ITコンサルとは?仕事内容やSIerとの違い、企業一覧、年収ランキング、激務の実態までを解説

企業が直面する経営課題をITを活用して解決するのがITコンサルタントである。

本記事ではそんなITコンサルの仕事内容やSIerとの違い、ITコンサルに向いている人の特徴、企業一覧、年収ランキング、激務の実態まで徹底解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

ITコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

ITコンサルとは

ITコンサルとは、ITを活用して企業の経営課題の解決するのコンサルタントの総称である。

顧客の経営戦略やIT戦略にしたがって、どのようなシステムを導入するべきかを顧客と共に検討するほか、システムの導入支援、システムやベンダの選定、導入後の効果分析等も担う。

IT戦略や業務改善など特定の業界に対する専門性を持たないものや、SAPコンサル、CRMコンサルのように特定のパッケージ・システムに関する専門的な知識が求められるものなど、ITコンサルの種類は幅広い。

ITコンサルの仕事内容

ここでは、ITコンサルの仕事内容についてより具体的に紹介する。

ITコンサルの仕事内容①:IT戦略系

IT戦略コンサルタントは、IT戦略を策定し、その実現に向けたあらゆる支援を行う。

具体的には、IT戦略そのものの策定のほか、戦略実現のための中長期計画の策定、IT投資計画の策定、IT戦略を実現するためのシステム及びツールの選定、導入提案などである。

場合によっては、システムの設計、開発、最適化、動作検証までワンストップで対応することもある。

顧客の業界やビジネス状況に対する深い知見及び理解に加えて、ITシステム・ツールを含む幅広い知見が求められる。

ITコンサルの仕事内容②:業務(SAP、CRM等)系

業務系のITコンサルは特定の領域に特化したコンサルタントである。

ERPコンサル、SAPコンサル、CRMコンサル、SCMコンサル等、パッケージの導入支援や顧客の業務内容に合わせたパッケージ及びシステムの選定、効果分析、提案、導入、運用等を担う。

業務系の場合は、顧客の商流の理解、業務内容(CRMコンサルの場合は営業経験等)の理解、パッケージの知見等が求められる。

ITコンサルの仕事内容③:PMO

PMOコンサルは、PMの支援及びサポートを担う。

具体的には、プロジェクトの品質管理、納期の標準化、人材・コスト管理、プロジェクトの進捗管理、ベンダコントロール等が業務である。

PMOコンサルは多くのステークホルダーとコミュニケーションをとりながらプロジェクトを遂行していく力が問われるため、コミュニケーション力が必要とされる。

ITコンサルにおける具体的な案件事例については以下をご覧頂きたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ITコンサルとSE/SIerとの違い

ここでは、ITコンサルとよく混合されてしまうSE/SIerとの違いを解説していく。

ITコンサルの仕事には大きく2つのフェーズが存在する。

  1. IT戦略やPJ計画を作成し、必要に応じて業務要件定義を行うフェーズ
  2. 1つ目のフェーズまでにITコンサルが検討した内容を踏まえてSEにシステムを開発してもらうフェーズ

2つ目のフェーズではITコンサルはPMO(Project Management Office)として、プロジェクトをマネジメントしていくことが求められる。

 it-consul-flow

よく混合されがちなSE/SIerとの違いで言うと、ITコンサルは全体の企画・設計から業務の要件程度までを行い、その後はSE/SIerが実際に手を動かすのをマネジメントする立場となる。

その他より踏み込んだITコンサルとSE/SIerの違いとしては以下の3点があげられる。

違い①:顧客の経営戦略まで踏み込むか

ITコンサルとは、ITを活用して顧客の課題を解決する職種であることは上に述べたとおりである。

IT戦略関連の案件の場合、顧客が抱えている課題に対してITをどのように活用するか、ITを導入することでどのような効果を期待するか等をヒアリングを通じて定義するところから始まる。

一方、SIer/SEの場合はすでに定義された課題に対してどのようにシステムを実装していくか、を検討する段階から関わることになる。より上流の段階から関わる機会があるか否か、という点がITコンサルとSIer/SEを分ける一つの大きな特徴である。

違い②:開発部隊を内包しているか

コンサルタントは「お客様の業務支援」が主な業務であるため、お客様の現場に踏み込み、サーバや開発環境で直接手を動かすような仕事は基本的にはない。

SIerも開発業務自体は外部業者に委託することが一般的だが、人手が足りない場合は社員が手を動かすこともある。会社によって、外注のビジネス構造をとらずに自社に開発部隊を構えてワンストップで対応する場合もある。

違い③:業務において求められる知見の広さ

担当する業務の性質によるものの、ITコンサルタントはシステムのみに精通していれば問題ない、というわけではない。

システムに関連する知識や経験が豊富であることは大前提として、携わるシステムに関連する法律や国がまとめているガイドライン、規程の内容、情報システムに関する報道の内容等、顧客の業界、業務、システムの仕様に影響することは網羅的に把握しておく必要がある。

