スカイライトコンサルティングに転職!年収・評判・難易度を解説

スカイライトコンサルティングはアクセンチュア出身者6人で設立されたファームであり、リーズナブルかつ高品質なコンサルティングにより成長している。本記事では、そんなスカイライトコンサルティングの年収やリアルな評判、難易度などの転職情報を徹底解説いていく。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

スカイライトコンサルティングの年収

スカイライトコンサルティング_年収

上記がスカイライトコンサルティングの役職別・年次別の目安年収である。スタート時の年収は500万円~と他大手コンサルファームと大きくは変わらない水準となっている。

一方でアソシエイト以降の各役職で設定されている年収水準が他大手コンサルファームと比較して明らかに低く、かと言って次の役職までの昇進スピードが早いというわけでもない。特にシニアアソシエイト、マネージャーあたりの年収の上がり幅は限定的となっている。

そのためスカイライトコンサルティングは、年収面をあまり気にせずに「何をやるか」「誰とやるか」を重視している人が向いているファームと言える。

▼おすすめの転職エージェント

スカイライトコンサルティングのリアルな評判

実際にスカイライトコンサルティングに勤める方々からのリアルな評判をご紹介する。ポジティブ/ネガティブ両方の評判があるため、ぜひ参考にして頂きたい。

▼スカイライトコンサルティングのポジティブな評判

  • 新卒1年目でも手を上げれば好きな案件にチャレンジできる
  • 2~3人で取り組む案件が多く裁量も大きい
  • ここ数年で人事評価が明確に定まり、公平な評価を受けることができる

    スカイライトコンサルティングの特徴として、個人の力量、スキルを伸ばしていくことにも力を入れており、その点に良い評判が目立った。特に年次に関わらずチャレンジ精神のある人には大きな仕事を任せる傾向が強く、また案件ごとにアサインされる人数も少ないため、一人ひとりが裁量を大きく持って働くことができるという。

    ▼スカイライトコンサルティングのネガティブな評判

    • 年収は低いが決してホワイトなわけではない
    • マネージャークラス以降になると責任が増える割に年収が上がらない
    • アクセンチュア出身者が多くアクセンチュア文化が根付いている

      スカイライトコンサルティングは他ファームと比較して年収が低い水準であるものの、決してホワイトというわけではなく、プロジェクトによってはハードワークを求められるという点にネガティブな評判が目立った。特に、マネージャー以上になると責任が増える量にに比べて年収はあまり上がらず、一定数不満の声が集まっている。

      また、もともとアクセンチュア出身の方々が立ち上げたファームであるため、社風としてもアクセンチュアの色が強いという。

      ▼おすすめの転職エージェント

      スカイライトコンサルティングの転職難易度

      結論から言うと、以下の理由によりスカイライトコンサルティングの転職難易度は中程度と言える。

      • 中途採用を積極的に行っている
      • 未経験者専用の採用枠も用意されている
      • 年収の水準が大手コンサルファームよりも低く設定されている

        スカイライトコンサルティングで未経験者専用の採用枠を用意して積極的に中途採用を行っているが、一方で年収水準が他コンサルファームと比較して明らかに低い水準となっており、その分競争率(=転職難易度)が低くなると想定される。

        一方で、スカイライトコンサルティングの採用実績のある学歴としては、慶應義塾大学、東京大学院、同志社大学など高学歴が並んでいる。決して転職難易度は高くないが、ライバルとなる人材の多くが高学歴であるということは留意しておく必要がある。

        スカイライトコンサルティングへの転職を目指す上ではコンサル転職に強みを持つエージェントを利用することをおすすめしたい。

        ▼おすすめの転職エージェント

        スカイライトコンサルティングの中途面接

        スカイライトコンサルティングの中途面接は、通常以下のフローで行われる。

        1. 書類選考
        2. 一次面接(現場マネージャークラス):ケース面接・一般面接
        3. 最終面接(役員クラス):一般面接

          スカイライトコンサルティングではケース面接も行われており、過去には「横浜DeNAベイスターズの観客動員数を増やし、利益を上げるにはどうするべきか」などと言った質問が出されたこともあるという。一般面接では志望理由、今後の目標やキャリアビジョンなど、志しの高さを問われる質問が多く出される傾向がある。

          また、スカイライトコンサルティングの採用マネージャーである石田氏や、コーポレとサイトによると求める人物像は以下の通りとのことである。

          ▼スカイライトコンサルティングが求める人物像

          • 志のある人
          • 自分で考え、自分で行動できる人
          • 協働できる人

            最後に、スカイライトコンサルティングの過去の中途面接で実際に出た質問の例をご紹介する。

            ▼実際にスカイライトコンサルティングの中途面接で聞かれた質問例

              • 前職でトラブルが発生した際どう対応したか
              • あなたが経営者だったら、今の会社をどう変えるか
              • これからどの様なコンサルタントになりたいか

                スカイライトコンサルティングへの転職を目指す上ではコンサル転職に強みを持つエージェントを利用することをおすすめしたい。

                ▼おすすめの転職エージェント

                スカイライトコンサルティングへの転職でおすすめのエージェント

                コンサル業界は特殊な選考を行うことで有名であり、徹底的な対策が肝になる。そのため、コンサル業界に精通しており、転職支援実績が豊富なエージェントを選ぶ必要がある。

                具体的には、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

                おすすめ度:★★★★★

                アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。コンサル転職を成功したい人には、筆者の実体験からもアクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

                Aさん
                (戦略コンサル転職者)
                とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
                また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

                Bさん
                (総合コンサル転職者)
                業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
                他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

                コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

                上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

                おすすめの記事