サーキュレーションの評判は?フリーコンサル経験者が徹底解説

ここ数年のフリーランスのプロ人材の活躍が目覚しいが、それを支えているのがフリーランスに案件を紹介してくれるエージェントである。

本記事では、フリーコンサル経験のある筆者が「サーキュレーション」を活用した感想や、知人のフリーコンサルの方々からの評判を紹介する。

また、コンサルキャリアではこれまで10社程度のフリーコンサルタント向けの案件紹介マッチング・エージェントに独自インタビューを行ってきており、運営メンバーの実体験だけでなく、インタビューから得た知見を踏まえて信憑性の高い情報をお伝えする。

▼おすすめのフリーコンサルタント向けの案件紹介マッチング・エージェント

  • フリーコンサル経験が合計10年程度のメンバーが独立相談も含めてサポート
  • 戦略からITなどの幅広いテーマ、100%稼働~副業まで豊富な案件種類(独自案件あり!)
  • コンサルファーム/SIer出身の20~40代向けのサービス

また、「BIG4コンサルファームから独立した20代フリーコンサルの実態」というnoteはぜひ一読することをおすすめしたい。実際に20代でフリーコンサルとして独立した経験をもとに仕事内容から働き方、仕事獲得方法やリアルな収入事情まで解説しているnoteである。

サーキュレーションとは

circulation

サーキュレーションは2014年創業で、プロ人材のマッチング事業である「ProSharing Consulting」やCTO/エンジニア/デザイナーのマッチング事業である「FLEXY」などを展開する企業である。

2021年7月には東証マザーズ(現在は東証グロース)に上場している。

プロ人材のマッチング事業を展開する企業として上場まで辿りついている企業は、これまで2017年に上場したみらいワークス(フリーコンサルタント.jp)のみであったため、みらいワークスに続く企業となった。

サーキュレーションの良い評判

そんなサーキュレーションの評判について筆者の実体験だけでなく、筆者のフリーランス仲間やコンサルキャリア運営メンバーの実体験も合わせてご紹介する。

幅広いテーマの案件がある

まずサーキュレーションの評判として多く挙がったのが「多種多様な案件がある」という点である。

上記がサーキュレーションの一の部にて公開されている案件構成比率であるが、他のプロ人材マッチングサービスとは大きく異ることが分かる。

特に特徴的なのは「ビジネステーマ」のカテゴリが多い点である。

他のプロ人材マッチングサービスの場合はコンサルファーム出身者が立ち上げていることが多く、IT PMO案件やサーキュレーションのカテゴリで言うと「ビジネスデベロップメント」や「DX」が多い傾向がある。

幅広いクライアントの案件がある

サーキュレーションは案件テーマだけではなく、クライアントの種類も幅広いという特徴がある。

他のプロ人材マッチングサービスの場合は東証プライム市場に上場している企業やコンサルファームがクライアントの大半を占めている。

しかし、サーキュレーションの場合は東証プライム市場からグロース市場に上場している企業、未上場企業まで幅広くクライアントを抱えているという特徴がある。

単価が高い案件が豊富にある

他のプロ人材マッチングサービスの場合、"優秀な手を動かせる人材"として紹介されるフリーコンサルが多い一方で、サーキュレーションは"プロ人材"として紹介される。

サーキュレーションの公式HPで紹介されているサービスの特徴を見ても、"優秀な手を動かせる人材"≒人材斡旋とは異なるポジショニングであることが分かる。

実際、登録しているプロ人材のインタビュー記事や、プロ人材のノウハウを起点としてウェビナーなどを多数公開しており、他のプロ人材マッチングサービスとは異なるアプローチをしている。

