デロイトトーマツアクトはやばい?評判や激務の実態を徹底解説

デロイトトーマツアクトは、デロイトグループの一員であり、企業のデジタル改革・戦略を実現するための先進的なデジタルソリューションの構築・導入を、プロセス設計とあわせて総合的に支援している。

本記事ではデロイトトーマツアクト良い評判から「やばい」という評判まで忖度なく解説しているためぜひ参考にして頂きたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元デロイトトーマツアクト社員複数人にインタビューを行っている。

本記事でわかること
  • デロイトトーマツアクトがやばいと言われる理由
  • やばいと言われる理由の真相
  • デロイトトーマツアクトの大量退職/激務の実態
  • 現役・元デロイトトーマツアクト社員によるリアルな評判

デロイトトーマツアクトへの転職を目指す上ではおすすめのコンサル転職エージェントも参考にして頂きたい。

デロイトトーマツアクトのやばい評判があがる理由

デロイトトーマツアクトは「やばい」と言われることも多く、ネット上で度々ネガティブな評判が上がっている。

デロイトトーマツアクトのやばい評判があがる理由について、現役・元デロイトトーマツアクト社員複数人にインタビューを行った内容を踏まえて、徹底的に解説していく。

デロイトトーマツアクトがやばいと言われる主な理由は以下の通りである。

  • 大量退職でやばい
  • レッドオーシャンだからやばい
  • 人手不足だからやばい
  • 激務だからやばい

現・元デロイトトーマツアクト社員の実体験に基づくリアルな評判を解説しているためぜひ参考にしていただきたい。

デロイトトーマツアクトは大量退職でやばい?

デロイトトーマツアクトは、近年、退職者が出ていることが経営課題の1つとなっているようだ。

退職理由は「プロジェクトになかなかアサインされず、キャリアとして、このままで良いのかと感じた」、「仕事のレベルに満足していないので、もっとチャレンジできる環境に行きたい」、「リモート勤務のプロジェクトに参画すると、先輩や上司と充分なコミュニケーションが取れず、社会人として不安になった」等、様々な理由がある。

理由は社員によって様々であるが、それでもなお、企業として優秀な社員を確保し、成長し続けるためには退職者を減らす対策が必要になることは間違いない。

退職に歯止めを利かせるために、現場ではどのような対策を実施しているのだろうか。

成長意欲がある若手社員には、どんどん新しいことをチャレンジしてもらうようにしています。マネージャー以上も含めて、そのような人材育成の方針を取ろうとなっています。もちろん、成功/失敗という結果にかかわらず、チャレンジしたこと自体を評価するようにしようという話にもなっています。

現役デロイトトーマツアクト社員A氏

キャリアのみならず、必要ならプライベートに関する相談を1on1で実施することが多くなりました。そうすることで、社員の心理的安全性も以前より、取れたようです。大枠としての仕組みを導入することも重要ですが、1on1のような形で、各社員に合わせたメンタルケア等も必要だと感じています。

現役デロイトトーマツアクト社員B氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

デロイトトーマツアクトはレッドオーシャンだからやばい?

デロイトトーマツアクトはIT・DXに特化したコンサルサービスを提供する企業であるが、近年、IT・DX領域は他のコンサル企業を含めて多くのプレイヤーがシェアを奪い合っている。

デロイトグループのように大規模なスケール・人員を武器にサービスを展開するコンサル企業がいれば、IT・DXに特化し、スピード感を持ってプロジェクトを進めるベンチャーコンサルもいる。

そのようなレッドオーシャンな環境の中で、どのように独自性を出し、生き残っていくのか。

現場の社員にリアルな実態を聞いてみた。

他社との差別化の1つとして、デロイトグループのネットワークを活用したサービス展開が考えられます。他のグループ会社との共同でのDXプロジェクト等もありますので、「one Deloitte」としてクライアントにサービスを提供していきます。

現役デロイトトーマツアクト社員C氏

大企業の規模感を誇りながら、ベンチャーコンサルのようにスピード感を持ってプロジェクトを進めるように日々、励んでいることで差別化できていると考えています。社内の人員はベンチャーコンサルのように比較的、大きい裁量権を持って仕事を進めることができるので、そういった点はクライアントからしても仕事がしやすいかと思いますね。

現役デロイトトーマツアクト社員D氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

デロイトトーマツアクトは人手不足だからやばい?

