アビームコンサルティングへの転職の実態 | 難易度・評判

日本発のグローバルコンサルティングファームとして、新卒・中途問わず人気が高いのがアビームコンサルティングである。

そんなアビームコンサルティングの転職難易度や評判についてご紹介する。

アビームコンサルティングへの転職情報まとめ

アビームへの転職を検討している人はぜひ本記事を参考にしていただきたい。

アビームを含むコンサルへの転職を検討されている方は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

アビームコンサルティングとは?

アビームコンサルティングは、1997年に世界的な会計事務所であるデロイトトウシュの日本におけるコンサルティング部門として誕生した。

アビームは、一時は「デロイトトーマツコンサルティング」という会社名で事業を展開していたことがある。

しかし、2003年にデロイトトーマツグループから脱退することとなり、アビームコンサルティングという社名となった。(一説によると権力的な争いがあったとのこと)

その後、元々「トーマツコンサルティング」という名だった企業が現在「デロイトトーマツコンサルティング」として事業展開している。

また、以下のようにかなり複雑な業界変遷を辿っている。

  • デロイトグループが独立する際に、デロイトコンサルティングから台湾オフィスを買収
  • 戦略立案・M&Aアドバイザリー部門がマーバルパートナーズとして分離・独立した後、最終的にPwCに売却

その後2004年にNECと資本提携し、2015年には完全子会社化されている。

アビームコンサルティングの特徴

アビームコンサルティングの特徴としては、以下のような特徴がある。

  • アジアを中心に13ヵ国29拠点を構える日本発のグローバルコンサルファーム
  • 総合コンサルファームとして、非常に幅広いサービスラインを持つ
  • 特にSAP導入支援などのITソリューションサービスに圧倒的な強みを持つ

    内資のコンサルファームは多数存在するが、ここまで海外展開が進んでいるコンサルファームはアビーム以外存在しない。

    また、約6,600名(2020年4月時点)もの人材がいるからこそ、幅広いサービスラインを展開できる。

    この中でも特にSAP導入支援などのITソリューションサービスに圧倒的な強みを持つという特徴がある。

    実際に筆者の知人でもアビーム出身でSAP導入コンサルとして独立して活躍している人が複数人存在する。

    アビームの実態(転職者の声)

    実際にアビームに転職した人からその実態について聞いた。

    グレイヘア
    ご経歴を教えてください。

    Aさん
    私は新卒で大手Slerに入社して6年間勤務した後、
    アビームに転職してきました。

    Bさん
    私はメガバンクに丸3年勤務した後、
    アビームに転職してきました。

    グレイヘア
    アビームに転職してギャップはありましたか?

    Aさん
    全社的に働き方改革に力を入れていると聞いていたのですが、
    働き方を意識して働いている人は実際皆無という状況です。

    Bさん
    残業が少ない人を高く評価するなど人事制度を作って工夫はしていますが、
    我々としては目の前の仕事を投げ出すわけにはいかないので。

    グレイヘア
    なるほど。プロジェクトによっても違いそうですね。

    Aさん
    そうですね。その点は他のコンサルファームと変わらないと思います。
    ハードなプロジェクトがある一方で、かなりホワイトなプロジェクトもあったりもします。

    Bさん
    ホワイトなプロジェクトの方が圧倒的に数は少ないですが、
    チーム全員が18時頃に帰宅しているようなプロジェクトもありますしね。

    グレイヘア
    残業以外には何かギャップはありますか?

    Aさん
    ITソリューション導入が会社の根幹なので、SAPやOracleなどの研修制度が非常に充実しています。
    ここまで人にお金を掛けてくれるというのはポジティブなギャップでした。

    Bさん
    明確なスキルを身に付けることに会社として投資してくれるので、
    自信を持って目の前の仕事に打ち込めますし、会社自体を信頼できます。

    グレイヘア
    キャリア形成面ではネガティブなギャップはありませんでしたか?

    Aさん
    アビームから転職でキャリアアップしたというのをあまり聞かない点は少し心配ではあります。

    Bさん
    自分も一緒で、どちらかというとアビームの中でキャリアを作っていくという形になるのかなと思います。
    逆にステップアップとしてのアビームと言うのは少し違うかなと思います。

    アビームへの転職で失敗しないために"絶対に"やるべきこと

    前述の通り、アビームは非常に幅広いサービスラインを持っており、多くの人がサービス部門ごとの採用となる。

    とある部門では戦略や業務、システムやM&Aといった機能軸から、自動車や製薬、通信といった業界軸まで幅広く、扱うテーマも身に付く経験/スキルも大きく異なる。

    エージェントにコンサル業界やアビームに関する知見がなければ、最適な求人を紹介してもらえないことはもちろん、自分自身のやりたいことやキャリアプランを叶えられないリスクも存在する。

    嘘のような話だが、コンサル業界やアビームについて表面的な知識がない人がエージェントをやっていたりもする。

    そのため、必ずコンサル転職に知見と実績を兼ね備えたエージェントを選ぶ必要がある。

    具体的には、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

    コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

    様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

    上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

    ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

    おすすめの記事