公務員を辞めたい人必見!おすすめの転職先から成功法を解説!

公務員は一般企業より安定しており環境の良い職場だというイメージを持たれることが多いが、実はそうではないケースも少なくない。

本記事では、現在公務員を辞めたいと思っている人に向け、おすすめの転職先と成功方法を解説していく。

公務員からの転職を徹底解説

公務員からの転職を考えている人で、コンサル業界に興味ある人はコンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに、その他業界に興味がある人は国内最大級のヘッドハンティング型サービスであるビズリーチに必ず登録すべきである。

転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

公務員を辞めたい理由

就職先の人気ランキングでも上位にランクインする公務員だが、実際に働いている人たちの意見を聞いてみると、主に以下のような理由から辞めたいという声が上がっている。

  • 人間関係が大変
  • 給与が低い
  • 仕事がつまらない
  • 労働環境がよくない

公務員を辞めたい理由①:人間関係が大変

定年まで務めることが前提である公務員は、異動も比較的多くあり、かつ転職が一般化している企業よりも人間関係が大変である。

一般企業の場合なら、部署移動を申請したり成果を上げることで嫌な上司などを見返すこともできる。

しかし公務員は基本的に年功序列であり、また一般企業よりも部署移動が難しいなどと言った理由から、人間関係が上手くいかないときの対処法が限られてくる。

公務員を辞めたい理由②:給与が低い

安定して給与が高いイメージを持たれがちな公務員だが、実態として給与が高いわけではない。

また一般企業であれば成果に応じたインセンティブなどが期待できるが、公務員の場合は自分の頑張りだけで給料を上げることが難しい。

そのため、給与に不満を持ってしまうとなかなか自力で解決できない点も、辞めたい理由として多く上がっている。

公務員を辞めたい理由③:仕事がつまらない

安定を求め公務員を選んだ人の中で、仕事がつまらないと感じる人は多い。

ルーティンワークが多く、自分の成果が評価に直結することも多くないため、モチベーションの低下にもつながってしまうのだ。

また全体で動く意識が強いため、一般企業に比べ裁量がない点も仕事に面白さを見出せないことも辞めたいと思う理由の一つだ。

公務員を辞めたい理由④:労働環境が良くない

労働環境がホワイトとだと思われがちな公務員だが、実態としては残業が多いため、あまり自分の時間が取れない。

残業代はしっかりと出るものの、拘束時間自体は他の一般企業と大きく変わらないため、労働時間の長さには一定数不満の声が聞こえてくる。

加えて公務員は年功序列制度が色濃く残っていたり、ペーパーレスが進まずハンコ文化が残るなど、体制自体が古いことも若手人材が辞めたいと思う理由の一つである。

公務員を辞めるメリット・デメリット

実際に公務員を辞めると、多くのメリットを感じる一方で、同じくデメリットも多く感じるだろう。

公務員を辞めるメリット

公務員を辞めるメリットとしては大きく以下の3つが挙げられる。

  • 好きなことに挑戦し、自己成長ができる
  • 労働基準法が適用されるようになる
  • 副業が可能になる

    様々な制約がある公務員の環境を飛び出すことで、自分の好きなことにチャレンジをし成長することができる。

    そのため一般企業で自分の実力が正当に評価されることは、公務員では味わえない経験と言える。

    また勤務先によって公務員は労働基準法が適用されないことがある。

    しかし一般企業はこのようなことがなく、労働基準法が適用されるため、公務員時代よりも自分の時間を作ることができる。

    さらにはその自分の時間を活かして、副業をはじめることもできるため、スキルアップや収入アップなど、公務員時代にはできない働き方ができるメリットもある。

    公務員を辞めるデメリット

    一方で公務員を辞めるデメリットとしては、大きく以下の3点が挙げられる。

    • 生活が安定しなくなる可能性がある
    • 周囲からの反対を受ける場合がある
    • 仕事の成果がより重視され、精神的に疲れてしまう

      公務員を辞めたい理由は多くあるが、その中でもやはり公務員の安定性に対して魅力を感じている人は多い。

      そのため公務員を辞めてしまうと、以前のように安定した生活を送れないリスクもある。

      公務員を辞めた知人はそのことを危惧し、周りからの強く反対されたという。

      さらに一般企業の場合、言われた仕事をこなすだけではなく、自分自身で仕事を作っていく必要がある。

      ここが公務員との大きな違いで、このプレッシャーに堪え切れず、精神的に病んでしまう人も少なくない。

      公務員から円満に転職する方法

      実際に公務員を辞めて転職する際は、以下の方法を参考にしてほしい。

      1. 退職する意志を伝える
      2. 退職届を出す
      3. 業務の引継ぎリストを作成する
      4. 備品の返却・退職書類の手続きを行う
      5. 有給休暇を消化する

