デロイトトーマツコンサルティング(DTC)転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

BIG4コンサルファームの一角として高い存在感を持つのが、デロイトトーマツコンサルティング(DTC)である。

本記事ではそんなデロイトトーマツコンサルティングの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元デロイトトーマツコンサルティング社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • デロイトトーマツコンサルティングの中途難易度
  • デロイトトーマツコンサルティングの選考フロー~面接内容
  • デロイトトーマツコンサルティングの強み・特徴
  • デロイトトーマツコンサルティングへの転職を成功させるためにやるべきこと

デロイトトーマツコンサルティングを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)とは

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、デロイトグループの日本拠点の1つであり、デロイトグループにおいて、日本のコンサルティングサービスを担い、クライアントの様々な経営課題に対する提言と戦略立案から実行まで一貫して支援する。

2022年5月時点では4,290人の従業員を有しており、東京、大阪、京都、福岡の拠点のメンバーだけでなく、海外の拠点のメンバーとも連携することで、最適なサービスを提供できる状況となっている。

会社名 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
英語表記 Deloitte Tohmatsu Consulting LLC
従業員数 4,290人(2022年5月時点)
本社所在地(国内) 東京都千代田区丸の内

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)の強み・特徴

国内だけでなく、グローバルとして大きな規模感で成長を続けるデロイトトーマツコンサルティングだが、他のコンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、現役デロイトトーマツコンサルティング社員に話を伺い、そこから見えてきたデロイトトーマツコンサルティングの強み・特徴について解説しよう。

デロイトトーマツグループのブランド力

1つ目は、デロイトトーマツグループとしてのブランド力の強さが挙げられる。

デロイトトーマツグループはBig4(Deloitte、EY、PwC、KPMG)の一角として、国内外で存在感を出しており、数多くの実績を有していることから、デロイトトーマツグループ各社への信頼度が高い。

ブランド力の高さは、デロイトトーマツコンサルティングにおいても同様であり、競合他社とのコンペティションにおいても、過去の実績や信頼度の高さが要因になって、コンペティションを勝ち取ることもあるようだ。

グループとしても知名度や信頼度の高さは、仕事をしていてメリットに感じることはありますね。新規の顧客への提案時においても、「誰ですか?」とは絶対になりませんし、初対面なのにかかわらず、ある程度、信頼感を持っていただけるのは助かります。ベンチャーコンサルと比べると、得していると思います。

現役デロイトトーマツコンサルティング社員A氏

グローバル案件が強い

強力なグローバルでのネットワークを有している点も、デロイトトーマツコンサルティングの特徴と言える。

まず、母体となるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)は、全世界150を超える国・地域において約345,000名の人員数を誇り、その規模感は、Big4の中で最も多いと言われている。

さらには、企業の海外展開をサポートするJapanese Services Group(JSG)という組織が存在しており、世界中の80以上の都市に日本から派遣している駐在員も含めて1,100名超の日本語堪能なバイリンガルの人員を擁しており、日々、日本のデロイトトーマツコンサルティングのチームと連携することでクライアント企業の海外進出をサポートしている。

このように、強力なグローバルネットワークを有していることもあり、グローバル案件に関しては、独自の強みを持っており、競合との差別化を実現できているようである。

近年では、日本のクライアントも海外展開が多くなったので、海外メンバーとの連携も増えましたが、駐在員も含めて、日本語ができるメンバーが多数いるので、クライアントからも好評です。海外メンバーが多すぎて、日本人の方が少ない案件もありますよ。(笑)

現役デロイトトーマツコンサルティング社員B氏

高品質な成果物

デロイトトーマツコンサルティングでは、各メンバーが成果物に対して、妥協しないというプロフェッショナルなマインドがあることも大きな強みとなっている。

「クライアントファースト」の考えが各メンバーに浸透しており、常に高品質な成果物を出そうとする姿勢に対して、クライアントからも好評を得ている。

どこのコンサルティングファームでも、成果物に対する妥協なき姿勢をアピールしているが、デロイトトーマツコンサルティングでは、実際にクライアントからも評価をもらっているようであり、事実として成果物の品質が高いようである。

