コンサルはなぜ人気なのか?

近年、新卒/中途問わずコンサルが人気を博している。

かつては一部の層から人気があったコンサルだが、現在は幅広い層から人気が集まっている。

増え続けるコンサル人気の「なぜ」

そこで本記事では、コンサルがなぜ人気かについてその理由をご紹介する。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

コンサルが人気の理由

1. 成長が早い

コンサルティングファームは成長が早い環境としても知られている。

対面するクライアントのレベルの高さ、課題の難易度の高さと言った経営コンサルティングという事業の特性上の要因と、要求の高さや優秀でハードワーカーな人の多さと言ったファーム独特の要因もある。

こうしたより成長が早くなる環境がコンサルが人気である理由の一つである。

2. 組織に依存しない力が身に付く

日本を代表とするよう企業の破綻や早期退職を受けて、「組織に依存しない力」を身に付けたいと考えている人は多いのではないだろうか。

大企業に入ると大きな物事を大きなチームとして動かすため、どうしても全体の一部しか経験することができないと同時に、身に付けたスキルが組織固有のものであるリスクも高い。

一方、コンサルでは課題解決力や論理的思考力、プレゼン力などの所謂ポータブルスキルを身に付けることができる。

こうしたマクロトレンドと身に付けられるスキルの違いというのが、コンサルの人気が拡大している理由の一つである。

3. 高いブランド力

起業する場合でも転職する場合でも、コンサル出身という「ブランド」の力は計り知れない。

特に、転職において「コンサル出身者が欲しい」というの声は至る所で言われている。

将来の人生設計をより有利に進める、より多くの選択肢を残しておくという観点で、「コンサル出身」という高いブランド力も人気の理由の一つである。

思考停止の「とりあえずコンサル」は危険

コンサルティングファームでは、実際に上記の人気の理由となっている点を実現できる環境がある。

但し、現在のコンサルティングファームは非常に幅広い案件を手掛けており、キャリアプランなしに流れに身を任せた状態でいるのは非常に危険である。

同時期に同じファームに入社した人同士でも、どのような人の下で、どのような案件を経験していくかで、成長スピードや身に付けられるスキル/知見は大きく変わってくる。

不幸な流れに乗ってしまうと、場合によっては「早い成長」「組織に依存しない力を身に付ける」と言った点を実現できない可能性も十分に考慮しておく必要がある。

コンサルに転職するには?

コンサルの人気を取り上げ、コンサル業界を揶揄する記事などが散見されるが、コンサル業界はまだまだ魅力的な業界である。

一方で、コンサルと一言で言っても、ファームやチームによってやっていることは大きく異なり、身に付くスキルや経験も変わってくる。

コンサルファーム各社は、自社こそが最も価値のあるコンサルティングを行っているとブランディングを行っているが、コンサル業界にいる筆者からすると、実態から乖離しているなと思うことも少なくない。

そのためコンサルへ転職する上では、各ファームの生々しい情報を収集しておく必要であり、コンサル業界に精通しているエージェント選びが欠かせない。

嘘のような話だが、コンサルの選考プロセスや選考のポイントについて全く理解していないエージェントも実際に存在する。

そのため、正しいエージェントを選ぶことができるかどうかで、正しいキャリアを選択できるかや、選考突破の可能性まで大きく変わってくる。

具体的には、コンサル/ポストコンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

こうしたエージェントの厳選というのは、やれば"なお良し"ではなく"絶対に"やるべきことである。

コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事