中途でコンサルファームに受かりやすい人の3つの特徴

近年のコンサルティング市場の拡大に伴い、各社とも採用を急拡大している。

採用の拡大に伴い、コンサルティングファームの採用バーが下がっているとの声も聞こえてくる。

一方で、そうした採用背景の中でもオファーがもらえる人とそうでない人が存在する。

中途コンサルで受かる人の特徴

本記事では、筆者がコンサルティングファームで採用に携わった経験を踏まえて、中途でコンサルティングファームに受かりやすい人の特徴について紹介する。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

1. 将来のキャリアのイメージがある

1つ目が将来のキャリアイメージがあることである。

新卒というステージでは、まだ勝負したい業界や事業が定まっていないため、とりあえずコンサルティングファームで修業させて欲しいという「とりあえずコンサル」でも十分に通用する。

実際にコンサルティングファームに新卒で入社する多くの人がそうした志望動機で入社している。

しかし中途というステージになると新卒と同じ動機では通らなくなってしまう。

これまでのキャリアでの経験を踏まえて将来のイメージを示さなければ、前職での経験やコミットに対して薄いという印象を与えてしまうだけでなく、「幼い」という烙印を押されてしまう。

2. 厳しい環境でも乗り越えていくという気概がある

2つ目は、厳しい環境でも乗り越えていくという気概があることである。

コンサルティングファームという環境は、精神的にも肉体的にも非常に大きい負荷が掛かる環境である。

そんな環境であるため、面接官の肝心事としては候補者の地頭やコミュニケーション能力だけでなく、厳しい環境でも乗り越えていくという気概があるかである。

実際に面接において「どこまで覚悟があるか?」を問う面接官は多い。

自身の将来のキャリアのイメージとその原体験をセットで伝えられれば、そのイメージ実現に向けてコンサルという厳しい環境でも生き抜いていけるのではないかという印象を与えやすい。

そのためにも、前述の「将来のキャリアのイメージがある」というのが重要になってくる。

3. 現状の環境や社会について自分なりの仮説を持っている

3つ目は、現状の環境や社会について自分なりの仮説を持っていることである。

コンサルタントたるもの、常に課題とそれに対する自分なりの仮説を持っておく必要がある。

そうした側面を量るために、面接官自身が直接具体のテーマを用意せず「最近気になったニュースは?」「現在の環境における課題は?」と言った形でテーマを決定し、ディスカッションしていくという形式を好む面接官もいる。

現状の環境や社会に対する質問が来た時に明確な仮説を言うことができないと、そもそもディスカッションに進む前に大きな減点対象になってしまう。

逆に、質問に対してスムーズに答えられるとコンサルタントとしての資質を持っていると言う印象を与えられる可能性が高い。

コンサル転職を目指するなら"絶対に"やるべきこと

本記事では、中途でコンサルティングファームに受かりやすい人の特徴についてご紹介した。

実際にコンサルティングファームからオファーを貰うためには、これらの特徴だけでなく相応の準備が必要になる。

それはコンサルファームの採用難易度が高いからだけではなく、コンサルファーム各社はケース面接という他業界にはない特殊な面接を行うからだ。

そのため、コンサル転職を行う上ではコンサル転職の支援実績が豊富で、支援が手厚いエージェントを選ぶ必要がある。

具体的には、コンサル/ポストコンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

嘘のような話だが、有名なエージェントでもケース面接における知見やノウハウがなく、全く対策を行ってくれないことも多い。

また、特殊な選考を行うことで知られるコンサル転職において、実績豊富なエージェントからサポートしてもらえるかによっても合格率が大きく変わってくる。

コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事