クライアント曰く、クライアントから「もう、大丈夫ですよ!」と言われても、まだ、品質を求めることがあるくらい、成果物に対して貪欲みたいです。我々も言われてみるまで、意識しませんでしたが、みんな、無我夢中で良い成果物を出そうとしている証拠だと思います。

現役デロイトトーマツコンサルティング社員C氏

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)の中途選考フロー

デロイトトーマツコンサルティングの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. 一次面接(二次面接も実施の可能性あり)
  3. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても1.5-2ヶ月を要する。

以下ではデロイトトーマツコンサルティングの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)の書類選考・志望動機

デロイトトーマツコンサルティングへの転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書が必要となり、日本語か英語の指定は特に無いが、英語力を問う項目があるので、英語力があれば、アピールすることに越したことはない。

また、書類以外に、デロイトトーマツコンサルティングを志望する理由を記載する項目等がある。

書類選考で特に注意して見られるポイントとしては、「なぜ、デロイトトーマツコンサルティングで働きたいのか」という志望理由が挙げられる。

例として、実際にデロイトトーマツコンサルティングへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現職は、事業会社で事業企画の仕事をしている。新規事業を検討する際に、外部のコンサルタントとしてデロイトトーマツコンサルティングの方と一緒に仕事をさせていただいた。その際に、デロイトトーマツコンサルティングの方のスキルの高さに圧倒されると同時に、自分自身のスキルの低さに危機感を覚えたことがきっかけとなり、自分も更にスキルアップしたいと感じたため、デロイトトーマツコンサルティングへの応募に至った。

デロイトトーマツコンサルティング転職成功者Dさんの志望動機

今は、技術コンサルタントとしてメーカー向けに技術研究や設計等に関するコンサルサービスを提供しているが、キャリアとしての幅を利かせたいと思い、上流案件等にも参画できる総合系コンサルティングファームへの転職を検討していた。そんな中、戦略立案から実行までを一気通貫で実践でき、更にはグローバルとしても多くの実績・人員数を誇るデロイトトーマツコンサルティングで働くことによって、様々な経験ができるのではないかと思い、転職を希望した。

デロイトトーマツコンサルティング転職成功者Eさんの志望動機

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)の中途面接

ここではデロイトトーマツコンサルティングにおける面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:マネジャー、もしくは、シニアマネジャー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、自分自身の経験やスキルの説明、ケース面接

デロイトトーマツコンサルティングの一次面接では、マネジャー、もしくは、シニアマネジャーが面接担当者になり、質問内容としては、現職での業務内容、志望動機、自分自身の経験やスキルの説明、ケース面接がメインとなる。

特に、現場のマネジャーレベルが面接担当者ということもあり、現職の業務内容、苦労・工夫した点、どのようなスキルを有しているか等、を注視する傾向にある。

ケース面接では、答えに至るまでのロジックを注視ているため、論理的に問題を解いていくことを忘れないようにしよう。

また、第二新卒やコンサルタント未経験者の場合だと、一次面接だけでなく、(質問内容は一次面接と同様であり、面接担当者がシニアマネジャーレベルになる)二次面接も用意されることがある。

一次面接では、現場で活躍できるコンサルタントとしてのスキルを有しているか、を注視しています。なので、論理的な説明であったり、主体的に行動できることをアピールするようにしましょう。ケース面接は事前に参考書を読んだり、専門性のあるエージェントに対策してもらいながら予習することをオススメします。

デロイトトーマツコンサルティング転職成功者Fさん

最終面接

  • 面接担当者:ディレクター、もしくは、パートナー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、デロイトトーマツコンサルティングで実現したいこと

デロイトトーマツコンサルティングの最終面接はディレクター、もしくは、パートナーレベルが面接担当者になる。

質問内容は、現職での業務内容、志望動機が確認程度となり、デロイトトーマツコンサルティングで実現したいことがメインとなる。

特に、ディレクターやパートナーレベルだと、普段忙しい仕事をこなしているからか、質問に対して端的に答える方が好印象を持たれるため、テンポよく受け答えできるように準備しておくことをオススメする。

