ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング転職大全 | 選考フロー、面接、難易度を徹底解説

DX Acceleratorとして、テクノロジーとコンサルティングの融合を最大の強みにクライアントを支援しているのがビッグツリーテクノロジー&コンサルティングである。

本記事ではそんなビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングーの中途難易度
  • ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの選考フロー~面接内容
  • ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングへの転職を成功させるためにやるべきこと

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングとは

株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングは、システムインテグレーション、ITコンサルティング、デジタルマーケティングコンサルティングを提供しているコンサル企業である。

また、コンサル事業以外に、Web製作、クラウド・AI・RPA等の最新技術の提供サービスも提供している。

2002年7月に創業し、現在では本社の東京オフィスに加えて、札幌オフィス、ベトナムのハノイオフィス、米国のシリコンバレーインキュベーションセンターを有している。

特徴としては戦略やビジネスモデルの具現化のためのDX戦略、IT戦略コンサルティングから、テクノロジーを用いた、開発・運用に至るまで、上流から下流までの全フェーズを一気通貫でご支援できることであり、上流案件のみ、もしくは、下流案件のみの他社との差別化を図っている。

更に、DXやIT案件では、要件変更や開発内容に変動要素が多くなるため、柔軟な開発を実施するため、東京拠点の他、ニアショア拠点として札幌、オフショア拠点としてベトナムの開発拠点を設けており、今後のグローバル化を見据え、開発からソリューションの提供を可能にするための戦略的投資を継続する方針を取っている。

会社名 株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング
英語表記 BTC Corporation
従業員数 521人(2023年4月時点)
本社所在地(国内) 東京都港区三田

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの中途選考フロー

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. Webテスト
  3. 一次面接
  4. 二次面接
  5. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても2-3ヶ月を要する。

以下ではビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの書類選考・志望動機

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングへの転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書、職務経歴書が必要となり、日本語か英語の指定は特に無い。

特に書類選考では、「なぜ、BTCを志望するのか」が注視される。

例として、実際にビッグツリーテクノロジー&コンサルティングへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現在は、日系のSIerとして仕事をしているが、システム実装や運用だけでなく、戦略立案や企画等の上流案件からクライアントの経営に携わりたいと考えていた。企業を探していたところ、上流から下流までを手掛けるBTCなら、自分自身のキャリアに関する願望が叶えられると感じ、応募に至った。入社後は、下流案件での経験を活かしつつ、上流案件にもチャレンジしていきたい。

BTC転職成功者Aさんの志望動機

現職は、総合系コンサルティングファームで経営に関するIT案件を中心としたプロジェクトに参画している。しかし、現職では実際に手を動かす(システム実装等)ことがほとんど無く、「キャリアとして、これで良いのか?」という危機感を感じている。一方で、BTCはコンサルティングファームでありながら、川上のフェーズも支援しているため、BTCに入社することで、技術力も養うことができると感じ、応募に至った。

BTC転職成功者Bさんの志望動機

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングのWebテスト

書類選考を通過すると、次の選考フローは適正試験としてWebテストを受験する必要がある。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングでは、独自のテストが実施されるようだが、内容はSPIと玉手箱に近しいものとなっている。

SPI、もしくは、玉手箱は、新卒での就職活動の際にも出てきた形式であるが、Webテストで落ちてしまうことは非常に勿体ないので、しっかりと予習・準備しておくことをオススメする。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの中途面接

ここではビッグツリーテクノロジー&コンサルティングにおける面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:マネージャー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、IT・DX関連のトレンドについての意見

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの一次面接では、マネージャーが面接担当者となり、質問内容としては、現職での業務内容、志望動機、IT・DX関連のトレンドについての意見がメインとなる。

