マッキンゼーは激務?評判は?現役・元社員インタビューから実態を解説

新卒・中途問わず人気の高いコンサル業界の中でトップに君臨するのがマッキンゼーである。トップに君臨するマッキンゼーは度々「激務」という評判があがっている。

本記事ではそんなマッキンゼーの激務の実態やリアルな評判をインタビューを踏まえて徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元マッキンゼー社員複数人にインタビューを行っている。

本記事でわかること
  • マッキンゼーの激務の実態
  • マッキンゼーのリアルな評判

マッキンゼーへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントも参考にして頂きたい。

マッキンゼーの激務の実態

結論から言うと、マッキンゼーは激務と言われるコンサル業界の中でもかなり激務と言える。マッキンゼーでは扱う仕事の難易度が高く、そのため働く時間が長時間化する傾向が強い。

月間残業時間は76.5時間程度となっており、営業日が月20日と想定した場合、一日平均で3.5時間の残業が発生している計算になるが、実際に現役マッキンゼー社員曰く、「入社当初は終電で退社できれば早いと感じる」や「クライアントへプレゼンを行う前日は徹夜も珍しくない」ということである。

また、プロジェクトが忙しいときはランチ休憩を取るともままならず、食事をしながらミーティングを同時並行するなど、基本的に息をつく暇がないスケジュールで稼働しているという話もある。

こうした社員の声を参考にしつつ、激務と言われるコンサル業界の中で、マッキンゼーはどのような位置づけかも見ておきたい。

以下は主要コンサルファームの月間残業時間をランキング化したものである。(出所:Open Work

順位 ファーム名 月間残業時間(h)
1 アーサー・D・リトル 85.4
2 マッキンゼー・アンド・カンパニー 76.7
3 ドリームインキュベータ 75.5
4 A.T.カーニー 72.6
5 ローランド・ベルガー 68.2
6 ベイン・アンド・カンパニー 64.4
7 デロイト・トーマツ・コンサルティング 63.1
8 ボストン・コンサルティング・グループ 62.8
9 PwCコンサルティング 62.4
10 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 53.1
11 アクセンチュア 52.1
12 KPMGコンサルティング 43.4
13 アビームコンサルティング 36.3
14 ベイカレント・コンサルティング 33.0

マッキンゼーは激務ランキングの上から2番目となっており、激務と言われるコンサル業界の中でもトップクラスにハードワークであることが分かる。

最近ではコンサル業界の中でも働き方改革が進められており、激務ランキングの下にいるアクセンチュアやアビーム、ベイカレントは業界の中での積極的に働き方改革を進めていることで知られているが、それらのファームと比較すると、倍程度の残業時間となっている。

実際に現役・元社員から話を聞いても「マッキンゼーでは自分がハードワークであることを忘れるくらいみんな当たり前に遅くまで働いている」とのことであった。

ただし、マッキンゼーに限らず、全てコンサルファームに共通して言えることではあるが、実際に激務になるかはプロジェクトの内容やフェーズによって大きく変わってくるため、必ず激務になるわけではないという点はご留意いただきたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

マッキンゼーが激務の理由

マッキンゼーはコンサル業界の中でもトップクラスの激務だが、ここまで激務になるのには明確な理由がある。

具体的には主に以下の2つの理由が挙げられる。

  • そもそも案件自体の難易度が高い
  • 考え抜くことで自然と長時間労働になってしまう

    そもそもコンサルタントという仕事は、クライアントが社内で解決できない課題に向き合う仕事であり、仕事自体の難易度が高い。中でもマッキンゼーでは業界トップラクスのフィーの高さが有名であり、その分コンサル業界の中でも高い難易度の案件を取り扱っていると言える。

