EYストラテジー&コンサルティングの評判は?現役・元社員へのリアルな声を紹介

コンサルティング業界の中でもBIG4コンサルファームの一角として、急成長中のファームがEYストラテジー&コンサルティングである。

本記事ではEYストラテジー&コンサルティングが「やばい」と言われる理由とその実態、および現役社員によるリアルな評判を徹底的に解説していく。

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

本記事を作成するにあたっては、実際に現役EYストラテジー&コンサルティング社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • EYストラテジー&コンサルティングがやばいと言われる理由
  • やばいと言われる理由の真相
  • 現役・元EYストラテジー&コンサルティング社員によるリアルな評判

EYストラテジー&コンサルティングを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントおよび、EYストラテジー&コンサルティング転職大全の記事を参考にして頂きたい。

EYストラテジー&コンサルティングがやばいと言われる理由

EYストラテジー&コンサルティングがやばいと言われる理由について、現役から元EYストラテジー&コンサルティング社員まで複数人にインタビューを行った内容を踏まえて、徹底的に解説していく。

EYストラテジー&コンサルティングがやばいと言われる主な理由は以下の通りである。

  • 人員が多すぎる
  • 多様性が遅れている
  • 離職率が高い
  • 激務

現役・元EYストラテジー&コンサルティング社員の実体験に基づくリアルな評判を解説しているためぜひ参考にしていただきたい。

【評判1】EYストラテジー&コンサルティングは人員が多すぎてやばい?

EYストラテジー&コンサルティングは、EYグループのコンサル事業の成長計画である「プロジェクト・ドラゴン」の中で、人員を拡大してきた。

しかし、人員数を増やすことを優先的に進めてきたことによって、その弊害として、「中途入社で入ってきた社員が使えない」という問題も生じてきているようだ。

また、コンサルティングファームの特徴として、顧客の予算の関係でどうしてもプロジェクトの数自体が減る時期がある。

その時期には、人員を増やし過ぎた結果として、「人員が過剰」の状態になり、プロジェクトに参画されない社員で溢れ、コスト増になってしまう問題も起こっており、それに対してネガティブな評判を漏らす社員もいる。

一言でいうと、「人材の寄せ集め感がすごい」です。とにかく、人員を増やすことに力を入れた結果として、「使えないし、育つ見込みも少ない」という社員もいます。例えば、社会人経験4~7年くらいのコンサル未経験者は、「コンサルタントとしてのスキルがない。社内政治や根回し等、変に会社・社会のことを理解している。なぜか、頑固な部分がある。」といった感じで、手に負えない社員もいます。結果、そういう社員は誰からも相手されなくなり、プロジェクトに参画しない状態が続くのですが、それはそれで給料だけを払っているので、不良債権化しています。

現役EYSC社員A氏

年度末等、クライアント側で予算が無い時はどうしても、プロジェクトの数が少なくなったり、規模が小さくなったりします。しかし、問題は人員が多すぎるために、プロジェクトに参画しない社員が多くなり、会社としての利益率が低くなってしまうことです。「上司は何とかしてプロジェクト獲ってこい」って言いますけど、クライアントの予算が無いので、どうしようもできないです。それよりも、問題は社員が多すぎることですよ。

現役EYSC社員B氏

【評判2】EYストラテジー&コンサルティングは多様性が遅れているからやばい?

