SE/SIerからITコンサルへの転職のリアルは?違いや年収、転職理由を徹底解説

SE/SIerからの転職先として人気が高いのがITコンサルである。実際、SE/SIerはITコンサルティングを行うファームから強い採用ニーズがある。本記事では、SE/SIerからITコンサルへの転職のリアルから、SE/SIerとITコンサルの違い、転職後の年収や転職理由を徹底解説していく。

SE/SIerからITコンサルへの転職を検討している人は、まずはビズリーチにより「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれている転職エージェントであるASSIGNに登録することをおすすめしたい。

SE/SIerからITコンサルへの転職がおすすめの理由

1. 転職で年収が上がる

まずSE/SIerからITコンサルへの転職の魅力は「年収が大きく上がる」点である。SE/SIerの経験を持つ人材は市場価値が高い一方で、SEとしての年収が低いため、現状の年収に不満を持つ人は多いという。

ITコンサルであれば、ファームやポジションによって異なる点ではあるが、コンサルタントというランクで550~750万円、シニアコンサルタント(プロジェクトリーダー)というランクで750~1000万円程度となる。

2. 課題ドリブンの仕事ができる

SE/SIerの場合は多くがソリューションありきでの提案になってしまう傾向が強く、自分自身の仕事は本当に意味があるのか?という点で疑問を持つ人は少なくない。

またSE/SIerからITコンサルへの転職支援に強みを持つASSIGNへの独自インタビューでは以下のようなコメントも挙がっていた。

SE/SIerはの入社前には、“テクノロジーを使って面白いことができる!”と思っていたが、実際に入社するとシステムの全体像が決まった後の要件定義以降のERPの導入やCRMのリプレイス案件が多く、あまり面白さを感じられないというパターンは多いです。

圧倒的な内定率を誇るASSIGN・奥井氏が語る「コンサル転職で必要なこと」

3. スキル・経験の幅を広げられる

SE/SIerの場合は昇進をしてもIT戦略や業務要件定義に関わることができるというわけではなく、PM(プロジェクトマネージャー)や管理職業務の割合が高まっていく傾向が強い。また、現場でプログラマーとして手を動かし続けたり、運用保守を行い続けたりすることも珍しくない。

そのため、例えSE/SIerとして昇進した場合でも良くも悪くも似た領域の延長線上の業務になり、スキル・経験の幅を広げることができない。一方で、ITコンサルに転職した場合は、上流のIT戦略や業務要件定義の領域を手がけられるため、その分スキルや経験の幅を広げることができるのだ。

SE/SIerとITコンサルの違い

ITコンサルの仕事

上記はITコンサルとSE/SIerの仕事の違いを図示したものである。ITコンサルとSE/SIerはよく混合されるが、ITコンサルは全体の企画・設計から業務の要件程度までを行い、その後はSE/SIerが実際に手を動かすのをマネジメントする立場となる。

ITコンサルの仕事については以下の記事を参考にして頂きたい。

SE/SIerからITコンサルへの転職後の年収

ITコンサルでの年収は基本的に前職の年収や年齢に関わらず、転職後のランク(=職位)によって決まってくる。ランクはこれまでの経験やスキルを面接を通じて見定められて決められることになる。

例えば、「SE/SIer時代にプロジェクトリードを経験しており、シニアコンサルでもいける」と評価されればシニアコンサルとして採用される。ファームによって多少の幅感はあるが、プロジェクトリードを期待されるシニアコンサルタントの場合は年収750~1000万円、その一つ前の職位であるコンサルタントの場合は年収550~750万円となる。

いずれにしてもSE/SIerからITコンサルへの転職で年収を上げることができる可能性が高い。

SE/SIerからコンサルへの転職理由・志望動機

以下では実際にSE/SIerからITコンサルに転職したAさんの転職理由・志望動機についてご紹介する。

ーーー

SIerの仕事としてはグランドデザインから要件定義といった上流フェーズもないことはなかったが、どちらかというと基本設計、詳細設計、開発、テストといったフェーズの仕事がメインであった。最初の1年半頃は目の前の仕事に没頭しいたが、徐々に仕事に慣れてくると「自分がテストしているこのシステムは本当にクライアントにとって意味があるのか?」という疑問を持つようになった。

また、自分が設計するシステムの目的を自ら考えることができない仕事を繰り返す中で、「自分はこのままでいいのか」という疑問も頭から離れなくなった。こうしたことからより上流の仕事を目指してSIerからITコンサルに転職したが、実際のコンサル転職の際に面接で話した志望動機としては以下である。

  • 企業のインフラであるシステムを構築していくSIerの仕事にはやりがいを感じている
  • 一方で、Sierでは「システム構築の目的設計」に関与できないため、「本当にこのシステムに意味があるのか」という仕事も正直あり、もどかしさを感じることが多い
  • そのため、「システム構築の目的設計」から関与できるITコンサルを志望している

上記はあくまで一例だが、面接官も「ふむふむ」という反応であったという。自身の経験を交えながら上記のような内容をお話いただければ面接で違和感を持たれることはないだろう。

SE/SIerからITコンサルへの転職しやすい人

SE/SIerからITコンサルへの転職支援に強みを持つASSIGNへの独自インタビューを行い、SE/SIerの中でも特に転職しやすい人の特徴を伺った。独自インタビューの内容であるためぜひ参考にしていただきたい。