    また一つ一つのアウトプットにも高い"マッキンゼークオリティ"が求められるため、仕事の細部に渡って高い難易度となっているようだ。

    さらにマッキンゼーもコンサルスタイルは徹底的なファクトベースで相手に取って聞きにくい内容でも切り込んで行くスタイルとなっている。

    その分高いレベルで緻密な調査・分析、そして考え抜くというプロセスが必須であり、自然と長時間労働になってしまうという側面もある。

    コンサルへの転職を成功させるためには

    コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

    また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

    そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

    コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

    マッキンゼーの激務に関するよくある誤解

    マッキンゼーは事実として激務ではあるものの、とは言え"ブラック企業"というわけではない。まず大前提として、月間80時間程度の残業も決して強制というわけではない。

    上位者よりも早く帰ることや休暇を取ることもかなり自由にできるし、朝の方が生産性が上がるのならば早めに退社をし、朝の出勤を早めるなどの自由も効く。

    シビアな言い方になるが、あくまで質の高いアウトプットが求められているだけで、長い時間働くことを求められているわけではない。

    また現役・元マッキンゼー社員から話を聞くと「いやいや働いているのではなく、みんな好きでハードワークしている」という声が圧倒的に多い。

    難易度の高い課題解決に取り組むことやクライアントの成長を支援することにやりがいを感じ「寝る間も惜しんで考えたい」という人が多いようだ。

    一方で、ハードワークをずっと続けていると時には少し休みたい時もあるが、その際はプロジェクトの切れ目であれば比較的簡単に長期休暇が取れたり、あるいは少し軽めのプロジェクトへのアサイン希望を出すと言ったことが可能になる。

    コンサルへの転職を成功させるためには

    コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

    また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

    そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

    コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

    マッキンゼーのワークライフバランス

    現役・元マッキンゼー社員から激務に関する生々しい声を集めた。コンサルキャリア独自調査の内容であるのでぜひ参考にして頂きたい。

    ポジティブな口コミ

    クライアントによるが、良いクライアントに当たればそれなりにプライベートの時間を取ることも出来る。無茶な時間のミーティングや納期などがない分、心にゆとりを持って仕事ができます。

    プロジェクトはチーム単位で動くため、どうしても休みが必要な場合他の人がカバーに入ってくれます。そのため、事前にメンバーと話をつけておけばある程度フレキシブルに対応できます。

    激務が当たり前のマッキンゼーだが、クライアントや案件テーマによってはワークライフバランスを保つこともできるようだ。またチームでプロジェクトに当たるため、いざとなったらメンバー同士で助け合い、必要な休みを作ることも可能とのことである。

    ネガティブな口コミ

    基本的にワークアズライフです。深夜まで働き早朝から出勤。若いうちに経験を積みたい人には向いています。

    パートナーやマネージャーのスタイル、クライアントに働き方は大きく左右されます。要求が高いパートナーやマネージャー、要求が細かいクライアントに当たると基本的に睡眠を削らないと仕事が追いつきません。

    勤務時間の長さに加え、パートナーやマネージャー、クライアント次第で労働環境が大きく変わるという声も挙がっている。仕事最優先になりプライベートの時間はほとんどないとの声が多いことから、若いうちにとにかく成長したい、スキルを伸ばしたい思いがないと、マッキンゼーで働くのはモチベーションが保ちづらいようだ。

    マッキンゼーの働きやすさ

    次にマッキンゼーの働きやすさについて、こちらも現役・元マッキンゼー社員から集めた声をご紹介する。

    ポジティブな口コミ

    プロジェクトを自分で選べる点は非常に良いですね。自分が伸ばしたい分野、力になれる分野をマネージャーが理解し、話し合いのもとアサイン先が決められます。

    クライアントは大手企業がほとんどのため、無茶苦茶な要求は少ないです。余裕を持ったスケジュールで仕事に取り組めるため、質の高い提案ができていると思います。

    マッキンゼーは働くメンバーやクライアントからも恵まれている環境であり、無茶な要求がされることが少ないという。また自分で能動的に案件を選んでキャリアを形成したり、クライアントのエース級人材と力を合わせプロジェクトに取り組めるなど、働く環境に対して好評の声が多い。

    ネガティブな口コミ

    外資系とは思えないほど日系の体質が染み付いています。プロジェクトごとに上位者の評価などが変わるため、毎回話しの軸が変わり苦労することも多いです。

    フラットな環境で発言することができますが、ほとんどそのアウトプットは否定されます。形式上は若手の意見も聞くようですが、それが実行に移ることは少ないですね。

    マッキンゼーでは外資系でありながらも、悪い側面での日系の社風が残ることに関して、ネガティブな声は多い。実際の現場ではトップダウンな雰囲気が強く、なおかつ人によって話の軸が変わってくる場合もあるので、マネージャー以下の層は場合によって働きづらいと感じることも少なくないようだ。

    実際マッキンゼーを経てフィールドマネジメントを立ち上げた並木氏も著書の中で以下のように述べている。

    コンサルへの転職を成功させるためには

    コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

    また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

    そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

    コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

    マッキンゼーで激務になる人の特徴

    ここでは、マッキンゼーにおいて激務になる人の特徴を述べたい。

    メリハリが無い

    マッキンゼーで活躍する社員の多くは、働く時間と休む時間のメリハリをしっかりと取っており、仕事のON/OFFを明確に分けている。

    一方で、メリハリが無い社員は、常に仕事モードとなってしまう傾向にある。

    そういった社員は、常に心身ともに疲れてしまい、良いアイデア・提案を出したり、高い品質のデリバリーを提供できなくなり、その結果として、ミスによる追加の仕事に追われてしまい、激務に陥ってしまうようだ。