        上記の手順を踏めば、ほとんどの場合で円満に退社をし、次の自分のステージに進むことができるだろう。

        また最後は、お世話になった人への感謝を忘れず、良い印象で職場を去るように心がけてほしい。

        中でもポイントは以下の2つである。

        • 明確に退職の意志を伝える
        • ポジティブな理由で退職をすることを伝える

        今の環境に不満や納得がいかないなどの理由で退職を伝えてしまうと、その部分を直せば残ってくれるのではないかと、引き留められる可能性がある。

        そうなると余計話が複雑になり、最終的に喧嘩別れのような形になりかねない。

        そのため、公務員ではできないことや、自分の好きなことに挑戦したいということを伝え、あくまでも今の環境が嫌いなのではなく、別の環境だからこそできることを目指して退職すると伝えることをおすすめしたい。

        公務員からのおすすめの転職先

        公務員からの民間企業への転職の場合、20代か30代かでおすすめの転職先は変わってくる。

        20代公務員のおすすめの転職先

        20代公務員のおすすめの転職先としては以下の3つである。

        • コンサルティングファーム
        • リクルートや楽天などのメガベンチャー
        • 公的な機関とやりとりしている企業

        まず最もおすすめできるのがコンサルティングファームである。

        コンサルは若くから裁量が大きく与えられ、その分ハードな環境ではあるものの、高い年収や成長が期待できる環境である。

        政府や自治体をクライアントとしてプロジェクトも多数走っており、公務員で成し遂げたかったことに関与できる可能性もある。

        また公務員出身の人は思考力が高い傾向があるため、その点コンサルとの相性も高いと言えるのだ。

        またリクルートや楽天といったメガベンチャーもおすすめである。

        メガベンチャーはこれまでの職歴に関係なく、意欲とスキルがあり早いスピードで成長できる人にどんどんチャンスが与えられる環境である。

        公務員出身の方は「民間での経験がない」ことにコンプレックスを持つ人が多いが、メガベンチャーではそうしたコンプレックスは関係ないと言える。

        また、自治体や学校などを対象にした事業を展開している企業も魅力的な転職先となる。

        具体的には、インフラ企業や学校向けの教材/デバイス/ソリューション提供企業、また営業代行企業などがこれに該当する。

        これらの企業は公務員として実際に内部事情を把握している人の採用ニーズがあるため、転職しやすいという側面もある。

        30代公務員のおすすめの転職先

        一方で、30代の公務員となるとその選択肢はグッと狭まってしまう。

        • 公的な機関とやりとりしている企業
        • (高い負荷を受け入れるなら)コンサルティングファーム

        30代になると20代で魅力的であったメガベンチャーへの転職は厳しいと言える。

        また、コンサルティングファームも年齢的な壁でかなり厳しいと言えるが、可能性はゼロでない、また20代上司のもとで指導を受ける覚悟があるのであれば、挑戦する価値はあると言える。

        そのため、消去法的に自治体や学校などを対象にした事業を展開している企業がおすすめの転職先と言える。

        公務員からの転職でおすすめのエージェント

        行きたい業界や就きたい職によってベストな転職エージェントは変わってくる。

        以下では、ハイキャリア.com運営メンバーの実体験を元に、公務員からの転職でおすすめのエージェントをご紹介する。

        コンサルへの転職ならアクシスコンサルティング

        特殊な選考を行うことで有名なコンサルティングファームだが、対策においては筆記・面接ともにコンサル転職に強みを持つエージェントであれば知見が蓄積している。

        そのため、コンサル転職を目指すのであれば必ずコンサル転職の支援実績が豊富なエージェントに登録して欲しい。

        具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

        おすすめ度:★★★★★

        アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。

        ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。

        コンサル転職を成功したい人には、筆者の実体験からもアクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

        Aさん
        (戦略コンサル転職者)
        とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
        また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

        Bさん
        (総合コンサル転職者)
        業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
        他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

        メガベンチャーや公的な機関とやりとりしている企業への転職はビズリーチ

        メガベンチャーや公的な機関とやりとりしている企業への転職を行うのであれば、必ずビズリーチに必ず登録すべきである。

        ビズリーチに無料登録すると、公務員からの転職に強いエージェントから直接連絡をもらうことができる。

        ビズリーチ上でエージェントの詳細プロフィールも見ることができるので、どういった業界に強いエージェントなのか必ずチェックしておきたい。

        また、ビズリーチではメガベンチャーの人事部から直接オファーが届くこともあるので、積極的に活用したい。

        bizreach

        おすすめ度:★★★★★

        ビズリーチヘッドハンティング型の転職サービスは国内最大級であり、求職者が登録するだけで様々な企業やヘッドハンターからオファーが届くというサービスである。

        無料サービスであり、ハイクラスの転職を目指すのであれば必ず登録すべきと言っても過言ではない。

        Aさん
        (公務員⇒メガベンチャー)
        ビズリーチに登録するだけで、実績が多いエージェントの方からスカウトが来るので本業が忙しくてもスムーズに転職活動ができます。
        専門性が高いエージェントが多いので、周囲にもおすすめしているサービスです。

        Bさん
        (公務員⇒公的機関とやり取りのある企業)
        登録しているだけで送られてくるスカウトから市場価値を確認できるのは大きな魅力です。
        また質の高いエージェントが多く、他では教えてもらえない情報を提供してくれたので、よりイメージをもって転職活動を進めることができました。

        転職でキャリアを築くことに本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

        様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

        上記の記事は転職でキャリアを築くことに本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

        ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

        おすすめの記事