コダワリ・ビジネス・コンサルティング転職大全 | 年収、評判、選考情報を徹底解説

コダワリ・ビジネス・コンサルティングは、アクセンチュア出身の代表が立ち上げた戦略やDXなどのコンサルティングを手掛ける総合ファームである。

本記事ではそんなコダワリ・ビジネス・コンサルティングの転職大全として、選考情報から年収、リアルな評判、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元コダワリ・ビジネス・コンサルティング社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • コダワリ・ビジネス・コンサルティングの選考フロー~面接内容
  • コダワリ・ビジネス・コンサルティングの年収
  • コダワリ・ビジネス・コンサルティングのリアルな評判

コダワリ・ビジネス・コンサルティングを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

コダワリ・ビジネス・コンサルティングとは

コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社は、IT・DX・経営・業務領域を中心としたコンサルサービスを展開している企業である。

従業員数が27人と少人数規模ながら、コンサル事業以外に、コンサル業界に関する情報を発信するWebメディア(コンサルファームやコンサル業界の情報サイト|コンサルのあんなこと、こんなこと)、コンサルティング案件を探しているコンサルティング会社・システム開発会社・フリーランス向けの特設サイト(コンサルパートナーズ)、ポストコンサルの転職を支援するメディア(コンサルのキャリアに特化した転職支援サービス「コンサルキャリア」)を手掛けるなど、様々なビジネスを展開している。

また、自社での新規事業の他、コーポレートベンチャーキャピタルとして、スタートアップ企業への出資を行い、価値創造の拡散を図るなど、コンサルを軸とした複数のサービスを手掛ける注目の企業である。

会社名 コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社
英語表記 Codawari Business Consulting Inc.
従業員数 27人(2023年12月時点)
本社所在地(国内) 東京都中央区銀座
公式HP https://codawari.co.jp/

コダワリ・ビジネス・コンサルティングの強み・特徴

少人数規模ながら、コンサルサービス、または、その他の様々なサービスを展開するコダワリ・ビジネス・コンサルティングだが、他のコンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、現役コダワリ・ビジネス・コンサルティング社員に話を伺い、そこから見えてきた強み・特徴について解説しよう。

他の事業のノウハウを活かしたコンサルサービス

コダワリ・ビジネス・コンサルティングは、コンサルティングファームでありながら、自らメディア、案件紹介、転職支援、CVCといった事業も実施しており、それらの事業で培った経験・ノウハウをコンサルサービスに活かしているようだ。

コンサルティングファームの提案は、時にして「机上の空論」となってしまう場合があるが、コダワリ・ビジネス・コンサルティングではそのようなことが起こりにくい経営構造となっている。

そのため、クライアントからしても「実現可能な提案」であるため、実行しやすく、好評を得ているとのことである。

弊社では実業のビジネスで得た教訓や課題、もしくは、発見をコンサルティング事業にフィードバックする仕組みが出来上がっています。実際、自ら実業をしていることで、説得力のある提案を実施できていると感じています。

現役コダワリ・ビジネス・コンサルティング社員A氏

多様なクライアントの属性

ベンチャーコンサルやブティックコンサルでは「特定の業界に特化したコンサルサービス」を展開する企業がいるが、コダワリ・ビジネス・コンサルティングは様々な業界のクライアントに対してコンサルサービスを展開しているという特徴がある。

具体的なクライアントの業界としては、商社(20%)、情報・通信(20%)、製造・メーカー(20%)、エネルギー(10%)、金融(10%)、公共(10%)、その他(10%)という構成になっており、クライアントの属性が分散していることが分かる。

これによって、特定の業界が不況に陥り、プロジェクトの数が減ったとしても、他の業界でカバーできるため、安定した事業基盤を築き上げているようだ。

弊社はベンチャーコンサルやブティックコンサルにありがちな「特定の業界に特化したコンサル」であることを、あえて、避けています。そうすることで、長期的に見ると、安定して案件を獲得できることができます。

現役コダワリ・ビジネス・コンサルティング社員B氏

パートナーとの連携

従業員数としては27人と小規模なコンサル企業である、コダワリ・ビジネス・コンサルティングであるが、一方で様々なクライアントに対してコンサルサービスを展開している。

その要因として、パートナーとの連携があげられる。

同社では自社のコンサルタント要員だけでは、全てのプロジェクトをカバーできないため、様々なパートナー企業やフリーランスコンサルタントとの連携し、プロジェクトに参画してもらう形でビジネスを推進している。

