コンサルタントの年収や生活水準などのリアルな実態を「中の人」が徹底解剖

コンサルファームに魅力の一つは高い年収であると言っても過言ではない。しかし、業界外の人でコンサルファームの年収について詳しく把握できている人は少ない。本記事ではコンサル業界の「中の人」である筆者が、コンサルタントの年収について徹底的に解説していく。

コンサル転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに登録すべきである。詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

コンサルタントの年収の仕組み

コンサルファームでの年収は大きく「ランク(=役職)」と「評価」によって決まってくる。以下は戦略コンサルファームであるマッキンゼーのランク別の目安年収だが、以下のような形でランクに紐づく形で年収レンジが定められている。

マッキンゼーの役職 年次(目安) 年収(目安)
ビジネスアナリスト 1年目~ 700~900万円
アソシエイト 2~6年目 1000~1500万円
マネージャー 4~10年目 1500~2000万円
アソシエイトパートナー 実力による 2000~3000万円
マネージングディレクター 実力による 5000万円~

コンサルの年収は上記のようにあくまでランク(役職)に紐づくため、年齢は一切関係ない。実力が伴わなければ上のランクに昇進することはできないため、どれだけ年齢が高くても年収は上がっていかない。逆に年齢が低くても実力次第で年収を上げていくことができるため、コンサルではよく「年下上司、年上部下」という構造が発生する。

また、各ランクの中でも年収レンジが存在するが、これは2つ目の「評価」である。コンサルファームの場合、数ヶ月単位でプロジェクトが変わり、それと同時に上司も変わるため、所謂"直属の上司"というものが存在しない。

そのため、プロジェクトごとに評価が行われ、各プロジェクトの評価が年間通じて集計されて、最終的に「評価会議」が行われて当人の評価が決まることになる。特にセールスの目標がないスタッフ層を定量的に評価(=客観的な評価)することが難しく、いかにして自身の働きぶりをアピールするか、「評価会議」で発言力のある人にスポンサーになってもらえるかが重要になってくる。

だからこそ"目の前の仕事を愚直に頑張る"だけでは不十分で、然るべき人に適切にアピールしていくことがコンサルタントとして年収UPしていく鍵となる。

コンサルtoコンサル転職で年収が上がる

コンサルタントの年収の仕組みを理解すると、コンサルtoコンサルの転職でなぜ年収が上がるかが分かる。近年はコンサルファーム各社が人手不足であることから、積極的に他ファームからの採用を行っている。

実際、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントであるASSIGN取締役の奥井氏は以下のように語っている。
(マネージャー未満も即戦力となる点でニーズが強いという)

「現役コンサルのマネージャー層以上」の採用ニーズが大きい傾向にあります。「現役コンサルのマネージャー層以上」のニーズが大きいのはコロナ禍だからというわけではなく、即戦力として売上貢献をしてくれるというファーム側から見たわかりやすいメリットがあるためです。

圧倒的な内定率を誇るASSIGN・奥井氏が語る「コンサル転職で必要なこと」

この際、現職と同じ水準の年収では簡単に引き抜くことができないため、より高い年収を提示する必要がある。上記の通り同じランクの中でも年収の幅があり、年収の幅の中で高い水準の年収を提示することができるのだ。

仮に、ランク内で一律に年収が決まってしまっている場合はランクを上げたオファーしか提示することができないが、ランク内でも年収の幅があるがゆえに、他コンサルファームに転職するだけで年収UPが可能となるのだ。(他コンサルファームに転職する"だけ"で年収が100-200万円UPするということも珍しくない)

こうした年収UPを目的に、2020年後半~2021年前半にかけて某コンサルファームから他コンサルファームへ大量流出が起こったという。ちなみに余談ではあるが、こうした年収UPハックを利用して数年おきにコンサルファームを転々とする人もいるようだ。

コンサルタントの年収が高い理由

ここまでご紹介してきた通り、コンサルタントが高い年収であることは疑いようがない。コンサルタントは一部の業界(投資銀行やPEファンドなど)を除き、他業界では考えられないような年収を得ることができる。

その理由は「粗利率が極めて高い」かつ「人が商品」だからである。何かしらプロダクトを売るビジネスであれば、売上から原価を引いて、残った粗利をプロダクトの磨き込みへの投資と人件費に振り分けていくことになる。

一方、コンサル業において人件費以外の原価は基本的に掛からないビジネス(粗利率が極めて高い)であり、高い品質のコンサルティングを行う上では商品である"人"に投資することが合理的な選択となるのだ。

コンサルファームカテゴリ別の年収

コンサル年収比較

上記は「戦略ファーム」「グローバル総合ファーム」「日系総合ファーム」「シンクタンク系」というカテゴリ別のタイトル別目安年収である。厳密にはタイトル内でも年収レンジがあり、かつ上記カテゴリの中でも年収差はあるものの、概略を掴む上の参考情報として見て頂きたい。

