携し、お互いの知識・経験を活用して、クライアントが抱えている課題に対して、独自の解決策を提案・実行するケースが増えている。

そんな状況において、様々な領域のサービスを専門とするグループ会社がいることは、クライアントからすると「PwCあらた有限責任監査法人の強み・特徴」と捉えられており、競合との差別化につながっているようだ。

他のグループ会社との連携は多いですね。PwCあらた有限責任監査法人の社員が、グループ会社のプロジェクトに参画することもあれば、逆も然りですね。そのような密な連携を実現できていることは、お互いの会社にとってメリットがあるだけでなく、働く社員にとっても良い経験となっていますよ。

現役PwCあらた有限責任監査法人社員B氏

外資・グローバルプロジェクトに強み

PwCあらた有限責任監査法人は、外資系出身者や、語学が堪能な社員が多く在籍している、更には、PwCグローバルとのつながりも強いため、外資系企業のクライアント、もしくは、日本企業の海外進出の際のグローバルプロジェクトを得意としている。

実際、海外案件では、同社の社員が海外出張に行くこともあり、日本企業と海外現地法人・クライアントとのパイプ役として活躍しているとのことである。

拠点は日本だが、市場としては国内だけでなく、海外も範囲に入っていることは、会社自体を成長させるために重要な要素となり、今後も成長の余地が多分にあると考えられる。

PwCあらた有限責任監査法人自体が、良い意味で日本企業らしくなく、外資系企業の雰囲気・文化を持っている点も、外資系企業や海外の案件に強い理由になっているかもしれませんね。クライアント社内の仕事の進め方や雰囲気を感じることができるので。

現役PwCあらた有限責任監査法人社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

PwCあらた有限責任監査法人の中途選考フロー

PwCあらた有限責任監査法人の中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. Webテスト
  3. 一次面接
  4. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても1.5-2.5ヶ月を要する。

以下ではPwCあらた有限責任監査法人の選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

PwCあらた有限責任監査法人の書類選考・志望動機

PwCあらた有限責任監査法人への転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書が必要となる。

書類に関しては、日本語か英語の指定は特に無いが、語学・資格を問う項目があるため、語学力がある、もしくは、資格を有している場合は、アピールしておこう。

また、書類以外に、PwCあらた有限責任監査法人を自己PRを記載する項目があり、「どのような専門知識・経験を有しているのか」という点が特に注視される。

例として、実際にPwCあらた有限責任監査法人への転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現職は、外資系企業の日本法人において、経営管理部門でコンプライアンス・ガバナンス強化等を担当している。今後は、現職で学んだ知識・経験を活かして、様々な会社のガバナンス強化等に貢献し、健全な経営体制の実現を支援していきたいと考えている。特に、外資系の日本法人出身ということもあり、外資系の日本法人のクライアントに対して、自身のスキル・経験を活かしていきたい。

PwCあらた有限責任監査法人転職成功者Dさんの志望動機

現在は、IT企業で、企業のDXを支援する仕事をしている。仕事をしている中で、企業内部のDX化は、単純なデジタル化や社員への周知だけでは実現が難しく、「セキュリティはどうするのか、運用体制はどうするのか」といった泥臭いことも確立していく必要があると感じている。これからは、そういった経験をより多くの企業に還元していきたいと考えており、様々なクライアントを抱えているPwCあらた有限責任監査法人で働くことを通じて、少しでも企業のDXを支援したいと思う。

PwCあらた有限責任監査法人転職成功者Eさんの志望動機

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

PwCあらた有限責任監査法人のWebテスト

書類選考を通過すると、次の選考フローは適正試験としてWebテストを受験する必要がある。

PwCあらた有限責任監査法人では、玉手箱を使ったテストが実施される。

玉手箱は、新卒での就職活動の際にも出てきた形式であるが、Webテストで落ちてしまうことは非常に勿体ないので、しっかりと予習・準備しておくことをオススメする。

なお、PwCあらた有限責任監査法人では、Webテストは第二新卒やコンサルタント未経験者に対して実施される一方で、コンサルタント経験者による転職の場合は、割愛されれ、一次面接から進むケースが多い。

PwCあらた有限責任監査法人の中途面接

ここではPwCあらた有限責任監査法人における面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:シニアマネージャー、もしくは、ディレクター
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

PwCあらた有限責任監査法人の一次面接では、シニアマネージャー、もしくは、ディレクターが面接担当者となり、質問内容としては応募書類の確認がメインになる。

特に一次面接では、「なぜ、PwCあらた有限責任監査法人なのか」を深掘りして聞かれることが多いため、事前に志望動機を論理的に説明できるように準備しておくことが重要となる。

