リヴァンプの年収・失敗しない方法・評判・難易度などの転職情報を解説

現場主義を貫くコンサルティングを行いながら自ら事業経営も行うなど、業界の中でユニークなポジションを確立しているのがリヴァンプである。

本記事では、そんなリヴァンプに転職する際の失敗しないための注意点や年収、リアルな評判などを中心に解説していく。

リヴァンプへの転職を目指すのであれば、M&Aや事業再生コンサルへの転職支援に圧倒的な強みを持つヤマトヒューマンキャピタルに必ず登録すべきである。

リヴァンプの年収

リヴァンプの役職 年次(目安) 年収(目安)
アソシエイト 1~4年目 440~600万円
シニアアソシエイト 4~8年目 600~750万円
マネージャー 7年目~ 800~1200万円
ディレクター 実力による 1200万円~

上記はリヴァンプの役職別・年次別の目安年収である。

リヴァンプの年収水準は外資系戦略ファームや総合ファームと比較すると少し見劣りはするものの、他業界の企業と比べると高い水準となっている。

役職別に見るとアソシエイトで440~600万円、シニアアソシエイトで600~750万円、マネージャーで800~1200万円、ディレクターで1200万円~という水準になっている。

実力次第でマネージャーまで昇進することができれば、評価次第ではあるが早い人で20代のうちに年収1000万円を越えている人もいるという。

ちなみにリヴァンプが開示しているIR資料によると平均年齢は33歳、平均年収は740万円程度となっている。また取締役1人あたりの年収は約4600万円となっている。(取締役4名、総額1.86億円)

またリヴァンプは毎年着実に業績を伸ばしており、2021年には上場を承認されるなど(その後上場延期)、今後年収水準が上がることも予想できる。

リヴァンプの年収の他社比較

ただし、事業再生コンサルファームの中で平均年収を比較するとリヴァンプは競合劣後しているような構図となっている。

事業再生コンサル_年収比較

平均年収の出所はopen workで、あくまで限られたサンプルであるため、具体年収というよりも傾向として捉えて頂きたい。

平均年収が1000万円を近いフロンティアマネジメントや経営共創基盤、YCPと比較すると、リヴァンプの平均年収は4割程度低い結果となっている。

一方で、前述の通り実力がものを言う世界であり、自身の仕事次第で高い年収を狙うことができるという点はぜひ覚えておいていただきたい。

▼おすすめの転職エージェント

リヴァンプへの転職で失敗しない方法

どんな企業でも合う・合わない、良い点・悪い点があるようにリヴァンプでもそれらは存在する。

特にリヴァンプの場合は、企業文化が明確にあるためその点を踏まえて「自分の適正と合うか」を見定めることが転職で失敗しない唯一の方法である。

▼特徴的なリヴァンプの文化

  • 良くも悪くもベンチャー気質が強い
  • 若いうちからどんどん仕事が任せられる(降ってくる)

リヴァンプでは良くも悪くもベンチャー気質が強く、会社の制度や仕事の進め方が整備されていないことが多い。

そうした環境は楽しめる人にとってはいい環境だが、ある程度整った環境で仕事をすることが向いている人にとっては失敗だった感じる可能性が高い。

また、若いうちからどんどん仕事が任せられるため必然的にハードワークになる。ハードワークして成長したいという意欲的な人にとってはいい環境だが、ある程度バランスを取りながら働きたいという人にとっては、同様に失敗だったと感じる可能性が高い。

▼おすすめの転職エージェント

リヴァンプのリアルな評判

総合満足度

まずはリヴァンプの総合満足度から共同他社比較でご紹介する。

consulting-ranking

上記は主要事業再生コンサルファームについて、openworkにおける総合満足度をランキングにして比較したものである。

総合満足度には、「待遇」「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」「20代の成長環境」「人材の長期育成」「法令順守の姿勢」「人事評価の適正感」が含まれている。

事業再生コンサルコンサルファームの中ではリヴァンプは4位の3.6となっており、ハードな仕事内容と相まってか、決して高い評判ではない結果となっている。

社員のリアルな評判

加えて、以下ではリヴァンプの現役社員からのリアルな評判を紹介する。

ポジティブ・ネガティブの両面の評判があるため、ぜひ参考にしていただきたい。

▼リヴァンプのポジティブな評判

  • 人事評価が整っており、受注額よりもクライアントへもたらした成果が正当に評価される
  • ベンチャー気質が強く、若いうちから大型のプロジェクトへアサインされることが多い
  • 以前に比べ残業規制が厳しく、18時退社ができる日が増えてきている

    リヴァンプは比較的若い会社でありベンチャー気質が強いが、目先の利益を追いかけるよりも、クライアントからの評価を優先した評価制度を取っている。

    特にマネージャー以上は売上ノルマがないので、若手の育成に集中できる環境が整っているという点で高い評判が多かった。

    そのため上司の手厚いフォローの下、若いうちから大規模なプロジェクトにアサインされ、経験を積んで成長することができる。

    またベンチャー気質が強い中、意外にも残業時間の取り締まりが厳しくなってきており、最近では18時に退社する社員が増えてきており、労働環境も改善中であるという。

    ▼リヴァンプのネガティブな評判

    • 制度が整いつつあるも、部署や案件によっては深夜まで残る必要が未だにある
    • ややトップダウンが強く、若手が意見しても取り合ってくれないこともある
    • 若手にキャパシティ以上のプロジェクトを任せるため、捌ききれない社員も一定数いる