コンサルファーム内では年収は「ランク(=役職)」と「評価」によって決まってくると説明したが、コンサルファーム間を見ると、やはり戦略ファームが頭一つ抜け出している状態である。グローバル総合ファームも一時は「打倒戦略ファーム」を掲げて年収水準を引き上げていたというが、それでも現状の差が生まれている。

ではなぜ各カテゴリで年収差が生まれるかというと、クライアントに請求する単価が異なるという点に尽きる。例えば、戦略コンサルファームの場合ジュニアでも350万円/月程度の請求となるが、総合コンサルファームの場合は250万円/月程度の請求となる。

ジュニアランクでさえ月100万円程度(=年1200万円程度)差が生まれており、それがそのまま年収差に繋がっているのだ。

コンサルタントの年収事情

ファーム間での差はあれどそれでも高年収のコンサルだが、その年収事情のリアルについて紹介する。

  • 若いうちの年収は高くない
  • ポジションが上がると年収は増えるが使う暇がない
  • 年収数千万円~数億円は実在するが相応の覚悟が必要

若手のうちは年収は高くない

コンサルは高年収職業として挙げられるが20代後半までは決して高い年収とは言えない。もちろん昇進スピードによって大きく変わってくるが、戦略コンサルファームの場合はマネージャー手前のランク、総合コンサルファームの場合はマネージャーまでいかないと年収の高さを体感することはほとんどない。

コロナで状況は変わりつつあるものの、身なりをしっかりしないといけないという理由でスーツや靴、バッグなどは相応のものを用意する必要があるし、オフィスへのアクセスが良い場所となると必然的に家賃が高くなる。筆者の知人には「そこまで豪遊していたわけではないが20代後半までほとんど貯金がなかった」という人も多い。

ポジションが上がると年収は増えるが使う暇がない

戦略コンサルファームの場合はマネージャー手前のランク、総合コンサルファームの場合はマネージャーまでいくと年収はグッと上がる。手取りで月60万円程度~になり、家族構成にもよるが家賃などを踏まえても比較的経済的な余裕が出る状態になる。

しかしそのランクまで行くと「使う暇がない」というのが正直なところである。そのため、気付けばお金が貯まっているという状態にはなるが、「使う暇がない」がゆえになかなか年収が高いという実感が得にくいのだ。

年収数千万円~数億円は実在するが相応の覚悟が必要

コンサルタントというと「年収数千万円~数億円もらっている」といった水準の話が、書籍や雑誌などで出ることもある。実際のところとしては「年収数千万円~数億円もらっている」人も実在する。

ただし、それはパートナーにならないと得られない年収水準であり、パートナーになるためにはコンサルタントとしての能力や才能が高い水準にあるだけでなく、来る日も来る日もハードワークをし続けて、クライアントの成功のために短距離走のスピードで何十年も走り続ける必要がある。

実際、筆者の知人で某コンサルファームをパートナー目前で「もう疲れた」という理由で辞めた人もおり、いかに過酷な道のりであるかがわかる。

コンサルタントの"リアル"な生活水準

アナリストの生活水準

アナリストという職位(名称は各ファームで異なる)の場合、職位内のランクや評価にもよるがおおよそ手取りは35~45万円程度になる。大卒や第二新卒でこの水準を貰えるが一人暮らしの場合の生活水準としては以下のようなイメージである。

項目 収入 支出
手取り 35.0~45.0万円
家賃 9.0~15.0万円
食費 6.0万円
光熱費 1.5万円
通信費 1.5万円
交際費・趣味娯楽費 6.0~10.0万円
医療・保険費 1.0万円
衣服・美容費 3.0万円
交通費 1.5万円
雑費 1.5万円
貯金 3.0万円

手取り35万円は総合コンサルファーム、手取り45万円で戦略コンサルファームのアナリストの水準となっており、大きくは「家賃」「交際・趣味娯楽費」で差が出るイメージである。

手取り35万円の場合は、一人暮らしであれば都心でも比較的余裕のある生活ができる。ただし、オフィスの近くに住むなど都心部に住もうと思うとなかなか厳しい水準ではある。

一方手取り45万円の場合はオフィス近くに12~15万円程度で住むことも可能となる。(麻布十番などが人気のエリアとなっている)

とは言え、両者とも趣味娯楽へある程度自由に使えるお金が多く確保できる(6~10万円程度)ため、暮らしに困ることはほとんどないと言える。また食費に関してもそこまで切り詰める必要はなく、6万円程度使うことができる。

