アマゾンジャパンのリアルな評判・年収・転職難易度を徹底解説!

アマゾンジャパン合同会社はGAFAの一角として、EC事業で圧倒的なシェアを誇る米国アマゾンのグループ会社である。

本記事ではそんなアマゾンジャパン合同会社の独自調査したリアルな評判や年収、難易度など、転職情報を徹底解説していく。

アマゾンジャパン合同会社への転職を徹底解説

アマゾンジャパン合同会社への転職を目指すのであれば、IT業界などのハイクラス転職に圧倒的に強みを持つコトラに必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者やハイキャリア.com運営メンバーの実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

アマゾンジャパン合同会社のリアルな評判

アマゾンジャパン合同会社で働く現役社員からリアルな評判を集めた内容をご紹介する。

ハイキャリア.comの独自調査ではアマゾンジャパン合同会社の評判は比較的高いと言える。

▼アマゾンジャパン合同会社のポジティブな評判まとめ

  • 有給消化率約70%、月間平均で残業が30時間以下などワークライフバランスが良い
  • 大企業としての安定感があり、コロナ禍でむしろ成長するほどの底力の強さがある
  • 多国籍人材でチーム形成され、刺激が多く成長を実感しながらキャリアビジョンが描ける

    アマゾンジャパン合同会社は徹底したワークライフバランスのおかげで、プライベートを充実させることができ、オンオフの切り替えについては、現役社員からもポジティブな評判が多い。

    またコロナウィルスが猛威を振るう中、それを逆手に取り売り上げを伸ばすなどの企業の底力や安定性も非常に魅力的だ。

    さらに多くの外国人メンバーもいるため、日々メンバー同士切磋琢磨しながらキャリアビジョンを語り合える環境は、非常に刺激的でやりがいのある環境と言える。

    ▼アマゾンジャパン合同会社のネガティブな評判まとめ

    • 大企業のため仕事が細分化され、ルーティンワークになりがちである
    • 最終評価が米国本社なため、評価制度に対する透明性がない
    • 覚えることが非常に多いため、最初の数年間は働くよりも学ぶことの方が多い

      一方ネガティブな評判としては、大企業ゆえの意見が多かった。

      多くの部署が存在し、業務が細分化されているため、なかなか裁量を持った仕事ができないことや、インプットするべき知識が多すぎる点は、低い評判が目立つ。

      またワークライフバランスは良いものの、人事評価の最終決定が米国本社のため、なぜこのような評価が下されたかがわからず、評価に対して疑問を抱く社員も一定数いる。

      ▼おすすめの転職エージェント

      アマゾンジャパン合同会社の年収

      アマゾンジャパン合同会社_年齢別年収

      上記はアマゾンジャパン合同会社の年齢別の年収目安である。

      アマゾンジャパン合同会社は職種によって年収が大きく異なるが、上記は各職種の平均年収となっている点はご注意頂きたい。

      アマゾンジャパン合同会社では、数ある職種の中でもアナリスト・マーケティングなどの専門職、ITエンジニアなどはバックオフィスや営業と比べてかなり高い年収となっている。