ディレクターのような高い役職であるか、ジュニアメンバーであるかどうかは関係ない。「コンサルタント」という職種である以上、経験の多寡に関わらず精通していることが求められる。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ITコンサルに向いている人の特徴

ここでは、ITコンサルに向いている人の特徴を3つ挙げて解説する。

特徴①:迅速に必要な情報を整理・理解できる人

コンサルタントはアサイン期間を終えると即座に次の案件にアサインされる。案件を移り変わる度にゼロから顧客のシステム構成等を把握することになるが、顧客は担当するシステムに長年携わっている場合が多い。

案件立ち上げ直後だからといって「分からない」「知らない」が許されることはなく、担当者と同じ深さ・広さの知識をいかに短期間でキャッチアップできるかを問われ続ける。

業務遂行において必要な情報が何で、その情報がどこにあるのかを整理し、かつ、インプットした情報を即座に理解できる理解力が求められる。

特徴②:言語化能力が高い人

ITコンサルタントの場合、ジュニアメンバーであっても顧客の前に立ち、担当する業務に関する説明をする機会がある。

案件に依るものの、顧客側がITの知見が豊富であるとは限らない。担当者がITに詳しくない場合であっても、相手の理解度に応じて説明できる言語化力が求められる。

特徴③:打たれ強い人

システム開発が予定よりも遅延した、想定外のトラブルが発生した等、顧客の期待値を満たせなかった場合、担当者から烈火のごとく怒られることもある。

顧客から怒られることがない場合であっても、事業会社と比較すると物をハッキリ言う性格の人が多いため、上位者から厳しく注意されることもある。そのような場合であっても打ちひしがれずに毅然と向き合う胆力と精神力を持つ人はITコンサルタントに向いていると言える。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ITコンサルの大手企業一覧

main-it-consul-farm-list

▼大手総合コンサルファーム

アクセンチュア、デロイト、PwC、KPMG、EY

大手総合ファームは幅広いサービスラインのひとつとしてITコンサルを行っている。ファームによってはITコンサルの比率が高いファームも存在する。特にアクセンチュアはITコンサルに強みを持つコンサルファームとして知られている。

▼大手ITコンサルファーム

アビーム、IBM、ベイカレント、クニエ、シグマクシス

ITコンサルティングの比率が総合ファームよりも高く、社内でSEを抱えて、一貫したサービス提供を行っている。

▼シンクタンク

野村総合研究所、日本総合研究所、NTTデータ経営研究所

金融機関や事業会社の系列企業として調査案件を中心に手掛けているシンクタンクだが、現在はITコンサルも行っている。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ITコンサルの年収

アクセンチュアの役職 年次(目安) 年収(目安)
アナリスト 1~3年目 430~600万円
コンサルタント 3~6年目 550~800万円
マネージャー 5~12年目 850~1100万円
シニアマネージャー 10年目~ 1200~1800万円
ディレクター 実力による 2000~3000万円
マネージングディレクター 実力による 5000万円~

上記は大手ITコンサルに強みを持つコンサルファームであるアクセンチュアの役職別の年収である。各社によって年収レンジは多少異なるものの、おおよそのレンジとしてはアクセンチュアを基準として捉えても大きくは外れない。

ITコンサルの年収自体は、やはり戦略コンサルと比較してしまうと見落とりしてしまうものの、高年収な職種と位置付けられる。役職別で見ると一番最初のランク(アナリスト)で430~600万円、コンサルタントで550~800万円、マネージャーで850~1100万円となっている。

年齢としては30歳を超えたあたりで年収が1000万円を超えるようなイメージ感である。(ただし、日系ファームや中堅・中小ファームになると年収が1000万円を超えるのがもう少し遅くなる)

その後シニアマネージャーで1200~1800万円、ディレクターで2000~3000万円、マネージングディレクターで5000万円~という年収レンジとなっているが、マネージャー以降でここまで上がるのは外資系のみであり、日系ITコンサルファームではシニアマネージャー以降はほとんど年収が上がらないということも珍しくない。

いずれにしても他の職種と比較してITコンサルの年収はかなり高いと言える。(例えば、高い年収に魅力を感じてSEからITコンサルに転職する人も多いようだ)

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ITコンサルランキング(現役からの評価)

consulfarm-ranking-it

上記は、米国のVault.comが現役コンサルタント数千名の回答を基にランキング(IT Strategy Consulting部門)として公表しているものである。Vault.comの調査では現役コンサルタントが自分が所属するファームを除き、最大で3票投票することができ、現役コンサル(数千名)からの評価という点が面白いランキングになっている。

やはりITコンサル領域ではアクセンチュアが1位となっており、次いでデロイト、IBMという順位となっている。以外な点としてはマッキンゼーやBCGといった戦略コンサルファームが4,5位となっている点である。