現在、デロイトトーマツアクトではプロジェクトが多くなっていることも背景に、人手不足に陥っているという噂があがっている。

IT・DX領域というクライアントからのニーズが多いため、多くのコンサル企業やIT事業会社等では、同様の状況が起こっており、デロイトトーマツアクトも、その渦中にいるという。

人手不足に陥るとプロジェクトの成果の品質が下がったり、案件をのがしてしまう等の問題が生じるリスクがあるが、実態はどのようになっているのだろうか。

現場の社員にリアルな話を聞いてみた。

ある程度、人手不足に陥らないように手掛けるプロジェクトの数などをコントロールするようにしています。そうしないと、激務過ぎて社員が辞めてしまったりして、更に忙しくなってしまうので。

現役デロイトトーマツアクト社員E氏

人手が足りない時もありますが、慢性的に人が足りないということはありません。もちろん、人材採用は継続実施していますが、ある程度、健全な組織状況になっているかと思います。

現役デロイトトーマツアクト社員F氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

デロイトトーマツアクトは激務だからやばい

デロイトトーマツアクトは、プロジェクトが急増している一方で、人員が足りていないこともあり。激務でやばいという評判があがっている。

この「デロイトトーマツアクトは激務だからやばい」という評判の真相を探るために定量面ファクトを見てみたい。

以下は主要コンサルファームの月間残業時間をランキング化したものである。(出所:Open Work

順位 ファーム名 月間残業時間(h)
1 アーサー・D・リトル 85.4
2 マッキンゼー・アンド・カンパニー 76.7
3 ドリームインキュベータ 75.5
4 A.T.カーニー 72.6
5 ローランド・ベルガー 68.2
6 ベイン・アンド・カンパニー 64.4
7 デロイト・トーマツ・コンサルティング 63.1
8 ボストン・コンサルティング・グループ 62.8
9 PwCコンサルティング 62.4
10 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 53.1
11 アクセンチュア 52.1
12 KPMGコンサルティング 43.4
13 アビームコンサルティング 36.3
14 ベイカレント・コンサルティング 33.0
15 デロイトトーマツアクト 7.5

デロイトトーマツアクトの月間残業時間は7.5時間となっており、ほとんど残業が発生していないことが分かる。

これは主要コンサルティングファームと比較しても圧倒的にホワイトであることはもちろん、国内でもトップクラスにホワイトと言える。

特に激務ランキングの下にいるアクセンチュアやアビーム、ベイカレントは業界の中での積極的に働き方改革を進めていることで知られているが、それらのファームでも30-40時間は残業が発生していることを考えると、デロイトトーマツアクトがどれほどなのかがよく分かる。

ただし、デロイトトーマツアクトに限らず、全てコンサルファームに共通して言えることではあるが、実際に激務になるかはプロジェクトの内容やフェーズによって大きく変わってくるため、必ずホワイトになるわけではないという点はご留意いただきたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

デロイトトーマツアクトのポジティブな評判

ここでは、デロイトトーマツアクトのポジティブな評判について解説する。

実行までを支援

デロイトトーマツアクトは、いわゆる、「提案終わりのコンサル」ではなく、IT・DXシステムやプラットフォームの導入、および、運用までを支援することで、クライアントから良い評判を得ている。

近年は、他のコンサル企業においても立案から実行までを支援する企業が増えてきているが、それでもなお、立案止まりで支援を終えるコンサル企業もいる。

そういった中で、デロイトトーマツアクトのようにEnd-to-Endで支援するコンサルサービスを提供することは、クライアントにとって付加価値の高い支援となっているようだ。

良い意味でデロイトグループの1社であることを感じさせないくらい、クライアントに親身に付き添うことを心がけているので、そういった姿勢がクライアントからの評判を上げているかもしれません。いつも、泥臭く最後まで、クライアントと運命共同体となり、支援していますので。(笑)