      また、アマゾンジャパン合同会社は実力主義の昇進となっているため、年齢よりも評価によって年収が大きく変わってくる。

      中途入社の場合の年収は、これまでの職歴や面接での評価によって左右されるため、うまく転職エージェントを知見を活用することで、年収を多少上げることが可能となる。

      ▼おすすめの転職エージェント

      アマゾンジャパン合同会社の中途求人

      アマゾンジャパン合同会社_中途求人

      アマゾンジャパン合同会社では、通年中途採用が行われている。

      ただし、タイミングによって求人が異なるため常にチェックしておく必要がある。

      また、上記のように部門別に多岐に渡る求人が出ており、それぞれで求められるものが変わってくる。

      アマゾンジャパン合同会社などの外資系IT企業の特徴として、求人が多岐に渡り、様々な中途求人の中で自分に最適な求人か否かを見定めることが難しいという点である。

      そのため、応募求人を決める上ではアマゾンジャパン合同会社などへの転職支援実績が豊富なエージェントを利用して、アドバイスを受けることをおすすめしたい。

      ▼おすすめの転職エージェント

      アマゾンジャパン合同会社の転職難易度

      現在アマゾンジャパン合同会社は多くのポジションで募集を行っているが、基本的にはどの職種も難易度が高い。

      どのポジションでも共通して前職での経歴やITスキルが問われる一方で、職種によって転職難易度が異なるという特徴がある。

      以下にアマゾンジャパン合同会社の職種別の転職難易度をまとめたので、参考にしてほしい。

      アナリスト・マーケティングなどの専門職

      アマゾンジャパン合同会社のEC事業の核となるアナリスト、マーケティングの転職難易度は極めて高い。

      アマゾンのサイト上の膨大なデータを分析し、どのようにしてカスタマーを満足させるか、生産性を上げられるかなどを導き出すのがメインの業務である。

      そのため、ITやマーケティングのスキルは必須とされているため、基本的には未経験からの採用は困難である。

      ITエンジニア

      アマゾンジャパン合同会社のITエンジニアも同じく転職難易度が非常に高く、未経験からの転職はほとんど不可能と言える。

      プログラミングの実績はもちろん必須だが、それに加え米国本社とのやり取りも多いため、ビジネスレベルの英語力も求められる。

      特に、物流関連のオートメーションシステムに関する経験なども求められるため、物流業界出身者には有利と言える。

      バックオフィス

      アマゾンジャパン合同会社の経理や人事などのバックオフィスは、転職難易度がやや高い部類に位置する。

      まず採用人数がエンジニアやマーケティングに比べ少なく、現在公開されている求人の1割にも満たない。

      また大企業のため、業務量が多く効率的に事務処理をこなす能力も求められる。

      営業・物流管理などの総合職

      上記に比べると、アマゾンジャパン合同会社の中で比較的転職難易度が低いのが営業、物流管理などの総合職である。

      しかし、数年の営業経験と基本的なPCスキルは最低条件として必要なため、まったくの素人の場合は難しい。

      ただし、営業の経験は業種の指定などがないため、比較的挑戦しやすいのがこの総合職と言えるだろう。

      難易度の高いアマゾンジャパン合同会社の選考を突破するためには、支援実績が豊富なエージェントを利用することをおすすめしたい。

      ▼おすすめの転職エージェント

      アマゾンジャパン合同会社の中途面接

      アマゾンジャパン合同会社の中途面接フローは以下の順で行われる。

      1. 書類選考
      2. webテスト
      3. 1次面接:現場社員クラス
      4. 2次面接:現場マネージャークラス
      5. 最終面接:現場マネージャークラス

        中途面接における質問はオーソドックスな内容が多く、前職を辞めた理由や、志望動機、今後のキャリアビジョンなどを中心に質問が行われる。

        アマゾンジャパン合同会社の人事部部長の篠塚氏曰く、「戦略を自ら描ける能力と、ITに関しての高度な知識がある人材が必要」とのことである。

        そのため、アマゾンジャパン合同会社の中途面接では、前職でプロジェクトを自ら遂行した実績や、その過程でリーダーシップを発揮したエピソードなどを前面に押し出すことをおすすめしたい。

        また英語力が問われる部署では、2次面接の際に英語の筆記テストが行われる。

        テスト内容は、英訳和訳両方あり、主にアマゾンの歴史や今後の戦略などについての問題が出題される。

        筆記テストは面接開始後約20分間で行い、それらをワードファイルで提出する必要がある。

        ▼アマゾンジャパン合同会社の中途面接における実際の質問

        • 前職を辞めた理由
        • キャリアチェンジをして叶えたい目標
        • なぜこの職種に応募したのか

          アマゾンジャパン合同会社の選考対策を行う上では、アマゾンジャパン合同会社などへの転職支援実績が豊富なエージェントを利用することをおすすめしたい。

          ▼おすすめの転職エージェント

          アマゾンジャパン合同会社への転職でおすすめのエージェント

          前述の通り、アマゾンジャパン合同会社の転職難易度は非常に高い。

          そのため、アマゾンジャパン合同会社などのハイクラス転職の支援実績が豊富なエージェントのサポートが不可欠である。

          ハイクラス転職に強みを持つエージェントに登録しておけば、ハイクラス転職支援で培ったノウハウを提供してくれる。

          逆に、間違ったエージェントに登録してしまうと、対策できるような情報を持っていないことはもちろん、最悪の場合予測でアドバイスをしてくる可能性もある。

          そのため、必ずハイクラス転職に実績を持つエージェントに登録する必要がある。

          具体的には、IT業界などのハイクラス転職に圧倒的に強みを持つコトラに登録することを強くおすすめしたい。

          おすすめ度:★★★★★

          コトラはITや金融、コンサルなどのハイクラス転職に特化したエージェントである。

          ハイクラス人材からの評判が高いことでも有名なエージェントで、数々のイメージ調査においてNo. 1を獲得している。

          エージェントの方が非常に優秀で、ハイクラスの転職を目指すのであれば必ず登録すべきと言っても過言ではない。

          Aさん
          (専門商社⇒外資IT企業)
          複数の同僚がコトラさん経由で転職していたので迷わずコトラさんに登録しました。
          やはり実績が多く、かつ求人やアドバイスの質が高くて周囲にもおすすめしているエージェントです。

          Bさん
          (SIer⇒外資IT企業)
          業界の生々しい情報や、最新トレンドについても教えてもらえました。
          他社では教えてもらえない情報を提供してくれるのでよりイメージをもって転職活動を進めることができました。

          その他にハイキャリア.com運営メンバーの実体験から本当におすすめできるエージェントを以下にまとめているため参考にしていただきたい。

          転職でキャリアを築くことに本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

          様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

          上記の記事は転職でキャリアを築くことに本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

          ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

          おすすめの記事