ある程度、淡々と面接が進んでいく印象を受けると思いますが、決してシラケているということではないので、「ダメかなあ」なんて思わずに、自信を持って受け答えするようにしましょう。

デロイトトーマツコンサルティング転職成功者Gさん

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)の転職難易度

ここではデロイトトーマツコンサルティングへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

デロイトトーマツコンサルティングは、様々な職種で積極的に採用を進めており、2023年7月時点で応募職種は約50件にのぼる。

今後も更なる拡大を目指す中で、人員確保は経営課題の1つとなっているため、扉を閉ざしつつある他のコンサルティングファームと比べると、転職難易度は高くないと言える。

様々な職種で人材を求めているので、自分自身にスキルにマッチした職種はどこかしらあると思います。会社としても人が足りていない状況ですので、マッチング率が高ければ採用に至ることが多いですね。

デロイトトーマツコンサルティング転職成功者Hさん

ただし、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。他業界の企業と比較すると転職難易度は遥かに高いという点はご注意頂きたい。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いデロイトトーマツコンサルティングへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

求める人物像・選考基準

他のコンサルティングファームと比べて、転職難易度が低い印象があるデロイトトーマツコンサルティングだが、それでも最低限のコンサルスキルや特定の業界に関する専門性等、求める人物像・選考基準はあるようだ。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、デロイトトーマツコンサルティングが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • コンサルタントスキル、もしくはITスキル等、他社と差別化できる能力・スキルを有する人材
  • 「日本企業を強くしたい」という熱い想いを持つ人材
  • 文化や価値観の違うクライアント・メンバーと共に、混沌とした状況下でも平常心で、粘り強いコミュニケーション能力・強いリーダーシップを発揮できる人材
  • 長期的な視野で自身のキャリアを計画し、自己実現に向けて具体的に行動できる人材
  • チームと共に問題意識を持ち、その能力を高めたいと考えられる人材

    デロイトトーマツコンサルティング(DTC)への転職成功者が教えるやるべきこと

    ここでは、デロイトトーマツコンサルティングに転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

    デロイトトーマツコンサルティングへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

    デロイトトーマツコンサルティングの分析

    転職を成功させるためには、デロイトトーマツコンサルティングの分析が必要となる。

    他のコンサルティングファームに比べて、どのような特徴・強みがあるのか、応募者としてどのような点に共感・興味をいただいたのか、を「志望動機」や「デロイトトーマツコンサルティングで実現したいこと」として説明するためには、デロイトトーマツコンサルティングの調査・分析が不可欠となるため、ぜひ、事前の分析を行っておこう。

    面接において、「なぜ、デロイトトーマツコンサルティングを選んだのか?」は絶対に聞かれますので、論理的な説明ができるようにしておきましょう。そのためには、企業分析は必要だと思うので、面倒くさいと思わず、分析するようにしましょう。

    デロイトトーマツコンサルティング転職成功者Dさん

    苦労・挫折した経験の整理

    デロイトトーマツコンサルティングでは、面接において苦労した点や、工夫した点が聞かれることが多い。

    その際に「応募者はどのように苦労や挫折を乗り越えてきたのか」という点を注視しているため、その時のエピソードを説明できるようにしておこう。

    また、重要なのは「苦労した、挫折した」で終わらず、どのように乗り越えたか、までをきちんと説明することなので、面接では乗り越えたエピソードを選ぶようにしよう。

    コンサルタントだと論理的思考やプレゼン力といったスペックを見られがちだと思いますが、デロイトトーマツコンサルティングでは案外、人間的な泥臭さを見ている人が多いです。コンサルと言っても、結局は気持ちや情熱が大事だったりするので。