「プロジェクト・ドラゴン」以降、成長を続けてきたEYストラテジー&コンサルティングであるが、社内体制・文化等は、まだ業績に追いついていないようである。

多様性が遅れていることは、その1つであると言える。

例えば、社内は男性社員が多く、その多くが、朝から晩まで働くことを是とした「猛烈サラリーマンタイプ」だ。

そして、そういった社員達が評価され、昇格できる社内体質になっていることが、多様性を遅らせている原因にもなっている。

制度としては時短、育休、テレワーク等の制度を導入しているが、実際に、「誰もがお互いの状況・考え方を理解し、誰もが気持ちよく働ける文化」には程遠いようである。

他のファームでは、既に定着している女性活躍推進等も、ようやく検討し始めた状況だと言う。

私は他のコンサルティングファームから転職してきたのですが、前職の方が働きやすかったですね。前職では、家族や自分自身のプライベートを尊重する文化がありましたし、有給休暇を取って嫌な顔をする社員はいませんでした。一方で、EYSCは昭和のサマリーマンが集まっているという印象ですね。会社のために人生を捧げるような社員が多くて、育児や家事を奥さんに任せっきりにしていると思います。私は、そういう働き方はしたくないので、彼らとは一線を置くようにしています。

現役EYSC社員C氏

最近、社内でようやく多様性という言葉がちらほら出てきました。だけど、言葉だけで実態は全く浸透していないと思います。形だけでも「多様性を推進しているよ。」とアピールしたいのか、女性のディレクターを採用してましたけど、本当にその方が優秀で採用したのか、アピールのために採用したのか、は分かりません。結局、本当に重要なポストに入る人達は、おじさんばかりですから。ホームページでは外国人社員、女性社員等が映っていますが、実際は、非常に少ないですよ。(笑)

現役EYSC社員D氏

【評判3】EYストラテジー&コンサルティングは離職率が高いからやばい?

【評判1】と【評判2】が原因していることもあり、多くのプロパーの若手社員や、他のファームから転職してきた社員が、EYストラテジー&コンサルティングの現状に見切りをつけて辞めているようだ。

コンサルタント人材の獲得競争が激化している中で、自分自身が高パフォーマンスで活躍できる環境はEYストラテジー&コンサルティング以外にもあり、そういった他の企業に転職しているのである。

実際にEYストラテジー&コンサルティングで働く社員にも伺ったところ、周りで退職している人も多いようだ。

私の周りの社員達はほとんど辞めちゃいましたね。理由は様々ですが、例えば、「上司と会わなかった」、「プライベートの時間が欲しい」、「自分より使えない上司の下で仕事をするのは嫌だ」、「中途で入ってみたものの、仕事の割に合わなかった」等が理由として聞きましたね。こんなこと言っている私もいつ退職するか、分からないですけどね。(笑)

現役EYSC社員A氏

若手は大量に辞めていると思います。2~3年キャリアを積んだ社員でも、いまだに議事録ばかり書かされているので、そりゃ嫌になりますよ。最初は、やる気で溢れていた若手社員も、段々と目の光が無くなっていくのも見るのは、こちらとしても辛いので、退職してベンチャーとかで活躍する方がよっぽど人生にとって良いことだと思います。

現役EYSC社員B氏

【評判4】EYストラテジー&コンサルティングは激務だからやばい?

以下は、主要コンサルファームの月間残業時間に基づいて作成した激務ランキングである。

consulfarm-ranking
出所:openwork

上記を見てもEYストラテジー&コンサルティングは下から4番目であり、一見するとコンサル業界の中でも比較的ホワイトに見える。

しかし、EYストラテジー&コンサルティングの現役社員に話を聞くと、他社のコンサルティングファーム同様に深夜残業・徹夜・週末出勤があるほど激務であるという話があがった。

EYSCでは出退勤の時間を記録するシステムとは別に、PCのログイン・ログオフの時間を記録するシステムがあります。前者は社員が入力し、後者はPCが自動的に記録するのですが、退勤の時間は18時なのに、PCのログオフ時間は23時の社員もいると思います。これは、仕事が終わって退勤ボタンを押したにもかかわらず、上司に「資料を今日中に作り直せ。」と言われて、対応に追われているからです。私も経験したことがありましたが、他の社員も経験していると思います。

