ポストコンサルキャリアとしてここ数年で人気を高めているのがフリーコンサルである。

フリーコンサルは、自由な働き方の実現や、組織というしがらみの排除などの魅力から特に欧米において年々市場を拡大している。

現役フリーコンサルにインタビュー

本記事は、コンサルティングファームから独立した現役フリーコンサルの方にインタビューを行った。

現役コンサルタントでポストコンサルキャリアに悩んでいる方やフリーコンサルに興味がある方は、ぜひ本記事を参考にして頂きたい。

また、ポストコンサルキャリアに興味がある方はリクルートエージェントに、フリーコンサルに興味がある方はコンサルタントジョブに登録して、カジュアルに話を聞いてみて頂きたい。

経歴・フリーコンサルへの転身理由

グレイヘア
フリーコンサルとして独立されるまでのご経歴について教えてください。

現役フリーコンサル
私は新卒で外資系戦略ファームに入社し、主に日系企業の海外進出戦略の策定や、マーケティング戦略策定をテーマとしたプロジェクトに従事しました。
戦略ファームに2年間在籍した後に、独立してフリーコンサルに転身しました。

グレイヘア
なぜコンサルファームから独立しようと考えたのでしょうか?

現役フリーコンサル
コンサルティングファームでの仕事は、本当に刺激的で楽しかったのですが、その一方で、自分の身体を削るような働き方や、家族や友人との時間があまり取れないことに疑問を持つようになりました。
コンサルティングワークは続けたかったので、もっと自由な働き方ができないかとアンテナを立てていたところ、フリーコンサルという働き方を知って独立しました。

グレイヘア
入社して2年で独立することに恐怖はありませんでしたか?

現役フリーコンサル
全くないと言えば嘘になりますが、
・同年代の知人が少し前に独立していたこと
・フリーコンサルに仕事を紹介してくれるエージェントがいるなど独立できるようなインフラがあること
・海外でBTGやEden mccallumといったフリーコンサルファームが台頭してきていて、流れがくるなと思ったこと
などに後押しされました。

コンサルファームでしか得られなかったこと

グレイヘア
フリーコンサルとして活動されていて「コンサルファームでしか得られなかったこと」について教えてください。

現役フリーコンサル
①課題に対する多様なアプローチ方法、②未経験テーマでの経験、③経営課題の最新トレンド
の3点はコンサルファームだからこそ、得られたことかなと思います。

グレイヘア
①課題に対する多様なアプローチ方法について詳しく教えてください。

現役フリーコンサル
コンサルファームで働くことのメリットの一つは、優秀な上位者やメンバーとチームとなって働くことだと思います。
それぞれが課題に対して異なるアプローチを持っています。
優秀な人材と働き、多様なアプローチ方法を学び、自らの血肉としていくことで、コンサルタントとしての幅がどんどん広がっていくのだと思います。
それがフリーコンサルだとできないので、コンサルファームでしか得られなかったことかなと思います。

グレイヘア
②未経験テーマでの経験について詳しく教えてください。

現役フリーコンサル
フリーコンサルは悪く言うと「自分の経験の切り売り」です。
「経験したことないですが一生懸命頑張ります」では誰も任せようと思ってくれません。
一方、コンサルファームであれば、チームとして経験の価値を担保できれば良いので、自分自身が未経験でもどんどん挑戦して、幅広い経験を積んでいけるというのはコンサルファームでしか得られなかった経験かなと思います。

グレイヘア
③経営課題の最新トレンドについて詳しく教えてください。

現役フリーコンサル
大手コンサルファームのクライアントは、業界をリードするような企業が解決しなければいけない課題を扱います。
そうすると、自然とコンサルファーム内には、世の中の最新トレンドや、直面している課題というのが集積していきます。
当然、こんな環境はフリーコンサルにはありません。
自然と最先端の情報が集積する場所に物理的に身をおけるだけで大きな価値で、そういった情報を持っているか否かで世の中の見方、延いてはビジネスマンとしての視座が変わってきます。

