30代でのポストコンサル転職の実態

コンサル業界は成長を続けており、成長に合わせてコンサル人口も増加傾向にある。

一方で多くの人が「一生コンサル」ではなく、ポストコンサルとして別のキャリアを歩むことになる。

インタビュー:30代でのポストコンサル転職

今回は30代でポストコンサル転職した方に、ポストコンサル転職の経緯、転職時~転職後の苦労、転職して良かった点についてお聞きした。

ポストコンサル転職を検討している人は、コンサル/ポストコンサル転職に特化したアクシスコンサルティングや、金融やコンサルなどのハイクラス転職に特化したコトラにまず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

ポストコンサル転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ポストコンサル転職の経緯

ー はじめに簡単に経歴を教えてください。

新卒で外資系の戦略コンサルファームに入社しました。

順調に昇格して1年半程度マネージャーをやった後に、30代前半でメガベンチャーに転職しました。

― ポストコンサル転職を考えたきっかけについて教えてください。

新卒からコンサルファームだったこともあり色々な方のキャリアを見てきましたが、コンサルというキャリアを最大限に活かしていくなら2つのパターンしかないと思います。

  1. コンサルタント(20代中盤~後半)での転職
  2. パートナー(あるいは近い立場)での転職

あくまでイメージですが、職位がコンサルタントで20代中盤~後半の場合、コンサルタントとしての基礎スキルを身に着けた段階で、とは言え、まだ"若手"として誰かの下に付けて経験が不足している部分を補うことも可能です。

だからこそ、事業会社から一番重宝される年齢ゾーンでもあります。

また、パートナーまで上り詰めている場合は、コンサルティングスキルはもちろん、特定の業界における知見や人脈、経験も豊富であるため、企業としてもトップポジションでオファーを出すことができます。

一方で、事業会社に転職する上では30代マネージャーというのは非常に中途半端です。

年齢やポジション的に、部下を持つ立場になるわけですが、事業運営の経験や特定業界における深い知見もなければ、マネジメント経験も決して豊富とは言えないわけです。

居心地の良いファームを離れて強くやりたいことが特になくファームに居続けてしまいましたが、「自分はパートナーまでやる覚悟があるのか?」と自問自答した時に答えがNoであったため、ポストコンサル転職を真剣に考え始めました。

転職時に苦労した点

― 30代でポストコンサル転職をする際に苦労した点について教えてください。

苦労したのは「強くやりたいことが見つけられなかった」ことです。

外資戦略コンサルのマネージャーともなると、事業会社への転職の場合はどうしても年収を下げざるを得ません。

その時に「どこまでの下げを許容できるか?」という点ですが、強くやりたいことがないとどうしても下げを許容できなくなってしまいます。

「戦略コンサル出身者」として多くの選択肢があると思っていましたが、年収の下げ幅という切り口を入れた途端に選択肢がほとんど残らず、絶望したのを覚えています。

― 選択肢がほとんど残らなかったということは、転職時はそこまで迷うことはなかったのでしょうか。

いえ、すごく迷いました。

ここまで迷うと「ファームに残り続ける」という選択肢もちらついてしまうので、「これは本当にやりたいことなのか?」という疑問は常に頭の中にありましたし、一時転職活動を休止した期間もありました。

もし転職当時の自分が20代後半であれば「2-3年やって飽きたら転職すればいいや」と割り切れましたが、30代でその選択はなかなか難しいです。

そうなると、なおさら「これは本当にやりたいことなのか?」と強く考え込んでしまいました。

そうした迷いはありましたが、最終的に社内の中で幅広いオポチュニティがある某メガベンチャーに転職することに決めました。

転職後に苦労した点

ー 30代でポストコンサル転職してみて苦労した点はありますか?

「マネジメント」と「意思決定」には苦労しましたし、なんなら今も苦労しています。

「マネジメント」については多くの人が語る話なので、詳しく説明するまでもありませんが、プロファームと事業会社では仕事へのスタンスや仕事の位置づけ、コミュニケーション方法など、何から何まで違います。

どちらが良い悪いではありませんが、コンサルでは普通だったコミュニケーションが「パワハラ」として指摘されたこともあります。(笑)

マネージャーのポジションで転職してしまうと、事業会社におけるマネジメントのお手本を見ることができないという点も、30代になる前に転職した方がよいと思う理由の一つです。

ー 「意思決定」についてはいかがでしょうか?

「意思決定」の中でも、多くの人に影響があり、かつに自分自身が責任を持って何かが起きた時に自分が尻拭いをしなければいけないものというのは、実はコンサルファームのマネージャークラスではほとんどありません。

日々無数の意思決定を迫られる中で、時には非合理な判断を行う必要もあれば、下した意思決定の結果、他部署や部署メンバーから反感を買うことだってあります。

寝技を交えながらそうした反感を受け止めて、前に進み続けなければいけません。

コンサル時代のように「物事をじっくり考える」というとは別の世界の話です。

正直、転職して仕事が辛いなと思ったこともあります。(笑)

転職して良かった点

ー 逆に、転職して良かった点はありますか?

転職して良かった点を挙げるとまずは「ワークライフバランス」ですね。

ちょうど結婚をしてライフステージが変わったタイミングでもあったので、バランスが取れた働き方ができるのは非常にありがたいなと感じています。

コンサル時代の働き方を続けるとなると、結婚生活やいずれ子供ができた時の育児はどうしてもパートナーに負担を掛けてしまうものになるなぁと思います。

あとは、キャリア的な不安がなくなったのは転職して良かった点です。

自分みたいに長期的にコンサルを続ける気がない場合は、時折急にキャリアについて不安を感じたり、あるいは同僚が転職するのが異常に気になってしまう時があります。

そういった精神的な安定を手に入れられたのは転職して良かったなと思います。

30代でポストコンサル転職するなら"絶対に"やるべきこと

今回は、30代でポストコンサル転職した方にお話しを伺った。

外資戦略コンサルでマネージャーまで昇格した人でも、逆にマネージャーという職位と30代という年齢がハードルとなり、転職で苦労する面もあるようだ。

また、30代のコンサルタントと一言で言っても、経験したプロジェクトも大きく異なるため、個々人によって専門性もスキルセットも大きく変わってくる。

こうした特殊な苦労も含めて、コンサルタントという職業に対する理解がエージェントにないと、適切な求人を紹介してもらうことはできない。

嘘のような話だが、コンサル業界やコンサルタントに対してろくに知識もない人がエージェントをやっていたりする。

そのため、コンサル業界知識やポストコンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを選ぶ必要がある。

具体的には、コンサル/ポストコンサル転職に特化したアクシスコンサルティングや、金融やコンサルなどのハイクラス転職に特化したコトラに登録すべきである。

仮に最適なエージェントを選ぶことができなければ、最適な求人に出会えないことはもちろん、自分自身を安売りしてしまうリスクも存在する。

筆者の2度のポストコンサル転職の経験を凝縮しているため、間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手総合エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

そもそもポストコンサル転職の経験がない人が書いている記事も散見される。

上記の記事はポストコンサル転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事