近年は、フリーランスコンサルタントも多くなってきているが、トレンドに上手く合わせたビジネスモデルを構築していることも、同社の特徴と言える。

パートナー企業、もしくは、フリーランスコンサルタントの方々と連携することは多いですね。無理に自社の社員だけで、デリバリーする時代は終わりつつあると感じています。

現役コダワリ・ビジネス・コンサルティング社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

コダワリ・ビジネス・コンサルティングの年収

コダワリ・ビジネス・コンサルティングの役職 年次(目安) 年収(目安)
アナリスト 1年目~ 430~600万円
コンサルタント 2~4年目 600~800万円
マネージャ 6~8年目 800~1,000万円
シニアマネージャ 実力による 2,000万円~

上記はコダワリ・ビジネス・コンサルティングの役職別・年齢別の目安年収である。

役職に紐づく形で年収レンジが定められており、年収レンジの中では評価の積み重ねで変わってくる。

アナリスト

コダワリ・ビジネス・コンサルティングのアナリストは、リサーチ、データ解析、インタビュー、クライアント向け資料作成、タスク管理、クライアントへの報告等、幅広く担当する。

新入社員、第二新卒の大半、20代後半のコンサルティングファーム未経験者(事業会社経験者)は、アナリストとして入社することとなり、年収レンジは430~600万円程度となる。

コンサルタント

コダワリ・ビジネス・コンサルティングのコンサルタントは、アナリストに比べて、対クライアントの業務が多くなる。

主な作業としては、プロジェクト全体のスケジュール、および、報告資料のストーリーの構築、クライアントとの会議体や頻度等の調整、クライアントへの報告等を担当する。

コンサルタントには2~4年目程で昇格するケースが多い。また、20代後半~30代前半のコンサルティングファーム未経験者(事業会社経験者)は、コンサルタントとして入社することが多い。

年収レンジは600~800万円程度となる。

マネージャ

コダワリ・ビジネス・コンサルティングのマネージャは、コンサルタントやアナリストといったメンバーの上司として、プロジェクトの管理・運営を担当する。

また、マネージャ以上からは稼働率に加えて、売上、および、社内貢献活動が評価に加わる。

そのため、デリバリーだけでなく、提案活動、更には社内活動としてナレッジの共有、情報交換、社内イベント、若手コンサルの育成等の活動も実施する。

マネージャには6~8年目で昇格するケースが多いが、メンバーのマネジメント能力を昇格の際には特に見極められる。

また、30代で事業会社にて管理職を担当していた経験者(コンサルティングファーム未経験者)は、マネージャとして入社することが多い。

年収レンジは800~1,000万円程度となる。

シニアマネージャ

コダワリ・ビジネス・コンサルティングのシニアマネージャは、他のコンサルティングファームのパートナーと同様のポジションとなる。

シニアマネージャは、コダワリ・ビジネス・コンサルティングの顔としてクライアントからの案件獲得だけでなく、経営方針の決定等、会社役員としての活動を担当する。

売上貢献、クライアントの役員との関係構築はもちろんのこと、育成、採用、ガバナンスの統制、多様性の促進等、様々な経営活動が求められる。

また、シニアマネージャに昇格するためには、売上貢献だけでなく、社内で「顔が利く」存在になる必要もあるため、他の部署のシニアマネージャからも、ある程度、認知されており、信頼されていることが重視される。

年収レンジは1,000万円~と売上・経営貢献次第で高くなっていく形になっている。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

コダワリ・ビジネス・コンサルティングのポジティブな評判

ここでは、コダワリ・ビジネス・コンサルティングのポジティブな評判について解説する。

風通しが良い社風

コダワリ・ビジネス・コンサルティングは、従業員数が27名と少人数規模であるため、経営陣も含めて、社員同士が密にコミュニケーションを実施しているため、風通しが良い社風を形成していると言う。

そのため、経営方針を迅速に現場に浸透することができるだけではなく、現場の問題を経営陣が迅速に把握することもできる。

そのような風通しが良い社風を通じて、社員全員が一枚岩になった経営を実践できているようだ。

何か疑問があれば、すぐに誰かに聞くことができますし、それこそ、経営陣に新しいアイデアの提案や相談をすることもできます。弊社ではそれが当たり前の文化なので、逆に他の会社で働くと、ギャップが大きすぎて、びっくりするかもしれませんね。(笑)

現役コダワリ・ビジネス・コンサルティング社員A氏

説得力のあるコンサルサービス

コダワリ・ビジネス・コンサルティングは、コンサルサービスだけでなく、自社でメディア事業を展開する等、事業会社としても一面も持っている。

そのため、同社では、事業会社の現場の課題や、事業を推進することの難しさも理解しているため、「現場が実現可能で、説得力のある」提案ができる。

いわゆる、「机上の空論」ではない解決策を提案できることは、クライアントからも高評価を得ているとのことである。

よく、クライアントから「他のコンサル企業の中には、"言うは易く行うは難し"な提案を言われるけど、御社では現場でも実践できる提案をしてくれる」ということを言ってもらえます。自社で事業をしているから、そのような差別化を実現できているのだと感じますね。

