ローランド・ベルガー転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

欧州最大の戦略コンサルファームとして、国内においても高いプレゼンスを確立しているのがローランドベルガーである。

本記事ではそんなローランドベルガーの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元ローランドベルガー社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • ローランドベルガーの中途難易度
  • ローランドベルガーの選考フロー~面接内容
  • ローランドベルガーへの転職を成功させるためにやるべきこと

ローランドベルガーを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

ローランドベルガーとは

株式会社ローランド・ベルガーは、ドイツ発の戦略系コンサルティングファームの日本法人であり、戦略立案や事業開発等を主なサービス領域としている。

日本法人の設立は1991年まで遡り、約30年間に渡り、日本企業の経営課題を解決するために支援している。

また、同社は、Entrepreneurship(クライアントの変革を支援するため、自律的に考え行動し、リスクを取り、新しい道を切り開くことに挑戦)、Excellence(持続可能かつ目に見える成果を実現するため、最高の結果と世界トップレベルのベストプラクティスを追求)、Empathy(寛容と尊重の精神を大切にし、クライアントのパートナーとして知性あふれる情熱を持って共に働く)の3つの「E」で構成されるコアバリューを掲げており、これらに基づいて、日々、クライアントに付加価値を提供している。

会社名 株式会社ローランド・ベルガー
英語表記 Roland Berger Tokyo
従業員数 約100人
本社所在地(国内) 東京都港区赤坂
公式HP https://rolandberger.tokyo/

ローランドベルガーの強み・特徴

欧州系のグローバルコンサルティングファームの日本法人として、戦略案件を中心としたコンサルサービスを展開するローランドベルガーだが、他のコンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、現役ローランドベルガー社員に話を伺い、そこから見えてきた強み・特徴について解説しよう。

グローバルネットワーク

ローランドベルガーは、製造業・消費財・運輸・エネルギー等の幅広い業界のクライアントに対して、戦略立案、新規事業開発、M&A、ジョイントベンチャー設立支援、販売戦略、事業再構築等の幅広いテーマにおけるプロジェクトを手掛けている。

それを実現できている要因の1つとして、グローバルネットワークがあげられる。

具体的には、ローランドベルガーは世界35か国、51都市にオフィスを添加しており、約3,000人を超えるスタッフが国々の垣根を超えて、連携し合っている。

案件共有はもちろん、海外案件における現地調査や支援等も実施できるため、海外進出を計画するクライアントにとって、頼りになる存在になっているようだ。

チームによったら、週次で他のアジア法人や欧州法人等との会議が入ってたりします。最近では、「法人で分かれている」という感覚はなく、オフィスが離れているだけの同じチームのメンバーという認識の方が強いですね。

現役ローランドベルガー社員A氏

外部パートナーとの連携

ローランドベルガーでは、「価値共創ネットワーク」という様々な領域で異なる強みを持つ企業、スタートアップが連携し、共同プロジェクトを行うことで、1社ではできない価値創出を試みる活動を実施していることも、同社の特徴となっている。

共同プロジェクトを実施している外部パートナーは業界は様々であり、企業規模も大企業からベンチャー企業まで幅広い。

このように、ローランドベルガーではローランドベルガーのグローバルネットワークだけでなく、外部パートナーとのネットワークも活用して、新しいビジネスを創出しようとしており、結果として同社の差別化要素となっているのだ。

外部パートナーとの共同プロジェクトを通じて、新しい発見があることは、たくさんありますね。お互いに勉強になることばかりで、プラスの結果になることが多いですよ。

現役ローランドベルガー社員B氏

少数精鋭のチーム体制

MBB(マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティンググループ、ベイン・アンド・カンパニー)といった他の戦略系コンサルティングファームと違い、少数精鋭のチーム体制を取っている点も、ローランドベルガーの特徴の1つである。

コンパクトなプロジェクトチームで仕事を進めるため、社内での動きが速いだけでなく、クライアントからの依頼・要望の変更に対しても柔軟に対応できる。

また、小規模のチーム体制を取ることで、全員が情報を共有していることで、クライアントからすると、ローランドベルガーのどの社員に質問しても、ある程度の回答が返ってくるため、不満が少ないというメリットもある。

ローランドベルガーは小さなチームが、社内にいくつもあるといったイメージですね。コンパクトなチーム体制なので、会議もすぐにできますし、無駄な社内調整等も必要ないので、速く仕事が進みますよ。