現役デロイトトーマツアクト社員A氏

自由度の高い働き方

コンサルティングファームというと、比較的、社内のルール、文化等が決まっているイメージを持つかもしれないが、デロイトトーマツアクトではそういったコンサルのイメージとは、良い意味でかけ離れているようだ。

実際、服装の厳密なルートがない、働く場所・時間は本人が決める、現場の社員の裁量権が高い等、比較的、自由に働ける環境が整っているとのことである。

自由な職場環境のおかげもあってか、社員からは大胆なアイデアや、エッジの効いた提案が出てくることも多いようだ。

比較的、自由度を高くしないと優秀なエンジニア等を確保することが難しい時代となっています。なので、自由を高くしているのだと思いますね。もちろん、その分、社員には高い成果を求めますし、社員も責任感を持って仕事に取り組んでいますよ。

現役デロイトトーマツアクト社員B氏

スピード感のある事業推進

デロイトトーマツアクトでは、現場の社員の裁量権が大きいため、ある程度の内容は、現場で決断し、プロジェクトを進めることができる。

スピード感があることは、クライアントにとって余計なストレス無く、プロジェクトを進めることができ、デロイトトーマツアクトとしての価値を高めているようだ。

また、スピード感を武器にしているベンチャーコンサルに対しても、対策を打てていることもあり、競合他社に勝つための取組としてもポジティブな評価を得ているとのことである。

弊社は、だいたいのことを現場の即決で進めることが多いです。その動きの速さもクライアントから良い評価をいただいておりますし、現場の社員の信頼感にもつながっています。「現場の自分が決断する」ということにより、現場の社員の責任感も増しますので。

現役デロイトトーマツアクト社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

デロイトトーマツアクトのネガティブな評判

ポジティブな評判がある一方で、デロイトトーマツアクトにネガティブな評判もあるようだ。

ここでは、評判が本当であるのか、実態も含めて解説する。

人材育成に力を入れていない

デロイトトーマツアクトは、自由闊達な組織体制であるため、エンジニアの社員を中心に、比較的、自由に勤務している。

一方で、社内における制度の整備が行き届いていない部分もあり、人材育成に関する仕組みがその1つだと言う。

若手社員であっても、成長できるかは社員の意欲次第であり、必要なら先輩や上司に進んで質問したりすることが当たり前になっているとのことである。

社交的な社員なら、それでも良いが、比較的、内向的な性格の社員であれば、不安を感じてしまう文化であるが、本当にそのような社内文化になっているのだろうか。

噂の真偽も含めて、現場の社員に話を聞いてみた。

人材育成には、会社として力を入れているので、その話は単なる噂だと思いますね。新卒・中途問わず入社時の研修はもちろん、定期的な勉強会や、e-Learning制度等もあり、むしろ、他の企業よりも充実した内容の人材育成制度だと感じます。

現役デロイトトーマツアクト社員E氏

女性が働きにくい

デロイトトーマツアクトは、IT・DXコンサルサービスを手掛けていることもあり、プロジェクトの終盤を迎えるとシステム導入等で夜遅くまで仕事をせざるを得ない状況があるという。

そうした場合に、子育て世代のママさん社員や、体力面で劣ってしまう女性社員等は、プロジェクトで活躍しきれなくなるという噂が出ている。

IT・DXという領域の性質上、残業が出てしまうことは避けれないが、そういった問題に対して、デロイトトーマツアクトはどのように対策を練っているのだろうか。

噂が本当かどうかを含めて、現場の社員に話を聞いてみた。

女性社員でも活躍できるような制度や文化は、全業界含めても、非常に充実していると思います。時短勤務やリモート勤務の制度はもちろん、男女差別や家庭事情を的にしたハラスメントはデロイトグループとしても断固として禁じていますので。チームとしても、時短勤務のママさん社員の仕事が残っていれば、全員で手分けして仕事を終えるように工夫する文化があります。女性社員が働きにくいというのは噂レベルだと思います。

現役デロイトトーマツアクト社員F氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 2,065 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事