経営共創基盤(IGPI)へ転職!年収・激務・難易度・評判を徹底解説

国内発のコンサルファームとして高いプレゼンスを持つのが経営共創基盤(IGPI)である。本記事では、そんな経営共創基盤の年収から激務の実態、転職難易度、リアルな評判などの転職情報を、現役・元社員へのインタビューを基に徹底解説する。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア.comや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

経営共創基盤(IGPI)の年収

経営共創基盤(IGPI)の役職 年次(目安) 年収(目安)
アソシエイト 1~4年目 600~700万円
シニアアソシエイト 3~6年目 800~1100万円
アソシエイトマネージャー 5~8年目 1000~1300万円
マネージャー 7年目~ 1200~1500万円
ディレクター 実力による 1700~2500万円
パートナー 実力による 2500万円~

上記は経営共創基盤(IGPI)の役職別の目安年次・年収である。経営共創基盤は他のコンサルファームと同様に、年齢ではなく役職によって年収が決まってくる。あくまで年次は目安であり、実力次第でより早いスピードで昇格して年収を上げることが可能となっている。

他コンサルファーム(外資戦略ファーム以外)と比較しても経営共創基盤の年収水準は高いといえる。スタート時のアソシエイトで600~700万円というだけでも高く、その後シニアアソシエイトで800~1100万円、アソシエイトマネージャーで1000~1300万円という形で推移していく。

年収1000万円を超えるタイミングとしてはアソシエイトマネージャーが一つの基準となり(シニアアソシエイトで超える人もいるがそれは評価次第)、年齢としては20代後半~30代前半となる。

その後も経営共創基盤では年収が上がっていき、マネージャーで1200~1500万円、ディレクターで1700~2500万円、パートナーで2500万円という水準となっている。

かなりの高年収企業ではあるものの、業界屈指の激務と言われている経営共創基盤だけに、年収だけに惹かれて転職を決める人は少なく、やりがいや成長を求めて転職する人が多いようだ。

▼おすすめの転職エージェント

経営共創基盤(IGPI)の激務の実態

結論から言うと、経営共創基盤(IGPI)は激務だと言える。経営共創基盤に勤める複数の知人に聞いても、口をそろえて「激務」という回答が返ってくる。

経営共創基盤にはハードワークの文化があり、前職(大手総合ファーム)と比較しても明確に激務だと感じる。
必要なハードワークが良いが、少しハードワークを美徳としている文化も感じる。

総合ファーム⇒経営共創基盤

実際、経営共創基盤の月間残業時間は86.8時間と激務と言われるコンサル業界の中でも、激務ランキングは上位に位置する。以下ランキングは主要コンサルファームの月間残業時間に基づいて作成している。(出典:openwork)

以下のランキングには経営共創基盤を含んでいないが、仮に入れるとするとトップ5に入ることになる。

コンサルファーム残業時間ランキング

各ファームの略称:
RB:ローランド・ベルガー、ADL:アーサー・D・リトル、Mck:マッキンゼー、DI:ドリームインキュベータ、CDI:コーポレイトディレクション、BCG:ボストンコンサルティング、ATK:A.T. カーニー、DTC:デロイト、Bain:ベイン、AC:アクセンチュア、AB:アビーム

一方で、経営共創基盤ではハンズオン支援を通じてクライアント先に常駐することが多いことから、クライアントによっても激務になるかは多少左右されるようだ。中には、「常駐先のクライアント企業が非常にホワイトで、残業が一切なかった」という人も存在する。

逆に「クライアント以上に頑張る必要があるので、クライアントがもともと激務だと必然的にそれを超える激務になる」と言った声も存在する。

▼おすすめの転職エージェント

経営共創基盤(IGPI)の評判

以下では経営共創基盤(IGPI)の現役・元社員へのインタビューを通じて得たリアルな評判をご紹介する。経営共創基盤に対しての評判は良いものも、悪いものも両方あるが、コンサルキャリア独自インタビューであるためぜひ参考にして頂きたい。

▼経営共創基盤の良い評判まとめ

  • ただの資料作成屋さんではなく企業成長に貢献している実感が持てる
  • 成長意欲が高い人が多く刺激が多い

大手ファームの中には、クライアントの社内向け資料作成がメインになってしまっているプロジェクトも少なくない。経営共創基盤の場合はそうしたプロジェクトが圧倒的に少なく、かつ現場に入り込んで支援できるため"手触り感"が多いという評判が多かった。

また、「そうした環境を求めて集まってきた人たちから刺激を貰える」という評判も目立った。

▼経営共創基盤の悪い評判まとめ

  • 常駐が多いため良い環境かどうかは常駐先に大きく依存する
  • ハードワークを美徳するような文化がある

経営共創基盤では常駐が多くなるため、実際に成長できるか、やりたいことができるかという点で見ると、常駐先に大きく依存する点が多いようだ。実際「自分自身の成長がアサイン先に大きく依存してしまうリスクがある」(現役社員)という評判が挙がっている。