現役EYSC社員A氏

以前、週末・休日出勤を前提に仕事を進めている上司のプロジェクトに当たったら、案の定、プライベートは無くなりました。「じゃあ、週末でいいから、成果物をチャットで送っておいて」って言われて、「何言ってるんだろう?」と思いましたね。また、クその上司は、クライアントとの打合せの時も「明日は祝日ですが、弊社の方は作業できますので。」とか言ってクライアントからの依頼を受けたりしていました。次のプロジェクトを絶対に獲るためにプライベートを犠牲にしているのだと思います。多くの中途社員が入ってきましたが、案件獲得がノルマのマネージャー以上は、そういう感じで必死な人が多いです。

現役EYSC社員B氏

上司が忙しいからという理由で、クライアントとの報告会の1日前でやっと資料レビューしたのですが、そこで資料の内容について「ちゃぶ台返し」をくらったことがあります。もちろん、その後は、徹夜で対応しましたよ。眠い中、資料修正したので、本当に良い報告内容になったのか、分かりません。もっと事前にレビューしてくれていたら、こんなことにはならなかったんですけどね。自分にも非があるかもしれないですが、本音で言うと、正直、「忙しいなら、他の誰かにプロジェクトを譲って、離れてくれよ。」と思います。

現役EYSC社員C氏

現状EYストラテジー&コンサルティングは規模拡大フェーズで様々な人材を採用していることが激務になっている大きな要因であり、実際激務になるかはプロジェクトやマネージャー、チームメンバー次第ということである。

【社員の評判】EYストラテジー&コンサルティングに入社して良かったこと

「やばい」という噂も多いEYストラテジー&コンサルティングだが、ここでは元・現役EYストラテジー&コンサルティング社員に入社して良かったことを聞いた内容をご紹介する。

忖度なしの意見をもらったのでぜひ参考にしていただきたい。

年収は業界平均と比べても良い方だと思います。私は他のコンサルティングファームから同じ職階での採用でしたけど、年収が上がりました。年収の高さは、仕事のモチベーションにもつながるので、その点については、EYSCに入社して良かったなと思います。

現役EYSC社員C氏

社内の体制や文化等はまだまだ発展途上だと思いますが、逆に言うと、「それを自分自身で創り上げたい」という人には合っていると思います。やりたいと言えば、チャレンジさせてくれます。手を上げたもの勝ちなので、チャレンジする環境はありますし、「失敗したとしても、チャレンジした」ことは今後のキャリアにとってもプラスになります。成功すれば、一気にリーダーとして引っ張っていけますし。協力してくれる人も多い一方で、反対派も多く、大変ですが、やりがいはあると思います。

元EYSC社員E氏

【社員の評判】EYストラテジー&コンサルティングに入社して悪かったこと

一方で、元・現役EYストラテジー&コンサルティング社員からネガティブな声もあがっている。

ネガティブな声は「やばい」「やめとけ」という評判に繋がる要素でもあるためぜひ参考にして頂きたい。

縦割り文化、多様性への取り組みが遅い、社内体制・文化が整っていない等、年収以外では魅力的な部分はありません。他社から転職してきた社員の多くの方々からも「こりゃひどいね。(笑)」ということを聞きます。みんな、体制を整えたいと思っているんですけど、本業のクライアントワークで忙しくて、それどころでは無いのだと思います。私はEYSCに転職してきてもう3年目ですが、何も変わっていないですね。そういうEYSCにいる自分もどうなんだってっ感じですが。(笑)

現役EYSC社員D氏

優秀なコンサルタントの社員が少ないと思います。多分、入ってきたとしても、すぐに辞めるからだと思います。これが原因で困るのは、優秀な社員がいないので、仕事がなかなか進まないことや、良くないコンサルタントとしての流儀(長時間労働、細かすぎる資料レビュー)を若手社員に教えてしまうこと等が挙げられます。私は前職の時に、素晴らしいコンサルタントの上司と一緒に仕事させてもらっていたので、EYSCに入ったときは「前職の上司レベルの人」が少ないことに、びっくりしました。それも原因で、辞めました。

元EYSC社員F氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 500 times, 2 visit(s) today
おすすめの記事