近年、新卒・中途問わずコンサルの人気が急増している。

コンサルで良かったこと・後悔していること

本記事では、現役コンサルの筆者が本音で「コンサルを経験してよかったこと・後悔してること」をそれぞれ紹介したい。

コンサルへの転職に興味がある方は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

コンサル転職に強いエージェントや、コンサルファームの人事部から直接スカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

また、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobや、コンサル業界に特化したエージェントとして実績と評判を確立しているアクシスコンサルティングにも登録しておきたい。

加えて、国内最大手のリクルートがハイクラス向けとしてに展開するキャリアカーバーに登録しておくことも間違いない選択肢である。

コンサルを経験して良かったこと

1. キャリアの選択肢が圧倒的に広がった

コンサルへ入って圧倒的に恩恵を感じるのは「キャリアに選択肢」が出来たことである。

これは「コンサル業界を経験した人は優秀」という世間の評価があるという点が非常に大きい。

そうした評価が存在するというのは紛れもない事実である。

スタートアップやPEファンド、大手事業会社など、コンサル出身者のキャリアの多様性もその証拠である。

そういった意味でも「まだやりたいことが不明確」という人や、やりたいことが常に変わるような人にとってもコンサル業界はおすすめと言える

2. どこでもやっていける自信がついた

どこでもやっていける自信がついたことも、コンサル業界を経験してよかったと思うことである。

コンサルの現場では、超優秀な同僚だけでなく対峙するクライアントのレベルも非常に高い。

大手ファームの場合、クライアントは高額なフィーを払える日本の大企業であり、対峙する方はその中でも部長~社長と経験豊富なビジネスマンが相手になる。

そのようなクライアントに対して、短期間で満足してもらうアウトプットを出す経験は、ビジネスマンとして大きな自信を与えてくれる。

もちろん「自信」だけでなく、それを裏付ける実力が身についてることも日々実感できる。

3. フリーランスになるという道が出来た

フリーランス(独立)という選択肢ができたことも、コンサル業界を経験してよかった点である。

業界外の人からはあまり知られていないが近年フリーコンサルタントという市場が日本で盛り上がりつつある。(米国などではすでに結構進んでいる)

コンサルティングスキルを磨いたフリーランスが、ファームに所属することなく企業へコンサルサービスを提供するような新しい働き方である。

日本ではフリーランスといえば「エンジニア」というイメージが強いが、「コンサルタント」も立派な手に職であり、稼げるスキルの1つである。

コンサルに入って後悔してること

次にコンサルに入って後悔してることについて紹介する。

1. 決して「起業家」になれる能力は身につかない

特にコンサルへ入る=起業家への第一歩と考えている人にお伝えしたい。

コンサルはあくまでは「アドバイザー」という立場でビジネスに関わる専門家であり、事業家・起業家のようにビジネスを「立ち上げ、グロースさせる」専門家ではない。

ビジネスを立ち上げグロースさせる上で必要だがコンサルでは身につかないスキルとしては以下のようなものがある。

  • 営業力:物やサービスを売る力
  • マネジメント力:人を巻き込む、モチベートする力
  • 決断力:不確定な情報しか無い中で決断をする力
  • オペレーションの改善力:日々のオペレーションを改善する力
  • Webマーケティングノウハウ:実際に広告を運用する経験・知見

上記はあくまでも一例だが、「コンサルへ入る=起業家への第一歩」とはならないことを覚えておいてほしい。

2. 限られた人脈しか得られない

事業会社の場合、様々な部署が存在する。例えばITサービス会社であれば「経営企画」に加え「営業部門」「開発部門」「カスタマーサクセス部門」「マーケティング部門」など、様々な機能毎にその道のプロが存在する。

一方でコンサルの場合は、業界別のチームなどはあれど基本的には全員が「コンサルタント」という職種になる。

これは、自分の人的資本という観点からすると「限定的な人脈」しか構築ができないというデメリットにつながる。

例えば、よくある起業のパターンとして、社内の開発部門のエンジニアと組んで起業をしたというパターンがあるが、コンサルの場合それはなかなかしにくい。

社内ネットワーキングや転職を通じて解決できるものではあるとはいえ、自分が意識的に動かないと、周りがコンサルタントだらけになってしまい、将来的に後悔する可能性があるという点を覚えておいていただきたい。

まとめ

以上、筆者自身がコンサル業界へ入って良かったこと、後悔していることを紹介した。

筆者自身はコンサルに入って良かったと思うことの方が圧倒的に多いが、キャリア観は人それぞれであり、コンサルタントになることが全員にとっての正解ではない。

実際、筆者の知人にもコンサルに入ったことを後悔する人が決して少なくない。

少しでもコンサルへの転職に興味がある方は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

コンサル転職に強いエージェントや、コンサルファームの人事部から直接スカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

また、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobや、コンサル業界に特化したエージェントとして実績と評判を確立しているアクシスコンサルティングにも登録しておきたい。

加えて、国内最大手のリクルートがハイクラス向けとしてに展開するキャリアカーバーに登録しておくことも間違いない選択肢である。

ハイクラス転職サービス・エージェント

エージェントに登録後はどのようなコンサル求人があるかや、今後のキャリア戦略について話し合ってみて頂きたい。

なお、最初の段階では複数のエージェントに登録することをおすすめしたい。

エージェントは転職活動を並走していくれる貴重なパートナーであり相性が非常に重要である。

また、残念ながらエージェントによって人の質も大きく異なるため、自分の目でしっかり見定めた上で1つのエージェントに絞ることをおすすめしたい。

おすすめの記事