経営/事業企画からコンサルに転職!違いやメリット、志望動機まで徹底解説

コンサルファームにおける業務との親和性が高く、コンサルファームから根強い採用ニーズがある職種が経営/事業企画である。

本記事ではそんな経営/事業企画からコンサルへの転職について、コンサルファームおよび経営/事業企画の両方を経験した筆者が徹底解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

本記事でわかること
  • 経営/事業企画とコンサルの違い
  • 経営/事業企画からコンサルに転職するメリット
  • 経営/事業企画からコンサルに転職するためのポイント

コンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

コンサル・経営企画・事業企画の違いとは

organization-chart

上記は、経営企画・事業企画の違いを表した図である。

ここにコンサルを加えて違いを比較すると以下のようにまとめることができる。

  • 経営企画:全社視点で自社のリソースをどのように配分するかを決める
  • 事業企画:個別事業における戦略や各種施策の検討・推進を行う
  • コンサル:経営企画・事業企画の一部役割の外注(特に戦略策定など)

当然経営企画・事業企画において人材に求められる能力や知識も異なる。

また、前述の通りコンサルは経営企画・事業企画の一部機能を担っているに過ぎないため、経営企画や事業企画への転職を検討している人は、自身の志向性やスキルセットを一度棚卸しする必要がある。

以降では経営企画・事業企画のそれぞれについて詳細に説明する。

経営企画の職務内容と求められる能力

「経営企画」の仕事は、全社視点で自社のリソースをどのように配分するかを決めることである。

各社によって「経営企画」の業務内容は微妙に異なるが、具体的に以下のような業務を担うことになる。

▼経営企画の職務内容

  • 中長期経営戦略の策定
  • 予算策定/予実管理
  • 各事業部の事業計画レビュー
  • 全社視点でのM&A(買収、売却、提携)企画/推進

そのような業務を推進していく上で、以下のような能力・知識が求められる。

▼経営企画で求められる能力

  • 戦略策定・企画力
  • 経営学に関する知識
  • 調整力

    「経営企画」では、戦略コンサルタントであれば身に付けている「戦略策定・企画力」、およびそれを実現するための「経営学に関する知識」が求められる。

    そのため、戦略案件の経験がない場合は相応のキャッチアップが必要になる。

    また、あまり公に語られることが少ないが、経営企画では様々な部署に関連する業務を行うため「調整力」というのも強く求められる。

    企業によって部署ごとのパワーバランスもあれば、持っているスキルセット、人員の枯渇状態、キーマンなどが異なるため、それらを踏まえて、事前の根回しを含めた調整が必要になってくる。

    事業企画の職務内容と求められる能力

    「事業企画」の仕事は、個別事業における戦略や各種施策の検討・推進を行うことである。

    これも「経営企画」と同様に各社によって業務内容は微妙に異なるが、具体的に以下のような業務を担うことになる。

    ▼事業企画の職務内容

    • 短~長期事業戦略の策定
    • 自社/競合モニタリング
    • 短期~中期施策の立案・推進
    • 事業視点でのM&A(買収、売却、提携)企画/推進

    そのような業務を推進していく上で、以下のような能力・知識が求められる。

    ▼事業企画で求められる能力

    • 戦略策定・企画力
    • PDCAを回す力
    • マネジメント力

      「事業企画」でも「経営企画」と同様に「戦略策定・企画力」が求められるため、戦略案件の経験がない場合は相応のキャッチアップが必要になる。

      「経営企画」と比較して「事業企画」の場合は、日々の事業運営にあたり高速にPDCAを回す必要があるため、コンサル時代よりもスピード感を持ってアウトプットを出す必要がある。

