MOVER&COMPANY転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

アクセンチュア出身の代表が立ち上げ、現在はコンサルティング事業を柱に、IT・人材教育・エンタメ事業など幅広い事業を展開しているのがMOVER&COMPANYである。

本記事ではそんなMOVER&COMPANYの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元MOVER&COMPANY社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • MOVER&COMPANYの中途難易度
  • MOVER&COMPANYの選考フロー~面接内容
  • MOVER&COMPANYへの転職を成功させるためにやるべきこと

MOVER&COMPANYを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

MOVER&COMPANYとは

株式会社MOVER&COMPANYは戦略(経営戦略、マーケティング/セールス戦略、海外市場新規参入、M&A戦略策定等)、業務/BPO(業務改善、ロボティクス技術導入、BPO導入・ベンダ選定・管理支援等)、IT(IT戦略、システム開発プロジェクト推進・管理、システムアーキテクチャ検討・構築、ITリスク・情報セキュリティ等)を専門領域としているコンサルティングファームである。

同社は2008年に設立され、現在の従業員数はグループ会社を含めて47名(2020年12月時点)と少人数規模の体制を取っている。

一方で、グループ会社として、人財教育・キャリアコンサルティング等を手掛けるTOiRO株式会社、インターネットサービスの企画と運営・アプリ開発等を手掛ける株式会社Re:evon、謎解きエンターテイメントの企画・開発・運営を手掛ける株式会社TERRA NOVAを有しており、その動向が注目される成長著しい企業となっている。

会社名 株式会社MOVER&COMPANY
英語表記 MOVER&COMPANY CO.,LTD
従業員数 47人(2020年12月時点)
本社所在地(国内) 東京都千代田区神田
公式HP https://mover-company.co.jp/

MOVER&COMPANYの強み・特徴

少人数である一方で、様々な領域のコンサル事業、および複数のグループ会社を抱えるMOVER&COMPANYだが、他のコンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、現役MOVER&COMPANY社員に話を伺い、そこから見えてきた強み・特徴について解説しよう。

少数精鋭のチーム体制

MOVER&COMPANYは一定数の従業員規模を維持しており、その規模は大手のコンサルティングファームと比べて小規模となっている。

しかし、同社は戦略として現状の従業員規模を維持しており、その結果として少数精鋭のチーム体制でプロジェクトに参画している。

そのため、クライアントにとっては過剰なコンサルタント人員によるプロジェクト費用の増大を防ぐだけでなく、密にコミュニケーションを取りながら仕事を進めることができるため、クライアントからはMOVER&COMPANY独自の強みとしてみなされているようだ。

少人数規模のチーム体制を取るため、クライアントだけでなく、内部の人間としても仕事が進めやすいですね。関係者が多いと打ち合わせの調整だけでも時間がかかりますが、MOVER&COMPANYではそのようなストレスはありません。この特徴は大手には無いメリットだと感じています。

現役MOVER&COMPANY社員A氏

グループ会社とのシナジー

MOVER&COMPANYでは、社内、およびグループ会社(TOiRO、Re:evon、TERRA NOVAの3社)と交流・連携することが非常に多く、そのことによって新しい視点での提案等ができる点が特徴と言える。

企業文化として社内の人材交流が盛んであり、その文化はグループ会社にも浸透しているようだ。

その結果として、MOVER&COMPANYと他のグループ会社がシナジーを起こし、クライアントにとって付加価値の高いコンサルサービスを提供できているとのことである。

グループ会社の社員の方々と一緒にプロジェクトを進めることはありますね。様々な視点での分析や意見が出てきて新しいアイデアが出てくることも多いです。また、クライアントからすると、MOVER&COMPANYグループという1つの連合体として見られていることもありますし、あまり、グループ会社という認識も無いのかもしれません。

現役MOVER&COMPANY社員B氏

自社ビジネスを持つ

MOVER&COMPANYは、自社でフリーランスのコンサルタントを紹介する人材データベースであるWithConsulを開発・提供しているが、その取り組みはクライアントを説得する上での強みとなっているようだ。

