コンサルティング業は人が商品と言われており、クライアントとしても目の前にいる「このコンサルタントたちに支払っている」という感覚を持っている。

そのため、コンサルティングファームでは身なりに細心の注意を払うように指導される。

コンサルタントの服装における心構え

そこで本記事では、コンサルタントの服装における心構えについて解説する。

コンサルティングファームでの服装に迷っている方や、そもそも服装に気を遣うことに疑問を持っている方は、ぜひ本記事を参考にして頂きたい。

またコンサルへの転職に少しでも興味がある方は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

コンサル転職に強いエージェントや、直接コンサルファームの人事部からスカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

また、世界最大級でハイクラス転職に強みを持つエージェントであるランスタッドや、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobもコンサル転職する上ではまず登録しておきたい。

加えて、国内最大手のリクルートエージェントに登録しておくことも間違いない選択肢である。

コンサルタントが服装にこだわる理由

コンサルタントの扱うテーマは、クライアントにとって非常に重要なテーマである。

クライアント自身、経験したことがなく、どう企業や事業を舵取りしていけば良いか分からないため、コンサルティングファームに依頼する。

そんな不安を抱えるクライアントに対して、服装も含めたあらゆることでクライアントから信頼を勝ち取り、このコンサルタントたちなら大丈夫と安心させる必要がある。

以下の『マッキンゼー 世界の経済・政治・軍事を動かす巨大コンサルティング・ファームの秘密』にて記された内容は、コンサルタントであれば何度でも噛みしめたい。

クライアントが事実によって示された道をたどる勇気を持てるようにするのが仕事であるなら、クライアントが感じそうな動揺と迷いを最小限に抑えるために、あらゆることをする必要がある

『マッキンゼー 世界の経済・政治・軍事を動かす巨大コンサルティング・ファームの秘密』

コンサルタントが服装で気を付けるべき点

コンサルタントが服装を考える上での原則としては以下の2点である。

  1. 信頼感を与える
  2. 見た目で目立たない

前述の通り、「信頼感を与える」ことが何よりも重要である。

一方で、服装に過度にこだわる余り、悪目立ちしてしまう人も一定数存在してしまっている。

そのため、「見た目で目立たない」という点も肝に銘じておいて頂きたい。

以下では、アイテム別に詳述する。

スーツ/シャツ

特に「見た目で目立たない」の原則を守れない人が多いアイテムが「スーツ/シャツ」である。

「スーツ/シャツ」は見る人が見ないとその良さが分からないといった側面もあり、どうしても派手なストライプを着用しようとする人がいる。

もちろん派手なストライプが全て悪いわけではないが、コンサルティングはお客さん商売だという点を忘れてはいけない。

クライアントの業種や年次、パーソナリティ、自分自身の年齢や関係性を踏まえた上で、どこまで遊んで良いか決まってくるが、見た目で差別化しない方が、不要なリスクは排除できる。

また、「信頼感を与える」ためにも、できれば「スーツ/シャツ」は既製品ではなくオーダーをおすすめしたい。

サイズ感のあっていない、あるいは安っぽい「スーツ/シャツ」では、「本当に仕事ができるのか?」といった不安を与えてしまうため、多少の手間は掛けてオーダーを選ぶべきである。

男性の場合、「見た目で目立たない」の原則を破る人は少ないが、女性の場合だとブランドを強く押し出している「靴」を履いている方も一定数いる。

これも「スーツ/シャツ」と同様に、見た目で差別化しない方が不要なリスクは排除できる。

また、男女問わず踵が擦り減っていたり、汚れが残っていたりというのも「本当に仕事ができるのか?」といった不安を与えてしまうため、細心の注意を払って頂きたい。

筆者のお世話になったパートナーは、大事なプレゼンの前には行きつけの靴磨き専門店にいき、「靴」のコンディションを整えてからプレゼンに臨んでいた。

腕時計

「腕時計」も同様に、「信頼感を与える」ためにある程度のものを身に付けることをおすすめしたい。

但し、入社数年で奮発して超高級時計を買うというのは避けた方が良いだろう。

前述の通り、クライアントとしても目の前にいる「このコンサルタントたちに支払っている」という感覚を持っている。

コンサルタントとしては「一生懸命働いて、頑張って貯めたお金で買ったもの」かもしれないが、クライアントからしたら心象を崩し兼ねない。

髪型/メイク

「髪型/メイク」は「信頼感を与える」ためにも毎朝しっかり行うことが求められる。

どれだけ深夜まで頑張っていようとも、プレゼンの場にボサボサ頭で来られては、クライアントとしても気を取られてしまう。

また、「髪型/メイク」についても「見た目で目立たない」という点を強く意識する必要がある。

「髪型/メイク」は、比較的自由と捉える人が多いが、大切なのは自分がどうしたいかではなく、クライアントからどう見られるかである。

目立つ髪色や髪型、派手なメイク、ネイルなどは避けることが無難である。

まとめ

繰り返しになるが、コンサルティング業とはお客さん商売である。

コンサルティングファームは比較的服装の自由度が高いとも言われているが、それはクライアントが多種多様である中で、各自のプロフェッショナリズムに任せて、クライアントに合わせた服装を選択するためである。

そのため、本質的なアウトプットではなく、服装などで自己表現したい人はコンサルティング業は不向きである。

もしそうでない方で、コンサルへの転職に少しでも興味がある方は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

コンサル転職に強いエージェントや、直接コンサルファームの人事部からスカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

また、世界最大級でハイクラス転職に強みを持つエージェントであるランスタッドや、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobもコンサル転職する上ではまず登録しておきたい。

加えて、国内最大手のリクルートエージェントに登録しておくことも間違いない選択肢である。

エージェントに登録後はどのようなコンサル求人があるかや、今後のキャリア戦略について話し合ってみて頂きたい。

なお、最初の段階では複数のエージェントに登録することをおすすめしたい。

エージェントは転職活動を並走していくれる貴重なパートナーであり相性が非常に重要である。

また、残念ながらエージェントによって人の質も大きく異なるため、自分の目でしっかり見定めた上で1つのエージェントに絞ることをおすすめしたい。

おすすめの記事