コンサル転職における関門はケース面接だけではない。

特に大手コンサルティングファームともなれば、頭脳明晰の集まりであるため、必然的に筆記試験のハードルも高くなる。

そのためコンサル転職を考える方には、早くから筆記試験の対策を行うことをおすすめしている。

コンサル転職における筆記試験の内容

そこで本記事では、コンサル転職におけるファーム別の筆記試験の内容についてご紹介する。

コンサル転職を検討されている方は、ぜひ本記事を参考に選考準備を行ってい頂きたい。

但し、各ファームとも筆記試験の内容は今後変更される可能性も十分に考えられるため、最新状況については、エージェントから情報収集をすることをおすすめしたい。

その際、もしまだ活用するエージェントが決まっていない方は、ハイキャリの転職に強みを持つリクルートエージェントをおすすめしたい。

コンサルファーム別の筆記試験内容一覧

  • マッキンゼー:玉手箱
  • ベイン:GMAT
  • BCG:SPI
  • Strategy&:GMAT+判断推理
  • ローランドベルガー:判断推理+ベン図
  • ドリームインキュベータ:-
  • アクセンチュア:-
  • デロイト:SPI
  • PwC:-
  • KPMG:SPI

筆記試験の内容別の対策方法

各筆記試験については、以下の書籍を参考に対策することをおすすめしたい。

玉手箱

GMAT

SPI

判断推理/数的推理

最新情報はエージェントに確認を

本記事では、コンサル転職における各ファームの筆記試験の内容についてご紹介した。

但し繰り返しになるが、各ファームとも筆記試験の内容については通過率などを踏まえて試行錯誤しており、今後変更される可能性も十分に考えられる。

そのため、最新情報をエージェントに確認しておく必要がある。

もしまだ活用するエージェントが決まっていない方は、ハイキャリの転職に強みを持つリクルートエージェントをおすすめしたい。

おすすめの記事