主な質問内容は、一般的な質問内容に終始するが、一方で、IT・DX関連のトレンドやニュースについて、どれくらい関心があるのか、を注視している。

IT関連に強みを持つコンサル企業らしく、ITやDXのニュースについての関心度を見ているようなので、ぜひ、面接前にはトレンド等を調査しておこう。

BTCで働きたいと考えている以上、ITやDXに無関心では選考に落ちてしまいますので、しっかりと関連ニュースに目を通しておくことをオススメします。また、それらのニュースに対して、自分なりの意見を持っていれば、好印象を与えることができますよ。

BTC転職成功者Cさん

二次面接

  • 面接担当者:シニアマネージャー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの二次面接は、シニアマネージャーが面接担当者となり、主な質問内容は現職の業務内容、志望動機となる。

また、二次面接では、現職での業務内容の質疑応答を通じて、「即戦力として活躍できるか」を見極めているため、現職での役割や工夫した点等をアピールすることをオススメする。

一般的な質問ばかりですが、その中においても自分自身のアピールを散りばめていきましょう。そうしないと、知らない間に面接が終わってアピール不足で落ちてしまうかもしれません。自分自身を売り込んでいきましょう。

BTC転職成功者Dさん

最終面接

  • 面接担当者:シニアマネージャー(役員レベル)
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの最終面接は、役員レベルのシニアマネージャーが面接担当者として登場する。

質疑応答は、現職での業務内容や志望動機等がメインとなるが、最終面接では応募者の人となりや性格などを注視している。

特に「挫折や失敗をした経験があるか」、「ある場合、どのようにして乗り越えてきたのか」等の仕事に対する気持ちの強さ等を見ているため、過去にそういう経験があれば、ぜひ、話しておこう。

変に嘘をついたり、ごまかしたりすると見透かされる可能性があります。なので、誠実に、正直に質疑応答するようにしましょう。また、「応募者は逆境に強いか」という観点でも応募者を見ていますので、過去に頑張ったことがあれば、しっかりとアピールしましょう。

BTC転職成功者Eさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの転職難易度

ここではビッグツリーテクノロジー&コンサルティングへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングは、年々、企業の成長とともに、従業員数を拡大してきており、2016年では106名だったのが、2023年4月時点では521名まで増えている。

また、中途採用と新卒採用の比率を見てみても、中途採用が65%、新卒採用が35%と中途社員を積極的に採用していることが見受けられる。

このことから、BTCは中途採用については比較的積極的であり、転職難易度が低いのではないかと考えられる。

中途採用は通年を通してオープンにしていますね。職種も幅広く募集していますので、変化が激しく、速いIT領域では即戦力となる人材が大切であることを理解しているのだと感じています。

BTC転職成功者Fさん

ただし、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。他業界の企業と比較すると転職難易度は遥かに高いという点はご注意頂きたい。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いビッグツリーテクノロジー&コンサルティングへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

他のコンサルティングファームと比べて、転職難易度が低い印象があるビッグツリーテクノロジー&コンサルティングだが、それでも最低限のコンサルスキルや特定の業界に関する専門性等、求める人物像・選考基準はあるようだ。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • コンサルティング、もしくは、システム開発等の経験を有する人材
  • 論理的思考力、コミュニケーション力を有する人材
  • スピード感を持って業務に携われる人材
  • チームマネジメントの経験があり、リーダーシップを持つ人材

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングへの転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングに転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

IT・DXトレンドの調査・分析

やるべきことの1つ目は、IT・DXトレンドの調査・分析である。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングはIT案件を中心にコンサルサービスを提供している企業のため、IT・DXトレンドには敏感である。

選考では、そういった企業文化・風土に適しているか、を注視されているため、事前の調査・分析をは怠らずに実施しておこう。

世界中の全ての情報とまではいきませんが、日本国内の注目トレンド等は目を通すようにしておきましょう。また、そのトレンドに対して、「自分達なら、そのトレンドをどのようにして、ビジネスに活かすか」等の意見を言えるようになったら、高得点をもらえます。結局、入社後もトレンドの調査・分析はすることになりますので、そういった経験が無い人は、せっかくの機会なので、実践してみましょう。

