PEファンドへの転職でおすすめのエージェント4選【未経験OK】

最高峰の転職先の一つであるPEファンドは根強い人気を誇っている。

本記事では、そんなPEファンドへの転職を目指す上で本当におすすめできるエージェントについて、成功者たちへのインタビューをもとに徹底解説していく。

結論から言うと、PEファンドへの転職を検討している人はM&A業界転職支援数No.1の実績を誇るヤマトヒューマンキャピタルへの登録をおすすめしたい。

PEファンドへの転職ではエージェント選びが重要な理由

PEファンドへの転職を目指す上ではエージェント選びが非常に重要になってくる。その理由としては大きく以下の2点が挙げられる。

  • PEファンドではモデリングおよびケーススタディといった特殊な選考が行われる
  • PEファンドはクローズドな業界であり情報があまり出回らない

1. PEファンドではモデリングおよびケーススタディといった特殊な選考が行われる

あくまで一例でありPEファンドによっても異なるが、PEファンドの面接は以下のような流れで進んでいく。

  1. 書類選考
  2. 1-2次面接
  3. スキルテスト(モデリングテスト、ケーススタディ)
  4. 3次-最終面接

    PEファンドの面接の特徴はスキルテスト(モデリングテスト、ケーススタディ)がある点である。

    PEファンドのスキルテスト(モデリングテスト、ケーススタディ)は、特に業界未経験であれば綿密な対策を行わなければ爆死間違いなしである。

    • モデリングテスト例:
      財務三表を連動させることはもちろん、レバレッジファイナンスの水準や返済計画の作成を行うケース
    • ケーススタディ例
      実際に投資することを想定したPEファンド目線でバリューアップやEXITについて検討するケース

    特に、PEファンドのモデリングおよびケーススタディについては、対策ができる転職エージェントが限られているため、エージェント選びが肝になってくる。

    その数少ない対策ができる転職エージェントが本記事で紹介しているエージェントである。

    2. PEファンドはクローズドな業界であり情報があまり出回らない

    他業界と比較したPEファンドの特徴としては以下が挙げられる。

    • どんなに優秀で経歴がピカピカでも、求めているポジションやスキルセットでなければ採用されることはない
    • クローズドな業界であり、かつ業界内での人の動きが激しい

    PEファンドは大手事業会社やコンサルファームと異なり、とりあえずポテンシャルがある優秀な人を採用し、ポジションを調整するという採用は決して行わない。

    例えば「ジュニアランクでモデリングができる人」を採用すると決めたら、モデリングができてもシニアなら採用されないし、バリューアップに貢献できるジュニアでもモデリングができなければ採用されない。

    また、PEファンドは人の動きが激しい業界でもある。

    例えば、「某日系PEファンドから人の流出が止まらない」と言った話や「某PEファンドから上位メンバーが続々転職予定」と言った話はPEファンドに深く入り込んだエージェントでなければ中々手に入らない。

    嘘のような話だが、PEファンドに入り込んでいないエージェントの場合は、この手の情報は全くの無知という状況なのである。

    PEファンドへの転職で圧倒的におすすめのエージェント4選

    1.ヤマトヒューマンキャピタル

    YHC

    おすすめ度:★★★★★

    ヤマトヒューマンキャピタルはM&A業界に特化した転職エージェントで、PEファンドへの転職で重要となる専門的な支援を受けることができる。

    実際、「業界求人カバー率」「未経験者の転職支援実績」がM&A業界においてNo.1となっている。

    PEファンドへの転職を目指すのであれば、まず登録して間違いないエージェントであると言える。

    ※以下は公式サイトより抜粋

    fig1-4

    Aさん
    (コンサル⇒PEファンド)
    ヤマトヒューマンキャピタルの情報網は桁違いだと思います。待遇面の調整を含め、転職に関わるあらゆることを粘り強くサポートしていただけたことにも、本当に感謝しています。

    fig1-4

    Bさん
    (メガバンク⇒PEファンド)
    もともとファンド業界について詳しい知識を持ち合わせていたわけでありませんでした。その中で、いろいろなファンドの情報を教えていただけたことには本当に感謝しています。

    2. コトラ

    kotora

    おすすめ度:★★★★★

    コトラは金融・コンサルなどのハイクラス人材からの評判が高いことでも有名なエージェントで、数々のイメージ調査でNo. 1を獲得している間違いないエージェントである。

    実際、コトラを利用した人たちからも「エージェントの方が非常に優秀」という評判が多い。

    特に、PEファンドやファンド出資先への転職を目指すのであれば必ず登録すべきと言っても過言ではない。

    fig1-4

    Cさん
    (コンサル⇒PEファンド)
    複数の同僚がコトラさん経由で転職していて評判も良かったので迷わずコトラさんに登録しました。
    「実績が多い」「アドバイスの質が高い」という点で本当におすすめです。

    fig1-4

    Dさん
    (総合商社⇒PEファンド)
    PEファンドは特殊な面接なので対策が必要ですが、コトラさんは丁寧に対策をしてくれたので、安心して面接に臨むことができました。
    また、ネットや書籍にはな業界の生々しい情報や、最新トレンドについても教えてもらえました。

    3. ロバート・ウォルターズ

    robert-walters

    おすすめ度:★★★★☆

    ロバートウォルターズは、多くの外資系企業や日系企業の英語力を活かせるポジションへの転職支援に強みを持つ転職エージェントである。

    実際、ロバートウォルターズは人材業界で数々の賞を受賞ており、企業からも転職者からも高い信頼と評価を得ている。

    またロバートウォルターズの本社を置くイギリスだけでなく、世界28カ国で転職を支援しており、グローバルマーケットにおいても高い信頼を獲得している転職エージェントである。

    4. コンコード・エグゼクティブ

    concord

    おすすめ度:★★★★☆

    コンコードエグゼクティブは、代表取締役を務める渡辺氏が三菱UFJリサーチ&コンサルティングの戦略コンサルティング部門で経験を積んだ後に2008年に設立した転職エージェントで、コンサルやポストコンサル、金融、IT業界強などのハイクラス転職に強みを持つ。

    2010年にはビズリーチが主催する日本ヘッドハンター対象において、コンサルティング部門でのMVPを受賞するなど、高い実績を確立しているエージェントである。

    PEファンドへの転職ではエージェント選びが超重要

    繰り返しになるが、未経験でPEファンドへの転職を目指すのであれば転職エージェント選びがとにかく重要である。

    エージェント選びも間違えると、ろくな選考対策を受けられないだけではなく、然るべきエージェントに登録していれば紹介してもらえた求人がいつまで経っても紹介してもらえないという事態も起きる。

    また、転職エージェントを選ぶ際は担当者との相性もあるため、最低でも2社には登録して実際に面談してみることをおすすめしたい。

    コンサルキャリアとしては、PEファンドへの転職を目指す上では以下の2社をおすすめしたい。

    • ヤマトヒューマンキャピタル:M&A業界に特化した支援実績がNo.1の転職エージェント
    • コトラ:金融・コンサルなどのハイクラス人材からの評判が高いことでも有名なエージェント

    ぜひPEファンドへの転職活動を成功させて頂きたい。

    おすすめの記事