PwCコンサルティングへの転職徹底解説 | 激務・評判・難易度

PwCコンサルティングはBIG4コンサルの一角として国内においても高いプレゼンスを確立しているコンサルファームである。

PwCコンサルティング自身も採用を積極的に行っていることから、PwCへの転職を志向している方も多いのではないだろうか。

PwCコンサルティングへの転職を徹底解説

PwCコンサルティングを始めとしたコンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

PwCコンサルティングの強み

PwCコンサル_組織図

PwCコンサルティングは、業種別に分かれたインダストリー軸と、専門領域別に分かれたソリューション軸でチームが分かれている。

インダストリー軸のチームとソリューション軸のチームは、案件に応じて協業するマトリックス組織となっている。

例えば「自動車メーカーのオペレーション改善」の案件であれば、自動車業界チームとオペレーションズのチームが協業することになる。

それぞれのチームが高い専門性を持っているため、両者が協業することで高い専門性のあるサービスを提供できる点がPwCコンサルティングの大きな強みである。

また、2014年にPwCが米系戦略ファームであるブーズ・アンド・カンパニーを買収することで、ストラテジーコンサルティング(Strategy&)の機能に磨きをかけている。

このストラテジーコンサルティング(Strategy&)の機能もPwCの強みの一つと言える。

PwCコンサルティングの変遷

PwCコンサルティング_変遷

2001年にアーサー・アンダーセンが監査とコンサルティングを提供していたエンロンの会計粉飾に関与した事件が起きた。

エンロン事件をきっかけに、かつてBIG5と呼ばれていた会計事務所を出自としたファームは、会計事務所によるコンサルティング業務の提供に規制が設けられ、それに伴う再編が行われた。

それはPwCも例外ではなく、非常に入り組んだ再編が行われている。

過去のPwCのコンサルティング部門は現在のIBMとなっており、現在のPwCコンサルティングはアサーアンダーセンとKPMGの合併会社(べリングポイント)が出自となっているのだ。

PwCコンサルティングの転職難易度

結論から先に言うと、PwCコンサルティングの転職難易度はコンサル業界の中では決して高くない。

PwCコンサルティングは業績も順調に拡大しており、採用規模を拡大している。

一方で、PwCコンサルティングは定年まで働く会社ではなく離職率も高いため、常に人員不足という状態になっているようだ。

そのため、人気企業であるものの、転職難易度は決して高くないという状況になっている。

ただし、あくまで「コンサル業界の中で」という話であり、一般的な水準から見ると難易度は高いと言える。

加えて、ケース面接など特殊な選考をするため、コンサル転職の支援実績が豊富なエージェントの利用は必須と言っても過言ではない。

PwCコンサルティングの年収

PwCコンサル_役職別年収

上記がPwCコンサルティングの役職別年収になる。

PwCコンサルティングはデロイトやKPMGと異なり、1つ1つの昇進に時間が掛かるが、2回の昇進でマネージャーまで到達することになる。

早ければ6年程度のマネージャーに昇進して1000万円の年収を超えることになる。

但し、あくまで目安年収であり、評価によってボーナス額も昇進スピードも大きく変わってくる点がPwCコンサルティングの大きな魅力である。

PwCコンサルティングは激務なのか?