「コンサルタントと言うと、事業そのものをしていないが、アドバイスをしてくる者」という認識を持っているクライアントが一定数いるが、そういったクライアントに対しても、「自らビジネスを展開している立場から言えるアドバイス」を伝えることができる。

そのように説得力が増した形でのコンサルサービスを提供できることにより、あくまで机上の空論に終始してしまう競合他社と差別化を図ることができているのだ。

実際に自社でもビジネスを展開していることは、より良いコンサルサービスを提供する上で非常に役立っています。現場だからこそ分かる課題等を踏まえて、プロジェクトを進めることができるので、クライアントに現実感がある解決策を提言することができます。

現役MOVER&COMPANY社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

MOVER&COMPANYの中途選考フロー

MOVER&COMPANYの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. 一次面接
  3. 二次面接
  4. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても2-2.5ヶ月を要する。

以下ではMOVER&COMPANYの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

MOVER&COMPANYの書類選考・志望動機

MOVER&COMPANYへの転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書が必要となり、日本語か英語の指定は特に無い。

また書類以外に「応募先へのメッセージ」を記載する項目があり、ここでは「志望動機、MOVER&COMPANYで貢献できること」が注視される傾向がある。

例として、実際にMOVER&COMPANYへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現職では、外資系のコンサルティングファームでマネージャーとして働いているが、組織が縦割り文化となっており、他の部署の社員との交流が乏しく、自分自身の更なる成長や新しい知見を身に付けることができにくい環境となっている。一方で、MOVER&COMPANYでは社内での社員同士の交流が盛んであるため、自分自身もMOVER&COMPANYに入社し、社員どうしの交流を通じて、新しい考えや知識を身に付けたいと考えている。もちろん、現職で養った知識・経験も他の社員に還元し、会社全体の底上げにも寄与したいと考えている。

MOVER&COMPANY転職成功者Dさんの志望動機

現在は日系のSIerで働いているが、「今まで以上に裁量権を持って働きたい」、かつ、「下流案件だけでなく、上流案件も経験したい」という理由から、それを実現することができるMOVER&COMPANYに入社したいと考えている。入社後はIT領域の案件を中心にシステム導入~運用までのプロジェクトをリードしながら、上流案件にも挑戦したい。

MOVER&COMPANY転職成功者Eさんの志望動機

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

MOVER&COMPANYの中途面接

ここではMOVER&COMPANYにおける面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:人事担当者
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

MOVER&COMPANYの一次面接では、人事担当者が面接担当者になり、質問内容としては現職での業務内容・志望動機がメインとなる。

基本的な質問に終始するが、「論理的考え方・説明ができるか、物事を客観的に捉えることができるか」等のコンサルタントとしての素養を注視している。

そのため、コンサル未経験者は論理的な説明をできるように準備しておくことはもちろんのこと、コンサル経験者も改めて自分の説明方法等を振り返るようにしておこう。

一次面接ではコンサルタントとしての基本動作を見ています。面接担当者は特に高圧的な態度で面接をすることもないので、落ち着いて質疑応答に臨めば大きな問題にはならないかと思います。

MOVER&COMPANY転職成功者Fさん

二次面接

  • 面接担当者:シニアマネージャー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、入社後に実現したいこと

MOVER&COMPANYの二次面接では、シニアマネージャー、もしくはディレクターが面接担当者となり、一次面接に加えてMOVER&COMPANY入社後に実現したいことをメインで質問される傾向にある。

また、面接担当者が現場のリーダー役であるシニアマネージャー、もしくはディレクターということもあり、それらの質問を通じて「戦力としての人材となり得るか」を注視している。

そのため、自分自身の知識・経験をしっかりとアピールすることが重要となる。

現職での業務内容は具体的に話すことで、相手にイメージされやすくなるので、意識するようにしましょう。また、入社後に実現したいことについては、自分自身の知識・経験をどのように活かすか、を踏まえたアクションプランを話すことがポイントになるかと思います。