    マッキンゼーの社員であっても、年中無休で働くことはできません。そのことを理解しておかないと、いくら、クライアントの為とは言え、自分が先に倒れてしまいますね。

    元マッキンゼー社員A氏

    何でも自分で作業をしてしまう

    エンゲージメントマネジャー以上の職階でありがちなことであるが、プロジェクトメンバーに任せられず、何でも自分で作業してしまう人は激務に陥りがちなようだ。

    コンサルタントのプロジェクトは、チームワークが重要であるが、自分である程度、仕事ができてしまう人は、ついつい、メンバーに任せずに、自分でやってしまうとのことである。

    目先の結果としては、速くアウトプットが出てくるかもしれないが、プロジェクトの長期的な成功を見据えると、メンバーを信頼し、任せることで、激務を回避し、良いデリバリーを実現できることを理解しておくことが重要となる。

    マッキンゼーに入社してくる人は、みな総じて優秀です。しかし、その優秀さが仇となり、自分自身を激務に陥れてしまうことがあります。コンサルティングサービスは、チームで付加価値を提供する仕事ですから。

    元マッキンゼー社員B氏

    力の入れどころが分からない

    プロジェクトの中で、力の入れどころが分からないと、全ての業務に全力になってしまい、肝心な場面で燃え尽きてしまう。

    クライアントにとって、高い品質の提案・デリバリーを提供することは重要であるが、一方で、重要な場面で疲弊して、ベストパフォーマンスを出せないと意味が無い。

    力の入れどころが分からず、全てを全力投球することは、マラソンを全力力で走るようなものであり、それは誰にもできないのだ。

    どこがプロジェクトにとって重要か、どこが資料の重要なポイントか、などを理解しておかないと、全てを100%の力で全力投球してしまい、燃え尽きてしまいます。

    元マッキンゼー社員C氏

    マッキンゼーで激務を乗り越える方法

    ここでは、そんなマッキンゼーにおいて、どのように激務を乗り越えていくのかを解説する。

    どのように激務と向き合って、そして、乗り越えてきたのか、最前線で活躍されてきた元社員3人に話を伺った。

    私は、個人の予定をしっかりとメンバーに伝えておくようにしておきました。例えば、「子供の保育園の送り時間や、家族との夕食時には会議を入れないで欲しい」などですね。そうすることで、仕事を頑張りつつ、プライベートの時間もきちんと確保するようにしました。多様性溢れる会社だったので、メンバー皆さんが理解してくださり、ワークライフバランスを整えた形で仕事を進めることができましたね。

    元マッキンゼー社員A氏

    「プロジェクトにおいて何が重要か、クライアントが求めていることは何か」をじっくり考えることで、本当に重要なことだけに時間と労力を集中するようにしましたね。そうすることで、五里霧中な状況で、時間だけが過ぎていくということは無くなりました。その仕事に対する姿勢は、マッキンゼーを辞めた後も活かしています。

    元マッキンゼー社員B氏

    当たり前だけど、できていない人が多いこととして、とにかく、「十分な睡眠、栄養のある食事、適度な運動」に尽きると感じます。マッキンゼー時代の上司には、事あるごとに、これら3つのことをアドバイスしてもらいましたね。最初は「仕事が残っているのに、大丈夫かな?」と心配でしたが、「十分な睡眠、栄養のある食事、適度な運動」を実践するようになってから、生産性が上がりました。「仕事を終えてから休むのではなく、休んでから仕事をする」なんですよね。逆なんですよ。

    元マッキンゼー社員C氏

    コンサルへの転職を成功させるためには

    コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

    また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

    そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

    コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

    マッキンゼーのポジティブな評判

    ここでは、マッキンゼーのポジティブな評判について解説する。

    圧倒的な成長機会

    マッキンゼーでは圧倒的な成長機会が用意されていることで、高い評判を得ている。

    ここで言う圧倒的な成長機会とは、「早い期間で、かつ、高いスキルを身に付けることができる環境」と言う意味であるが、マッキンゼーの社員は他の競合他社のみならず、他の業界の会社と比べても、成長機会が豊富に用意されているようだ。

    社内研修や留学支援等はもちろん、現場での経験、上司・先輩からのフィードバック等を通じて、数年で一人前のプロフェッショナルへと成長できる環境を通じて、多くの現役マッキンゼーの社員、もしくは、マッキンゼーを卒業したビジネスマンが、様々な業界で活躍している。