現役コダワリ・ビジネス・コンサルティング社員B氏

クライアントファーストの価値観

設立以来で増収増益を続けているコダワリ・ビジネス・コンサルティングであるが、同社の成長を支える要素として「クライアントファーストの価値観」があげられる。

同社の社員の価値観の中で、「クライアントからの感謝や評価を頂けることが喜び」が最も挙げられることであり、まずは、クライアントの成功を第一に考えることが社内全体に浸透している。

この価値観は、新入社員や中途社員にも入社後すぐに共有する内容になっており、会社全体で共通している価値観となっているとのことである。

社員全員と言っていいほど、クライアントファーストの価値観が浸透していますし、全員が実行しています。その結果もあって、設立以来、増収増益を続けることができているのだと考えています。

現役コダワリ・ビジネス・コンサルティング社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

コダワリ・ビジネス・コンサルティングのネガティブな評判

ポジティブな評判がある一方で、コダワリ・ビジネス・コンサルティングにネガティブな評判もあるようだ。

ここでは、評判が本当であるのか、実態も含めて解説する。

人手が足りない

コダワリ・ビジネス・コンサルティングでは、少人数規模の人員数をカバーするために、外部のパートナー企業、もしくは、フリーランスコンサルタントと連携し、プロジェクトを推進している。

一方で、時には案件が多いにもかかわらず、外部パートナー達が参画できないことがあり、結果として、社内の人員だけでは人手不足に陥ってしまうケースもあるという噂が出ている。

実際に、そのような事態は頻繁に起こっているのだろうか。

現場の社員に話を聞いてみると、噂とは少し異なる回答が出てきた。

おかげさまで案件が多くなる時がありますが、パートナー企業やフリーランスコンサルタントの方々が誰も参画できないというケースは滅多にありません。実際、協業コンサル会社の数は130社、パートナーの方々の数は2,500名にものぼるので、誰かしら参画してくれていますよ。

現役コダワリ・ビジネス・コンサルティング社員A氏

社内の雰囲気が体育会系

コダワリ・ビジネス・コンサルティングは、2009年3月設立と比較的、歴史が浅いベンチャーコンサルである。

そのため、社内の動きは速く、即決即断の企業文化があるが、一方で、会社としての動きが速いがゆえに、社内文化が「体育会系」のようになっているようだ。

体育会系の文化は、トップダウンで物事を決め、環境の変化に瞬時に対応できる等のメリットがあるが、一部の社員にとっては馴染めない文化でもある。

そうした文化は、コダワリ・ビジネス・コンサルティングの中で本当にあるのか。

現場の社員に話を聞いてみた。

経営陣との距離が近いので、事業のスピード感はありますが、決して体育会系ということではありません。経営陣から一方的に意見を言ったり方針を押し付けたりせず、現場の声もしっかりと聴いてくれますし、その声を経営方針に反映してくれることも、たくさんありますよ。

現役コダワリ・ビジネス・コンサルティング社員B氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

コダワリ・ビジネス・コンサルティングの中途選考フロー

コダワリ・ビジネス・コンサルティングの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. 一次面接
  3. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても1-1.5ヶ月を要する。

以下ではコダワリ・ビジネス・コンサルティングの面接について分解し、詳しく解説していく。

コダワリ・ビジネス・コンサルティングの中途面接

ここではコダワリ・ビジネス・コンサルティングにおける面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:マネージャ、もしくは、シニアマネージャ
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

一次面接では、マネージャ、もしくは、シニアマネージャが面接担当者となり、現職での業務内容や、コダワリ・ビジネス・コンサルティングへの志望動機に関する質問がメインとなる。

ここでは、特に志望動機に関する質問が多くなり、「なぜ、他社ではなく、コダワリ・ビジネス・コンサルティングなのか」を自分の言葉で説明できることが重要になる。

また、現場のマネージャ級が面接担当者ということもあり、現職での業務内容・役割に関する質問も多くなることがある。

一次面接では、現職での業務内容や志望動機に関する質問を通じて、「コンサルタントとしての基礎要素があるか」、を注視している印象ですね。そのため、「なぜ?」という質問が多くなる傾向にありますが、落ち着いて回答するようにできれば、大きな問題にはなりません。

コダワリ・ビジネス・コンサルティング転職成功者Dさん

最終面接

  • 面接担当者:社長
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

最終面接では、社長が面接担当者として出てくる。

少人数規模の組織体制を採用している企業ということもあり、最後は社長自ら、応募者の人となりや価値観を確認する。

質問内容としては、一次面接と大きな変化はないが、志望動機に関しては特に「コダワリ・ビジネス・コンサルティングが大事にしている価値観と合っているか」を注視するため、事前に同社のホームページ等で価値観を調べておき、自分自身が大事にする仕事やキャリアに関する価値観と合っているか考え、整理しておこう。