      また、異なる経歴・スキルセットを持つ多くのメンバーと分業して仕事を進める必要があるため、多種多様の人材をマネジメントする力が求められる。

      経営/事業企画からコンサル転職の志望動機

      ここでは、実際に経営/事業企画からコンサルに転職した社員の志望動機をご紹介していく。

      独自インタビューにより得たリアルな志望動機であるためぜひ参考にしていただきたい。

      メディア事業を営んでいる事業会社で事業企画を担当している。最近、外部のコンサルタントと一緒に仕事をする機会があり、その中で、自分には「客観的な分析力と思考力」が圧倒的に足りないと感じた。一緒に仕事させていただいたコンサルタントの方には、自分に足りない要素が兼ね備えているため、自分もコンサルティングファーム出働くことによって、分析力と思考力を養いたいと感じている。

      経営/事業企画からコンサルへの転職成功者Aさんの志望動機

      現在は、事業会社の事業企画チームで自社製品の開発・販売戦略等を日々、検討している。その中で、今後、更にキャリアアップしていくために、特定のテーマ・領域だけではなく、様々なテーマ・領域に関する経営・事業企画に携わりたいと感じている。コンサルティングファームでは、クライアントの様々な経営課題に対して仕事をするため、様々な経験ができると考えているため、コンサルティングファームへの応募に至った。

      経営/事業企画からコンサルへの転職成功者Bさんの志望動機

      経営/事業企画からコンサルに転職するメリット

      ここでは、経営/事業企画からコンサルへの転職に成功した現役社員の声を参考にしながら、経営/事業企画からコンサルに転職するメリット・魅力について改めて整理する。

      年収が上がる

      経営/事業企画からコンサルに転職することのメリットの1つ目としては、何と言っても年収が上がることである。

      コンサルティングファームは、事業会社と比べて年収水準が高く、事業会社の経営/事業企画の社員に対してもその傾向は当てはまることが多いようだ。

      コンサルティングファームは業界のトレンドとして人員を拡大しようと、中途採用を積極的に実施している背景もあり、年収UPを目的にコンサルティングファームへ転職する会社員も増えている。

      私は年収がだいたい700~800万円レベルでしたが、コンサルへ転職した際には1,000万円に到達しましたね。コンサルティングファームが人材を求めているという追い風もあったと思いますが、そのトレンドを考慮しなくても、転職による年収UPは充分に見込めます。

      経営/事業企画からコンサルへの転職成功者Cさん

      様々な案件に参画できる

      事業会社の経営/事業企画には経験できないこととして、コンサルティングファームでは様々な案件に参画できる、というメリットがある。

      このメリットは、キャリアとして様々な経験ができるだけでなく、特定のテーマ・領域に限定されていないため、「仕事が飽きない」ことにも繋がるため、仕事やビジネス、企業経営等に興味がある人にとっては、コンサルで働くことの魅力の1つと言える。

      正直、事業会社時代は仕事に飽きていましたが、コンサルに転職してからは、全く飽きないですね。案件によってクライアントが異なりますし、テーマも様々です。事業会社時代では絶対に経験できなかった案件に参画できて、非常に楽しいですね。

      経営/事業企画からコンサルへの転職成功者Dさん

      次の転職に有利になる

      経営/事業企画からコンサルティングファームへ転職することで、様々な案件を経験でき、スキルアップができるというのは事実としてある。

      そして、コンサルティングファームで培った経験・スキルを活かして、更なるキャリアアップのために異なるコンサル企業、もしくは、事業会社へ転職する社会人が多いが、経営/事業企画の人にとっても、例外ではないようだ。

      実際、事業会社の経営/事業企画からコンサルへ転職し、コンサルで更にレベルアップすることで、キャリアの選択肢を増やす人も多く、そういった観点としても、コンサルへの転職は魅力的であるようだ。

      私はまだしばらく、コンサルにいると思いますが、再び、事業会社の経営企画に転職する人もいますね。前職の会社に出戻りする人もいます。何が言いたいかというと、コンサルに居続けることもできますし、事業会社へ転職することもできることを知っておいていただければと思いますね。それだけでも、コンサルへの転職はかなりのメリットになると思います。