MOVER&COMPANY転職成功者Gさん

最終面接

  • 面接担当者:社長
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、MOVER&COMPANYの強み・弱み

MOVER&COMPANYの最終面接では、社長自らが面接担当者となる。

質疑応答の流れとしては、現職での業務内容・志望動機を簡単に質問した後、MOVER&COMPANYの強み・弱みの話がメインとなる。

MOVER&COMPANYの強み・弱みでは、経営者としての視点をどこまで持っているかが注視されるため、「経営者ならどういう観点でMOVER&COMPANYのことを見ているか」を意識しながら説明するようにしよう。

相手が社長なので、現場目線での話よりも、経営目線での話が多くなります。なので、質疑応答もできる限り経営目線で話すことが大事です。「自分も将来的には経営陣になりたい」ということをアピールしましょう。

MOVER&COMPANY転職成功者Hさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

MOVER&COMPANYの転職難易度

ここではMOVER&COMPANYへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

MOVER&COMPANYは、2008年に設立されたコンサルティングファームであり、2020年12月時点で従業員数が47名と、コンサルティングファームの中では、他のベンチャーコンサルを含めても、小規模の人員体制となっている。

そのため、転職応募者の採用は慎重に実施し、厳選した人材を選定しているようであり、結果として転職難易度が高めとなっている。

あまり過度な人員拡大は考えていないと思うので、今後も少人数規模の組織体制を維持していくと思います。なので、中途採用で獲得する人材も少なく、厳選した形での採用活動となると考えています。

MOVER&COMPANY転職成功者Dさん

さらに、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。大手コンサルファーム自体が他業界の企業と比較して難易度が非常に高くなっている。

そんな大手コンサルファームと比較して転職難易度が高いということは、綿密な選考対策が必須と言える。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いMOVER&COMPANYへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

転職難易度の高いMOVER&COMPANYの内定を獲得する上では、面接の限られた時間の中で、MOVER&COMPANYが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、MOVER&COMPANYが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • 自ら問いを設定し、解を模索する主体性を持つ人材
  • 物事を構造的に捉え、かつ、それらを他者に伝達できる人材
  • 利害の対立する相手とも協働できるコミュニケーション能力を有する人材
  • 未知の事象に対する強い好奇心を持つ人材
  • コンサル、もしくは、経営・事業企画等の経験を有する人材

MOVER&COMPANYへの転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、MOVER&COMPANYに転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

MOVER&COMPANYへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

MOVER&COMPANYの分析

MOVER&COMPANYへの志望動機や、MOVER&COMPANYの強み・弱みの分析をするためには、MOVER&COMPANYの調査・分析が欠かせない。

MOVER&COMPANYの調査・分析を怠ると「MOVER&COMPANYへの熱意が無いのだな」とみなされ、選考に落ちてしまうが、一方で調査・分析をしっかりと実施すると「熱意がある」とみなされ、選考突破の可能性がグッと高まる。

特に、数値等の定量的な情報を参考にすることで、説得力も増すため、そういった情報を積極的に把握するようにしよう。

特に人事担当者や社長はMOVER&COMPANYへの熱意を注視する傾向にあるため、その要求を満たすためにもMOVER&COMPANYへの調査・分析は必ず実施しておくことをオススメします。ホームページはもちろん、メディア記事などにも目を通しておくと、面接時に好印象を与えることができると思います。

MOVER&COMPANY転職成功者Eさん

自分の知識・経験の整理

MOVER&COMPANYの選考においては、転職応募者の知識・経験も特に注視される要素の1つとなる。

特にMOVER&COMPANYの専門領域である戦略、業務/BPO、ITに関連する知識・経験をアピールすることで転職を成功させるための近道となるため、しっかりと自分の知識・経験を棚卸しするようにしよう。