    成長機会は豊富にあります。特に先輩や上司からのアドバイスは「現場のリアルな経験を通じた、生きたアドバイス」なので、しっかりと聞くようにしています。成長意欲がある社員に対して、「ウェルカム」という文化もあり、お互いに成長できる環境ですね。

    現役マッキンゼー社員A氏

    女性が働きやすい

    社員の多様性を重視しているマッキンゼーでは、女性社員が働きやすい環境作りにも注力している。

    時短やリモート勤務等、ライフステージに合わせた働き方はできるのはもちろん、女性社員の育休期間は給与額面の100%が半年間支給(男性も3か月間)されたり、不妊治療やベビーシッターへの補助等の制度も用意されており、多くの社員が活用している。

    また、セクハラ等に対しては厳しい厳罰(時には解雇)を定めていることも、女性社員が働きやすい環境につながっているようだ。

    女性社員はもちろん、全ての社員が「仕事に集中し、ベストパフォーマンスを出せるようにすること」を目指した環境・制度作りに励んでいる印象があります。人事部を中心として、現場の社員の状況やニーズを日々、ヒアリングし、改善していこうとしている努力が実を結んでいるのだと思います。

    現役マッキンゼー社員B氏

    日本をリードするコンサルタント

    マッキンゼーは、日本を代表する経営コンサルティングファームということもあり、日本を代表するクライアントとの案件が多い。

    また、やり取りするクライアントの職位も、経営陣が多く、まさに「日本をリードすることを支援する」仕事ができる。

    そこで得た経験や、知見は経営者を目指す社員はもちろん、多くのビジネスマンにとって魅力的な機会となっており、今後のキャリアに役立つ経験になるということで、ポジティブな評判を得ている。

    経営者等が相対するクライアントなので、最初は緊張しますが、徐々に経験値が上がってくるので、パフォーマンスを出せるようになります。そうした経験を得られるのは、マッキンゼーだからこそだと感じますね。

    現役マッキンゼー社員C氏

    コンサルへの転職を成功させるためには

    コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

    また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

    そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

    コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

    マッキンゼーのネガティブな評判

    ポジティブな評判がある一方で、マッキンゼーにネガティブな評判もあるようだ。

    ここでは、評判が本当であるのか、実態も含めて解説する。

    労働時間が長い

    日々、激務をこなしているマッキンゼーの社員だが、やはり、労働時間が長くなる傾向にあるようだ。

    プロジェクトの報告書等、成果物に対して高い品質を求める文化があるため、必要な場合は、徹夜が続くこともある。

    ただし、現場の社員に話を聞いてみると、現場での経験を重ねていくにつれて、生産性が上がり、労働時間も徐々に減っていくことも事実とのことである。

    労働時間が長いかどうかは、プロジェクトにもよりますし、一概には言えません。また、生産性が高い社員なら、残業もそこまで多くならないですし、逆に、まだ現場に慣れていない若手社員等は、どうしても労働時間が長くなることもあります。

    現役マッキンゼー社員D氏

    すぐにクビになる

    外資系コンサルティングファームとして、業界に君臨しているマッキンゼーであるが、実力があれば速く昇給・昇格できる一方で、成果を出せないとクビになるという評判があがっている。

    クライアントワークでバリューを出せないと判断されたり、売上や会社の業績に貢献できていないと判断された場合は、退職を余儀なくされる文化・制度があると言う。

    外資系で働く以上、ある程度、「クビになるかもしれない」という覚悟の下で、働いている社員が多いかもしれないが、実態はどうなっているのだろうか。

    話を聞いてみると、実態は少し異なるようだ。

    もちろん、外資系ということもあり、「絶対にクビにならない」保証はありません。しかし、相当なことがなければ、簡単にクビになることもありません。また、マッキンゼーの場合は、志が高い社員が多く、起業や独立といったポジティブな理由で退職される人が大半ですね。

    現役マッキンゼー社員E氏

    コンサルへの転職を成功させるためには

    コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

    また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

    そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

    コンサル転職なら
    Flow Groupがおすすめ
    コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
    Flow GroupのおすすめPOINT
    • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
    • 独自求人や独自選考ルートあり
    • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
    お問い合わせする

    コンキャリ運営会社「Flow Group」について
    この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
    コンサルに特化した転職エージェントです。
    • コンサル出身者による手厚い選考支援
    • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
    • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
    など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
    コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
    是非ともご相談くださいませ。
    お問い合わせする

    コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

    会社名 株式会社Flow Group
    会社HP https://consul-career.com/corp/
    所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
    法人番号 5011001129632
    厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
    適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

    Visited 642 times, 1 visit(s) today
    おすすめの記事