また、資格を有している場合は、「なぜ、その資格を取ろうとしたのか」という質問も出てくるため、資格取得に至った背景も説明できるようにしておこう。

圧迫面接ではないですが、「なぜ、○○ですか?」というコンサルタントっぽい質問が多いです。なので、志望動機等は、しっかりと論理的な理由で説明できるようにしておきましょう。

PwCあらた有限責任監査法人転職成功者Fさん

最終面接

  • 面接担当者:パートナー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、将来のキャリアプラン

PwCあらた有限責任監査法人の最終面接では、パートナーが面接担当者となり、面接の傾向としては一次面接の質問に加えて、将来のキャリアプランに関する質問が多くなる。

ここでは、PwCあらた有限責任監査法人として目指しているビジョンや方向性と、応募者が思い描いているキャリアプランがマッチしそうか、を注視しているため、PwCあらた有限責任監査法人のビジョン等をホームページで調べてから、面接に望むことが効果的となる。

監査業務の売上シェア、非監査業務のポジションや注力している領域等、今後、PwCあらた有限責任監査法人が進んでいくだろう方向を調べ、自分自身がどのように感じているのかを整理し、その上でPwCあらた有限責任監査法人でキャリアを歩んでいきたい旨を説明できるようにしておこう。

面接担当者がパートナーということもあり、「未来」に関する話が多い印象ですね。その未来に応募者が合っているか、が面接の際の評価基準の1つになるので、ぜひ、事前の下調べをしておくことをオススメします。

PwCあらた有限責任監査法人転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

PwCあらた有限責任監査法人の転職難易度

ここではPwCあらた有限責任監査法人への転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

PwCあらた有限責任監査法人は、BIG4の1つであり、国内有数の大手監査法人である。

また、監査業務だけでなく、SDGs、ESG、DX等の非監査業務にも注力しており、それらのプロジェクトに参画できることも転職検討者にとっては、魅力となっている。

そのため、多くの社会人にとって転職先候補の1つには必ず入ってくるほどの人気があるため、転職難易度は高いと言える。

経歴の中で、PwCブランドを入手することは、キャリアにとって大きなプラスとなりますので、多くの社会人が入社したいと考えていると思います。また、他のPwCグループのプロジェクトに参画したり、異動できるという特徴も、転職応募者が増えている要素となっていると考えています。

PwCあらた有限責任監査法人転職成功者Hさん

さらに、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。大手コンサルファーム自体が他業界の企業と比較して難易度が非常に高くなっている。

そんな大手コンサルファームと比較して転職難易度が"決して低くない"ということは、綿密な選考対策が必須と言える。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いPwCあらた有限責任監査法人への転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

求める人物像・選考基準

転職難易度の高いPwCあらた有限責任監査法人の内定を獲得する上では、面接の限られた時間の中で、PwCあらた有限責任監査法人が求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、PwCあらた有限責任監査法人が求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • 公認会計士、公認内部監査人等の資格、もしくは、会計・財務関連の経験を有する人材
  • コンサルティングファーム経験、または類似の業種・職種の経験を有する人材
  • 難しい課題に対峙しながら経営や経営企画担当のクライアントと一緒に働くことが好きな人材
  • 未経験の機会に対するチャレンジ精神、成長意欲がある人材
  • 自らメンバーを巻き込み、引っ張っていくリーダーシップとコミュニケーション能力を有する人材

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

PwCあらた有限責任監査法人への転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、PwCあらた有限責任監査法人に転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

PwCあらた有限責任監査法人への転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

文化を理解する

PwCあらた有限責任監査法人を含めた、PwCグループでは「社員のカルチャーフィット」を重要視しており、採用選考の際には、PwCグループの文化と合うか、について注視する傾向がある。

PwCグループが大切にする文化として、「Speak UpーListen UpーFollow Up」という考えがあり、「声をあげる(Speak Up)にとどまらず、周囲はその声を受け止めて(Listen Up)、改善に向けて共に行動する(Follow Up)」ことを全社員に求めている。

PwCあらた有限責任監査法人でも同様の文化を形成しているため、選考の際には、「この文化に共感した。この文化に合う応募者である」ということをアピールしていくことが転職成功への近道となる。

PwCグループとして、会社と社員の考えが同じ方向を向いているか、は非常に大切にしています。なので、事前に「PwCグループ、つまり、PwCあらた有限責任監査法人の文化・雰囲気と合うかどうか」を見ておき、価値観を合わせておくことが大事になると思います。

PwCあらた有限責任監査法人転職成功者Dさん

競合との違いの分析

PwCあらた有限責任監査法人の面接では、「なぜ、PwCあらた有限責任監査法人を選んだのか」等の志望動機に関する質問が多い傾向にある。

その質疑応答を成功させるためには、BIG4、および、他の監査法人と比べて、「PwCあらた有限責任監査法人の良い点や共感した点」を採用担当者にアピールすることが必要となる。