現役ローランドベルガー社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ローランドベルガーの中途選考フロー

ローランドベルガーの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. Webテスト、もしくは、録画面接
  3. 一次面接(二次面接も実施の可能性あり)
  4. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても2-2.5ヶ月を要する。

以下ではローランドベルガーの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

ローランドベルガーの書類選考・志望動機

ローランドベルガーへの転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書が必要となり、日本語か英語の指定は特に無い。

また、書類以外に、「採用担当マネージャーにメッセージを送信する」という項目があり、ここでは「なぜ、ローランドベルガーを選んだのか」、「ローランドベルガーでは、どのような貢献ができるのか」が特に注視される。

例として、実際にローランドベルガーへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現在、総合系コンサルティングファームで製造業のクライアント向けのプロジェクトに参画している。現職では、メンバー個人の裁量権が低く、業務範囲が限られているため、やりがいを感じない。一方で、ローランドベルガーでは現場の社員の裁量権が高いと感じているため、ローランドベルガーへ入社することで高い裁量権のもとで自分自身、今まで以上にチャレンジしていきたいと考えている。入社後は、現職の経験を活かし、主に製造業向けのプロジェクトでバリューを出していきたい。

ローランドベルガー転職成功者Dさんの志望動機

現職では、欧州系のIT会社で、PMとしてシステムやプラットフォームの実装・運用フェーズを主に担当している。今後、自分のキャリアを更にステップアップしていくために、下流案件だけでなく、戦略立案・事業企画といった上流案件も経験したいと考えている中、同じ欧州系の会社であり、上流案件を得意としているローランドベルガーへの応募を決意した。ローランドベルガーで働くことになれば、下流案件を経験したことを活かし、実現しやすい現実的な戦略立案等を提案していきたいと考えている。

ローランドベルガー転職成功者Eさんの志望動機

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ローランドベルガーのwebテスト/録画面接

書類選考を通過すると、次の選考フローは適正試験としてWebテストを受験する必要がある。

ローランドベルガーでは、同社オリジナルのテストを出題する傾向が高いが、形式としては、玉手箱に似ているようだ。

玉手箱の勉強でwebテストの問題を全て網羅できるわけではないが、玉手箱を参考として予習・準備しておくことに損は無いので、しっかりと勉強しておくことをオススメする。

また、webテストではなく(もしくは、webテストに追加という形で)録画面接という選考が実施されることもある。

これは、スマホやPCを通じて自己PRを実施し、その様子を録画して、採用担当者に送付するものである。

ここでは、現職の業務内容(自身の強み・特徴等)、ローランドベルガーへの志望動機、ローランドベルガー入社後に貢献できること等、を端的に分かりやすくプレゼンすることが求められる。

そのために、事前にプレゼン用のカンペ等を用意しておき、スムーズに録画できるようにしておこう。

ローランドベルガーの中途面接

ここではローランドベルガーにおける面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:プロジェクトマネージャー、もしくは、プリンシパル
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、ケース面接

一次面接では、プロジェクトマネージャー、もしくは、プリンシパルが面接担当者となる。

面接の内容としては、序盤に現職の業務内容、志望動機に関する簡単な確認事項程度の質問があり、その後、ケース面接に入る。

特にケース面接では、特定業界の市場規模の推計や、特定企業の売上・利益の改善施策の検討などを通じて、応募者の思考力やコミュニケーション力を把握することが狙いとなっているため、参考書等に目を通したり、事前に練習しておくことが重要となる。

また、第二新卒、コンサルタント未経験者の場合だと、一次面接だけでなく、(質問内容はケース面接も含めて、一次面接と同様であり、面接担当者がプリンシパル)二次面接も用意されることがある。

面接のメインは、ケース問題となります。ここでは、コンサルタントとしての素養を注視されますので、しっかりと物事を構造的、かつ、論理的に考えることができるように準備しておきましょう。

ローランドベルガー転職成功者Fさん

ローランドベルガーのケース面接で実際に出題された問題としては以下のようなものがある。

なお、いずれの問題であっても共通して、「お題を明確にする」、「全体感のあるアプローチで課題を特定する」、「重要な課題にフォーカスする」、「施策の仮説を立てる」、「議論を通じて仮説を進化させる」、の5つのアクションが求められる。