現在の経営課題はITなしでは語れないことも多く、戦略コンサルファームといってもITコンサルティングを行っていることが分かる。

ITコンサルの年収ランキング

it-consul-income-ranking

上記は主要ITコンサルについて、openworkにおける平均年収をランキングにしたものである。あくまでopenworkにおける回答者平均であるため、正式に開示されている平均年収ではないものの、大きく外れた平均年収にはなっていないため、ぜひ参考にしていただきたい。

ITコンサルサービスを提供する各社を職位別で年収を比べると総合コンサル>ITコンサル≧総研となるが、総合コンサルやITコンサルは新卒でかなりの数を採用しているため、どうしても平均年齢が低くなり、結果として平均年収が低くなる構図となっている。とは言え、NRIはITコンサルの中でも頭ひとつ抜け出しており、年収ランキングで堂々の1位となっている。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ITコンサルは激務なのか?

平均的に見るとITコンサルは戦略コンサルと比較して激務ではないと言える。

以下は主要コンサルティングファームの激務度(=残業時間)ランキングであるが、アクセンチュアやアビームコンサルティングの残業時間はかなり少ない方となっている。

consulfarm-ranking

上記ランキングは主要コンサルファームの月間残業時間に基づいて作成している。(出典:openwork

各ファームの略称:
RB:ローランド・ベルガー、ADL:アーサー・D・リトル、Mck:マッキンゼー、DI:ドリームインキュベータ、CDI:コーポレイトディレクション、BCG:ボストンコンサルティング、ATK:A.T. カーニー、DTC:デロイト、Bain:ベイン、AC:アクセンチュア、AB:アビーム

但し、以下のような要素が複数揃ってしまうと激務になってしまうのが実態であり、一般的な水準から見ても激務と分類されることが多い。

  • そもそものプロジェクトの納期が厳しい
  • 想定外のトラブルが発生する
  • 複数プロジェクトを同時に担当する

また、ITコンサルのプロジェクトはちょっとしたミスも許されない仕事であり、精神的な負荷は大きい。例えば、業務の要件定義が適切にできておらず開発段階でプロジェクトがストップしてしまう、ベンダー側の開発が遅延してしまい対応策検討が発生するなど、常に気が抜けない状態である。

またこうした問題が発生した場合は、どうしても激務にならざるを得ないため、プロジェクトベースで見ると激務となってしまっている人も一定数存在する。

とは言え、こうした激務の状態はずっと続くことは稀であること、また激務の裏返しとして成長というリターンがあることなどが魅力となり、部分的に激務であってもITコンサルは人気の高い転職先となっている。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ITコンサルは未経験でも転職できるか?

結論から言うと、ITコンサルでは高い専門知識が求められるものの、未経験でも転職することは可能である。実際、各ITコンサルファームの求人において、ITコンサルの経験が必須条件としているファームはほとんどいない。

また、筆者の知人でも未経験からITコンサルに転職した人もいる。

専門知識のキャッチアップは大変だった。
最初の1-2か月は会議で何を話しているかが全く理解できず、議事録だけで1日近く掛かってしまうこともあった。
但し、死ぬ気で頑張ればキャッチアップは十分可能だし、未経験でもすぐに活躍できるようになる。

未経験→ITコンサル転職者

どんな仕事でも共通することではあるが、多くの専門知識が求められる環境でも、キャッチアップする気概を持って取り組めば、自ずと力はついてくる。コンサルファーム側も未経験でも積極的に採用するスタンスであるため、未経験からでもITコンサルへの転職は決して諦める必要はない。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ITコンサルで身に付く知識/スキル

ITコンサルとして働くことで、ITに関わる専門知識と課題解決スキルやマネジメントスキルと言った汎用的なスキルを同時に身に付けることができる。

▼知識面

  • 最新のIT動向に関する知識
  • パッケージソフトに関する知識
  • 特定の業界/業務に関する知識

    ▼スキル面

    • 顧客の経営課題やニーズを把握し、IT戦略やシステム企画に落とし込むスキル
    • 現行業務フローやシステムを可視化するドキュメンテーション
    • 複数のステークホルダーがいるプロジェクトにおけるマネジメントスキル

    コンサルへの転職を成功させるためには

    コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

    また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

    そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

    コンサル転職なら
    Flow Groupがおすすめ
    コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
    Flow GroupのおすすめPOINT
    • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
    • 独自求人や独自選考ルートあり
    • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
    お問い合わせする

    コンキャリ運営会社「Flow Group」について
    この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
    コンサルに特化した転職エージェントです。
    • コンサル出身者による手厚い選考支援
    • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
    • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
    など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
    コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
    是非ともご相談くださいませ。
    お問い合わせする

    コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

    会社名 株式会社Flow Group
    会社HP https://consul-career.com/corp/
    所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
    法人番号 5011001129632
    厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
    適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

    Visited 998 times, 1 visit(s) today
    おすすめの記事