「とりあえずコンサル」の危険性

現在のコンサルティングファームは幅広い案件を手掛けている。

それは戦略ファームとカテゴライズされるファームも例外ではない。

また、採用ハードルが大きく下がったことで、コンサルティングファームに所属する人材の中でも、実力に大きなバラつきがある状態である。

そのため、コンサルティングファームに入社して、一生懸命働いても、案件や人に恵まれず、何のスキルも付かず貴重な時間を過ごしてしまう可能性もある。

「とりあえずコンサル」が志望動機の人は要注意

そのような環境下では、「とりあえずコンサル」になることよりも「コンサルで何をするか」がより重要になってくる。

本記事では、昨今のコンサル業界の動向を踏まえ、「とりあえずコンサル」の危険性についてご紹介する。

コンサル転職に興味がある方は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

詳細は以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

コンサル業界で「流れに身を任せる」のは危険

コンサルティングファームが手掛ける案件は非常に幅広い。

所謂「戦略案件」に絞っても、全社のポートフォリオをどうしていくかという経営戦略から、個別事業をどう成長させていくかという事業戦略、営業などの個別機能を強化していく機能戦略まで様々である。

さらには戦略案件以外にもビジネスDDや組織設計、人事制度改革、IT設計など非常に幅広いテーマが存在する。

そんな幅広いテーマが存在する中で、ファームは全体最適の視点でアサインを行なっている。

当然ではあるが、全体最適の視点と個別最適の視点は異なるため、流れに身を任せているだけでは、個人としての成長を最大化させることはできない

「とりあえず」コンサルとして流れに身を任せた結果、コンサルとしてうまくキャリアを築くことができなかった人たちも多数存在する。

漠然と事業戦略をやりたいと思って入社したが、入社依頼担当しているのは組織設計・再編の案件。
息の長い案件なだけに、中々抜けられるタイミングがなく、気が付けば数年経過していた。

某戦略ファームコンサルタント

流れに身を任せていろんなプロジェクトを転々とした結果、数年経って自分が"何者でもない"ことに気づいた

某総合ファームコンサルタント

「同じお客さんと長くやることでコンサルタントとして成長できる」という上司に身を任せていたら、気付けばいち企業の御用聞きになっていた

某総合ファームコンサルタント

「プロジェクトテーマ」か「人」が軸のキャリア設計が重要

「とりあえず」と流れに身を任せず、能動的にキャリアを築いていくためには、「プロジェクトテーマ」か「人」を軸にして設計していく必要がある。

「プロジェクトテーマ」が軸

「プロジェクトテーマ」を軸にする場合は、特定の業界や機能についての経験を積むことで、"何でも屋"ではなく、得意分野を持つコンサルタントになることができる。

実際に、筆者の知人であるA氏は、欧州系ファームにてコストカット案件でキャリアを積んだ後に独立し、30代前半ながら上場企業などからバイネームで指名されるようになっている。

「人」が軸

次に「人」を軸にする場合は、ファーム内で評価されている人に付くことで、コンサルタントとしてのお作法や、習慣、動き方などを学ぶことができる。

特に新卒の人は、誰の下に付くかというのは非常に重要で、就職活動中のジョブや研修で、優秀だと言われている人がいても後から見れば誤差レベルの話で、それよりも現場に出てからどんな人の下で働くかが今後のキャリアを大きく左右する。

優秀な人に評価されれば、どんどんストレッチする機会が与えられ、その機会が更に自分を鍛えてくれる。

人に恵まれた結果、ジョブや研修で輝いていなくても、気づくと同期で1番早く昇格しているというケースもあるし、逆に人に恵まれず、ジョブや研修で輝いていた人が早々に退場を命じられるケースもある。

特にやりたいテーマがないという人は、まずは「人」を軸にキャリアを築いていくことをおすすめしたい。

とりあえずコンサルの人が"絶対に"やるべきこと

現在コンサル業界は非常に多様化しており、一言でコンサルといっても様々のポジションが存在する。

実際にコンサル業界を眺めて見ると、自身の市場価値を大きく上げることができるようなポジションがある一方で、作業要員として猛烈なハードワークが求められながら市場価値が上がらないようなポジションも存在する。

そしてとりあえずコンサルの人は間違ったエージェントを選んでしまうと、口車に乗せられて市場価値が上がらないポジションに押し込められてしまう危険性もある。

そのため、キャリアの解像度が粗くても親身にキャリア相談に乗ってくれて、かつコンサル転職に知見と実績を兼ね備えたエージェントを選ぶ必要がある。これは"絶対に"やるべきことである。

具体的には、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事