面接担当者が社長ということもあり、緊張するかもしれませんが、平常心で臨むことをオススメします。社長自体もフランクな方ですし、応募者にも自然体でいてもらうことを望んでいますので。

コダワリ・ビジネス・コンサルティング転職成功者Eさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

コダワリ・ビジネス・コンサルティングの転職難易度

ここではコダワリ・ビジネス・コンサルティングへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

コダワリ・ビジネス・コンサルティングは、従業員数が27人(2023年12月時点)と少人数規模であることから、中途採用の応募者に対しても慎重に選考している。

そのため、他のコンサルティングファームや事業会社と比べて、転職への門が狭く、転職難易度は高いと言える。

外部パートナーと連携していることからも分かる通り、社員自体の規模感は大きくありません。したがって、中途採用においても、人材を厳選する印象がありますね。

コダワリ・ビジネス・コンサルティング転職成功者Fさん

さらに、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。大手コンサルファーム自体が他業界の企業と比較して難易度が非常に高くなっている。

そんな大手コンサルファームと比較して転職難易度が高いということは、綿密な選考対策が必須と言える。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いコダワリ・ビジネス・コンサルティングへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

転職難易度の高いコダワリ・ビジネス・コンサルティングの内定を獲得する上では、面接の限られた時間の中で、コダワリ・ビジネス・コンサルティングが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、コダワリ・ビジネス・コンサルティングが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • 将来的に、起業や経営者になりたいという志を持つ人材
  • 会社や上司を頼らず自律して仕事ができる(歯車にはなりたくない)人材
  • スキルの研鑽やネットワーク形成のために、積極的に行動できる人材
  • チャレンジ精神を持ち、様々な課題にも果敢に挑むことができる人材

コダワリ・ビジネス・コンサルティングへの転職の魅力

ここでは、コダワリ・ビジネス・コンサルティングの現役社員の声を参考にしながら、コダワリ・ビジネス・コンサルティングに転職する魅力について改めて整理する。

コンサル以外の経験を得ることができる

コダワリ・ビジネス・コンサルティングでは、コンサル事業以外の事業も行っているため、社員はそれらの事業も参画することで、様々な経験を得ることができる点が、転職の魅力の1つとなっている。

同社の社員は、クライアントワークだけではなく、自社の事業に参画することで、現場の大変さ、もしくは、やりがいを感じ、経験値を上げることができる。

得られた経験はコンサル事業におけるクライアントワークに活かすことができるだけでなく、長期的なキャリアアップにも活かすことができ、自分自身の成長のために邁進する社員も多いようだ。

弊社ではコンサルタントとしてだけではなく、ビジネスマンとして成長できる環境が整っていると思います。様々な経験をすることができるので、ビジネス全般に関する網羅的な知識・経験を得ることができると言っても過言ではありません。

コダワリ・ビジネス・コンサルティング転職成功者Dさん

成長スピードが速い

コダワリ・ビジネス・コンサルティングでは、多様なバックグラウンドをもつ社員が多いため、良い意味で「フラット&タブーレス」な社風を取り入れている。

そのため、若手社員や転職したばかりの中途社員であっても、意見を言ったり、新しいことにチャレンジできる環境が整っている。

また、経営陣を含めた社員同士のコミュニケーションも透明性を持って、円滑に行われているため、成長意欲が高い社員は、本人次第では速いスピードで成長することができるようだ。

そして、成長意欲が高い社員を支援しようとする周りの社員の気遣い・マインドも、社員の成長スピードを加速させるための要素となっているとのことである。

「会社や上司を頼らず自律して仕事がしたい」、「提案活動に携わりたい」等の意欲を持っている社員には、良い職場だと思います。少人数規模の組織体制なので、「社員みんなで、成長し合おう」という雰囲気があることも、成長を加速させる要素となっているかもしれません。

コダワリ・ビジネス・コンサルティング転職成功者Eさん

待遇面が充実している

様々な福利厚生、賞与といった待遇面が充実している点も、転職を検討する上での魅力と言えるだろう。

例えば、福利厚生だと、各種社会保険はもちろん、冠婚葬祭出産時支給金、フリーランチ制度(社内無料ランチ)、社員旅行 (博多、北海道、名古屋、沖縄等)、参加したい社員のみが参加する有志での社内イベント等があげられる。

また、賞与についても、業務貢献・売上貢献度合いによる賞与だけでなく、会社の業績に即した賞与が支給される。

やりがいや成長度合いを魅力として発信している企業はたくさんあります。しかし、福利厚生や賞与等の待遇面も兼ね備えている企業は少なく、弊社は数少ない企業の1つだと思いますね。

コダワリ・ビジネス・コンサルティング転職成功者Fさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 70 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事