マネージャーの生活水準

マネージャーという職位の場合、職位内のランクや評価にもよるがおおよそ手取りは60~85万円程度になる。マネージャーでも独身の人もいるが、以下では配偶者・子ども(一人)と家族暮らしの場合の生活水準イメージをご紹介する。

項目 収入 支出
手取り 60.0~85.0万円
家賃 20.0~30.0万円
食費 10.0万円
光熱費 2.5万円
通信費 2.5万円
養育費 5.0万円
交際費・趣味娯楽費 4.0~10.0万円
医療・保険費 2.5万円
衣服・美容費 3.0万円
交通費 2.0万円
雑費 2.0万円
貯金 10.5万円

手取り60万円は総合コンサルファーム、手取り85万円で戦略コンサルファームのマネージャーの水準となっており、大きくは「家賃」「交際・趣味娯楽費」で差が出るイメージである。

手取り60万円で家族3人で暮らす場合は、大きな不自由をすることなく暮らすことはできる。ただ配偶者+子供となると、住まいに関しては最低でも2~3DLKは確保したいところであり、東京都内の主要区に暮らす場合は家賃18~20万円ほどになる。

手取り60万円(=年収1000万円以上)というと「高年収」という意識を持ってしまう人もいるが、家族3人暮らしの場合は都心に住むことは難しく(築年数やマンショングレードなど何かしらの妥協は必要)、外食などを頻繁に行くことも難しい。

そのため、例えば総合コンサルファームのマネージャーでも、東京の練馬区や江東区、江戸川区に住んだり、あるいは千葉や埼玉で比較的アクセスの良いエリアに住む人もいる。

一方、手取り85万円となるとマンションのグレードにこだわって住むことも可能であり、外食などである程度贅沢に使ったとしても金銭に困ることはほとんどない。

一方で、戦略コンサルの場合は中長期的にコンサルファームから転職することを考えている人も多く、そうなると年収減は免れないため、「あらかじめあまり生活水準を上げない」「しっかりと貯金をしておく」という堅実な人も多い印象である。

コンサルタントの年収に関する疑問

コンサルタントの年収に関してよく寄せられる疑問についてお答えする。

Q1. コンサルで年収が下がることはあるか?

結論から言うと、コンサルで年収が下がることはある。ただし、それはランクが下がることを意味しているが、そもそも本当に次のランクでもパフォームできるかという点を見られた上で昇格しているため、滅多にあることではない。

あるとすれば、求められるスキルセット、動き方が大きく変わるマネージャーでうまくパフォームできずに降格して年収が下がることや、コンサル転職で実力に見合わない高いランクで入手してしまい、翌年に降格して年収が下がるといったことである。

Q2. 未経験からコンサル転職時に年収を上げ過ぎない方がいいは本当か?

間違いなくコンサル転職で年収を上げすぎない方がいい。コンサルで年収が高い=ランクが高いということになる。昨今はコンサルファーム側の人手不足もあり、高い年収を提示されることも多いようだ。

しかし、未経験からコンサル転職でより高い年収(=ランク)で入社するのはデメリットしかない。コンサルでは「まだ入社したばかり」という言い訳は通用せず、ランクに見合ったパフォーマンスが求められる。

その結果、本来であれば教えてもらえたはずのお作法を習う機会がなくなったり、上位者・下位者から詰められるというのはコンサル現場でよく見る光景である。年収は高い方が良いというのはよく分かるがぜひ注意頂きたい。

Q3. コンサルは年収が高すぎて転職できないは本当か?

結論から言うと、コンサルは年収が高いことがネックとなり転職できないということは本当である。他業界と比較してコンサルは年収が高いため、他業界への転職で年収が下がることがほとんどである。

そうなると「年収を下げて転職する」ということになるが、それを実際意思決定するとなるとかなりハードルが高いことがわかる。生活水準を下げたり、引っ越しが必要な場合もある。また、家族がいれば家族の生活にも多少なりとも影響が出る。

実際に現役コンサルには「年収を下げればいつでも転職できる」という人も多いが、その多くが年収がネックになり、結局コンサルに居続ける人がほとんどである。

コンサルへの転職でおすすめのエージェント

コンサル業界は特殊で難易度が高い選考を行うことで有名である。筆記、ケース面接ともに徹底した対策をしなければ受かる確率は非常に低いと言っても過言ではない。対策においては筆記・面接ともにコンサル転職に強みを持つエージェントであれば知見が蓄積している。

そのため、コンサル転職を目指すのであれば必ずコンサル転職の支援実績が豊富なエージェントに登録して欲しい。具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

おすすめ度:★★★★★

アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。コンサル転職を成功したい人には、アクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

Aさん
(戦略コンサル転職者)
とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

Bさん
(総合コンサル転職者)
業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事