ソニーの給与は高すぎ?評判や中途採用などの転職情報を解説

「給与が高すぎる」と言われるソニーは、新卒・中途採用ともに人気があり、日常生活の中でも消費者として社名を耳にしたり、製品を利用したことがある人も多いのだろう。

本記事では、そんなソニーの年収やリアルな評判、中途採用などの転職情報について徹底解説する。

ソニーの給与や評判、中途採用などの転職情報まとめ

ソニーへの転職を目指すのであれば、コロナ禍でも多数の求人を扱う業界最大手エージェントであるリクルートエージェントに必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者やハイキャリア.com運営メンバーの実体験をご紹介している。

ソニーの年収

ソニー年収

上記はソニーの年齢別の目安年収である。

また、有価証券報告書によるとソニーの社員平均年齢は42.4歳であり、平均年収1057万円となっている。

ソニーは若手時代こそ年収は高くないものの、40歳前後ですべての人が年収1000万円に到達することになる。

また、ソニーの特徴として平均勤続年数は、「16.7年」となっており、上場企業の3000社平均勤続年数が11年であるため居心地が良い企業と言える。

1点、ソニーの年収で注意すべき点としては、事業部ごとに賞与の支給額にばらつきがあるということである。

資金面で余裕のある事業部に所属するほど賞与の支給額が上がるため、精査した上で転職する必要がある。


ソニーの給与は高すぎ?競合比較

ソニー給与_競合比較

「ソニーの給与は高すぎる」と言われることが多いが、実際大手総合電機メーカー各社と平均年収を比較してみると一目瞭然である。

平均年齢が多少ばらつきがあるものの、各社とも基本的に40代前半となっている。

その中でも平均年収が1000万円を超えているのはソニーのみであり、もっとも低いパナソニックと比較すると約300万円も平均年収が異なる。

これが「ソニーの給与は高すぎる」と言われる理由である。

ソニーの中途採用情報

ソニー中途採用情報

ソニーに勤める知人曰く、ソニーはリーマンショックの際に業績悪化を受けて大きく新卒採用を大きく絞ったとのことである。

その後もしばらく採用数を絞っていたことで、現在のソニーは20代後半~30代前半の次の世代を担う層が枯渇しており、中途にて積極的に採用中だそうだ。

その結果として、現在では幅広い職種において200弱の求人が出されている。

一方で、募集職種だけ見ても自分に最適な求人か否かを見定めることは難しい。

また、募集職種によって求められる要件も違えば、前述の通りボーナス額も変わってくる。

そのため、募集職種を決める上ではソニーなどへの転職支援実績が豊富なエージェントを利用して、アドバイスを受けることをおすすめしたい。

▼おすすめの転職エージェント


ソニーのリアルな評判

実際にソニーに勤める方々からのリアルな評判をご紹介する。

ポジティブ/ネガティブ両方の評判があるため、ぜひ参考にして頂きたい。

▼ソニーのポジティブな評判

  • 手を挙げたらしっかりその意見を採用してくれる文化がある
  • 人柄が良く、地頭のいい人が多いので刺激になる
  • 大企業だが組織としてのスピード感があり柔軟性がある

ソニーのポジティブな評判として多かったのが、組織文化と人材の質の高さである。

大企業の負の側面としてよく挙がる「意見が採用されない」「やる気もスキルもない人が多い」ということはソニーでは少ないようだ。

また、組織としてスピード感があるというのもポジティブな評判として目立っており、例えば「コロナが流行して素早くリモートワーク制度が推奨、実行されるようになった」という点が挙げられる。

▼ソニーのネガティブな評判

  • 部署によって人材の質、収益性が大きく異なる
  • 「遅くまで働いた人が偉い」という雰囲気がある
  • 年功序列であり、頑張っても評価として返ってこない

一方、ソニーのネガティブな評判としては、部署によって人材や収益性(=ボーナス額)のばらつきが大きいという点が挙がった。

特に転職する際は、ソニーという会社単位だけでなく、部署ごとの状況をしっかり把握しておく必要がある。

また、日系大手企業を感じさせる文化もあり、例えば「早帰りしづらい雰囲気」「どれだけ頑張っても結局は年功序列」という面があるようだ。

この点は、ソニーというアセットを活用して、安定した環境にいながら様々なチャレンジができる点とトレードオフになるという認識が必要である。

▼おすすめの転職エージェント


ソニーの組織図・強み

ソニー組織図

ソニーは「ゲーム&ネットワーク」「音楽」「映画」「エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション」「イメージング&センシング・ソリューション」「金融」の6つの事業で成り立っている。

ソニーと言えば、「エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション」という印象が強いかもしれないが、売り上げのうち大きく比率を占めるのは「エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション」に加えて、「ゲーム&ネットワーク」「金融」となっている。

特に「ゲーム&ネットワーク」「金融」はソニーの強みと言える。

また、現在は「音楽」「映画」に注力することを掲げている。

肝心の「エレクトロニクス」部門については、長期間低迷していたがAIやロボティクス分野を駆使しつつ復活させようとしている。

▼おすすめの転職エージェント


ソニーへの転職でおすすめのエージェント

前述の通り、ソニーは職種によって求められるスキルや難易度、さして入社後のボーナス額も変わってくる。

ソニーへ転職を行う上で対象職種に自分が合うかだけでなく、社内における立ち位置などと言った生々しい情報までしっかり収集しておく必要があるということである。

そのため、必ずハイクラス転職に実績を持つエージェントに登録する必要がある。

逆に、間違ったエージェントに登録してしまうと、対策できるような情報を持っていないことはもちろん、最悪の場合予測でアドバイスをしてくる可能性もある。

具体的には、コロナ禍でも多数の求人を扱う業界最大手エージェントであるリクルートエージェントに必ず登録すべきである。

おすすめ度:★★★★★

リクルートエージェントは言わずと知れた国内最大の転職エージェントである。

求人数/幅では国内敵なしの状態であり、また担当エージェントの質の高さにも定評がある。

Aさん
(メガベンチャー⇒大手電機メーカー)
リクルートさんは多様な求人を扱っているので転職における戦略が立てやすかったです。
様々な選択肢がある中で、リクルートさんのアドバイスがなければ納得して転職活動を行えなかったと思います。

Bさん
(日系メーカー⇒大手電機メーカー)
リクルートさんには業界に知見のある担当者がいるので、適切なアドバイスをもらう事できました。
業界最大手だけあってサポートが手厚いのもありがたいです。

その他にハイキャリア.com運営メンバーの実体験から本当におすすめできる転職エージェントを以下にまとめているため参考にしていただきたい。

転職でキャリアを築くことに本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事は転職でキャリアを築くことに本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事