ケース問題例
  • 百貨店の売上向上施策を考えよ。
  • 料理教室の売上向上施策を考えよ。
  • 大型書店の売上向上施策を考えよ。
  • 首都圏の電車の混雑を緩和させる施策を考えよ。

最終面接

  • 面接担当者:パートナー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、ローランドベルガーの強み・弱み

最終面接では、パートナーが面接担当者となる。

基本的には、一次面接と同様の質問が多いが、最終面接では、経営者視点での質問も出てくる。

特に、ローランドベルガーの強み・弱み等、客観的にどのように見えるのか、どのような方向に向かっていくべきか、といった内容の質問もあるため、視座を高くして回答することが求められる。

面接担当者がパートナーなので、経営者目線での質問が多くなることがあります。ただ、コンサルタントとして活動する以上、経営者目線で物事を考えることも重要になりますので、この機会をきっかけに、事前に経営者目線でローランドベルガーについて考えてみることをオススメします。

ローランドベルガー転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ローランドベルガーの転職難易度

ここではローランドベルガーへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

ローランドベルガーは、欧州発の外資系戦略系コンサルティングファームであり、入社後は高い年収とスキルアップが望める職場である。

そのため、コンサル業界のみならず、事業会社出身者からも人気が高く、常に多くの転職希望者が応募している。

また、選考フローも書類選考後に、Webテスト、もしくは、録画面接が用意されており、更には、ケース面接も実施される場合もあるため、転職成功へは長い道のりとなる。

したがって、ローランドベルガーへの転職難易度は、高いと言って過言ではない。

他の戦略系コンサルティングファームで鍛えられた実力者が入社を試みるということもあり、競争率は高いと思います。そのため、事前に周到な準備をすることが重要になるかと考えています。

ローランドベルガー転職成功者Hさん

さらに、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。大手コンサルファーム自体が他業界の企業と比較して難易度が非常に高くなっている。

そんな大手コンサルファームと比較して転職難易度が高いということは、綿密な選考対策が必須と言える。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いローランドベルガーへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

転職難易度の高いローランドベルガーの内定を獲得する上では、面接の限られた時間の中で、ローランドベルガーが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、ローランドベルガーが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • 自律的に考え行動し、リスクを取り、新しい道を切り開くことに挑戦できる人材
  • クライアントの将来を共に切り開き、変革を支援することに挑戦できる人材
  • 持続可能かつ目に見える成果を実現する為常に最高の結果を追求する気概を持っている人材
  • チームとして価値を高めると共に、個としての強みを磨く努力を惜しまない人材
  • 高い問題解決能力、グローバル視点の社会課題認識や最新のビジネスナレッジを追求できる人材
  • 寛容と尊重の精神を大切にし、クライアントのパートナーとして知性あふれる情熱を持って共に働ける人材
  • 多様な価値観を尊重し、多くの人を巻き込みながら前向きに仕事を進めることができる人材

ローランドベルガーへの転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、ローランドベルガーに転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

ローランドベルガーへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

ケース面接対策

ローランドベルガーでは、選考の際にケース面接が用意されている。

応募者の職歴、スキルにもよるが、1回、もしくは、2回に渡ってケース面接が実施される場合もあり、避けては通れない状況となっている。

そのため、事前にケース面接の参考書に目を通すだけでなく、シミュレーションしておくことで本番でも全力を注げる状態にしておくことが非常に重要になる。

ケース面接はコンサル未経験者はもちろん、コンサル経験者でも予習しておいて損は無いと思います。普段のクライアントワークとは少し異なる頭脳を使いますので、「自分はコンサルタントだから、大丈夫だろう」と思っていると、足元をすくわれる可能性があります。

ローランドベルガー転職成功者Dさん

心身のリフレッシュ

ローランドベルガーの選考フローは、様々な視点から応募者を選定するだけでなく、選考ステップも長い。

そのため、「いつ、選考が終わるのか分からない。疲れる」といった形で、途中で転職対策を疎かにしてしまい、選考に落ちてしまう候補者もいる。

対策としては、心身のリフレッシュをしながら、地道に準備を重ねていくことが重要になる。

長い選考フローとなるため、「休む時は休むこと」を心がけ、選考を乗り越えていくことが転職への近道となる。

私も経験しましたが、選考フローが長いので、「もういいかな」と挫折しそうになると思います。そういう時は、思い切って一日休んだりすることが効果的です。これは、転職活動だけでなく、キャリア全体に言えることですので、転職活動をきっかけにして、意識してみることをオススメします。

