企業が直面する経営課題を解決するにあたり、ITなしには語れない。

そんなITを活用して企業の経営課題の解決するのがITコンサルタントである。

ITコンサルの仕事内容や年収、得られるスキルを徹底解説

本記事ではそんなITコンサルの実態について解説する。

ITコンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ITコンサルの仕事内容とは?

ITコンサルタントとは、ITを活用して企業の経営課題の解決するのコンサルタントの総称であるが、以下のような分類が存在し、仕事内容は大きくことなる。

1. IT戦略コンサル

ITコンサルの中でも「上流」と言われる領域で、ITを活用して経営課題を解決する戦略を策定する。

具体的には新規システムの企画や、既存システムの最適化などである。

戦略コンサルと言っても、戦略策定だけに留まらず実行まで支援することが求められる。

2. パッケージ導入コンサル

業務プロセスや現行システムの整理を行い、ERPやCRMなどのパッケージソフトの導入を支援する。

必要に応じてカスタマイズを行うことも求められる。

昨今市場を賑わせているSAPコンサルタントもこの分類に当たる。

3. RPA/AI導入コンサル

近年注目されている領域で、RPAやAIを活用して顧客業務の効率化や、顧客体験の向上を支援する。

より強く最新のIT知識が求められ、これから顧客ニーズの拡大が予測される領域である。

仕事内容

ITコンサルの内容は大きく2つのフェーズが存在する。

1つ目のフェーズはIT戦略やPJ計画を作成し、必要に応じて業務要件定義を行うフェーズである。

2つ目のフェーズは、1つ目のフェーズまでにITコンサルが検討した内容を踏まえてSEにシステムを開発してもらうフェーズである。

そのため、2つ目のフェーズではPMO(Project Management Office)として、プロジェクトをマネジメントしていくことが求められる。

ITコンサル仕事内容

コンサルファームにおける具体的な案件事例については以下をご覧頂きたい。

    代表的なコンサルファーム

    ITコンサルティングを提供する代表的なファームとして以下になる。

    大手総合ファーム

    大手総合ファームは幅広いサービスラインのひとつとしてITコンサルを行っている。

    ファームによってはITコンサルの比率が高いファームも存在する。

    • 企業例:アクセンチュア、デロイト、PwC、KPMG、EY、アビーム

    ITコンサルファーム

    ITコンサルティングの比率が総合ファームよりも高く、社内でSEを抱えて、一貫したサービス提供を行っている。

    • 企業例:IBM、ベイカレント

    シンクタンク

    金融機関や事業会社の系列企業として調査案件を中心に手掛けているシンクタンクだが、現在はITコンサルも行っている。

    • 企業例:野村総合研究所、日本総合研究所、NTTデータ経営研究所

    年収事情

    ITコンサルの年収事業としては、やはり戦略コンサルと比較してしまうと見落とりしてしまうものの、高給な職種と位置付けられる。

    初任給で見ると、アクセンチュアのITコンサル職、アビーム共に500万円+αという水準である。

    また、マネージャークラスまで昇格した場合はアクセンチュアのITコンサル職で900万円程度、アビームで850万円程度という水準である。

    仮に新卒入社の場合、早ければ5年程度でマネージャークラスに昇格できるため、30歳で1,000万円超えも見えてくる水準である。

    ITコンサルは激務なのか?

    平均的に見るとITコンサルは戦略コンサルと比較して激務ではないと言える。

    但し、ITプロジェクトはちょっとしたミスも許されない仕事であり、精神的な負荷は大きい。

    例えば、業務の要件定義が適切にできておらず開発段階でプロジェクトがストップしてしまう、ベンダー側の開発が遅延してしまい対応策検討が発生するなど、常に気が抜けない状態である。

    またこうした問題が発生した場合は、どうしても激務にならざるを得ないため、プロジェクトベースで見ると激務となってしまっている人も一定数存在する。

    身に付く知識/スキル

    ITコンサルとして働くことで、ITに関わる専門知識と課題解決スキルやマネジメントスキルと言った汎用的なスキルを同時に身に付けることができる。

    知識面で言うと、

    • 最新のIT動向に関する知識
    • パッケージソフトに関する知識
    • 特定の業界/業務に関する知識

    スキル面で言うと、

    • 顧客の経営課題やニーズを把握し、IT戦略やシステム企画に落とし込むスキル
    • 現行業務フローやシステムを可視化するドキュメンテーション
    • 複数のステークホルダーがいるプロジェクトにおけるマネジメントスキル

    ITコンサルは未経験でも可!

    ITコンサルでは高い専門知識が求められるものの、未経験でも転職することは可能である。

    実際、筆者の知人でも未経験からITコンサルに転職した人もいる。

    専門知識のキャッチアップは大変だった。
    最初の1-2か月は会議で何を話しているかが全く理解できず、議事録だけで1日近く掛かってしまうこともあった。
    但し、死ぬ気で頑張ればキャッチアップは十分可能だし、未経験でもすぐに活躍できるようになる。

    未経験→ITコンサル転職者

    どんな仕事でも共通することではあるが、多くの専門知識が求められる環境でも、キャッチアップする気概を持って取り組めば、自ずと力はついてくる。

    コンサルファーム側も未経験でも積極的に採用するスタンスであるため、未経験からでもITコンサルへの転職は決して諦める必要はない。

    ITコンサルに転職するなら"絶対に"やるべきこと

    前述の通り、「ITコンサル」と一言で言っても様々な仕事内容やポジションが存在する。

    そのためITコンサルへの転職を目指すなら、ITコンサル業界に精通しており一緒にキャリア戦略を検討してくれるエージェントを選ぶ必要がある。

    具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

    嘘のような話だが、ITコンサルの仕事内容について全く理解していないエージェントも実際に存在する。

    エージェントにITコンサルの知識がないと、「たまたま空いていた求人」を紹介されたり、「エージェントの利益になりやすい求人」を紹介されてしまい、貴重なキャリアを無駄にしてしまうリスクが発生してしまう。

    こうしたエージェントの厳選というのは、やれば"なお良し"ではなく"絶対に"やるべきことである。

    コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

    様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

    上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

    ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

    おすすめの記事