現役コンサルである筆者はよく「コンサルは激務か?」と質問を受けるが、こればかりは「プロジェクトによる」としか答えようがない。

PwCコンサルティングの場合も同様で、激務かどうかはプロジェクトによる。

どのファームも見ても、すべてのプロジェクトで激務のファームもなければ、ホワイトなファームもないのが実情である。

プロジェクトのスケジュールやクライアントの状況、プロジェクトのテーマ、チームの力量によって激務かどうかは大きく変わってくるのだ。

一方で、その中でもPwCコンサルティングは働き方改革に積極的に取り組んでいるようだ。

実際、筆者の知人が転職エージェントより「働き方改革が進んでいる」という理由でPwCコンサルティングを激推しされたという。

PwCコンサルティングのリアルな評判

実際にPwCコンサルティングに転職した知人にPwCコンサルティングの評判について聞いた内容を紹介する。

▼知人略歴

  • 新卒で大手証券会社に入社
  • 20代後半でPwCコンサルティングに転職
  • 現在はITコンサルタントとしてシステム構築/導入案件を担当

PwCコンサルティングの良い評判

グレイヘア
PwCに転職して良かったことについて教えてください

転職者
実際にPwCに転職してみて良かったと感じることは3つあります

1. 任せる文化がある

前職ではとにかく「任せない」文化が強く、在職していた2年間は上司に付きっ切りで自分が先頭に立つことがほとんどなかった。

一方、第二新卒として転職したPwCではすぐに自分が先頭に立つことを求められた。

コンサル未経験である自分にとって足りない分も多々あり、うまく進められていない時には放置せずに丁寧にサポートもしてくれた。

任せっきりにするのではなく、成長のために適切に「任せる文化がある」点はPwCに転職して良かったと感じる点である。

2. 親身な雰囲気がある

仕事を進める際だけでなく、働き方やキャリア形成についても親身に相談に乗ってくれる雰囲気がある点もPwCに転職して良かったと感じる点である。

前職でも親身に相談に乗ってくれる上司は沢山いたが、それはプライベート的な側面が強く、仕事になると一方的に言われたことをやるという雰囲気だった。

一方、PwCは職場として仕事の中で、親身に相談に乗ってくれるため、ビジネスパーソンとしてどうなりたいか、どうしていきたいかという点を嘘をつかずに伝えることができる。

また役員クラスとの距離が近いのも、大手証券会社にいた自分としてはポジティブなギャップであった。

3. バランスの取れた働き方

PwCはコンサルファームの中でも早くから働き方改革に着手しており、サステイナブルな働き方が推奨されている。

その働き方改革も上辺のものではなく、マネージャー以上には明確に責任が負わされている。

コンサルというと激務のイメージがあるが、バランスと取れた働き方ができているのはPwCに転職して良かった点である。

PwCコンサルティングの悪い評判

グレイヘア
逆に、PwCに転職してイメージと違ったことについて教えてください

転職者
実際にPwCに転職してみてイメージと違ったことは3つあります

1. ドメスティック案件がほとんど

PwCへ転職する前はグローバルなイメージが強かったが、実際はドメスティック案件がほとんどでグローバルで連携することもほとんどない。

自分自身もグローバル案件を手掛けていきたいと考えていたこともあったため、ドメスティック案件がほとんどという点はネガティブなギャップである。

2. 長期案件が多い

ITコンサルという職種もあるが長期案件が非常に多く、1年半~3年程度は同じ案件ということが多々ある。

長期案件の場合はクライアントとの距離も近くなり、様々な課題を打ち明けてくれるため長期案件こその良さもあるが、どうしても成長曲線が緩やかになってしまう。

成長したいという想いでPwCに転職した自分にとっては、このままでいいのかという悩みはある。

3.  他BIG4コンサルと比較して給与水準が低い

BIG4コンサルの中でもPwCは存在感が大きいが、給与水準で見ると他BIG4コンサルの方が高い場合がある。

そのため、PwCから他BIG4コンサルに転職する人も多々いる。

中期的にコンサルを続ける場合は、PwCではない選択肢も検討するといった雰囲気がどことなくある。

PwCコンサルティングへの転職でおすすめのエージェント

総合ファームであるPwCは非常に幅広いサービスラインを持っており、サービス内容は多岐に渡る。

また、コンサル業界自体が変化が早いということもあり、実際問題PwCの実態ついて正確に把握していないエージェントも存在する。

そのため、"絶対に"コンサル転職に知見と実績を兼ね備えたエージェントを選ぶ必要がある。

具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

おすすめ度:★★★★★

アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。

ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。

コンサル転職を成功したい人には、筆者の実体験からもアクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

Aさん
(戦略コンサル転職者)
とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

Bさん
(総合コンサル転職者)
業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事