    デロイトトーマツコンサルティング転職成功者Eさん

    結論ファーストの説明

    面接担当者となる現役のコンサルタント達は、日々、激務をこなしているため、質問に対する答えをすぐに欲しがる傾向にある。

    そのため、質問に対しては「結論ファースト」で答えるようにすることで、好印象を持たれることが多い。

    面接では、結論を初めに説明し、理由・背景を説明できるように整理しておくことをオススメする。

    面接担当者は、忙しいからか、早く答えを知りたがります。なので、こちらも相手に合わせて、早く答えを言ってあげるようにしましょう。コンサルタントが答えを早く欲しがるのは、ある意味、職業病かもしれませんね。(笑)

    デロイトトーマツコンサルティング転職成功者Fさん

    デロイトトーマツコンサルティング(DTC)への転職の魅力

    ここでは、デロイトトーマツコンサルティングの現役社員の声を参考にしながら、デロイトトーマツコンサルティングに転職する魅力について改めて整理する。

    成長環境がある

    デロイトトーマツコンサルティングへの転職の魅力に挙げられるのが、圧倒的な成長環境である。

    成果物に対する妥協なき姿勢を持つプロフェッショナル人材が多く在籍するデロイトトーマツコンサルティングでは、仕事に対するモチベーションが高く、成長意欲が高い人材が多い職場となっている。

    その中で揉まれることにより、自分自身も大きく成長できるため、成長意欲が高い人にとっては、最高の職場と言えるだろう。

    「成長したい、成長が楽しい、困難を楽しめる」等の考えを持っている人にとっては、良い職場だと思います。みんな、意識高いので、自分自身も勝手に意識が高くなりますし、スキルは間違いなく上がりますね。他のコンサルティングファームはどうか分かりませんが、デロイトトーマツコンサルティングは間違いなく成長できる企業です。

    デロイトトーマツコンサルティング転職成功者Gさん

    高い年収

    実力次第で高い年収を受け取ることできることも、魅力の1つと言えるだろう。

    特にコンサル出身者や、人材不足が特に言われているIT・DX人材には、転職時に高い年収をオファーする傾向があるだけでなく、実力次第で昇給・昇格が速く、並行して年収も高くなる。

    日系の大手事業会社と比べて、成果を出した人材に対して、相応の対価を還元する環境は魅力的と感じる人も多いだろう。

    年収はコンサル業界の中でも高い水準だと思います。実力次第で昇給・昇格が速いため、若くして高い年収を手に入れることができるのも魅力ですね。給料もビジネスマンにとっては、大事なモチベーションですから。

    デロイトトーマツコンサルティング転職成功者Hさん

    キャリアに拍が付く

    デロイトトーマツコンサルティングへの転職の魅力の3つ目は、キャリアに拍が付くという点が挙げられる。

    つまり、デロイトトーマツコンサルティングから他の企業に転職する際に、高い評価を受けたり、一目置かれるようになるということである。

    デロイトトーマツコンサルティング自体がコンサルティングファームとしてブランド力があることや、優秀な人材を多く輩出していること等が理由になっているようだ。

    そのため、デロイトトーマツコンサルティングで働くことは長いキャリアを見据えてもメリットになるようだ。

    他の業界や企業に転職していった同僚や上司は、皆、良いところに行きましたね。それくらい、言わば、「労働市場において、人気人材」なのだと思います。それくらい、優秀な人材をたくさん輩出している企業であるということなのでしょう。

    デロイトトーマツコンサルティング転職成功者Dさん

    コンサルへの転職を成功させるためには

    コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

    また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

    そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

    コンサル転職なら
    Flow Groupがおすすめ
    コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
    Flow GroupのおすすめPOINT
    • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
    • 独自求人や独自選考ルートあり
    • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
    お問い合わせする

    コンキャリ運営会社「Flow Group」について
    この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
    コンサルに特化した転職エージェントです。
    • コンサル出身者による手厚い選考支援
    • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
    • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
    など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
    コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
    是非ともご相談くださいませ。
    お問い合わせする

    コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

    会社名 株式会社Flow Group
    会社HP https://consul-career.com/corp/
    所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
    法人番号 5011001129632
    厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
    適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

    Visited 427 times, 1 visit(s) today
    おすすめの記事