インフキュリオンの激務の実態やリアルな評判をインタビューから徹底解説

インフキュリオンは「金融×テクノロジー」の力で社会変革を推進するDXカンパニーとして、高いプレゼンスを確立している。

本記事ではそんなインフキュリオンの激務の実態や社員によるリアルな評判を徹底解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元インフキュリオン社員複数人にインタビューを行っている。

本記事でわかること
  • インフキュリオンの激務の評判
  • インフキュリオンのリアルな評判(ポジティブ・ネガティブ)

インフキュリオンへの転職を目指す上ではおすすめのコンサル転職エージェントも参考にして頂きたい。

インフキュリオンの激務の実態

ここでは、インフキュリオンの激務の実態について解説していく。

定性・定量の2つの観点で解説していくためぜひ参考にしていただきたい。

【定性面】激務の実態

インフキュリオンは、金融・決済領域を中心としたプラットフォーム提供、および、コンサルティングサービスを展開していることから、プロジェクトの終盤を迎えると、どうしても残業が多くなったり、時には徹夜をしなければいけない状況になってしまうこともあるようだ。

2006年の設立当初から数年の間は、クライアントからの信頼を獲得するために、多くの社員が徹夜しながらも仕事をしてきたようだが、一方で、近年では、人員も多くなり、社員1人が背負う業務量も適度な量になってきたため、激務度合いは緩和されつつあるようだ。

元インフキュリオン社員、および、現役インフキュリオン社員から、当時・現在について、それぞれ語ってもらった。

当時は確かに忙しかった記憶がありますね。私自身、20代と若かったので、体力と根性で乗り切っていた部分がありましたが、今では無理だと思いますね。それくらい人手も足りなかったですし、必死に仕事をしていました。

元インフキュリオン社員A氏

私は、最近のインフキュリオンしか知りませんが、少なくとも連日残業が続いたり、徹夜が続くことは無いですね。上司の方々も業務量をコントロールしてくれていますし、会社全体として残業を少なくしようという文化になっていますよ。

現役インフキュリオン社員B氏

【定量面】激務の実態

次にこの「インフキュリオンは激務か」という点の真相を探るために定量面ファクトを見てみたい。

以下は主要コンサルファームの月間残業時間をランキング化したものである。(出所:Open Work

順位 ファーム名 月間残業時間(h)
1 アーサー・D・リトル 85.4
2 マッキンゼー・アンド・カンパニー 76.7
3 ドリームインキュベータ 75.5
4 A.T.カーニー 72.6
5 ローランド・ベルガー 68.2
6 ベイン・アンド・カンパニー 64.4
7 デロイト・トーマツ・コンサルティング 63.1
8 ボストン・コンサルティング・グループ 62.8
9 PwCコンサルティング 62.4
10 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 53.1
11 アクセンチュア 52.1
12 KPMGコンサルティング 43.4
13 アビームコンサルティング 36.3
14 インフキュリオン 33.9
15 ベイカレント・コンサルティング 33.0

インフキュリオンの月間残業時間は33.9時間となっており、主要コンサルファームの中では14番目となっている。

月間残業時間を20営業日で割ると、1日約1.5時間程度であり、仮に18時が定時だとすると、19時半には退社するような働き方であり、決して激務であるとは言えない水準である。

特に激務ランキングの下にいるアクセンチュアやアビーム、ベイカレントは業界の中での積極的に働き方改革を進めていることで知られているが、それらのファームと同水準であることからも、インフキュリオンを「激務」と言ってしまうのは少し言い過ぎと言えるかもしれない。

ただし、インフキュリオンに限らず、全てコンサルファームに共通して言えることではあるが、実際に激務になるかはプロジェクトの内容やフェーズによって大きく変わってくるため、必ずホワイトになるわけではないという点はご留意いただきたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

インフキュリオンのポジティブな評判

ここでは、インフキュリオンのポジティブな評判について解説する。

エンジニアとコンサルを学ぶことができる

インフキュリオンは、コンサル企業でありながら、金融・決済領域向けのプラットフォーム開発を手掛けている等、多角化事業を行っている。

そのため、社員はプロジェクト次第では、コンサルタントでありながら、プラットフォーム開発のプロジェクトに参画することもあり、そこではエンジニア関連の知識を学ぶことができる。

また、逆にエンジニアの社員が、コンサルタント案件に参画することもある。

その結果として、エンジニア・コンサルタントの双方を多面的に考えることができる社員が増え、社員のレベルアップにつながっているようだ。

エンジニアとコンサルタントの交流会があったり、お互いに勉強しようとする文化・取り組みがありますね。これからの時代、どちらのことも理解しておくことが重要になると思うで、日々、良い刺激になっていますね。

