楽天への転職を徹底解説 | 難易度・英語・評判

新卒、中途問わずに人気の就職先となっているのが、言わずと知れたメガベンチャーである楽天だ。

そんな楽天の転職難易度や話題の英語基準、評判についてご紹介する。

楽天への転職経験談まとめ

楽天への転職を検討している人はぜひ本記事を参考にしていただきたい。

楽天への転職を目指すのであれば、IT業界などのハイクラス転職に圧倒的に強みを持つコトラに必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

他社とは異なる楽天の選考基準

まず、楽天は部門やポジションなどの求人によって選考基準が大きく異なる。

楽天は2010年に「英語を社内で公用語にする」と公言しており、実際に2012年から各所で英語が取り入れられている。

そのため、転職者にもTOEICの点数という明確な基準を設けている。

具体的には、楽天の顔でもある「楽天コマース部門」(楽天市場、トラベル、ブックス)ではTOEIC800点以上必要で、800点未満の場合は転職後に800点を越えるまで契約社員として採用する形となっている。

楽天コマース部門以外では入社時点のTOEIC点数に関わらず正社員入社可能だが、入社後2年以内に800点を取ることができなければ基本給が10%減額することになる。

また、中途採用では珍しく面接の回数が4回ほどあり(人により対象異なる)、事前に三木谷社長の著書を読み、その感想文を提出した上で感想文に関して質疑応答が行われる面接も存在する。

楽天で英語力は本当に必要なのか?

上述の通り楽天コーマス部門以外は800点なくても入社すること自体は可能であり、実際に筆者の知人でも800点未満で転職した人が複数人いる。

ただし、楽天は猛烈にグローバル化を進めており、英語力を向上することができなければ、社内での様々な魅力的な機会を失うことになる。

また、全社朝会は英語で行われており、英語力向上というのを常に意識するような環境になっており、英語を学び意欲がない人にとっては決して居心地が良い環境ではない。

逆に英語力があれば、若くても面白い機会や市場価値を大きく上げることができる機会を手にすることができるのが、楽天の大きな魅力である。

例えば、ビジネスレベルの英語力があれば、現地社員と協業して海外子会社の業務改革といったプロジェクトを手掛けたり、海外子会社の買収や出資といったテーマに携わることもできるのだ。

転職者による楽天の評判は?

そんな楽天について、実際に楽天に転職した人たちから評判を聞いた。

複数人に話を聞いたが、全員から共通して出てきたキーワードは三木谷社長の「強烈なリーダーシップ」である。

但し、そのキーワードの使われ方は人によって評価が分かれていた。

ポジティブな評判

Aさん:
三木谷社長に強烈なリーダーシップがあり、トップダウンにやるべきことがいくらでも降ってきます。
なので、明確にやりたいことはないけど、チャレンジなことがしたいという人には参考の環境だと思います。

Bさん:
日本を代表とする起業家である三木谷社長が今でも各部門をしっかり見ていて、強烈なリーダーシップによって目線を引き上げてくれます。
こんな環境は他にはなく、自分自身の成長スピードを加速させることができています。

ネガティブな評判

Cさん:
普通なら反対されるような強引な方針転換も、強烈なリーダーシップによって進めてしまうことが多々あります。
例えば、「英語の社内公用語」宣言もそうですが、宣言後も前触れなく基準点を引き上げたりなど、三木谷社長についていくことに現場が疲弊することがあります。

楽天に転職するなら"絶対に"やるべきこと

楽天には様々な求人が存在し、求人によって求められる経験やスキルはもちろん、TOEICの基準点数も大きく異なる。

そうした楽天への転職を成功させるためには、しっかりと情報収集を行い、自身の経験やスキル、キャリア志向にあった求人を見定めることが重要である。

そこで必要になるのが、IT業界に知見を持ち、かつ楽天の最新情報を収集できるようなエージェントを選ぶことである。

具体的には、IT業界などのハイクラス転職に圧倒的に強みを持つコトラに登録することを強くおすすめしたい。

もし正しいエージェントを選べない場合は、自分自身を安売りしてしまったり、転職してやりたかったことができないリスクも存在する。

念のため、筆者の知人たちから聞いた内容を踏まえて本当におすすめできるエージェントを以下にまとめているため参考にしていただきたい。

転職でキャリアを築くことに本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事は転職でキャリアを築くことに本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事