      経営/事業企画からコンサルへの転職成功者Eさん

      経営/事業企画からコンサルへの転職を成功させるポイント

      ここでは、経営/事業企画からコンサルへの転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

      経営/事業企画からコンサルへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

      論理的な志望動機の説明

      経営/事業企画からコンサルティングファームへの転職の際に、採用担当者に注視されるポイントとして、「コンサルタントとしての基礎スキルがあるか」が挙げられる。

      その基礎スキルとして、「論理的な思考、説明ができる」という点があり、転職希望者は志望動機や面接の際には、論理的な志望動機を説明することが求められる。

      特に「なぜ、コンサルティングファームに行きたいのか」、「なぜ、○○社なのか」といった、志望動機につながる理由は、論理的に説明できるように準備しておこう。

      「なんとなく、コンサルに行きたい」、「なんとなく、今の仕事が嫌」等の理由では、さすがに落ちてしまいますので、最低限、論理的な説明ができるようにしておきましょう。コンサル未経験者が見られる点として「どれくらい、コンサルタントとしての要素があるか」がありますので、ポテンシャルがあることをアピールしましょう。

      経営/事業企画からコンサルへの転職成功者Aさん

      自分の実績をアピールする

      コンサルティングファームが、コンサル未経験者である事業会社の経営/事業企画の担当者を採用したくなる基準の1つに「この人を入社させることで、自社にメリットがあるか」ということが挙げられる。

      その基準を満たす、あるいは、アピールするためにも、「自分が現職で何をしてきたのか、何を工夫してきたのか」について整理し、アピールすることが重要になる。

      面接担当者は、多くの候補者相手に面接するため、一目置かれるためにも、自分の実績はぜひ、アピールすることオススメする。

      経営/事業企画のプロジェクトにおいて、どのような役割を担ってきたのか、どのような取り組みをしてきたのか、等を細かくアピールすることをオススメします。特に、コンサル企業では、現場の細かな課題や現状を把握している人を求めていますので、現場の詳細な点についても説明することが効果的です。

      経営/事業企画からコンサルへの転職成功者Bさん

      どのような活躍ができるのかをアピールする

      経営/事業企画からコンサルへの転職を目指す上では、論理的な志望動機や自分の実績に加えて、入社後はどのような活躍・貢献ができるのかをアピールすることも重要になる。

      「この人を採用すると、どのようなシナジーをもたらしてくれるのか、会社やクライアントにどのくらい貢献してくれるのか」という観点も、選考基準として入ってくるため、応募前に事前に整理しておくことが求められる。

      特に、コンサルティングファームでは、指示待ちではなく、主体的に動ける人材を求めているため、「主体的にアクションを起こせる。周りを巻き込むことができる」というアピールも、ぜひ、しておこう。

      どれくらい貢献できそうかという期待値が高ければ高いほど、転職成功に近づけますので、入社後の取り組みやアクションのイメージを面接担当者にしっかりと説明することが重要になります。決して、「指示待ち人間」であるとは思われないようにしましょう。

      経営/事業企画からコンサルへの転職成功者Cさん

      コンサルへの転職を成功させるためには

      コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

      また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

      そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

      コンサル転職なら
      Flow Groupがおすすめ
      コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
      Flow GroupのおすすめPOINT
      • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
      • 独自求人や独自選考ルートあり
      • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
      お問い合わせする

      コンキャリ運営会社「Flow Group」について
      この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
      コンサルに特化した転職エージェントです。
      • コンサル出身者による手厚い選考支援
      • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
      • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
      など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
      コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
      是非ともご相談くださいませ。
      お問い合わせする

      コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

      会社名 株式会社Flow Group
      会社HP https://consul-career.com/corp/
      所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
      法人番号 5011001129632
      厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
      適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

      Visited 305 times, 1 visit(s) today
      おすすめの記事