P&Gに転職!年収・激務・難易度・評判を解説

ビジネス誌フォーチュンで「社員の能力ランキング」で世界1位にも選ばれたことのあるP&Gは、優秀な社員が多いプロフェッショナル集団である。

本記事では、そんなP&Gの年収や激務の実態、転職難易度、社員からのリアルな評判などの転職情報を徹底解説していく。

P&Gへの転職徹底解説

P&Gへの転職を目指すのであれば、外資系/グローバルのハイクラス転職に強みを持つエージェントであるSamurai Jobには必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

P&Gの年収

P&G_役職別年収

上記はP&Gのマーケティングにおける役職別・年次別の目安年収である。

マーケティング職以外でも役職名こそ微妙に異なるものの、目安年次と目安年収は同水準となっている。

同じ外資系でも金融やコンサルと比較すると、P&Gの年収は20代のうちはどうしても見劣りしてしまう。

一方、日系の消費財メーカーと比較すると非常に高い年収水準と言える。

P&Gは実力主義が色が強く、同一職種内で5つのランクに分けられて相対評価された結果が年収として反映されることになる。

P&Gでは年俸とは別にボーナスが支給されるが、その金額は会社全体の業績および部門の予算達成率よって変動する仕組みとなっている。

外資系金融やコンサルには劣るとは記載したものの、圧倒的な成長環境もあり、高い年収水準であることから、P&Gは魅力的な転職先と言える。

▼おすすめの転職エージェント

P&Gの激務の実態

結論から言うと、P&Gの激務度は低くワークライフバランスを保てる環境であると言える。

  • 月間平均残業時間が40時間以下であり、平日の業務後も時間を確保することができる
  • 有給消化率が65%以上で、休日をしっかりと確保できる
  • 結果を出すことは前提だが、時間の使い方が自由で自分の仕事をコントロールできる

    P&Gは多国籍なグローバル企業であり、様々な文化が存在するため、日本特有のお付き合い残業や、定時後に帰りづらいと言った雰囲気などがない。

    そのためP&Gは平均残業時間も少なく、プライベートの時間も十分に確保できているため、激務とは程遠い環境と言える。

    むしろP&Gでは残業が多い社員は、周りから「仕事ができていない」とみなされる社風さえあるため、時間内に仕事を終わらせるという意識が強い。

    P&G出身者は「P&Gマフィア」と呼ばれるほど、人材輩出には定評があり、高い成長環境があると言えるが、一方で激務度は低く、ワークライフバランスを保てる環境であり、魅力的な転職先と言える。

    ▼おすすめの転職エージェント

    P&Gの転職難易度

    結論から言うと、以下の理由よりP&Gの転職難易度は非常に高いと言える。

    • 各ポジションでビジネスレベルの英語力が必須とされている
    • 成長環境として人気が高く、その分競争率が高い
    • 専門性や業界での経験が求められるため、未経験からの挑戦は厳しい

      グローバル企業であるP&Gは外国籍の人材からの応募もあり、必然的に競争率が高くなる。

      また、社内公用語が英語であるため、最低でもビジネスレベルの英語力が必要とされている。

      さらにP&Gはビジネス誌のフォーチュンから、「社員の能力ランキング」で世界No.1に選出されたこともあり、P&G出身者は「P&Gマフィア」と呼ばれるほど、人材輩出には定評がある。

      そのため、成長環境としても非常に人気が高い。

      職種別で見ると、人事やマーケティング職はチームでの交流やリサーチが多いためビジネスレベルの英語力や、数年程度の実務経験が必要とされており、特に転職難易度が高いと言える。

      一方で生産統括や品質管理部門などの技術職の募集では、TOEIC600点ほどの英語力や、実務経験がなくてもその分野の知識があれば採用されている実績があるため、他の職種よりは転職難易度が低いと言える。

      とは言え、P&G全体が非常に高い転職難易度となっているため、転職を目指す上では外資系のハイクラス企業への転職に強みを持つエージェントを利用して対策を行うことをおすすめしたい。

      ▼おすすめの転職エージェント

      P&Gのリアルな評判

      実際にP&Gに勤める方々からのリアルな評判をご紹介する。

      ポジティブ/ネガティブの両面の評判が上がったが、まとめるとP&Gの評判は高いと言える

      ▼P&Gのポジティブな評判

      • 結果さえ出せば働く時間や有給休暇について何も言われないため、自分の仕事のコントロールができる
      • 派閥などもなく風通しが良いので、理論的な意見であれば発言後に採用されることが多い
      • 社員の能力が非常に高く、常に刺激を受けながらモチベーションを高く維持できる