ローランドベルガー転職成功者Eさん

面接対策

3つ目は、面接対策である。

面接担当者は現場のプロジェクトマネージャーや、パートナーが出てくるが、これらの社員は普段から、論理的なストーリー、物事の構造化等、コンサルタントとして求められる要素を実践している人たちばかりだ。

そして、そのことは、応募者にも求めてくる傾向にあるため、論理的な説明や物事を構造的に考えることを意識しながら、面接に臨むことが重要となる。

自信が無い人は、今一度、友人・知人・転職エージェント等に協力してもらいながら、自分自身の説明や考えを見つめ直し、改善するようにしよう。

面接担当者が現役バリバリのコンサルタントなので、人によっては高圧的な質問をしてくる人がいるかもしれません。しかし、しっかりと自分自身が用意した質疑応答のことを思い返して会話したり、論理的な説明ができれば大きな問題とはなりません。事前の準備が重要になりますね。

ローランドベルガー転職成功者Fさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ローランドベルガーへの転職の魅力

ここでは、ローランドベルガーの現役社員の声を参考にしながら、ローランドベルガーに転職する魅力について改めて整理する。

充実した人材育成プログラム

ローランドベルガーでは、未経験者でもプロフェッショナルのコンサルタントになれるための充実した育成プログラムを用意している。

具体的には、入社日から2~3週間かけて、コンサルティングスキルの基礎を学ぶ座学と同時に、学んだことを実践するケースワークから構成される「キックオフトレーニング」や、仮説思考やロジカルシンキング等を体系的に見直すと同時に、プロジェクトを離れて議論し、自らの成長について考える機会を提供する「アドバンストトレーニング」等が用意されており、参加メンバーは、ジュニアコンサルタントからパートナーまで幅広い。

このように充実した育成プログラムが用意されているため、若手社員であっても、速いスピードでプロのコンサルタントにまで成長することができるのだ。

常に成長していくことがローランドベルガーでは求められます。また、社員も成長することが好きな人ばかりなので、みんな、積極的に研修プログラムに参加しています。プログラムの内容も濃いので、一日クライアントワークを休んだとしても価値ある研修だと感じています。

ローランドベルガー転職成功者Gさん

海外案件を経験できる

海外案件を経験できる点も、グローバル化が進む社会で生き抜こうと考えている人にとっては、魅力の1つと言える。

現在、多くのクライアントが国内だけでなく、海外にもビジネスチャンスを見出そうとしている中、ローランドベルガーも関連する海外案件を手掛けることが多く、社員は海外案件を経験できる機会が多い。

更に、海外案件では、海外オフィスに常駐しプロジェクトを進めることがあり、2~3週間から1年以上の期間をかけて、海外で過ごすこともあると言う。

また、社内制度としても、社員の海外進出を後押ししており、社員のグローバルな視点での高度な経営知識・スキル修得をサポートするために、社内公募制によるMBA留学支援制度を設けており、多くの社員が積極的に活用している。

手を挙げれば、海外プロジェクトに参画することもできますし、上司や先輩も後押ししてくれます。特に若手社員は一度は、経験してみても良いかもしれませんね。キャリアの考え方が変わるきっかけにもなりますので。

ローランドベルガー転職成功者Hさん

盛んな社員どうしの交流

ローランドベルガーでは、社員同士が積極的に交流し、お互いを高め合っていることも特徴となっている。

例えば、社内の雰囲気はどちらかというと日系らしいアットホームな雰囲気となっており、会社補助によるクラブ活動、社員旅行、オフィスパーティー、バーベキュー等、様々なイベントを実施している。

また、横のつながりだけでなく、縦のつながりにも積極的に活動しており、パートナー、プリンシパル、マネージャーが特定の社員のメンターとして継続的にコンサルタントをメンタリングする体制も整っており、社員はプロジェクトに関係なく、自身の課題・成長、キャリアパス等について、担当メンターに気軽に相談することができる。

このように「人とのつながり」を重視している職場環境は、転職を検討する上で、重要な要素となるだろう。

よく、新しく転職してきた社員の人から「思った以上に、良い意味で日系ぽいですね」と言われることがあります。新入社員や中途入社の社員が孤立しないように、みんなでケアしてあげようという文化も根付いていますね。

ローランドベルガー転職成功者Dさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 374 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事