コンサル業界は離職率が高く、業界に10年以上いる人の方が圧倒的に少ない。

中には、ポジティブな理由であれ、ネガティブな理由であれ、入社が3年以内に転職する人も決して珍しくない。

第二新卒でのポストコンサル転職

そこで本記事では、第二新卒でポストコンサル転職すべき人の特徴についてご紹介する。

第二新卒でポストコンサル転職を考えている人は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

ポストコンサル転職に強いエージェントや、優良企業の人事部から直接スカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

また、世界最大級でハイクラス転職に強みを持つエージェントであるランスタッドや、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobもコンサル転職する上ではまず登録しておきたい。

加えて、国内最大手のリクルートがハイクラス向けとしてに展開するキャリアカーバーに登録しておくことも間違いない選択肢である。

第二新卒でポストコンサル転職すべき人の特徴

1. 他業界を目指している

もともとコンサルは通過点で、特に未経験者の採用ハードルが高い業界に転職したいと考えている人は、第二新卒として扱われる期間での転職が望ましい。

例えば金融業界がそれにあたるが、ポストコンサル転職として特に投資銀行への転職を検討している人は早いタイミングでの転職が望ましい。

2. コンサルが向いていない

コンサル業界は未経験採用を積極的に行っているため、採用ハードルは高いものの、比較的間口が広い。

一方、他の職業と同様に当然ながらコンサルには向き不向きが存在する。

コンサルは心身ともにハードな仕事であるため、向いていないのに無理して続けることはキャリアにとって決して良いことではなく、第二新卒でのポストコンサル転職という選択についても考える必要がある。

3. 社内での評判が悪い

コンサルファームでは少人数で動くため、自分のチームに誰をアサインするか、誰のチームにアサインしてもらうかということが非常に重要である。

そのため、人の評判というのはあっと言う間に広がり、それがアサインに大きく影響する。

一度悪い評判が流れてももちろん挽回は可能だが、運が悪いとなかなかチャンスが回ってこずに、貴重な時間を無駄に過ごしてしまう可能性がある。

そのため、挽回の機会を全力で掴み取るのはもちろんだが、原因によっては並行して第二新卒でのポストコンサル転職についても検討しておく必要がある。

(番外編)コンサル内でキャリアアップしたい

ポストコンサルではないが、コンサル業界内でキャリアアップするという観点で、第二新卒として転職するという選択肢もある。

総合系ファームでコンサルの基礎を学びつつ、第二新卒として戦略系ファームに転職するという事例も多い。

第二新卒でのポストコンサル転職事例

第二新卒のポストコンサルキャリア例

あくまで一例であるが、第二新卒としてポストコンサル転職した事例についてご紹介する。

1. 投資銀行

第二新卒のポストコンサル転職の行先として、投資銀行というのは絶対数は決して多くはないものの、筆者の周囲でもよく聞く事例である。

投資銀行の中でも投資銀行部門の人気が高く、中には調査部門に株式アナリストとして転職する事例も存在する。

  • 戦略系ファーム → 米系投資銀行の投資銀行部門
  • 総合系ファーム → 欧州系投資銀行の調査部門

2. 投資/M&A部門

商社の投資部門や事業会社のM&A部門も、第二新卒のポストコンサル転職先として多い。

商社の投資部門や事業会社のM&A部門では、経営/事業戦略に関する知見も去ることながら、シミュレーションを回したり、上層部から了承を得るための資料作成など、コンサルで培うスキルが必要とされる。

そのため、上記スキルを持ちゴリゴリ手を動かせるコンサル人材の需要が高い。

  • 戦略系ファーム → 商社投資部門
  • 総合系ファーム → 通信会社M&A部門
  • 総合系ファーム → 日系メーカーM&A部門

3. 事業/経営企画

投資/M&A部門と同様に、事業会社における事業/経営企画でもコンサルで培うスキルが必要とされる。

特に昨今では、メガベンチャーや外資系メーカーが事業・経営企画職として元コンサルを採用することが多く、その右腕として第二新卒の元コンサルを採用することが増えているようだ。

  • 戦略系ファーム → 外資系メーカー事業企画
  • 戦略系ファーム → メガベンチャー経営企画
  • 総合系ファーム → メガベンチャー事業企画

第二新卒でのポストコンサル転職するなら

第二新卒でポストコンサルに転職するには、まずはエージェントに登録することから始めることをおすすめしたい。

第二新卒でポストコンサル転職する場合、コンサル出身者という面を評価されるポジションもある一方、まだ若手として実力より低く扱われてしまうポジションもより多く存在する。

そのため、過小評価された転職を行わないためにもエージェントの存在が欠かせない。

ハイクラス転職サイト・エージェント

第二新卒でポストコンサルキャリアを検討されている方は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

ポストコンサル転職に強いエージェントや、直接優良企業の人事部からスカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

また、世界最大級でハイクラス転職に強みを持つエージェントであるランスタッドや、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobもまず登録しておきたい。

加えて、国内最大手のリクルートがハイクラス向けとしてに展開するキャリアカーバーに登録しておくことも間違いない選択肢である。

おすすめの記事