第二新卒でBCGという選択肢 | 難易度・面接・実態

世界三大戦略ファームMBBの一角を成すのが、Boston Consulting Group、通称BCGである。

そんなBCGは新卒、中途問わず絶大な人気がある。

第二新卒でBCGへの転職を徹底解説

そんなBCGは第二新卒としても魅力的な選択肢である。

第二新卒でBCGへの転職を目指すのであれば、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

第二新卒でBCGをおすすめしたい人の特徴

もし以下のいずれかに該当するのであれば、ぜひとも第二新卒でBCGという選択肢をおすすめしたい。

  • 周囲のレベルに不満がある
  • 力を持て余しておりやり場のないエネルギーをため込んでいる
  • 将来を想像した時にこのままじゃダメだという不安がある
  • 大企業の一社員では変えられないことがあるという現実に直面している
  • 実現したいことを前に力不足を痛感している

一度社会人を経験すると学生の時に思ってもみなかった現実に直面することがある。

第一志望で入社した有名企業でも、周囲のやる気もなければ仕事自体の刺激もなく、やり場のないエネルギーだけが自分の中に溜まっていく。

そんな環境でこの先何十年も働いた先には将来の不安しかないのに、別の環境で働く大学同期はキラキラと働いている。

あるいは、若手も活躍できそうだと思ったが、構造的にどうしても企業や業界に影響を与える仕事ができるのは何年も先になってしまうというという現実に直面している。

そんなことを感じている人にはBCGをおすすめしたい。

BCGには世界中からトップクラスの人材が集まるだけでなく、業界をリードするクライアントから様々な難題が集まってくる

また、BCGは人材輩出企業としても知られており、BCG出身者は起業、スタートアップ、Top tierのPEファンド、グローバル大手企業など多種多様なフィールドで活躍している。

実は新卒よりも第二新卒の方が有利な理由

実はBCGに内定をもらう上で、新卒よりも第二新卒の方が有利という構造的な問題がある。

新卒の場合は選考タイミングは1度しかないため、同時期に大量の応募者が集まってくる。

それも同年代でトップクラスに優秀な人が集まってくるため、それだけ競争率も高くなってしまう。

また、本業で忙しいコンサルタントが大量の応募者を評価をする上で、十分な時間を使うことはできない。

その結果、本来の実力に関わらず「なんとなく」という感覚やファーストインプレッションと言った一瞬での評価が増えてしまう。

実際にコンサルファームで新卒採用に携わった筆者も同様の経験がある。

つまり、非常に競争率が高いにも関わらず、実力だけでなく運も味方につけないと新卒でBCGから内定をもらうことができないのだ。

一方で、第二新卒の場合は以下の観点から新卒よりも有利である。

  • トップクラスの人材は新卒でトップクラス企業に就職済み(=競争率が低い)
  • 通年採用しているため応募者が適度に分散している(=1人1人じっくり見れるため運勝負にならない)

    BCGでは第二新卒のチャンスを逃すと厳しい世界が待っている

    一方で、第二新卒の期間を過ぎるとBCGでは過酷な世界が待っていると言える。

    前述の通り、BCGの新卒採用ではトップクラスの人材が集まってくる。

    新卒入社した精鋭たちはものすごいスピードで成長を遂げ、2-3年もすれば部下をつけるポジションに就くことになる。

    そして彼ら/彼女らは猛烈な努力をしてきたという自負があることから、できない人にはとことん厳しい。

    一方、例えばあなたが20代後半でBCGに転職する場合、現職でそれなりに仕事も任されるようになり、いくつか成功体験を積んでいるかもしれない。

    その立場からBCGに転職すると、右も左も分からない新卒同様の扱いを受けることになる。

    それも上司は自分よりも年下の20代前半の社員である。

    かつ前述の通り、彼ら/彼女らはできない人にはとことん厳しく、常に厳しいフィードバックを受け続けることになる。

    これはかなり精神的に堪える体験であり、実際に精神を壊して辞めていく人を筆者は何人も見てきた。

    だからこそ、BCGに転職するなら第二新卒をおすすめしたいのだ。

    第二新卒におけるBCGの面接

    第二新卒におけるBCGの面接は基本的に新卒や中途面接と大きく変わらない。

    面接官との一対一の面接で、簡単な自己紹介の後はケース面接を行うことになる。

    過去に出題されたお題としては、以下のようなものがあった。

    • コンビニの1日の売上高のフェルミ推定
    • 売上を上げるための打ち手の検討

    特にBCGではケース面接を通じて、相手からスムーズに適切な情報を聞き出せるかという点も重視していると言われる。

    そのため模擬面接を繰り返し行い、面接官とコミュニケーションを取りながらスムーズにケース面接を進められるようにする必要がある。

    また、人によってはケース面接後に「BCGがあたなを採用するメリットは?」「現在の仕事における自分なりの勝ちパターンは何か?」と言った珍しい質問をされた人もいる。

    第二新卒でBCGを目指すなら"絶対に"やるべきこと

    BCGの第二新卒は新卒よりも有利とご紹介したが、それはあくまで新卒と比較した時の話であり、一般的な水準から考えると超難関企業であることは変わりない。

    そのためBCGの選考には万全の対策を行って臨む必要があり、徹底的に選考対策を行ってくれるエージェントを選ぶことである。

    実際にどのエージェントを選ぶかで選考突破の確率は大きく変わってくる。

    具体的には、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

    嘘のような話だが、コンサル業界について表面的な知識しかなく、ろくに選考対策を行ってくれないようなエージェントも多数存在する。

    コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

    様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

    上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

    ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

    おすすめの記事