        P&Gでは結果を出すことが前提とされているが、働く時間や休暇申請などが比較的自由で、働きやすいというポジティブな評判が目立った。

        また派閥などもなく風通しが良い社風であり、社歴に関わらず意見を採用されるケースも多いという。

        こうしたフラットな中で、社員ひとりひとりの成長意欲が高く、常に刺激を受けながらモチベーションを高く仕事に打ち込める環境が良い評判に繋がっているようだ。

        ▼P&Gのネガティブな評判

        • 本社以外がトップダウンの傾向が強く、決裁権が弱いと感じる
        • 周りの社員の能力が高く、自分の成果が出ないと居心地が悪く感じる
        • 早い段階で若手を管理職にするため、出世争いが激しい

          前述の通りだが、P&Gは結果主義前提の自由さがあるため、精神的なプレッシャーが大きすぎるという点でネガティブな評判が挙がっていた。

          また、目の前の仕事で結果を出すだけではなく、優秀な人材間での出世争いもあり、常にプレッシャーがかかる環境となっているという。

          またあくまで日本はP&Gの支社であり、当然ながら本社のような決裁権がないことに不満の声も挙がっていた。

          ▼おすすめの転職エージェント

          P&Gの中途選考・面接

          P&Gの中途選考は、以下のようなフローで進んでいく。

          1. 書類選考
          2. オンラインテスト
          3. 筆記試験
          4. 一次面接
          5. 二次面接
          6. 最終面接

            P&Gでは中途面接を受けるまでに2度のテスト(オンライン・筆記試験)があるため、そもそも面接にたどり着くまでのプロセスが通常よりも1回多いという特徴がある。

            また、オンラインテストでは適性検査と図形テストが出題されるが、回答のスピードが速い方が高得点が貰える形式になっているため、徹底的な対策が必須と言える。。

            P&Gの中途面接の傾向としては、若手から活躍できるか、リーダーシップがあるか、など自走能力が問われるため、前職で自分がメインとなり成し遂げた実績をメインにアピールしていく必要がある。

            さらに社内公用語が英語のため、実際の質問が英語で出題されることも多いので、英語面接の対策も行う必要がある。

            ▼実際の質問例

            • 幼少期はどのような子供だったか
            • もしも上司の命令が正しくないと思った時どのように対処するか
            • 英語で自身のアピールができるか

              転職難易度が高いP&Gを目指す上では、外資系のハイクラス企業への転職に強みを持つエージェントを利用して対策を行うことをおすすめしたい。

              ▼おすすめの転職エージェント

              P&Gへの転職でおすすめのエージェント

              P&Gの転職難易度は非常に高く、P&Gなどのハイクラス転職の支援実績が豊富なエージェントのサポートが不可欠である。

              ハイクラス転職に強みを持つエージェントであれば、各選考の突破方法やノウハウというのを持っている。

              そのため、必ずハイクラス転職に実績を持つエージェントに登録する必要がある。

              具体的には、外資系/グローバルのハイクラス転職に強みを持つエージェントであるSamurai Jobには必ず登録すべきである。

              おすすめ度:★★★★★

              Samurai Jobはハイクラス転職において圧倒的な認知と実績を持ち、薦めたい転職エージェントとしてNo.1にも輝いたことがあるJACリクルートメントが展開するサービスで質の高さはお墨付きである。

              独占案件が多いことでも知られているエージェントであるため、Samurai Jobに登録しないと出会えない求人を見つけることができるのだ。

              グローバルや外資系の求人にも強く、総合商社を目指すのであればぜひ登録したい。

              Aさん
              (大手IT⇒外資系メーカー)
              外資系に転職した知人の中で「ハイクラス転職ならSamurai Jobさん」という圧倒的な認知がありました。
              実際Samurai Jobさんならではの独占非公開求人が多くておすすめできるエージェントです。

              Bさん
              (大手メーカー⇒外資系メーカー)
              複数のエージェントに登録しましたが支援のきめ細かさ、手厚さが圧倒的でした。
              職種に特化したエージェントが担当になってくれるのでアドバイスも的確でした。

              その他に筆者やハイキャリア.com運営メンバーの実体験から本当におすすめできるエージェントを以下にまとめているため参考にしていただきたい。

              転職でキャリアを築くことに本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

              様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

              上記の記事は転職でキャリアを築くことに本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

              ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

              おすすめの記事