現役インフキュリオン社員C氏

大企業とのビジネスを経験できる

インフキュリオンのクライアントには、大手の日本企業も多くいるため、大企業相手のプロジェクトも多く、社員にとって貴重な経験となっているようだ。

大企業特有のステークホルダーの多さ、調整の難しさ、役員との議論等、社会人としてたくさん経験できないことが、インフキュリオンでは経験できる。

その結果として、若くして飛躍的に成長し、同社の立派な戦力となっている社員も多いようだ。

大企業をクライアントとするプロジェクトでは、今まで経験したことの無いような大変さや苦労があります。一方で、やりがいや成長は計り知れないものがあるので、そういった経験をする職場としては、弊社は最高の環境だと思います。

現役インフキュリオン社員D氏

誰もが働きやすい

女性や子育て世代の社員が働きやすい環境・文化が整っていることも、インフキュリオンのポジティブな評判を呼んでいるようだ。

同社では経営陣、マネージャー陣の多くの社員が、子育て世代、かつ、夫婦共働きということもあり、社内全体として家庭・育児のことが考慮された、働き方を実践している。

社員のスケジュールには、必ずと言っていいほど、子供の送り迎えや、学校行事等が反映されており、その時間帯には、会議はもちろん、仕事も振らないようにする等の文化が浸透しているとのことである。

このようにどの社員も、気持ち良く働くことができることが同社のポジティブな評判につながっているのだ。

事前のご家庭の用事はもちろん、お子さんが風邪をひいてしまった時などの突発的な出来事が発生した場合でも、全員でカバーする文化が浸透していますね。いつからか分からないですけど、私が入社した頃から、すでにそういった文化でした。

現役インフキュリオン社員E氏

仕事のプロセスを重視

インフキュリオンでは「仕事の結果は、仕事のプロセスで決まる」という考えを持っており、社員にも「どのような考えで仕事を行っているか」を重視するように求めている。

もちろん、ビジネスでは成果が最も求められるが、一方で、社員の成長を長期的に見据えると、仕事のプロセスを重視する文化が望ましいとなっているようだ。

そのため、社員は結果ばかりを追い求めるのではなく、仕事の過程を大事にするようになり、結果として、良い成果が出ているとのことである。

インフキュリオンでは仕事の過程を重視します。言われてみたら、当たり前なのですが、過程を変えると結果も変わることを改めて気づかせてくれていますね。

現役インフキュリオン社員B氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

インフキュリオンのネガティブな評判

ポジティブな評判がある一方で、インフキュリオンにネガティブな評判もあるようだ。

ここでは、評判が本当であるのか、実態も含めて解説する。

評価基準が曖昧

インフキュリオンでは半期ごとに評価会を実施し、昇給・昇格、および、賞与を決める制度を導入している。

ただ、社員の中では「評価基準が曖昧で、納得できる評価をもらっていない」と愚痴をこぼす社員もいるとの噂があがっている。

実態はどのようになっているのか、現場の社員に話を聞いてみた。

評価基準は定性的・定量的な側面の両方で評価するようになっています。定性的な部分も職階ごとに求めるスキル等が記載されていますし、評価者もそのルールに沿って評価するようにしていますので、ある程度、透明性・公平性のある基準となっていると思いますよ。私の周りには、評価基準に関んして文句を言う社員はいないので、あくまで、噂レベルかと。

現役インフキュリオン社員C氏

金融・決済に特化しすぎている

インフキュリオンは金融・決済領域向けのシステム・プラットフォーム開発を展開する等、金融・決済領域に強みを持っている。

一方で、特定の領域だけに集中していると、多くの競合他社が参入し、レッドオーシャン化した場合に、インフキュリオンの売上の低下、更には経営基盤が揺らいでしまうリスクがある。

そうしたリスクがあることに、現場の社員はどのように感じているのだろうか。

まず、金融・決済領域では他社には負けないように差別化を図っていくように会社全体で頑張っていますし、勝ち続ける自信もあります。一方で、会社として領域を広げていくことも考えていますので、将来的には他の領域にも参入していくと思いますね。

現役インフキュリオン社員D氏

年収が低い

インフキュリオンは、他のコンサルティングファームに比べて、年収が低いという評判があがっているようだ。

実際、例えばディレクターの年収水準は、同等のポジションである外資系戦略コンサルティングファームのパートナーと比べると低い場合もある。

一方で、同等もしくはそれ以上の年収を実現させているディレクターも存在しており、「成果次第では、高年収を実現できる」というところが実態であり、現場の社員も同じことを方ている。

「年収は本人次第でいくらでも高くなる」のが、リアルな返事になりますね。全体平均だと他のコンサルティングファームより、年収水準が低くなるかもしれませんが、実力次第で他社を追い抜くことも容易です。実際に他社を超える年収を手に入れている社員の方々もたくさんいますよ。

現役インフキュリオン社員E氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 718 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事