ITの上流工程から下流工程まで一連の経験があると強いです。最近のトレンドであるDX案件においては、事業や業務における問題をテクノロジーでどの様に解決するかを検討し、ソリューション提案を行います。実際には、検討の結果としてシステム化をしない判断がなされる場合もありますが、大雑把に説明するとこのようなイメージです。

そのため、上流工程の経験も求められまし、加えて下流工程までの一連の経験があれば、実現可能性を考慮した上で検討やソリューションへの落とし込みができ、その後の開発においても手戻りが発生しづらくなるため、プロジェクトでのバリューが発揮しやすくなります。

上流工程についてもう少し詳しくお話しますと、SIer/SEと同様にコンサルも、カウンターパートやプロジェクト規模は変わりますが、社内外とコミュニケーションをとりながら、ベンダーマネジメントも含めてプロジェクトを進めていくことが求められるため、大規模プロジェクトでのPM経験が活かせます。また、RFPの策定や要件定義の経験は、ビジネスサイドに近い業務になるためより評価がされやすくなります。

圧倒的な内定率を誇るASSIGN・奥井氏が語る「コンサル転職で必要なこと」

SE/SIerからコンサルに転職する上で求められる能力

SE/SIerからコンサルに転職する上では、大きく以下の3つの能力が求められる。

  • 論理的思考力
  • コミュニケーション力
  • マネジメント力

ITコンサル、経営コンサル問わずもっとも重要になるのが論理的思考力である。この論理的思考力がコンサルの価値の源泉でもあるため、実際の面接においても強く問われる点にもなる。

また、特にITコンサルの場合は関与するステークホルダーも多いことから高いコミュニケーション力とマネジメント力が求められる。コミュニケーション力やマネジメント力についてはSIerにおいても求められるが、コンサルではより高い水準が求められる。

SE/SIerからコンサルへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つエージェントを利用して対策を行うことをおすすめしたい。

▼おすすめの転職エージェント

SE/SIerからITコンサルへの転職でキャリアは大きく拓ける

SE/SIerからITコンサルを経験することで、事業会社におけるIT企画(IT投資計画やロードマップ策定など)や業務企画(BPR推進など)、DX推進といったネクストキャリアや、戦略や業務コンサルというネクストキャリアも描くことができる。

SE/SIerやSEから事業会社に転職した場合、こうしたネクストキャリアを描くことは難しいため、SE/SIerからITコンサルへの転職でキャリアが大きく拓けることになる。また現在はテクノロジーを前提として事業が展開され、個々人にもテクノロジーへの理解が求められ中で、SE/SIerがビジネスサイドへの理解を深めたり、事業目線を身につけることで、市場価値も高めることができる。

SE/SIerからコンサルに転職して感じたギャップ

SE/SIerからコンサルに転職して感じたギャップとしては大きく以下の2つである。

  • 実力主義
  • プロフェッショナリズム

1. 実力主義

SE/SIerからコンサルに転職してみて強く感じることが多いギャップの1つ目は徹底した「実力主義」である。多くのSE/SIerは年功序列の評価制度であり、「数年後の自分は〇〇の役職で、〇〇万円程度の年収」と"数年後の自分"がイメージしやすい。

しかしコンサルは本当に実力主義であり、評価によって昇進スピードも異なり、それに紐付く年収も大きく変わってくる。そのため、良い意味で"数年後の自分"がイメージし難いという面は、SE/SIerからコンサルに転職して感じたポジティブなギャップであるという。

2. プロフェッショナリズム

もちろんSE/SIerも真剣に仕事に向き合っていると思うが、コンサルのそれとは大きく異るという点は転職して感じるギャップだと言う。コンサルでは「入社したばかりだからこのくらいでしょうがない」という甘えは一切通用せず、一度現場に立つと一プロフェッショナルとしての立ち振舞が求められる。

SE/SIerからコンサルに転職したて頃はこのギャップはかなりキツいと言われるが、ベースの思考として身に付くと、自分の成長スピードも大幅に上げることができるため、コンサルへの転職の魅力でもある。

▼おすすめの転職エージェント

SE/SIerからITコンサルへの転職でおすすめのエージェント

コンサル転職は難易度が高いことでも知られている。コンサル各社ともSE/SIerの採用ニーズが高いと言っても綿密な対策なくして臨めば撃沈すると言っても過言ではない。

一方で、SE/SIerからITコンサルへの転職を支援できる転職エージェントは決して多くはない。多くのがエージェントが口では「支援できる」「得意」というが実際のところ、SE/SIerとコンサルの業務や実態を正確に理解し、質の高い支援ができるエージェントは極わずかである。

具体的にビズリーチにより「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれている転職エージェントであるASSIGNに登録することをおすすめしたい。

ケース面接対策の質:★★★★☆
筆記・書類対策の質:★★★★★
キャリアアドバイスの質:★★★★★

ASSIGNは20代-30代ハイエンドのキャリア支援に特化した転職エージェントで、 一人一人に向き合った支援で長期的なキャリア形成をサポートすることに強みを持つ。2021年には「ビズリーチ」が主催する「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」にて、取締役・奥井氏が、総合的に最も高い結果を残したキャリアエージェントに贈られる 「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(大賞)」を受賞している。特にコンサルでどのようにキャリアを作っていくべきかといった点まで支援して欲しい人におすすめである。

▼特徴

  • ただの求人紹介に留まらない長期的なキャリア形成のサポート
  • コンサル出身者によるリアルな選考対策
  • Bizreachにて実績上位3%となる最高ランク認定、「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(大賞)」を受賞などの豊富な実績
おすすめの記事