      一方でリヴァンプはベンチャー気質が強いため、会社の制度がケースにより歪んでしまうことも少なくないといったネガティブな評判が目立った。

      そのため重要な局面ではトップダウンでの決定が多く、若手が意見を言えるものの採用される確率は大きく下がってしまうという。

      また若手にどんどん仕事を任せる社風であるが、時折プロジェクトを捌ききれない社員がいるなど、裏目に出てしまうことも今後の課題としてあげられる。

      ▼おすすめの転職エージェント

      リヴァンプの転職難易度

      結論から言うと、リヴァンプの転職難易度は業界の中でもやや高いと言える。

      • 中途採用では完全未経験採用は行っていない
      • ただし、積極的に中途採用をおこなっており採用の間口が広い

        リヴァンプの中途採用では未経験からの採用は行っていない。

        そのため、応募者が経験者でありその分転職難易度は高くなる。ただしリヴァンプは現在人員拡大フェーズであり、積極的に中途採用を行っているため採用の間口は広いと言える。

        またリヴァンプはベンチャー文化が強く、基本的に即戦力を求める傾向があるので、これまで主体的に仕事をしてきた経験をしっかりと話すことができれば、選考突破の可能性を上げることができる。

        リヴァンプへの転職を目指すのではあれば、コンサル転職に支援実績の豊富なエージェントを利用して対策を行うことをおすすめしたい。

        ▼おすすめの転職エージェント

        リヴァンプの中途面接

        リヴァンプの中途面接は、通常以下のようなフローで行われる。

        1. 書類選考
        2. 一次面接(人事クラス)
        3. 二次面接(マネージャークラス)
        4. 三次面接(役員クラス)

          リヴァンプの中途面接では基本的に一般面接が行われており、転職理由や志望動機などのオーソドックスな質問が一次面接で聞かれることになる。

          一方二次面接以降ではスキルや経験、前職での実績に関する質問が多い傾向にある。

          そのためマインドや熱意はもちろんのこと、二次面接以降ではより自分の戦力を具体的にアピールしていくことをおすすめする。

          また取締役の千田氏曰く、求める人物像として以下のようなものを上げているので参考にしてほしい。

          • 企業を芯から元気にできる人
          • リーダーシップが取れる人
          • 自分で考え、最適なソリューションを導き出せる人

            実際にリヴァンプの中途面接を受けた知人によると、面接では以下のような質問が出されたとのことである。

            ▼リヴァンプの中途面接における実際の質問例

            • 前職で一番誇れる実績は何か
            • 現在のスキルを活かして、転職後どのようなことをしたいか
            • 5年後自分はどのような人間になっていると思うか

              リヴァンプの中途面接対策を行う上では、コンサル転職に支援実績が豊富なエージェントを利用することをおすすめしたい。

              ▼おすすめの転職エージェント

              リヴァンプの激務の実態

              結論から言うと、リヴァンプは激務であると言える。

              • 多くのチームが深夜まで残業を行っている
              • 複数案件に同時にアサインされることが基本のため、休みが取りづらい
              • ただし、個人の能力次第によるところも大きく、効率的に仕事をこなして早く帰宅する人もいる

                ただし平均残業時間を見ると45時間程度とコンサル業界平均と比較すると決して会社全体として激務とは言えない。

                リヴァンプが激務となるのはプロジェクト依存であり、特に若手のうちは基本的に1人2つ以上のプロジェクトにアサインされるため、片方のプロジェクトが終わってもまとまった休みが取れないといったことがあるようだ。

                そのため、リヴァンプでは激務とそうでない人が別れており、一部の人は激務が常態化しているという。

                仕事をコントロールしてある程度の余裕を持てるまでは、他のコンサルファーム同様で仕事に追われることは避けられないと言えるだろう。

                一方で、個人能力次第では自分で仕事のコントロールができるため、他のコンサルファームと比べると比較的に早く帰宅している人も多いという。

                ▼おすすめの転職エージェント

                リヴァンプへの転職でおすすめのエージェント

                前述通りリヴァンプの転職難易度は高く、入念な対策や情報収集を行いながら転職活動を進めていく必要がある。

                そのため、"絶対に"やるべきことはコンサル転職におけるケース面接対策に強みを持つエージェントを選ぶことである。

                実際にどのエージェントを選ぶかで選考突破の確率は大きく変わってくる。

                具体的には、M&Aや事業再生コンサルへの転職支援に圧倒的な強みを持つヤマトヒューマンキャピタルには必ず登録すべきである。

                YHC

                おすすめ度:★★★★★

                ヤマトヒューマンキャピタルはM&Aや事業再生コンサルへの転職に強みを持つ転職エージェントで、専門知識に基づく手厚い支援を受けることができる。

                事業再生コンサルへの転職を目指すのであれば、まず登録して間違いないエージェントであると言える。

                ※以下は公式サイトより抜粋

                fig1-4

                Aさん
                (Webマーケ⇒事業再生コンサル)
                どこのエージェントにもこのFA業界を受けたいと伝えていたのですが、求人を頂いた後のフローがなかなかコミットしていただけませんでした。ヤマトヒューマンキャピタルの場合は、その点をコミットしていただきましたし、面接前も何度も面接対策をしていただけたので感謝しています。

                fig1-4

                Bさん
                (税理士⇒事業再生コンサル)
                ご担当者は、私の話をていねいに掘り下げていただき、真のニーズといいますか、私が本当にしたいと思っていることを引き出していただきました。コンサルティング業界を俯瞰的に、戦略系、FAS系、総合系などと各ファームの位置付けを示したマップ等の資料に関してもとてもわかりやすく、参考になりました。

                choosing-an-agent

                コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

                様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

                上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

                ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

                Visited 670 times, 1 visit(s) today
                おすすめの記事