コンサル出身の現役リクルート社員が語る「コンサルで学んだこと、学べなかったこと」

ポストコンサルキャリアとして人気が高い会社の一つがリクルートである。

リクルートは、数々の起業家を輩出してきたこともあり、人材輩出企業としても知られている。

コンサル出身の現役リクルート社員インタビュー

本記事は、コンサルティングファームからそんなリクルートに転職された現役リクルート社員の方にインタビューを行った。

ポストコンサル転職を考えている人は、コンサル/ポストコンサル転職に特化したアクシスコンサルティングや、金融やコンサルなどのハイクラス転職に特化したコトラに登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

ポストコンサル転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

リクルートへの転職理由

グレイヘア
リクルートに転職されるまでのご経歴について教えてください。

現役リクルート社員
私は新卒で総合コンサルティングファームに入社し、主に製造業のクライアントに対して事業戦略や組織設計をテーマとしたプロジェクトに従事しました。
計5年間在籍した後に、リクルートに転職しました。

グレイヘア
なぜコンサルからキャリアチェンジしようと考えたのでしょうか?

現役リクルート社員
コンサルティングファームに在籍していた5年間は本当にあっと言う間で、非常に充実した時間を過ごすことができました。
一方、あまりの業務量に忙殺される中で、自分にとって何が大切かが分からなくなることもしばしばありました。
仕事は頑張りたいけど、この働き方をずっと続けるのは難しいなと考えたのがキャリアチェンジを考えた理由です。

グレイヘア
その中でなぜリクルートを選んだのですか?

現役リクルート社員
①優秀な人材が多いこと
②柔軟で働きやすい環境があること
の2点がリクルートを選んだ理由です。
①で言うと、元々リクルートには優秀な人が多いという評判があったことに加えて、私が転職するタイミングでコンサル出身者の採用を増やしていたので、バランスを取りながらも刺激的に働けると考えました。
また、②で言うと、リクルートはコンサルのように成果さえ出せばある程度働く場所や時間は柔軟なので、コンサルで育ってきた私としてはその点も魅力的でした。

コンサルで学んだこと

グレイヘア
コンサルを経て事業会社を目指す方は多くいます。
リクルートで働いて感じた「コンサルで学べたこと」について教えてください。

現役リクルート社員
①論理的思考力、②クリティカルシンキング、③キャッチアップの早さ
の3点はコンサルファームにいたからこそ、周囲と差を感じる部分かなと思います。

グレイヘア
①論理的思考力について詳しく教えてください。

現役リクルート社員
コンサルファーム出身でなくても、リクルートの人は優秀な人が多いのですが、
その優秀さというのは論理的思考力というよりも、人を動かす力が強い傾向にあると思います。
事業を成長させていくには、当然ながら両面必要です。
片面ではあるものの、コンサルファームで徹底的に論理的思考を磨いてきたのは大きな財産だなと思います。

グレイヘア
②クリティカルシンキングについて詳しく教えてください。

現役リクルート社員
コンサルファームでは、ファーストアサインから常にクライアントの役員や事業部長と対峙することになります。
そうすると、クライアントの役員や事業部長と同じ目線というと烏滸がましいですが、自然と経営目線を養うことができます。
事業を運営していると、日々幾つもの論点が出てくるので、そのすべてに対応することはできません。
そうした時に経営目線を持って、一番重要なものを筋よく選択できるのがコンサル出身者の強みだと思います。

グレイヘア
③キャッチアップの早さについて詳しく教えてください。

現役リクルート社員
コンサルファームでは、3か月程度に一度のペースでプロジェクトが変わります。
その度にDay1からキャッチアップを求められます。
そうした環境に慣れ、自分なりの方法論を確立しているので、
リクルートのように異動が頻繁に行われ、かつ外部環境の変化に対応が早い会社の中でも、
コンサル出身者のキャッチアップの早さは群を抜いています。
キャッチアップが早いと自然と立ち上がり期からリーダー的なポジションを任せてもらえることが多くなります。