また、プロジェクトにおいてリーダーシップをとって仕事を進めた経験があれば、ぜひ、アピールするようにしよう。

「MOVER&COMPANYに求められる人材は、どういう人材なのか」を意識しながら、現職以前の知識や経験を整理することが大事になると思います。求められていないスキルをいくら整理しても、良い印象を与えることはできないので。

MOVER&COMPANY転職成功者Fさん

面接対策

3つ目は、面接対策である。

MOVER&COMPANYでは書類選考の後、すぐに面接となるが、面接は3段階に分かれるため、内定オファーをもらうまでの道は長い道のりとなる。

一次~最終面接までの3段階では、質疑応答で意識するべき項目が異なるため、それぞれの面接での対応をすることが求められる。

そのため、入念に準備し、面接に臨むことが転職成功への唯一の方法となるだろう。

面接の回数が多いですし、最後は社長が出てくるので、気が滅入りそうですが、それだけ人材を大切にしている会社でもあります。なので、入社後は本当に重宝されながら成長できますので、最後まで面接対策をやり切ることをオススメします。

MOVER&COMPANY転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

MOVER&COMPANYへの転職の魅力

ここでは、MOVER&COMPANYの現役社員の声を参考にしながら、MOVER&COMPANYに転職する魅力について改めて整理する。

速く成長できる

MOVER&COMPANYでは、半期ごとに評価会が実施され、良い評価をもらえると、昇給・昇格を実現できる。

この昇給・昇格のチャンスが多いことは、転職を検討する上で魅力的なポイントとなると考えられる。

また、少人数規模の組織体制ということもあり、社員の評価・フィードバックを詳細に実施するため、社員のスキルアップにつながることが多く、比較的、速いスピードで自己成長を実現できる点も魅力の1つとなっている。

「社員それぞれが評価される側であり、評価する側でもある」といった感じの会社ですね。多くの社員が常に適切なフィードバックを心がけていますし、フィードバックをもらう側の社員も正直に受け入れようとするので、お互いにとって成長の機会になることが多いです。

MOVER&COMPANY転職成功者Hさん

誰でも働きやすい環境・文化がある

MOVER&COMPANYは、どの社員にとっても働きやすい環境・文化が備わっている。

充実した福利厚生はもちろん、年齢、性別、ライフスタイルが異なる社員が公平、かつ、透明性を持ってチャンスを与えられ、また、助け合う文化があるため、様々なバックグランドを持つ社員が気持ち良く仕事に集中できている。

また、Great Place to WorkRInstitute Japanが毎年、実施している「働きがいのある会社認定」では、2023年版「働きがいのある会社」に認定されるなど、自他共に認める働きやすい会社となっているのだ。

家族持ちや独身であっても平等にチャンスが与えられたり、活躍の機会があることは、良い部分だと思います。また、例えば、子育て世代のママさん社員の仕事量が膨大になりすぎないように、プロジェクトのメンバー全員で仕事を分担し合うような文化がある点も、MOVER&COMPANYを好きになる理由の1つとなっています。

MOVER&COMPANY転職成功者Dさん

社員どうしの交流が多い

MOVER&COMPANYでは、大手コンサルティングファーム出身者はもちろん、ベンチャー出身者、SI出身者等の様々な経歴を持つ社員が多数在籍しているが、それらの社員がお互いを認め、積極的に情報・ノウハウの共有を実施している点も転職を検討する上での魅力の1つと言えるだろう。

また、MOVER&COMPANYでは社内の交流会だけでなく、社員どうしが自ら交流している等、自由闊達な環境となっていることも、社員にとっては嬉しいことのようだ。

MOVER&COMPANYでは「好き勝手にやって良い」文化があるため、みなさん、本当に好き勝手に活動しているイメージです。その中で、他の社員と自由に連携したり、協力し合う文化もあって、そういう取り組みが新しいアイデアを生んだりしているので、私はポジティブに捉えていますね。

MOVER&COMPANY転職成功者Eさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 201 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事