ポストコンサルとして人気が高いキャリアの一つがスタートアップである。

近年は資金調達が活発化していることでスタートアップの給与水準が上がっていることも、その人気を後押している。

ポストコンサルでスタートアップへの転職

本記事では、ポストコンサルでスタートアップに転職した筆者がその魅力についてご紹介する。

少しでもスタートアップへの転職に興味がある方は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

ポストコンサル転職に強いエージェントや、直接スタートアップを含む優良企業の人事部からスカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

また、世界最大級でハイクラス転職に強みを持つエージェントであるランスタッドや、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobもまず登録しておきたい。

加えて、国内最大手のリクルートがハイクラス向けとしてに展開するキャリアカーバーに登録しておくことも間違いない選択肢である。

ポストコンサルでスタートアップへの転職の魅力

1. 全体を把握できる

大手コンサルファームのクライアントは大企業であり、各コンサルタントが関与できるのは大企業におけるほんの一部分でしかない。

コンサルとして経営戦略やポートフォリオ変革などのテーマを扱う場合でも、一つ一つの事業を詳細に把握して提言を行うことはほとんどできない。

一方、ポストコンサルでスタートアップへ転職すると、所帯が小さくなるため全体を把握しやすく、枝葉までをしっかりと把握して事業推進を担うことができる。

2. 打ち手の結果が反映されやすく手触り感がある

スタートアップにおいては、自身が検討した打ち手をすぐに実行できる機会が多く、その実行のスピードも速い。

コンサルファームの場合は扱うテーマの重大さに加え、クライアントのステークの多さや影響の大きさから、提言したことの精査で数か月間経過するということも決して珍しくない。

ポストコンサルでスタートアップに転職した場合、事業を動かしていると日々体感できる手触り感があるのが大きな魅力である。

3. 中心メンバーや経営幹部になれる可能性もある

ポストコンサルで大手事業会社に転職する場合、コンサルファームで余程のポジションにいない限り、まず間違いなく中心メンバーや経営幹部のポジションに就くことはできない。

実際に筆者もスタートアップに転職してみて感じたことだが、一つの企業体を中心メンバーとして動かしていくことは大きなやりがいでもあり、とても刺激的な体験となる。

若くしてこうした体験ができる点が、ポストコンサルでスタートアップに転職する大きな魅力の一つである。

スタートアップでポストコンサルの需要はあるか

大手コンサルティングファームの場合は基本的にクライアントは大手企業となるため、スタートアップでは評価されないのではといった心配をしている人も多いだろう。

たしかに、実際にポストコンサルでスタートアップに転職してみて異なる筋力を使っており、コンサルで培ったものをそっくりそのまま活用できるものではない。

一方、コンサルで身に付けるポータブルスキルというのはスタートアップで十分に活用できるため、コンサル出身者の需要が高いのも事実である。

とは言え、コンサルファームで例えば企業のポートフォリオ変革支援など、レイヤーが高い案件ばかりを手掛けている人だと、スタートアップで求められる現場感や実行力が足りずに、期待に応えられない可能性もある。

ポストコンサルにおけるスタートアップ求人例

実際に、筆者がポストコンサル転職をするにあたり提示された求人を事例としてご紹介する。

事業カテゴリ ポジション 年収
AI 事業企画マネージャー 1,500万円
ファッションテック CFO候補 1,200万円+SO
不動産テック 新規事業開発マネージャー 1,200万円
モビリティ 事業責任者 1,000万円+SO
ヘルステック 新規事業開発マネージャー 1,000万円
ヘルステック 事業推進担当 900万円

ポストコンサルでスタートアップに転職するなら

ポストコンサルでスタートアップに転職するなら、エージェント選びが非常に重要になってくる。

実際に幾つかのエージェントに登録してみると分かるが、一口にスタートアップと言っても提示される求人が大きく異なる。

そのため、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

登録するとすぐに多くのスカウントが来るため、スカウントの内容に魅力的な求人が記載されているか、そのエージェントはスタートアップに強いかという点も精査して頂きたい。

ビズリーチを活用した転職方法については、以下を参考にしてみて頂きたい。

また、世界最大級でハイクラス転職に強みを持つエージェントであるランスタッドや、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobもまず登録しておきたい。

加えて、国内最大手のリクルートがハイクラス向けとしてに展開するキャリアカーバーに登録しておくことも間違いない選択肢である。

おすすめの記事