A.T.カーニー / 一次面接(中途) / アソシエイト

A.T.カーニー一次面接の体験記

本記事では、A.T.カーニーの一次面接(中途)の体験記についてご紹介する。

A.T.カーニーは、マッキンゼーのシカゴオフィスが独立したコンサルティングファームであり、マッキンゼー、BCG、ベインの3大戦略ファームに次ぐ有力ファームのポジションを築いている。

これから中途面接に臨む方は、本体験記をぜひ参考にして頂きたい。

まだエージェントに登録していない人がいれば、まず以下の記事をおすすめしたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

応募者プロフィール

性別:男性
年齢:30歳
前職:大手SIer

応募部署・ポジション

アソシエイト

面接ステップ

一次面接

面接形式

ケース面接

面接官の人数

1人

ケース面接のお題・形式

  • パン屋さんの市場規模のフェルミ推定
  • ある特定のパン屋さんの売上を伸ばす方法検討

      印象に残っている質問

      • 将来のキャリアビジョンはどのようなものか?
      • A.T.カーニーに貢献できるのはどのような点か?

        選考で重視されていたと感じる点

        • 論理的思考力
        • 明確な説明/言葉選び

          感想

          A.T.カーニーの一次面接では、とにかく「論理的思考力」と「明確な説明/言葉選び」を見られていたように思う。

          自分自身のこれまでのキャリアや将来的なキャリアビジョンについて、少しでも論理的な飛躍や、抽象的な説明や言葉選びをすると、一つ一つ止められて、深堀された。

          ケース面接も同様で、頭がキレキレのところを見せるというよりも、論理的な飛躍がないか?抽象的な説明や言葉選びをしていないか?を問われた。

          特に、フェルミ推定や売上を伸ばす方法の検討において、使う仮定の数字も厳格にロジックを問われた。

          後悔しないために"絶対に"やるべきこと

          あなたはどれだけコンサル転職のために対策を行っているだろうか。

          この質問に胸を張って「誰よりも対策を行っている」と言えない人はエージェント選びをやり直した方がいいと断言できる。

          コンサル転職成否はエージェント選びによっては大きく変わってくる。

          転職活動を行っているあなたも感じているはずだが、コンサル業界は全体像が把握し辛く、守秘義務から仕事内容もオープンにされているものは抽象的なものばかりである。

          また選考プロセスや方法が特異であるため、「どれだけ経験豊富でコンサル業界に強いエージェントに支援してもらうか」というのが非常に重要になってくる。

          人生最大のイベントである転職活動において後悔しないために、ぜひ以下の記事を読んでみて欲しい。

          コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

          様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

          上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

          ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

          おすすめの記事