コンサルでは学べなかったこと

グレイヘア
逆に「コンサルでは学べなかったこと」を教えてください。

現役リクルート社員
①人を動かすこと、②自分で決断をすること、③デイリーで判断して施策を打つこと
の3点はコンサルでは学べませんでした。

グレイヘア
①人を動かすことについて詳しく教えてください。

現役リクルート社員
コンサル時代は、多くの場合はチームメンバーとクライアントが動かす対象になります。
もちろんクライアントの関係部署にも動いてもらう必要がある場合もありますが、
直接的にコンサルが矢面に立つことはありません。
一方、リクルートではチームメンバーの数はコンサル時代の何倍もいますし、関係部署や、時にはクライアントの矢面にも立ちます。
こうした関係者が膨大にいる中で、それぞれの思惑を一致させて、人を動かすというのはコンサルでは学べなかったことですし、今も苦戦しています。

グレイヘア
②自分で決断をすることについて詳しく教えてください。

現役リクルート社員
コンサルティングという職業上、決断を迫ることはあっても、自ら決断を下す機会はほとんどありません。
一方、リクルートでは毎日大小様々な決断の連続です。
中には合理では判断できないような決断も必要になってきます。
そうした心が擦り切れるような、事業運営には必要不可欠な決断を下す経験をコンサル時代はできませんでした。

グレイヘア
③デイリーで判断して施策を打つことについて詳しく教えてください。

現役リクルート社員
コンサル時代は、最短でも1か月で課題の整理から打ち手の検討までを行っていました。
一方、リクルートではそれをデイリーで行う必要があります。
課題に対してその日打った施策に対して、さらに課題が出てきてと、
その日のうちに何度もPDCAを回す日もあります。
こうしたデイリーで判断して施策を打つということは事業運営の肝である一方、コンサルでは経験できなかったことです。

ポストコンサルキャリアの実態

グレイヘア
ポストコンサルとしてリクルートに転職して良かった点を教えてください。

現役リクルート社員
日々自分の行動が顧客の価値に繋がっているという事業運営の面白さを実感できるというのはポストコンサルキャリアでリクルートを選んで良かったなと思うところです。
また、刺激はありながらもコンサルと比べて圧倒的にホワイトになった点も大変良いポイントです。笑

グレイヘア
逆にポストコンサルキャリアとしてリクルートに転職してイメージと違った点を教えてください。

現役リクルート社員
転職前は規模は大きくてもベンチャー精神を持った企業というイメージだったのですが、
良くも悪くもリクルートは立派な大企業なので、少し官僚的な組織で、
一部ではありますが上を見ながら仕事をする人もいます。
あとは、仕事の押し付け合いもけっこう酷くて、リクルートに入ったら副業しようと思っていたのですが、
今のところまだ手を付けられていません。笑

まとめ

今回はポストコンサルキャリアとしてリクルートで活躍されている方にインタビューを行った。

コンサルティングファームで培ったスキルというのは、リクルートに限らず、多くの事業会社で重宝されるというのは多方面から聞こえてくる。

一方、コンサルも一言で言っても、出身ファームや経験してきたプロジェクトによって、専門性やスキルセットは大きく異なる。

その時に重要なのが、コンサル業界知識やポストコンサル転職の支援実績が豊富なエージェントに支援してもらうことである。

エージェントによってはコンサルにも多種多様な専門性やスキルセットがあるということを理解しておらず、的を外した求人を提案してくる人が非常に多い。

具体的には、コンサル/ポストコンサル転職に特化したアクシスコンサルティングや、金融やコンサルなどのハイクラス転職に特化したコトラには必ず登録すべきである。

仮に最適なエージェントを選ぶことができなければ、最適な求人に出会えないことはもちろん、自分自身を安売りしてしまうリスクも存在する。

筆者の2度のポストコンサル転職の経験を凝縮しているため、間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手総合エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

そもそもポストコンサル転職の経験がない人が書いている記事も散見される。

上記の記事はポストコンサル転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事