ポストコンサルキャリアとして人気が高いのが、「経営企画」と「事業企画」である。

人気が高いとは言え、実際両者の違いを明確に説明できる人は決して多くはないだろう。

経営企画・事業企画の仕事を解説

そこで本記事では、コンサルファームを経て「経営企画」と「事業企画」の両方を経験した筆者が、両者の違いについて解説する。

「経営企画」や「事業企画」への転職を検討されている方は、ハイキャリアの転職に強みを持つリクルートエージェントに登録することをおすすめしたい。

1. 経営企画

経営企画の職務内容

「経営企画」の仕事は、全社視点で自社のリソースをどのように配分するかを決めることである。

各社によって「経営企画」の業務内容は微妙に異なるが、具体的に以下のような業務を担うことになる。

  • 中長期経営戦略の策定
  • 予算策定/予実管理
  • 各事業部の事業計画レビュー
  • 全社視点でのM&A(買収、売却、提携)企画/推進

経営企画で求められる能力・知識

そのような業務を推進していく上で、以下のような能力・知識が求められる。

  • 戦略策定・企画力
  • 経営学に関する知識
  • 調整力

「経営企画」では、戦略コンサルタントであれば身に付けている「戦略策定・企画力」、およびそれを実現するための「経営学に関する知識」が求められる。

そのため、戦略案件の経験がない場合は相応のキャッチアップが必要になる。

また、あまり公に語られることが少ないが、様々な部署に関連する業務を行うため「調整力」というのも強く求められる。

企業によって、部署ごとのパワーバランスもあれば、持っているスキルセット、人員の枯渇状態、キーマンなどが異なるため、それらを踏まえて、事前の根回しを含めた調整が必要になってくる。

コンサルから経営企画に転職した感想

数ヶ月単位でクライアントを変えるのではなく、腰を据えて自社の経営を考えられるので充実感がある。

自分の好きな業界でコンサルファームで培ったスキルをフルに活用できており、周囲からも高い評価をもらうことができている。

持つべき視点や役割はコンサルタントとして支援する時と大きく変わらない。
そのため、コンサル時代に感じていた「手触り感のなさ」というのは解消されていない。

各種企画や施策の推進はコンサルで培ったスキルを活かすことができるが、社内調整については社内でどれほど顔が利くかといった点が重要だったりするので、自分も含めて中途であるコンサル出身者は苦労している。

2. 事業企画

事業企画の職務内容

「事業企画」の仕事は、個別事業における戦略や各種施策の検討・推進を行うことである。

これも「経営企画」と同様に各社によって業務内容は微妙に異なるが、具体的に以下のような業務を担うことになる。

  • 短~長期事業戦略の策定
  • 自社/競合モニタリング
  • 短期~中期施策の立案・推進
  • 事業視点でのM&A(買収、売却、提携)企画/推進

事業企画で求められる能力・知識

そのような業務を推進していく上で、以下のような能力・知識が求められる。

  • 戦略策定・企画力
  • PDCAを回す力
  • マネジメント力

「事業企画」でも、「経営企画」と同様に「戦略策定・企画力」が求められるため、戦略案件の経験がない場合は相応のキャッチアップが必要になる。

「経営企画」と比較して「事業運営」の場合は、日々の事業運営にあたり高速にPDCAを回す必要があるため、コンサル時代よりもスピード感を持ってアウトプットを出す必要がある。

また、異なる経歴・スキルセットを持つ多くのメンバーと分業して仕事を進める必要があるため、多種多様の人材をマネジメントする力が求められる。

コンサルから事業企画に転職した感想

日々顧客や営業からフィードバックをもらえて、また生の情報を基に高速でPDCAを回すことができて手触り感がある。

事業運営というのはコンサルファームでは全く学べなかった領域なので、新たな領域として日々学びが多い。

刻一刻と状況が変わるので、コンサル時代のように時間を取って中長期的なことを考える時間は正直ない。

企画と言いながら、雑務に追われることもしばしば。
コンサル時代だったら「子の業務は自分の時間単価に見合わない」とか言ってしまっていたかも。

まとめ

本記事では、ポストコンサルキャリアとして人気の「経営企画」と「事業企画」の違いについて、実際に両者を経験した筆者の経験を交えてご紹介した。

企業によってはコンサル出身者は多数抱えているため、コンサル出身者としても働きやすい土壌が整っている企業も存在する。

また、紹介した内容は企業によって異なる点もあるため、ぜひ一度エージェントに確認してみて頂きたい。

「経営企画」や「事業企画」を検討している方には、ハイキャリアの転職に強みを持つリクルートエージェントをおすすめである。

まだ転職するか決まっていないという方も、まずは登録してカジュアルにどんな求人があるかを聞くだけでも、今後のキャリアを検討する上で有用な材料になる。

おすすめの記事