また、成長意欲が高い人が多いという反面でハードワークが美徳なってしまっている文化も一定あるという評判もあった。

▼おすすめの転職エージェント

経営共創基盤(IGPI)の転職難易度

結論から言うと、経営共創基盤(IGPI)の転職難易度は高いと言える。他コンサルファームと転職難易度を比較すると、アクセンチュアやBIG4などの大手総合ファームよりも高く、戦略ファームよりも低いという水準になる。

経営共創基盤の転職難易度が高い理由としては以下である。

  • 大手総合ファームと比較すると採用規模が小さい(=競争率が高い)
  • ハンズオン支援が特徴であり「クライアントと密にコミュニケーションが取れる人材か」という点で厳選される

昨今大手総合ファームをはじめとして大量採用を行っているコンサル業界は必然的に採用の母集団を広げているという現状がある。一方で、そもそもの採用規模がそこまで大きくなく、かつ大量採用を行っていない経営共創基盤はその分相対的に転職難易度が高くなる。

また、他コンサルファームよりもより「コミュニケーション力」が求められる点も転職難易度を上げている要因と言える。その他に、経営共創基盤に限らずコンサル転職全般に共通してい言えることではあるが、ケース面接といった特殊な選考があり、それも転職難易度を上げている要因である。

一方で、徹底な対策を行えば通過率を大きく上げることができるため、ぜひコンサル転職に支援実績が豊富なエージェントを利用して対策を行うことをおすすめしたい。

▼おすすめの転職エージェント

経営共創基盤(IGPI)の企業・事業概要

経営共創基盤(IGPI)は2007年に産業再生機構の元最高執行責任者であった冨山氏により設立され、2009年には経営難に陥っていた交通事業者を傘下に収める株式会社みちのりホールディングスを設立している。

経営共創基盤のメインの事業としては、ハンズオン型(常駐型経営支援)のコンサルティングであり、中長期視点でクライアントの支援を行っている。取引先実績としては、大手企業からベンチャー企業、官公庁など様々な業界で実績があり、クライアントからの評価も非常に高い。

▼経営共創基盤の事業一覧

経営共創基盤_事業概要

経営共創基盤(IGPI)の特徴

経営共創基盤(IGPI)の特徴としては、以下の3つが挙げられる。

  • 実際に深く現場に入り込んでハンズオン支援をしている
  • クライアントは大企業だけではくベンチャーや中堅・中小企業が多い
  • 実際に自己資金を投資による事業社として一面を持つ

昨今は多くのコンサルファームが「ハンズオン支援」を謳い、現場に入り込んだ支援まで業容を拡大している。しかし、あくまで"外部業者としての支援"という域を出ていないファームが多い。その中で、経営共創基盤の場合は深く現場に入り込んだハンズオン支援で定評がある。

また自己資金を使って経営権を取得し、外部業者ではなく"当事者"というポジションを取っている点も非常にユニークである。実例としては、「交通事業経営/地方空港運営」である。経営共創基盤は他のコンサルティングファームとは異なる方向性を目指していることが分かる。

▼おすすめの転職エージェント

経営共創基盤(IGPI)の求人

経営共創基盤_求人

上記は経営共創基盤(IGPI)が現在求人を出している事業である。経営共創基盤は幅広い事業を展開しており、事業ごとで求める人材要件が異なることから事業ごとで求人を題しているのだ。

また、経営共創基盤では通年中途採用を行っている。近年では新卒採用にも力を入れてるため、中途採用では基本的に即戦力になる人材を採用する傾向が強い。

▼おすすめの転職エージェント

経営共創基盤(IGPI)が求める人材

経営共創基盤(IGPI)の中途採用は基本的に即戦力を募集しているため、コンサルティング経験や投資/M&A、金融機関での実務経験は必要になってくる。また実務経験に加えて、以下の3点を持つ人材を求めている。

  • 成果へのコミットメント
  • プロアクティブ、チャレンジ・成長志向
  • 高い人間力・チームワーク

コンサルタントの業務内容は過酷であり、結果に対しても非常にシビアである。またそのような状況でも、クライアントの求める結果を出すことが要求されるため、周りやチームでの協力も必要となってくる。

それらの業務を乗り越え、自己成長を実現したいと思っている人は経営共創基盤への転職に向いているだろう。また実際の面接でも経験やスキル面はもちろん、上記のような人物像に当てはまるかもよく質問されるため、事前に用意しておくことをお勧めする。

▼おすすめの転職エージェント

経営共創基盤(IGPI)への転職でおすすめのエージェント

経営共創基盤(IGPI)へ転職するには、即戦力としてレベルの高いものが多く求められる。また求める人物像からもわかるように、非常に強靭なメンタルやスタミナも必要になってくるだろう。

さらには、書類選考や面接の難易度も高く、対策を徹底的に行うことが必須となっている。そのため、経営共創基盤への転職を目指すのであればコンサル業界に精通しており、転職支援実績が豊富なエージェントを選ぶ必要がある。

具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

おすすめ度:★★★★★

アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。コンサル転職を成功したい人には、アクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

Aさん
(戦略コンサル転職者)
とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

Bさん
(総合コンサル転職者)
業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事