コンサルで詰められる原因と対処法

コンサル業界では、レビュアーが行う「詰め」というものが存在する。

「詰め」の噂は既に他業界にも出回っており、コンサル転職を検討されている方の中にも、「詰め」の心配をしている方もいるのではないだろうか。

コンサルの「詰め」の原因と対処法

そこで本記事では、コンサルで詰められる原因と、その対処法について現役コンサルの筆者が解説する。

コンサル転職を検討する方はもちろん、現在詰められることに悩んでいるコンサルタントの方もぜひ参考にして頂きたい。

もしコンサルからキャリアチェンジを考えているのであれば、以下の記事をおすすめしたい。

ポストコンサル転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

コンサルにおける「詰め」とは

そもそも「詰め」とは、激しく問い詰められることである。

その中でもコンサルワークの中ではあらゆるアウトプットに対してロジックとファクトが必要であり、逐一問い詰められるのである。

例えば、アウトプットに対して「なぜそう思ったか?」「その根拠は何か?」「どのように検証したのか?」などと怒涛のように質問がとんでくる。

それにロジックやファクトがないとなると「ロジック通ってなくない?」「それは君の考え?それともファクト?」「なんでファクトを探さないの?」と、一度でも答えに窮すると最後、半永久に質問が続いていく。

この激しい「詰め」に耐えられず、精神的に耐えられずにファームから去っていく人は後を絶たない。

「詰め」の原因

こうした「詰め」の原因として考えられる原因は一つは、自身のロジックやファクトの甘さにある。

業界経験が豊富なクライアントに対して価値ある提言を行う上で、ロジックとファクトというのは必要不可欠である。

そのため日々の社内レビューにおいても、ロジックとファクトに対しては徹底的に突き詰める必要がある。

そのため、仮にロジックやファクトが甘いとなると、多少の圧を掛けて問い詰め、より高い水準のアウトプットを要求するということになる。

その一方で、「詰め」という行為が目的化してしまっている人の存在も原因の一つとなっている。

どれだけ考え抜いていたとしても、すごい剣幕でそれも重箱の隅をつつくように詰められれば、答えに窮することはある。

このようにレビュイーを追い詰めることで、優越感を得ている人種が存在し、彼ら/彼女らの存在自体が「詰め」の原因になってしまっているパターンもある。

「詰め」への対処方法

1. 詰めのパターンを学ぶ

仮に詰めの原因が「ロジックやファクトの甘さ」であるのであれば、変わるべきは自身である。

とは言え、これで変われれば最初から甘さを指摘されないだろう。

これから甘さをなくしていくためには、「詰め」のパターンを学び、そのパターンをチェックリスト化することで、レビュー前に事前にセルフレビューを行うことである。

これを繰り返していけば、レビューを受ける度に「詰め」のパターンを学び、最終的にロジックやファクトの甘さを排除することができる。

2. 上位者から注意してもらう

ここからは、原因が「詰め」を目的化している人の存在の場合である。

こうした存在は間違いなく健全ではなく、人をダメにしてしまう分ファームとしてもコストになるため、パートナーなどの上位者に相談して注意してもらうことが有用である。

また、ファームによっては360度評価があるため、そうした機会を活用することも効力を発揮する場合もある。

3. アサイン先を変更してもらう

上位者から注意してもらい変化があれば良いが、そう簡単に変われないことの方が多いだろう。

その場合は、アサイン先を変更してもらうことをおすすめしたい。

もちろん目の前のプロジェクトにコミットしたい想いはあるだろうが、ここで心身を壊してしまっては元も子もない。

ファームとしても、状況の深刻ささえ理解してくれれば、この人手不足の状況で貴重な戦略がダメになってしまうことは何としても避けたいはずのため、何等かの対応をしてくれるはずである。

4. 転職する

とは言え、アサイン先の変更について至るところから要望がくれば、全てに対応することが難しくなってくる。

また、場合によっては事の重要さを理解してくれない場合もある。

幸い、現在は各ファームとも採用に積極的であり、いわゆる社格を上げた転職でなければファーム間の転職の確度は非常に高い。

まとめ

本記事では、コンサルで詰められる原因と、その対処法について解説した。

コンサルで詰められることに悩んでいる方は、その原因について一度整理し、自身の努力不足なのか、相手の問題なのかを冷静に見極めて頂きたい。

その上で、必要に応じた対処法を選択することをおすすめしたい。

大切なことは必要以上に無理をして心身に負荷を掛け過ぎないことである。

もし現在大きな負荷を感じているのではあれば、キャリアチェンジも一つの選択肢として検討してみていただきたい。

筆者の2度のポストコンサル転職の経験を凝縮しているため、間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手総合エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

そもそもポストコンサル転職の経験がない人が書いている記事も散見される。

上記の記事はポストコンサル転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事