そして、PwCあらた有限責任監査法人の志望動機を明確に伝えるためには、逆説的に競合の分析も実施し、PwCあらた有限責任監査法人と競合の違いを把握しておくことが求められる。

調査・分析は、他のBIG4だけでも大変ですが、人生において多くない機会ですから、この際、業界勉強だと思って、じっくりと調査・分析しておくことをオススメします。知識にもなりますし、調査しておいて損はしないと思いますよ。

PwCあらた有限責任監査法人転職成功者Eさん

面接対策

3つ目は、面接対策である。

PwCあらた有限責任監査法人の面接担当者は、論理的な思考に富んでいるため、建設的な議論を好む傾向がある。

そのため、質問も「なぜ、○○なのか」という論理的な内容が多いため、その質問を打ち返せるように事前にシミュレーション・訓練しておくことが転職を成功させるためのポイントとなる。

友人・知人、もしくは、転職エージェントを通じて、面接の練習相手になってもらおう。

面接対策は数え切れないくらい、実施しましたね。通勤中も頭の中でシミュレーションしていました。そのおかげで、面接本番ではしっかりと質疑応答でき、内定オファーをいただきました。後悔してからでは遅いので、しっかりと準備しましょう。

PwCあらた有限責任監査法人転職成功者Fさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

PwCあらた有限責任監査法人への転職の魅力

ここでは、PwCあらた有限責任監査法人の現役社員の声を参考にしながら、PwCあらた有限責任監査法人に転職する魅力について改めて整理する。

充実した人材育成の制度がある

PwCあらた有限責任監査法人では、社員が自分自身に合ったキャリアパスを描けるように人材育成に力を入れている。

例えば、監査人、および、コンサルタントの基礎動作を学んだり、ケーススタディを通じてプロジェクトの進め方などを学ぶ研修だけでなく、中途入社したての頃に何も分からない社員に対して、同じくらいの年次の社員がメンタル・総務・その他のサポートを実施する「バディ制度」や、先輩社員がキャリアの相談に乗ったり、対象社員の評価者として昇給・昇格のプレゼンを実施する「コーチ制度」など、人材育成のための制度が整っている。

そうした環境によって、自分自身が目指す理想のキャリアに向けて、適切な研修・経験を積むことができる点は、多くの転職検討者にとっても魅力的な要素となっている。

本人が積極的に意見を言っていけば、周りがどんどんサポートしてくれる文化があります。研修なども「○○なことを学びたい」と言えば、検討してくれて、実現することもあります。結果として、現在のような様々な研修・キャリア制度が溢れている環境になっているのだと思います。

PwCあらた有限責任監査法人転職成功者Gさん

実力主義

PwCあらた有限責任監査法人は、PwCグループのグループ会社ということもあり、いわゆる、日系企業にありがちな「年功序列」ではなく、「成果を出せば、年齢・性別など関係なく、活躍の場が増える実力主義」という文化を形成している。

同社は監査法人であるが、一方で、非監査業務も手掛けているため、自ら希望を出せば、公認会計士のような監査畑出身者であっても、非監査業務のプロジェクトに参画することも可能である。

そこで成果を出せば、監査・非監査業務の両方において、活躍の場を持てることができるため、成長意欲のある社員にとっては、非常に魅力的な職場環境と言えるだろう。

仕事はたくさんあるので、自らが望めば様々な経験をすることができます。また、そのように積極的な社員ほど、成果を出しやすくなり、結果として、昇給・昇格を果たしたり、プロジェクトのマネージャー・リーダー役を任せられたりしますね。仕事を頑張りたい人にとっては、良い職場だと感じています。

PwCあらた有限責任監査法人転職成功者Hさん

最先端のトレンド・知識を手に入れることができる

PwCあらた有限責任監査法人は、日本の大手監査法人ということもあり、監査、内部統制、セキュリティ、ESG等の様々な領域において、最先端のトレンドと知識を持って仕事をすることになる。

そのため、プロジェクトに参画している社員は、仕事を通じて最先端のトレンド・知識を得ることができ、ビジネスマンとして大きく成長できる。

変化が激しく、速い現代において、業界の最先端に立てることは、今後、生き残っていくためには非常に重要なことであり、PwCあらた有限責任監査法人では、実現可能となっているのだ。

やはり、PwCグループということもあり、業界のトレンドをキャッチアップする力は会社としてあると思います。その情報を見るだけでも、最新の知識を得ることができるだけでも良い経験ですが、自らプロジェクトに参画して、実体験として身につけることができる点も、社会人にとっては魅力的なことだと考えています。

PwCあらた有限責任監査法人転職成功者Dさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 392 times, 3 visit(s) today
おすすめの記事