BTC転職成功者Aさん

BTCの調査・分析

志望動機に関わってくる、ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの調査・分析も転職を成功させるための近道となる。

「BTCの特徴の中で、どういった点に共感し、応募に至ったか」を自分の中で整理し、文章や言葉で発信できるようにしておくことが重要となる。

また、BTCに加えて、競合他社の調査・分析も行えると、志望動機の根拠作りに役立つので、余裕がある人は調査することをオススメする。

BTCのどこが気に入って応募に至ったのかを自分の言葉で説明できるようにしておきましょう。また、面接では「他社でも良いのではないか?」という質問が来る時があるので、「他社ではなく、BTCを選んだ理由」を言えるために競合他社の調査・分析も実施できれば尚良いですね。

BTC転職成功者Bさん

自分自身の知識・経験の整理

3つ目は、自分自身の知識・経験の整理である。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングは「応募者がどのような知識・スキル、経験を持っているか」、そして、「それらをBTCでどのように活かせるのか」について、選考を通じて注視する傾向があるため、自分自身の業務の棚卸を含めて、知識や経験を整理しよう。

メモやExcel等で箇条書きのような形で、可視化すると整理しやすいので、ぜひ、事前に対応しておくことが転職成功への近道となる。

現時点までで得た知識や経験の整理は、将来、また転職活動をするかもしれない時にも活かすことができるので、ぜひ、実践しておきましょう。自分でも忘れてた経験が選考突破に役立つかもしれません。

BTC転職成功者Cさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングへの転職の魅力

ここでは、ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングの現役社員の声を参考にしながら、BTCに転職する魅力について改めて整理する。

様々な関係者と仕事ができる

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングでは若手社員のうちから、顧客と直接、仕事をする機会が多く、上流から下流までの案件の場合だと、クライアントの経営陣から現場のエンジニア等まで様々な顧客とコミュニケーションを取ることになる。

また、社内においてもプロジェクトの上司だけでなく、海外オフィス(ベトナム)の開発拠点とも連携する時もあるため、社内外の様々な関係者と仕事をする。

そういった経験を通じて、コンサルタントに必要なコミュニケーション能力やリーダーシップを養える点は、大きな魅力と言えるだろう。

やる気のある社員に対しては、成長の機会がたくさん用意されています。若手社員でもプロジェクトをリードする役割を与えられることもあり、そういった場合はクライアントの経営陣と直接議論することもあります。若手社員の頃から、そういった経験をすると、メンタルも会話力も強くなりますよね。

BTC転職成功者Dさん

合理的な文化

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングは経営陣を中心として、非効率であったり、無駄な文化・作業を無くそうとする文化が、会社全体に浸透している点も、魅力の1つである。

合理的な社員が多く、若手社員や、特定の領域の経験が浅い社員であっても、正論を言えば、意見が通るようになっている。

そのため、本当に実力のある社員が成長し、結果的に速い昇給・昇格を実現できるような組織となっているのだ。

合理的な文化が浸透しているのは、やはり、「クライアントにとって最高のコンサルサービスを提供すること」を目的としているからでしょうね。その目的が達成できれば、誰の意見であろうと、採用される文化があります。清々しいですよね。

BTC転職成功者Eさん

多様性を重んじる

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングは全社員のパフォーマンスを最大限発揮するために、多様性を重んじ、誰もが快適に働けるような環境がある。

例えば、成長意欲が旺盛な若手社員と、子育て世代の社員が同じプロジェクトであっても、両方がベストパフォーマンスを出せるようにプロジェクトリーダーは会話しながら最適解を探すようなことをしている。

それぞれの社員の背景を考慮しながら、働ける文化ががあることは、転職を考える上では重要な要素と言えるだろう。

上司は、自分自身のライフイベントに応じたキャリアプランを本気で一緒に考えてくれます。結婚、出産、育児等、その都度、親身に相談に乗ってくれることは非常に有難いですね。福利厚生も充実していますが、何よりも、人として温かな文化があるかなと感じています。

BTC転職成功者Fさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 258 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事