その結果として、筆者の肌感覚ベースではあるが他のプロ人材マッチングサービスと比較して単価が高い印象である。

サーキュレーションの悪い評判

担当エージェントの質がバラバラ

サーキュレーションの評判として一部の人からあがっていたのが「担当エージェントの質がバラバラ」ということである。

サーキュレーションは2016年に55名だった人員を2020年までに185名と3倍以上に増やしていることもあり、かなり質のばらつきが出ている可能性がある。

その結果として、実際の利用者にインタビューをしたところ、サーキュレーションに対して以下のようなネガティブな評判があがった。

「契約書は今準備中なので稼働開始してください」と言われて稼働したらあとあと金額の減額交渉を受けた

フリーコンサルタントA氏

「Bさんで案件が決まったので他に比較している案件があれば断ってください」と言われたのに、実はまだサーキュレーションが案件自体の受注が確定していなかった

フリーコンサルタントB氏

スコープが広がりすぎたので相談したら「なんとかするのでそのまま対応お願いします!」と言われたが、結局クライアント企業の言いなりで自分が泣く泣くサービス稼働として飲むしかなくなった

フリーコンサルタントC氏

サーキュレーションの評価

コンサルキャリアには数年来フリーコンサルとして活動するメンバーがおり、複数のフリーコンサルエージェントから仕事の紹介を受けてきた。

そうした経験およびフリーコンサルの知人たちへのインタビューから「案件単価」「案件種類」「担当者の質」という3つの軸でサーキュレーションを評価すると以下のイメージである。

  • 案件単価
  • 案件種類
  • 担当者の質
4.2

他エージェントとは一線を画す取扱案件。独立するなら登録すべき。

前述の通り、サーキュレーションは案件テーマ・クライアント企業の幅が広く、他エージェントとは一線を画す案件の取扱となっている。

実際、他エージェント間であれば全く案件の紹介を受けることが多々あるが、サーキュレーションと他エージェントで案件が被ることがまずない。

紹介してもらえる案件の単価も高いものが多く、独立するのであればまず登録して間違いないと言える。

フリーコンサルにおすすめの案件紹介サービス

フリーコンサルタント向けの案件紹介マッチング・エージェント市場というのはまだまだ黎明期であり、有象無象の事業者が存在する。

筆者の周囲には、悪質なフリーコンサルタント向けの案件紹介マッチング・エージェントを信じ切って、相場よりも遥かに低い価格で案件をデリバリーしていたというケースも多い。(その分、エージェントが相場以上の手数料を抜いていた)

そのため、絶対にやるべきことはできるだけ信頼できるフリーコンサルタント向けの案件紹介マッチング・エージェントを見つけて、中長期的な関係を築くことである。

まずは合計10年以上のフリーコンサル歴を持つメンバーが運営するコンサルキャリアナビにご登録いただきたい。

コンサルキャリアナビ

案件単価:★★★★★
案件種類:★★★★★
担当者の質:★★★★★

コンサルキャリアナビは、コンサルティング事業やコンサル業界に特化したWebメディア「コンサルキャリア」を運営する株式会社Flow Groupが運営するフリーコンサルタント向け案件紹介マッチング・エージェントである。

コンサルティング事業を通じて培った独自ネットワークにより、幅広いテーマ(戦略~IT)、幅広い稼働率(100%稼働~副業)など幅広い案件を取り扱っている。

また、自社コンサルティング案件もご紹介可能であるため、他社にはない独自案件も足す存在する。

フリーコンサルタントとして活動する上でぜひ登録していただきたい。

▼特徴

  • フリーコンサル経験が合計10年程度のメンバーが独立相談も含めてサポート
  • 戦略からITなどの幅広いテーマ、100%稼働~副業まで豊富な案件種類(独自案件あり!)
  • コンサルファーム/SIer出身の20~40代向けのサービス

実際に、筆者の知人で安定的に稼ぎ続けている人は必ず2-3社の案件マッチングサービスに登録している。逆に1社にしか登録してない知人の多くが、自分の望むタイミングで案件を紹介してもらえず、「案件を紹介して欲しい」と言っている人も多い。

様々な案件マッチングサービスの紹介記事があるが、明らかにおすすめできないサービスを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験がないサービスも紹介していたりと悲惨な状況である。

本記事はフリーコンサルとして独立/活躍するあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるサービスをご紹介している。

ぜひあなたがフリーコンサルとして活躍することを祈っている。

おすすめの記事