コンサルファームでは得られなかったこと

グレイヘア
逆に「コンサルファームでは得られなかったこと」を教えてください。

現役フリーコンサル
①商売の基本、②意思決定をする機会、③幅広い人脈
の3点はコンサルファームでは得られませんでした。

グレイヘア
①商売の基本について詳しく教えてください。

現役フリーコンサル
マネージャーまでいくと変わってくると思いますが、そうでないとコンサルファームでは商売の基本すら学ぶことができません。
なぜかと言うと、マネージャー以上が取ってきたプロジェクトを目の前に与えられて、それをデリバリーするだけだからです。
フリーコンサルになると、エージェントを使う場合もありますが、自分自身で営業する必要がありますし、事前のプロモーションからブランディング、価格設定や価格交渉を総合的に行っていく必要があります。
ここら辺はフリーコンサルになったからこそ日々試行錯誤できる部分であり、コンサルファームでは得られなかった経験です。

グレイヘア
②意思決定をする機会について詳しく教えてください。

現役フリーコンサル
コンサルファームでも意思決定というものがありますが、少なくともマネージャー以上になるまで「どういう提案をするか」程度の意思決定しかありません。
一方、フリーコンサルでは全く縛りがないので、驚くほど意思決定の連続です。
極端な例ではありますが、関与させて頂く形態もSO付与、顧問契約、コンサル契約などなど様々ですし、時には知り合いとチームを組んでデリバリーすることもあります。
それらを決めるのに、1-2週間もかけられませんので、瞬間瞬間で意思決定をして、時には交渉をする必要があります。
意思決定の経験は、意思決定の精度に繋がってくると思いますし、ビジネスマンとしてレベルを上げていくには必須の能力ですが、これはコンサルファームでは得られなかった経験です。

グレイヘア
③幅広い人脈について詳しく教えてください。

現役フリーコンサル
投資家や経営者、ベンチャー企業やフリーランスの方々など、コンサルファーム時代では出会う機会がなかった方々と出会えるようになったのもフリーコンサルの魅力だと思います。
その分、上場企業のCEOや役員の方との接点は全くもってなくなりましたが、上記のような人たちと、連携して何かサービスを立ち上げようみたいな話や、仕事を紹介してもらえたりと、コンサルファーム時代では考えられなかった経験をできています。

ポストコンサルキャリアの実態

グレイヘア
フリーコンサルをポストコンサルキャリアとするのかは難しいですが、フリーコンサルとして独立して良かった点を教えてください。

現役フリーコンサル
働く場所、時間を選ばず、組織のしがらみもなく自由に働けるというのは、独立して本当に良かったなという点です。
コンサルタントとしての成長という意味だと、きっとファームに残った方が良かったと思いますが、QOLの圧倒的な向上、そしてビジネスマンとしての成長を日々実感できています。

グレイヘア
逆にポストコンサルキャリアとしてフリーコンサルとして独立してイメージと違った点を教えてください。

現役フリーコンサル
苦楽を共にする同志がいないというのは想像以上に大変というのが、イメージと違った点だと思います。
そりゃ良い事もあれば、悪い事もあります。
そんな時に互いに支えあったり、励ましあったりする人がいないので、孤独感というか、同じファームという見えない絆で結ばれた同志と共に働けるのは羨ましいなと思ったりもします。
あと、数ヶ月すれば、潤沢なキャッシュフローになりますが、最初の数ヶ月は支払いサイトの関係で振り込みがなかったので、本当にカツカツでした。短期間でしたが、これもフリーコンサルとして独立したら経済的にもっと余裕が生まれると思っていた私からするとイメージと違った点でした。笑

まとめ

今回はポストコンサルキャリアとしてフリーコンサルとして活躍されている方にインタビューを行った。

フリーコンサルも万能ではなく、良い面もあれば、悪い面もあり、また向き不向きもある。

大切なことは、自分はどういう人生を歩みたくて、キャリアを通して何を実現したいかを明確にした上で、然るべきキャリアを選択することである。

ポストコンサルキャリアを検討されている方はリクルートエージェントに、フリーコンサルを検討されている方はコンサルタントジョブに登録してみて頂きたい。

今後の方向性が自分の中でカチっと固まっていなくても、キャリアアドバイザーとのセッションの中でクリアになっていく場合もあるので、まずは一歩行動して頂きたい。

おすすめの記事